2009年2回阪神8日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
8週続いた春の阪神。1回開催は雨の影響でかなり時計が掛かっていたが、2回開催に入ると良馬場で行われた日が多く、3週目までは水準よりも若干掛かる程度という日がほとんどだった。そして先週は最終週にも関わらず、8週間で最も速い時計の出やすいコンディション。土日とも馬場差はマイナスゾーンだった。雨の影響を受けなかった事、芝を刈った事、そしてローラーによる整備が行われた事が時計の速くなった要因だろう。ただし、タイム表を見ると中団・後方に位置した差し馬が多く連対していた。時計の出方としては、速くなったとは言え、流石に8週目で馬場の内目が荒れて外を回る差し馬が優勢だった。
1回開催は雨の影響を受け、週によってあるいは同じ週でも土日で時計の出方が違ったり、同じ日でも時間帯によって時計の出方が違ったりでしたが、2回開催に入ると2週目を除けば安定していた。1週目は水準レベル、3・4週目は乾いた馬場ながら速い時計の出るレベルだった。
タイム表を見ても先週はマイナスのタイム差のレースが多くなっている。土曜日は連対馬の脚質に目立った偏りは見られなかった。日曜日は前目に位置した馬の連対が多くなっていますが、そもそも有力馬が先行脚質だった事もその要因。


  タイム分析
 2009/04/19 (日)  芝=-0.3  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2200 ジャミール    牡3 未勝利 2:17.4 +1.5 --- +1.1 --- SL D --
6R T1400 シンメイゲイルス    牝3 未勝利 1:22.6 -0.4 --- -0.2 --- C D --
8R T1800 ロードロックスター    牡3 はなみず500 1:48.0 +0.2 --- -0.6 --- B C --
9R T1400 アマノトレンディー    牡6 山陽特別1000 1:21.1 -0.4 --- -0.2 --- C D --
10R T1200 コウユーキズナ    牝5 淀屋橋H1600 1:08.7 +0.2 --- +0.4 --- D C --
 2009/04/19 (日)  ダ=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 マルフクギガ    牝3 未勝利・牝 1:55.5 +0.8 --- +1.4 --- E D --
2R D1400 フローズンタイム    牡3 未勝利 1:25.4 -0.5 --- +0.3 --- D D --
4R D1800 ドンドドーン    牡3 未勝利 1:54.7 ±0 --- +1.0 --- E D --
7R D1200 ワイズドリーム    牝3 500万下 1:11.8 -0.8 --- -0.1 --- C C --
11R D1800 テンザンコノハナ    牝5 1000万下 1:51.8 -0.5 --- +0.5 --- D D --
12R D1400 マルブツサクラオー    牡4 500万下 1:23.8 -1.1 --- -0.3 --- B C --

阪神1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
阪神4R 3歳未勝利 タイムE
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
阪神5R 3歳未勝利 タイムSL
中盤でペースが落ち、かなりのスロー。補正しきれずスローの扱いとする。
阪神8R はなみずき賞 タイムB
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。逃げるロードロックスターが中盤でペースを緩め、直線に入っても余力十分。後続とのリードを保ったまま逃げ込む体制。外からスリーロールスが伸びてきたが、並ばせる事なく1着。スリーロールスも後続には差をつけ、内を突いてきたトップゾーンに2馬身半差をつけ2着だった。
1着 ロードロックスター 
ここ3走はちょっと物足りない内容だった。それだけに積極的に打って出て主導権を握ったのも良かったと思う。オークス馬レディパステルの子供だけに、さらなる活躍を見込む。
2着 スリーロールス 
ロードロックスターがスイスイと逃げていただけに、スリーロールスには向かない展開だった。それでも直線追い込んで来た辺り、自己条件に戻れば上位と感じさせた。
阪神12R 4歳上500万下 タイムB
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。強調したいのは1着マルブツサクラオー。この日4勝の固め打ちとなる浜中騎手を背に気分良く逃げて4コーナー手前からスッと引き離した勝ち馬が、結局は一人旅だった。多少の入れ替わりはあったが、終わってみれば2・3着までもが向正面通過順そのままだった。勝ち馬がマークした最速上がりは同じ馬場差と条件だった1クラス上の土曜11レースとコンマ1秒差ですから、差が広がるのも頷ける、そういうレースだった。
1着 マルブツサクラオー 
昨年春の実績からして500万勝ちはようやくと言った感。何故かデビュー時から1度も1200mに使われていないが、むしろ向いているのではないだろうか。
2着 サイキックダイブ 
このクラスの安定勢力。500万下での2着・3着がこれで11回目。言い換えれば決め手不足という事にもなる。今回は外枠からうまく内に潜り込んでスムーズなレースができたのも大きいだろう。
3着 シュウボンバー 
サイキックダイブと同じくワンパンチ不足している。再びブリンカーを装着したが、レースぶりはさほど変わらなかった。

  馬券Summary
雨のち晴れ
特に解説の必要はなく、このままという感じ。中山もそうだったが、阪神も春の連続開催は前半の開催で雨の影響を受け、芝は後半どれだけ時計が掛かるのだろうと思っていたが、後半の開催はまずまず天候に恵まれ特に先週はマイナスの馬場差だった。通常とは逆に終盤の方が時計が速かった訳で、特殊とも言える推移。しかし思えば、春の開催は過去にもこの様に推移していた事が少なからずあった。とは言うものの、終盤で外差しが顕著になって来たのは、やはり使い込まれてきた影響で、昨今の馬場は荒れても時計は掛からないという特徴がこの開催でも見て取れた。内めを回って力を出せなかった馬の巻き返しに注目したいですし、内目を通りながら好走した馬はいっそう評価したい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai