2009年4回阪神2日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日が変動、日曜日がマイナス0秒8だった。
土曜日、午前は開催初日らしくかなり速い時計の出やすいコンディションだったが、午後は雨が降って8R以降は一気に時計が掛かった。中でも最も強く影響を受けたのは8R時、という事で土曜日は変動。なお6Rまでの馬場差はマイナス1秒6。なお雨の影響を受けた土曜の8R以降外を回った馬が上位に来たというだけではなく、それ以外の時間帯にしても、開幕週だから内目が有利という訳ではなかった。今週は引き続いてAコースが使用され、後半2週はBコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日が変動、日曜日がマイナス0秒3だった
土曜日はダートも変動だったが、7Rまではプラス0秒4で変わらず、その後雨の影響を受けた。ただ脚抜きが良くなったという程ではなく、水準レベルに近付いたという程度。そして雨の影響の有無に関わらず差し馬の上位進出が目に付いた。先週のトピックスでも取り上げられた土曜12Rのアピールは代表例。


  タイム分析
 2009/09/13 (日)  芝=-0.8  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1400 メルヴェイユドール    牝2 未勝利・牝 1:22.5 -0.7 --- -0.1 --- C B
2R T1600 リディル    牡2 未勝利 1:34.8 -1.1 --- -0.5 --- B B
4R T1600 ダノンハラショー    牡2 新馬 1:38.0 +1.8 --- +1.7 --- SL C
7R T2000 トモロポケット    牡3 500万下 2:01.9 +1.0 --- +1.8 --- SL C
10R T1200 アルティマトゥーレ    牝5 セントウG2 1:07.8 -0.3 --- +0.2 --- C B
11R T1600 メイショウシオギリ    牝5 500万下 1:34.6 ±0 --- +0.6 --- D D
 2009/09/13 (日)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R D1400 マイスイートホーム    牝3 未勝利 1:25.2 -0.4 --- -0.2 --- C E
6R D1800 パワーエース    牡3 500万下 1:53.6 +0.5 --- +0.8 --- D C
8R D1200 メイショウアツヒメ    牝3 夙川特別1000 1:11.6 -0.1 --- +0.1 --- C C
9R D1800 ワンダーアキュート    牡3 オークラ1600 1:51.6 +0.1 --- +0.4 --- D C
12R D1400 リバーアゲイン    牡4 500万下 1:25.5 +0.6 --- +0.8 --- E D
阪神2R 2歳未勝利 タイムB
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。1番枠から1番人気のスズカイルマンが逃げ、直線に入っても先頭に居たが同じ1枠から好位内目を進んだリディルが接近し、交わして行った。さらに中団内目を追走していたフォースフルバイオがゴール手前で、スズカイルマンを交わして2番手に上がった。
断然の人気になっていたスズカイルマンが主導権を握った。ただ緩やかなペースではあったものの、スローという程でもなく、直線で息切れした辺りでリディルが抜け出した。
1着 リディル 
位置取り・コース取りもベスト。初戦は伸びを欠いたが、2走目で良化してきたし、距離短縮も良かったと思う。
2着 フォースフルバイオ 
距離延長で着順を上げてきた。初戦よりも追走がスムーズになっていましたし、この馬も内目を立ち回って脚を溜め、直線で伸びた。ただロスのないコース取りだった事だけが好走の要因ではなく、距離が伸びて力を発揮したモノ。
3着 スズカイルマン 
素質は評価するが、単勝1.4倍とはちょっと人気になりすぎた感がある。
阪神4R 2歳新馬 タイムSL
前半・中盤が遅く補正しきれずにスローの扱いとする。
阪神7R 3歳上500万下 タイムSL
前半・中盤が遅く補正しきれずにスローの扱いとする。
阪神10R セントウルS 
先行争いを制してやはりローレルゲレイロが先頭に立った。しかし59キロという事で一杯になってコスモベルが先頭。それをマークしたアルティマトゥーレが抜け出して、その外からスリープレスナイト。スリープレスナイトも少しもたもたしていたが、ゴール前グイっと伸びて2番手に上がった。カノヤザクラは仕掛けが遅れて4着止まりだった。
1着 アルティマトゥーレ 
今回は好位から抜け出したという事に価値がある。これで芝の1200mは5戦4勝2着1回。底が割れていない。アイビスSDの時は放牧先から少し重くなって帰って来たという事で、夏場という事もあって調整が難しかったという事だが、今年は帰ってきた時に490キロとスッキリしていたので、今回は仕上げが楽だった。この相手に2馬身半差ですから、スプリンターズSでも注目できると思う。
==松岡騎手==
テンは速い馬なので、無理せず好位につけられたので本当に良かった。前半溜まった分、後半良い脚使ってくれた。本当にこの3戦ぐらいで凄く良い成長を見せて、良い競馬ができて来ているので次ももっと上手く走ってくれると思うのでまた応援してください。
2着 スリープレスナイト 
プラス22キロという事で、馬体はパッと見てそれほど太くは見えないが、やはり牝馬という事を考えると全体に余裕を残した造りだった。2着はこれが要因なのかなと思うが、それでも連対を外さないのがG1馬の底力。何と言っても18戦15連対の馬で1200mはパーフェクトで12戦12連対。1回使って良くなるだろうし、やはり本番に向けて目処の立つ競馬。ただ、今回2馬身半という差は絞れたとしても詰まるかどうか、今年の旬はアルティマトゥーレの様な気もする。
==上村騎手==
前回の高松宮記念が細く感じるくらいでしたから、馬体増は良い傾向だったと思う。良いレースはできたが、勝ち馬とは2キロの斤量差。それに使っている馬とこちらが休み明けだった分の差もあったと思いますからねぇ。この馬も最後は止まってませんから、本番での逆転を期待している。
3着 コスモベル 
ローレルゲレイロが59キロという事で楽に先行できた。高松宮記念5着の実績がありますから、スンナリとレースが運べればこのぐらい走っても驚けない。
4着 カノヤザクラ 
やはり位置取りの差だと思う。どうも前走にしても今回にしても56キロを背負うとちょっと行きっぷりが悪くなる。この辺じゃないかと思っている。
7着 サンダルフォン 
北九州記念の勝ち馬。当時54キロが今回57キロという事で、この斤量が重くなった事が大きいと思うが本質的にはやはり平坦コースの方がキレる馬なのではないかなという気がする。
阪神12R 3歳上500万下 タイムE
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
コンディション一変
土曜の芝はいかにも開催初日らしい速い時計の出るコンディションだったのに、8Rからは雨で一変。ただ掛かったと言っても、馬場差が水準レベルだったのは、そもそもが高速馬場だったという事だと思う。もう一つは1週目はダートで直線外から伸びて来た馬が目立った。阪神ダートについては、この開催から砂圧が0.5cm深くなって9cmになった。この辺りも速い時計の出るコンディションでなかった事や、連対馬の脚質と関わりがあるのではないかなと思う。ダートの傾向については引き続き注意が必要。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai