2009年1回中山3日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
有馬記念の週に芝を刈って、年明けの開幕週からCコースに変わった。そのため開幕週は冬の中山にしては速い時計が出たが、1週経過して、なおかつ金曜日に雨が降った。これらが複合して、先週は1週目と比べて中距離戦で1秒以上時計が掛かった。日曜日には馬場が乾いて少し速くなったが、それでも時計のかかる馬場だった。
とにかくスローが多かった。レースで外を回って後ろから行って届かなかった馬に注目する手はあるが、そういう馬は何度でも展開不向きになる。少なくとも中山開催のウチは内を捌ける様な器用な馬を買うべき。
金曜の雨の影響で土曜は稍重スタートとなったが、見た目にはそんなに湿ってはいなかった。それでも1800mは1週目より大分速くなったが、1200mはスタートの地点が芝であることもあって、1週目よりも掛かっていた。日曜日はさらに乾燥して、土曜日よりも時計が掛かり、1800mは1週目とほぼ同じとなった。
とにかくダート1800mの下級条件ではバテてしまう馬が多く、1着と2着、あるいは2着と3着の差が大きく開くレースが多かった。


  タイム分析
 2009/01/10 (土)  芝=+1.2  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
6R T1600 エアパグナス    牡3 新馬 1:40.1 +3.6 --- +2.3 --- SL D
10R T2500 ビービーファルコン    セ5 迎春S1600 2:35.9 +2.1 --- +0.6 --- D C
11R T1600 マヤノツルギ    牡5 ニューイ 1:34.9 +1.7 --- +0.7 --- D D
12R T2200 ファンキーテーラー    牡4 500万下 2:17.8 +3.1 --- +1.8 --- E D
 2009/01/10 (土)  ダ=+0.3 / 1200m=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ガクニホシ    牡3 未勝利 1:13.5 +0.5 --- +0.5 --- D E
2R D1800 リュシオル    牝3 未勝利・牝 1:56.9 +1.2 --- +0.9 --- E D
3R D1200 コスモカラーズ    牝3 未勝利 1:13.0 ±0 --- ±0 --- C C
5R D1800 シュヴァイツァー    牡3 未勝利 1:55.2 -0.5 --- -0.8 --- B C
7R D1800 フレンチノワール    牝4 500万下・牝 1:53.9 -0.1 --- -0.4 --- B E
8R D1200 ファルカタリア    牡5 1000万下 1:11.3 ±0 --- ±0 --- C D
9R D1800 ランフォルセ    牡3 黒竹賞500 1:55.7 +0.9 --- +0.6 --- D B
中山2R 3歳未勝利 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
1着 リュシオル 
前走ピースエンブレムに3馬身半差で負けていたが、そのピースエンブレムが先週黒竹賞で10着に終わった。リュシオルも昇級すると苦戦しそう。
3着 フレンチドール 
ワイルドワンダーなどの妹で、芝の新馬戦2着。その直後がこのレース。初めてのダートで3着だった。次も人気になりそう。今回と同じ様なレベルの牝馬限定戦なら消しとは言えないが、Eランクのレースで1秒も負けているという事は覚えておきたい。
中山5R 3歳未勝利 注目
シュヴァイツァーが先頭で4コーナーを回り、2番手ベルモントガリバーの外にフォルミダービレが並びかけて直線。シュヴァイツァーがリードを保っていて、ベルモントガリバー内のウィニングトリックが伸びを欠き、フォルミダービレが単独2番手に上がって行くが、シュヴァイツァーがそのまま逃げ切って1着。とは言え、2着フォルミダービレ自身、後続には差をつけていた。
1000m通過が61秒7というハイペースで、力の劣る馬から脱落して行くという厳しいレースになった。Aランク一歩手前のBランク。
1着 シュヴァイツァー 
このハイペースを逃げ切ったシュヴァイツァーは、初のダートだったが540キロを超える大型馬でパワーとスタミナは相当なモノ。昇級しても注目。
2着 フォルミダービレ 番組注目馬
課題だったスタートをクリアした。展開が向いたとは言えるが、良い脚をかなり長く使って3着以下を大きく千切っているので優秀。次走はかなり堅い軸になるだろう。注目馬。
3着 ベルモントガリバー 
新馬戦でサイオン(黒竹賞3着)とクビ差の2着だった様に、決して弱い馬ではない。
中山7R 4歳上500万下・牝 タイムB
予想している時にフレンチノワールに本命をつけ、ロマンシエールに対抗をつけると後はつける馬が居なくて困ってしまうというメンバーだったが、その割に時計は優秀になった。ギリギリCランクに近いBランク。強調する程ではない。なおかつ3着以下はかなり千切れての入線ですから、次走もかなり疑問。
中山10R 迎春S 
9着 トウショウウェイヴ 
前走の中山で7着。中山はやっぱり不向きだという事が、改めて示されていたと思うが、今回もやっぱり2番人気に推されていた。しかし、やはり不器用さを露呈して後方のまま終わってしまった。東京専用に近いのはもうわかっているので、中山で2回負けた後でも東京に行けば人気になるかもしれないが、やはり東京で注目したい。
ただ、次の1回東京は芝Dコース使用ですので、追い込み不発の可能性も少しはあるか…という心配もある。
中山12R 4歳上500万下 タイムE
スローと言うよりは、平均的に緩めのラップで遅い時計となった。元々そんなに強い組み合わせではなく、こういう遅い時計になるのも、だいたい予想できた。

  馬券Summary
スロー、スロー、スロー
今年からペース補正を導入したが、それでも補正しきれないレースが芝で3鞍あった。だからスローが3回。
馬場コンディションの内・外の有利・不利はないが、とにかくスローのレースが多いですから、結果的に前へ行くか内を回るかしなければ、勝負にならなかった。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai