2009年1回東京8日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
雨の影響を大きく受けた馬場コンディションでスタート。初日は馬場差を同一にできない事から変動とした。2週目は良馬場でも時計を要していたが、3週目は水準よりも速くなっていた。
金曜に22ミリほど雨が降ったために土曜は稍重でスタート。ただ、後半は良馬場に回復した。この様に馬場発表が変更されたが馬場差は1日でくくれる。日曜は終日良発表だったが、芝の使用が進み、向正面から3・4コーナーにかけて内側の荒れが目立ち始めていることもあり、土曜よりもさらに時計が掛かっていた。連対脚質に偏りはなく、日曜4Rのトーセンオーパスの様な馬場改修後の東京では珍しい大外一気の追い込みも決まっていた。
1週目は雨の影響を受けて速い時計の出るコンディション。この内初日は午前と午後で時計の出方が異なり、変動としている。しかし、2週目は水準よりも大きく時計を要していた。3週目は2週目よりも速いが水準よりは掛かっている。先週は雨の影響があり、土曜と日曜では時計の出方が違っていた。
土曜は朝の段階で含水率13%台。高速決着になった。馬場差は終日でくくれる。しかし日曜は砂の乾燥が進んで、土曜よりは時計がかかり、水準よりも若干速かった程度。ただ、土日を通して連対脚質に偏りはなかった。


  タイム分析
 2009/02/22 (日)  芝=+0.4  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1600 トーセンオーパス    牡3 未勝利 1:36.1 +0.1 --- -0.2 --- C C --
8R T1800 ベルベットロード    牡3 セントポ500 1:48.1 -0.2 --- -0.6 --- B C --
9R T1600 ダンスオールナイト    牝6 初音S1600 1:35.2 +1.6 --- +1.3 --- E D --
10R T2000 トウショウウェイヴ    牡4 アメジH1600 2:00.4 +1.0 --- +0.6 --- D B --
12R T1400 アグネストカチ    牡5 1000万下 1:22.6 +0.9 --- +0.6 --- D C --
 2009/02/22 (日)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ユノゾフィー    牡3 未勝利 1:24.9 -1.4 --- -1.3 --- A D --
2R D2100 ロードパンサー    牡3 未勝利 2:15.7 +1.5 --- +1.0 --- E C --
3R D1600 エヴァ    牝3 未勝利・牝 1:40.7 +1.1 --- +1.2 --- E D --
5R D1600 チャンギイ    牝3 新馬 1:40.5 +0.6 --- +0.7 --- D D --
6R D1600 ボクノタイヨウ    牡4 500万下 1:38.3 +0.3 --- +0.4 --- D C --
7R D2400 シビルウォー    牡4 1000万下 2:32.5 +0.2 --- +0.4 --- D C --
11R D1600 サクセスブロッケン    牡4 フェブラG1 1:34.6 -0.7 --- -0.6 --- B A --

東京1R 3歳未勝利 タイムA
基準より1秒3速い勝ちタイムだった。エルサフィールとユノゾフィーが序盤からレースを引っ張り、直線でも前に居た。しかし、半ばからはユノゾフィーがねじ伏せる様に抜け出して行く。エルサフィールは脱落、外から一端並びかけたハンマープライスも着いていく事ができず、ユノゾフィーが差をグングン広げていく。離れて、ハンマープライス・ノボレインボーと続いた。
2着ハンマープライスから5着キングスリージョンぐらいまでがタイムランクBの下からCの上位に入る。この組から次走好走馬が続出しそうなので、注意したい。
1着 ユノゾフィー 
初戦は芝を使って3着だったが、前でしっぽを振る2着馬を気にして追いづらい面があった。叩いて良化。フォーティーナイナー産駒でダート替わりも味方した。素質は高く、ダートなら中距離にも対応できる。
2着 ハンマープライス 番組注目馬
初戦が7分程度の仕上がり。叩いた今回も万全とまでは至っていない。アグネスタキオン産駒の大型馬で、どんどん良くなってきている。次走注目。
4着 カズノウォーニング 
外を回って勝ちに行った。サニングデールの産駒で1400mは200m長かった節もあり、前走2着の中山ダート1200mなら狙い目。
東京2R 3歳新馬 タイムE
メンバーランクはCとまずまずのメンバーが揃っていた。タイムランクはEでも3着クラブトゥギャザーを中心に上位馬は能力を秘めているので、注意して欲しい。
東京4R 3歳未勝利 注目
勝ったトーセンオーパスを取り上げる。芝の傾向を説明した際にも触れたが、大外一気の勝ち方が強烈だった。
外から抜け出して先頭に立つのがネイチャーキング。大外のトーセンオーパス、4コーナーでは後ろから2番手。そこから田中勝春騎手が大外に回してという事だが、1頭だけ離れた大外から追い込んでくる。内のネイチャーキング、ディナルアルプスこれらを一気に飲み込んだ。終い2ハロン11秒2-11秒8をまとめて差しきって、2ハロン推定34秒0。見事な切れ味だった。
1着 トーセンオーパス 
2戦目の前走がストロングリターンの2着ながら、まだ馬に走る気がなく素質だけで伸びてきた印象があった。その後放牧に出されておよそ3ヶ月ぶりの実践だったが、この勝ちっぷりを見ると大分集中力が出てきた様。G2対象として活躍したバランスオブゲームの全弟。昇級後も上位候補とできると思う。
東京6R 4歳上500万下 注目
2着だったザッハーマインを取り上げる。
2着 ザッハーマイン 番組注目馬
今回が中央入り初戦。その芝の地点で置かれて位置取りが悪くなったが、人気のサクセスアーチと一緒に差して来て、これを凌いだのは立派。牡馬相手だけに価値がある。公営では重賞で健闘。前走船橋のクイーン賞では、勝ち馬ヤマトマリオンの5着に食い込んでいる。500万クラスに居る馬ではなく、牝馬限定戦なら確勝級だと思う。次走注目。
東京8R セントポーリア賞 タイムB
やはり今回も先手を取ったタイフーンルビー。中山での前3走とは違って、直線でもリードを保っている。2番手マイネルシュトルムはやや一杯で、その内を突いてベルウッドゼウス・外からロイヤルロード、シーダーさらに外ベルベットロードが迫ってくる。中でも勢いが目立ったのはベルベットロードで、内のタイフーンルビーを交わして1着。タイフーンルビーも粘って2着。内のベルウッドゼウスを外のピースオブラックが交わしたところがゴール。
1着 ベルベットロード 
気性が激しく、1にも2にも折り合いが全てのタイプ。一息入れた事で落ち着きが出ていましたし、タイフーンルビーがハイペースを作った為に掛かる面も見られなかった。元々厩舎の期待は高かった馬で素質はある。ただ、今回の結果だけでオープンで即通用かとなると不安が先に立つ。
2着 タイフーンルビー 
好時計を演出したのが、この馬の逃げ。5ハロン通過58秒7では流石に苦しくなったが、中山と違って東京なら粘り込める。スピードは断然だが、今週から中山に変わってどうなるかは微妙。
3着 ピースオブラック 
出遅れて後方から。展開はハマったが、流石にこの位置からでは苦しかった。それでもジリジリ伸びており、2戦連続して牡馬相手の好走。実績のある中山ならチャンスがありそう。
11着 シーダー 
大幅な体重減があった。未勝利戦をレコード勝ちした馬ですし、これが実力ではない。馬体回復の際は見直しが必要。
東京9R 初音S タイムE
2着 プロヴィナージュ 
スローペース寄りの逃げで差しきられた点に不安も残るが、本来マイルで溜め逃げするタイプではなく、秋華賞3着の様に中距離の平均ペースの逃げがベストの馬。条件が合わなかったと解釈したい。
東京11R フェブラリーS 
予想通りエスポワールシチーが逃げて軽快にまだ3馬身ぐらいのリードを保って直線。58秒8、速めの平均ペースと言ったところ。2番手からカジノドライヴ、安藤勝己騎手は仕掛けこれでも我慢している。内と外からちょっと勝負に来られているので、残り200m辺りでゴーサイン。外から一気にサクセスブロッケン、その内狭いところを割ってカネヒキリ。この3頭がエスポワールシチーが飲み込んで、激しい叩き合い、その末に真ん中のカジノドライヴを抑えてサクセスブロッケンがクビ差ゴールした。
1着 サクセスブロッケン 
落ち着きがあって、万全の仕上がりに映った。内田博幸騎手がここ2戦乗っているが、控える競馬を試みていた。これが距離短縮、揺るぎない流れで結果となって表れたと思う。ジャパンダートダービーを楽勝した段階からダート路線では層の厚い世代の中でもトップと目された存在。これを機にこれからは安定して第一線を張れると思う。
==内田博幸騎手==
一瞬1馬身近く離されたが、直線に入ってまた詰め寄って行ったので、これはやれるなと思った。若い時はちょっとヤンチャなところが十分あったが、大分落ち着いてきてくれたので、それがレースに活きていると思う。
2着 カジノドライヴ 
調整過程が正直もう1週欲しい気はしていた。10キロ体は戻ったが、まだ完全には戻りきっていない印象もあった。それでいてこの競馬だから、強い。能力・素質の元根はサクセスブロッケンより上ではないだろうか。ドバイまであと1ヶ月、あくまでこの体調を維持すると共に、もうワンランク能力を上げる事がポイントだと思う。ドバイの砂はアメリカの砂を船で運んできて使っている様なところもある。アメリカの砂と非常に似ている。だからカネヒキリとかヴァーミリアンが向こうでは負けるのは、砂質が合わないという部分があるので、アメリカのダートのG2を楽勝しているカジノドライヴだったら、まず馬場が合う。完調なら良い勝負になると期待している。
==安藤勝己騎手==
3コーナーまですごく良い感じで運べたし、瞬発力勝負にならない様に早めに動いて行ったのも予定通り。最後まで止まっていないんだけど、残念だった。すごくセンスが良くて、これからまだまだ楽しみな馬。今日は距離経験が無かった事も影響したかも。
3着 カネヒキリ 
若干の疲れはあったと思うが、それでもそれを出さないのがこの馬の精神力だと思う。現状の力は出していると思う。スタートが芝の地点という事で、少し出負けしたという事と、前3戦が接戦で勝って来た馬なので、負ける時も接戦で負ける事もあるという事。3着でも王者の走りはしていると思う。
==ルメール騎手==
凄く良いレースが出来たとは思うが、前走に比べると少し疲れが見られた分、最後の切れが鈍った気がする。それにこの所、2000mくらいのレースが続いた分もあるかもしれない。
4着 エスポワールシチー 
粘れないペースではないが、このレベルとなると最後底力の差が出る。そのまでのキャリアを考えると、中身は十分だった。
5着 フェラーリピサ 
外外を周り、勝ちに動いていた。1ハロン長い印象もあるが、これも内容的には走っていると思う。
6着 ヴァーミリアン 
一頓挫あったが、パドックで見ていて出来は悪くなく映った。ただ、ジャパンカップダートで自分より後ろのメイショウトウコンに差されて以来、どうもラストの詰めが淡泊に映る。距離と言うよりも、現状は東京の直線が少し長すぎる感じがする。
==武豊騎手==
この馬場だから前の決着になると思っていたし、道中は思い通りの位置。でも4コーナーで勝った馬に離されてしまったからねぇ…。この馬も最後まで伸びているし、35秒台の決着なら対応できるんだけどね。若い世代でこの距離が得意な馬が出てきたという事だね。でも条件さえ違えば、巻き返しは可能だと思う。

  馬券Summary
挑戦したからこその 世代交代
カネヒキリ・ヴァーミリアン、さらにはサンライズバッカスと前3年の勝ち馬である最強の7歳トリオが揃ったフェブラリーSは、4歳馬がワンツーフォー。今回だけでは判断できないとしても、形の上では世代交代となった。思えばサクセスブロッケンは、JCダートで逃げて8着。その後東京大賞典・川崎記念も現7歳世代に苦渋を飲まされ続けてきた。また、2着のカジノドライヴもJCダートに出走して6着。その前は世界最高峰のBCクラシックに挑戦している。サラブレッドは強い相手と闘って力をつけて行く。ブロッケンもカジノも挑戦がなくて今回の結果はあり得なかったと思う。4歳には交流重賞を勝ち続けているスマートファルコンという馬もいるが、これはこれでうまい使い方かもしれないが、底力アップに繋がるかと言うと疑問が残る。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai