2009年4回中山3日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
まずは前半4日間の芝の馬場差。ここまで芝では速い時計の出やすいコンディションが続いているが、初日より2日目に掛かっているのは雨の影響によるもの。しかし、先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日共にマイナス1秒5と初日の数値に戻った。
中間は芝刈りを実施し、雨も合計2mmしか降らなかった事で絶好の状態を保っている。内を走る馬、前で捌ける馬が強いのも1週目と同じで、後方から伸びてくる馬も位置取りとしては注意までだった。なお、土曜日は風が強かったが、時計の出方に影響を与える程ではない。今週からはCコース使用に変わる。
ここまで4日間の馬場差。1週目を振り返ると2日目は雨の影響で脚抜きが良くなった。中でも1800m戦は相当に速い時計の出るコンディションとなった。しかし先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日がプラス1秒0、日曜日がプラス1秒5。1200m対象の数値は土日共にマイナス0秒1だった。
先週は砂が乾燥して1800mは俄然時計を要し、1200mは水準レベル。1200mにしても1週目の日曜日と比べれば掛かってはいるが、1800mの時計の出方は一変した。良馬場発表の1週目土曜日と比較しても砂の乾燥が進んだのだと思う。砂圧を9cmと厚くした影響がモロに出た感じ。1200mはスピードが活きる範囲内だったが、1800mはスピードよりも馬力優先のダート。特に日曜はさらに乾燥してパサパサの状態で、砂埃が舞う様な感じだった。ただ、芝同様に土曜の風は時計の出方には影響を及ぼしていない。


  タイム分析
 2009/09/19 (土)  芝=-1.5  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1600 マイネノーブレス    牝2 未勝利・牝 1:34.3 -2.0 --- -0.8 --- A C --
5R T1600 ニシノメイゲツ    牡2 新馬 1:35.4 -1.2 --- ±0 --- C C --
6R T2000 ヒビケジンダイコ    牡3 未勝利 2:02.1 -0.6 --- +0.6 --- D C --
8R T2500 ミヤビベガ    牡4 500万下 2:32.8 -2.4 --- -0.5 --- B D --
9R T1200 ノーワンエルス    牡2 カンナS 1:08.3 -1.0 --- -0.1 --- C C --
11R T1200 ショウナンカザン    牡4 セプテン1600 1:07.5 -0.9 --- ±0 --- C B --
 2009/09/19 (土)  ダ=+1.0 / 1200m=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ニシキホマレ    牡2 未勝利 1:59.1 +3.3 --- +2.3 --- E D --
3R D1200 カフェマーシャル    牡3 未勝利 1:13.1 +0.5 --- +0.6 --- D D --
7R D1800 ダイショウベリー    牝4 500万下・牝 1:55.9 +1.9 --- +0.9 --- E D --
10R D1800 オメガファルコン    牡4 松戸特H1000 1:53.4 +0.2 --- -0.8 --- B C --
12R D1200 フェイクスター    セ3 500万下 1:11.4 -0.5 --- -0.4 --- B D --


  馬券Summary
早くも世代レベルを証明?2歳芝の高ランク
先週の2歳戦8鞍の内ダートの2鞍はタイムランクE。メンバーの質も少し低調だったが、慣れない深い砂で若さを露呈した部分もあったと見られる。一方芝の6鞍はメンバーランクEの日曜1Rと新馬戦の日曜5RこそDとEだが、残る4鞍の内1600mの未勝利戦2つがAとBで土曜9RのカンナSと新馬戦の土曜5Rは標準のCだった。とりわけ未勝利の上位入線馬は比較的これまでの着順は良かったが、どんと来いとまで言える存在ではなかった。そんな中でタイムランクが良かったのは今年の2歳馬の芝での世代レベルが高い事の予兆と取れなくもない。ゼンノロブロイ・デュランダルなどサンデー系新種牡馬が好調な事とも関係がある様で、今後も注意深く見守って行きたい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26