2009年3回阪神3日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
開催初日はマイナス1秒3と速い時計の出るコンディション。2日目は雨の影響で時計が掛かった。そして先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土曜日がマイナス1秒2、日曜日がマイナス1秒1だった。という事で2日目を除けば速い時計が出るレベルで安定している。なお、今週から2週はBコースが使用される。
速い時計が出る状態が続いているが、単調な前残りが多い訳ではないのは、1週目も2週目も同じ。先週土曜の芝は全て内回りで、しかもフルゲートではないレースも2つあったために先行した馬が好走しているが、日曜日は外回りや多頭数のレースが多く、差し・追い込み馬の活躍が目立った。ただ、内が荒れているという事ではない。先週まではAコースが使用され、今週からBコースに変わるが、仮策を設置する必要を感じない程良好なコンディション。
(ここまで4日間の馬場差)初日はマイナス0秒6、そして2日目は雨の影響で脚抜きが良くなった。そして先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともマイナス0秒8だった。2日目を除けば大きな変化はない。
2日目の高速馬場は雨の影響によるものだが、雨の影響を受けなくても水準より速い時計が出ている。これは2回阪神の後半から続いている傾向。全体の傾向としては逃げ・先行馬が活躍しているが、これはダートですから普通というか当たり前の事。少しでもペースが速くなれば後方待機の馬でも届いている。


  タイム分析
 2009/06/27 (土)  芝=-1.2  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1400 ツルマルジュピター    牡2 新馬 1:22.2 -1.4 --- -0.6 --- B B
5R T2200 ジャングルケイ    牡3 未勝利 2:14.1 -1.5 --- -0.2 --- C C
8R T2000 メジロラフィキ    セ4 鶴橋特別500 2:00.7 -0.2 --- +0.7 --- D C
9R T2000 アグネススターチ    牡4 京橋特別1000 2:00.4 +0.2 --- +0.7 --- D C
11R T1200 ラッキーバニヤン    牡4 500万下 1:09.3 ±0 --- +0.7 --- E D
 2009/06/27 (土)  ダ=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 プロテクトジアース    牝3 未勝利・牝 1:54.3 -0.2 --- +0.6 --- D D
2R D1200 ワシントンハスキー    牡3 未勝利 1:12.4 -0.7 --- -0.2 --- C C
6R D1800 ミルフィアタッチ    牝3 未勝利 1:54.1 -0.4 --- +0.4 --- D C
7R D1400 リーガルスキーム    牡4 500万下 1:23.9 -1.0 --- -0.4 --- B B
10R D1400 トーホウドルチェ    牝4 安芸S1600 1:23.0 -0.5 --- +0.1 --- C C
12R D1800 カシノブレイヴリ    牡4 500万下 1:52.1 -1.0 --- -0.2 --- C B
阪神4R 2歳新馬 タイムB
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。1枠から逃げていたのがコルドバ、それに対し8枠から好位を進んでいたツルマルジュピターが並んで行く。手応え良くツルマルジュピターが抜け出し、差を広げて1着。さらに好位の内めに居たミヤジシェンロンが内ラチ沿いを伸び、直線半ばからやや外に出され、コルドバを交わして2番手に上がっていた。
結果的にはツルマルジュピターの強さが目立ったというレース。
1着 ツルマルジュピター 
6月10日に栗東の坂路で50秒5という古馬を含めての1番時計を記録して、さらにウッドチップコースの調教でも速い時計を出していた。そのためかなり注目されて粒揃いの組み合わせだったが、単勝1.4倍と圧倒的な支持。それに応えての楽勝だった。行けばハナを切れるぐらいの手応えだったが、あえて控えて直線では馬なりのまま先頭に並び、軽く仕掛けただけで2馬身半差。馬体は仕上がりきっていて、大幅な上積みは見込めないが、同じ坂口正則厩舎の昨年のツルマルジャパンの様な尻すぼみの成績にはならないと思う。距離も伸びても恐らく大丈夫だと思う。個人的には新潟2歳S、1600mに行って欲しいがたぶん目標は小倉2歳Sだろう。1200mに対応できるだけのスピードもある。
2着 ミヤジシェンロン 
15番人気だったからと軽視する必要はないが、内をうまく捌いたなという印象もある。
3着 コルドバ 
良いスピードあるが、少し一本調子という印象でダートの方がより合うと思う。
4着 ベストブルーム 
早めに1勝できるだけの素質馬だと思う。
5着 サトノホクト 
早めに1勝できるだけの素質馬だと思う。
阪神7R 3歳上500万下 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。サクラグローリーが逃げ、2番手にメイショウマレンゴで直線に入っていく。メイショウマレンゴが先頭を伺うものの、外からリーガルスキームが先行馬を交わして先頭に立ち1着。さらに後方追走から外を回ったメイショウイッキが伸び、内のメイショウマレンゴを交わして2番手に上がった。しかしリーガルスキームは完勝。
1着 リーガルスキーム 
1000万下でも2着もあった阪神1400mで降級戦。順当に勝ち上がった。ほとんど阪神1400m専用馬になりつつあるので、次に昇級戦で他のコースに出走してきた場合は押さえという程度の扱いになるが、阪神1400mなら1000万下でも上位の存在。
2着 メイショウイッキ 
降級ではない4歳馬だったが、1勝目を上げた未勝利戦以来の阪神ダート1400mだった。1800mでは凡走して1700mでは好走も多いという成績通り、距離が短い方が良い様。母は芝の短距離で活躍したナガラフラッシュで兄のマルブツキセキはダートの短距離馬だった。前回2着時に中京ダート1700m専用馬みたいな事を言ってしまったが、実は短距離の差し馬だった様。
3着 メイショウマレンゴ 
完全タイム差はプラスの領域になってしまうが、時計の評価は別にして注目したい。ハイペースの先行だった。逃げたサクラグローリーが最下位まで沈んでるだけに価値はある。
4着 ケイアイゲンブ 
完全タイム差はプラスの領域になってしまうが、時計の評価は別にして注目したい。追い込んだモノだが、1勝目は1800mでの先行策だった。距離短縮によって慣れない戦法になっても伸びてきたという点に価値はある。
阪神11R 3歳上500万下 タイムE
基準より0秒7遅い勝ちタイムだった。
阪神12R 3歳上500万下 注目
2着だったサンデーヒストリーを取り上げる。15頭中8頭が降級4歳馬という組み合わせでメンバーランクBとした。ところが降級4歳馬の中でも人気がなかった9番人気カシノブレイヴリが逃げ切ってタイムランクC。仕掛けて先手を取ってその後ペースを落とすという3キロ減を活かした松山騎手の好騎乗も光ったが、2着サンデーヒストリーが悠然とかまえすぎて楽逃げを許してしまったという印象でもある。
2着 サンデーヒストリー 番組注目馬
デビュー以来4着以下がなく、どんな苦しい体制になっても上位に来るという馬ですから、次は勝てると思う。注目馬。

  馬券Summary
メンバーレベルが高かった
先週の阪神ではメンバーランクAが1つ、Bが4つ。一方Eは1つ、Dは3つだった。クラス再編成直後でメンバーランクが高くなる時期だが、福島や札幌ではここまでにはなっていない。夏競馬は札幌のメンバーレベルが高いというのは、昔からの定説だが、夏の1開催目が阪神になってからは、明らかに阪神のメンバーレベルが高い。例年だと阪神開催中の北海道は函館ですが、今年は札幌。例年とは傾向が変わるかもしれないと思っていたが、やはり阪神のレベルが高い。阪神から小倉に開催が移った後、阪神組が札幌に転戦する事も多いはず。もちろん距離適正とか、コース適正も考えなければならないが、阪神組を重視するという戦略は有効だと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai