2009年2回阪神3日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
1回開催は開催を通じて雨の影響を強く受け、時計の掛かるコンディションだった。この開催に入って1週目は水準レベル、先週は土曜日雨の影響で変動、日曜日は水準より若干掛かるコンディションだった。
その土曜日はBコースに変わって、最初の開催日という事で芝で最初に行われた5R時はマイナスの馬場差だった。しかし、雨が降る中レースは行われて行き、あとのレースになるほど時計が掛かっていた。レース毎にコンディションは変わって行ったので、変動にしている。各レースの完全タイム差・タイムランクを参照。この様に雨の影響を受けた事もあったのか、馬群の外めを回る馬の上位進出が目に付いた。
前開催後半、雨の影響により土日で時計の出方が違った。この開催に入って1週目は水準レベルで、土日とも同じ数値。先週はまたも雨の影響で変動となった。
まず土曜日、
午前中の馬場差:-0秒2
午後は雨の影響で脚抜きが良くなり、レース毎に時計は出やすくなった。一方日曜日は逆。
午前中の馬場差:-0秒7
午後はやや馬場が乾いて水準方向に近付いて行った。土日とも各レースの完全タイム差・タイムランクを参照。雨の影響もあったのだろうが、前めに位置し、内を回った馬の粘り込みが目立った。


  タイム分析
 2009/04/04 (土)  芝=変動  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 ジョウノワンダー    牡3 未勝利 1:48.2 -0.4 --- -0.8 --- B C
6R T2400 バアゼルリバー    牡3 500万下 2:32.5 +4.6 --- +3.3 --- SL C
8R T2000 ドモナラズ    牡4 明石特別1000 2:02.1 +1.9 --- +1.2 --- SL D
9R T1400 ラインブラッド    牡3 マーガレ 1:21.6 -0.2 --- -0.4 --- B D
12R T1600 リーベストラウム    牝4 500万下 1:36.1 +1.5 --- +0.1 --- C C
 2009/04/04 (土)  ダ=変動
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ピサノプリヴェ    牝3 未勝利・牝 1:55.2 +0.5 --- +0.7 --- D D
2R D1200 ピサノアラシ    牡3 未勝利 1:12.1 -1.2 --- -1.1 --- A D
3R D1800 ベルモントサーガ    牡3 未勝利 1:55.7 +1.0 --- +0.8 --- D D
7R D1400 ザッハーマイン    牝4 500万下 1:24.6 -0.3 --- ±0 --- C C
10R D1400 セントラルコースト    牡4 コーラル 1:23.2 +0.4 --- +1.1 --- E D
11R D2000 デジタルキャッシュ    牡4 1000万下 2:04.7 -0.9 --- -0.1 --- C D
阪神2R 3歳未勝利 タイムA
2着以下に1秒7もの差をつけて勝ったピサノアラシが対象。基準より1秒1速い勝ちタイムだった。先頭がアイノタンゴ、2番手にピサノアラシ。後続は着いてくる事ができず、直線に入っても2頭が離していく。そしてピサノアラシが抜け出して行き、どんどん差を広げていった。2着以下に1秒7以上の差をつけての圧勝だった。
1着 ピサノアラシ 番組注目馬
1度使われて見事に変わった。2戦目で行きっぷり一変。余力たっぷりに逃げ馬マークをして、直線は独走。抑えてゴールとなった。初戦とコースの距離も同じ舞台でしたから、外的条件が変わったのではなく馬自身が明らかに良化したという事だろう。当時との馬場差を踏まえた上で2秒2時計を詰めている。500万下も強い馬が抜けてきている状況だけに昇級しても首位候補。注目馬。
阪神5R 3歳未勝利 タイムB
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。逃げ粘っているエーシンゴーシュアに内目を伸びてきたジャミールが接近して交わしていく。一旦は先頭に立つが、それを上回る勢いで伸びてきたのがナイトフッド・ジョウノワンダー。特に大外のジョウノワンダーが内の2頭を交わして1着。その後ナイトフッド・ジャミールが半馬身間隔で入線。後続はやや離れていた。
1着 ジョウノワンダー 
ゆったりとしたペースとなり、直線の決め手勝負を制した。それにしてもレースのラスト600mが34秒7、まだ雨の影響がさほど強くなかったとは言え、この馬自身は推定33秒6の脚を使っている。著しく良化してきた。
2着 ナイトフッド 番組注目馬
2戦目で良化。ラストは切れでジョウノワンダーに見劣ったが、併せるように上がって来た。未勝利クラスなら能力上位。注目馬。
3着 ジャミール 
スタートでロスがあったが、うまくリカバーして好位から進出。休養から復帰して前回・今回と安定している。
4着 ハッピーパレード 
牡馬相手では厳しかったかもしれない。
5着 アルモン 
人気が先行していた感じ。
阪神6R 3歳500万下 タイムSL
前半・中盤がかなりゆったりしたペースで補正しきれず、スローの扱いとする。
阪神8R 明石特別 タイムSL
前半がかなりゆったりしたペースで補正しきれず、スローの扱いとする。
阪神9R マーガレットS タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。直線に入って、内のセブンシークィーン・アラマサローズにエイシンタイガーが並んで行くが、その外からバンガロール・ラインブラッドが接近。そこから大外のラインブラッドが抜け出して行く。バンガロールが伸びを欠き、エイシンタイガーが粘っているところ外からタイガーストーンが追い込み、エイシンタイガーを交わしていた。
1着 ラインブラッド 
速い流れの中後方に位置取り。展開が向いたとは言え、短距離に転向して控えるようになってこれで連勝。これまで1600m以上の距離で伸びなかった内容と比較すれば、明らかに短距離向き。また雨の影響を受た馬場を苦にしなかった事も覚えておきたい。
2着 タイガーストーン 
前走は芝1600mの重賞でもう一伸びがなかった。短距離向き。
3着 エイシンタイガー 
前走は芝1600mの重賞でもう一伸びがなかった。短距離向きだが、さらに短い距離の1200mの方がより力を出せるタイプだろう。
4着 バンガロール 
体重の12キロ減は絞れてきたモノで、気にはならなかったと思う。昇級戦とは言え、相性の良い阪神芝1400mだけに、人気になっていた訳だが、追い比べでやや見劣った。ただ、この1戦だけでは見限れない。
阪神10R コーラルS タイムE
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
阪神11R 4歳上1000万下 注目
勝ったデジタルキャッシュを取り上げる。縦長の馬群で進んだ分、内々をキレイに立ち回れたゲバルトステイヤーが勝ちパターンで先頭に立つが、4コーナーで外めに持ち出したデジタルキャッシュもダイナミックなフットワークで馬体を併せていく。ここからマッチレースとなり、後続は千切れる一方。見るからにハイレベルの追い比べを制したのは外デジタルキャッシュの方だった。
1着 デジタルキャッシュ 
およそ5ヶ月ぶりの実戦で、体重は16キロ増。見た目にも太め残りだった。4コーナーでは2着ゲバルトステイヤーの方が手応え良く見えたが、一騎打ちの追い比べを制した。底を見せておらず、上を狙える器。反動がなければ準OPでも注目。

  馬券Summary
底を見せていない馬
この時期3歳未勝利戦では、あまりレース経験のない馬の新鮮さが変わる事がある。古馬の500万下より1000万下でも強い馬が勝ち上がっていて、キャリアの浅い馬でも能力上位なら休み明けでも通用するなと感じさせられた。ダートで取り上げた土曜11Rを勝ったデジタルキャッシュは昨年秋に2戦2勝で今回休み明け。日曜12Rを勝ったサンデーヒストリーも昨年秋にデビューして3着・1着・2着。そして今回は休み明けだった。3歳未勝利における初出走馬とは違って、既に実戦で能力も披露している訳ですから、取捨選択の判断もしやすいと言える。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai