2009年3回東京2日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
前開催については1週目に雨の影響で時計が掛かった後、2週目以降は速い時計の出るコンディションで安定していたが、8日目は雨の影響でやや掛かっていた。とは言え、水準レベルですから大きく掛かった訳ではない。先週の芝の馬場差は2000m対象の数値、土曜日はマイナス0秒7、日曜日はプラスマイナスゼロだった。
土曜日については前開催で雨の影響を受けていない日と同レベルだったが、日曜日は雨の中レースは進んで土曜よりも時計が掛かった。とは言え、水準のレベルで1日の中での変動はなく1つの数値としている。脚質的には逃げ・差し混在で目立った傾向はなかったが、強いて上げるなら馬場の3・4分どころを通る好位差しタイプの活躍が目立った。外を回っていたのでは、かなり厳しい馬場だった。なお今週以降は最終日までCコースが使用される。
前開催2週目以降を見ると、5日目以外は大きくコンディションは変わることなく、やや速い時計が出るレベルで安定していた。そして先週のダートの馬場差1600m対象の数値は、土日共にマイナス0秒5だったので、大きな変化はなかった。
日曜は小雨が降ったが、時計の出方に影響を及ぼすほどではなかった。よって馬場差は土日ともマイナス0秒5。脚質的には芝と同様、逃げ・差し混在で目立った傾向はなかったが、距離が短いレースほど差しが届いていた印象。


  タイム分析
 2009/05/24 (日)  芝=±0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1600 ヒルトップシーン    牡3 未勝利 1:36.0 +0.2 --- +0.2 --- C C
5R T2000 キングスビレッジ    牡3 未勝利 2:02.4 +0.2 --- +0.2 --- C D
8R T1400 ワールドコンパス    牡3 ガーベラ500 1:22.0 -0.4 --- -0.4 --- B C
9R T2000 フライングメリッサ    牝5 秩父特別1000 2:02.5 +2.4 --- +1.7 --- SL D
11R T2400 ブエナビスタ    牝3 優駿牝馬G1 2:26.1 -0.4 --- -1.1 --- A C
12R T1400 オセアニアボス    牡4 由比ヶ浜1000 1:21.7 ±0 --- ±0 --- C D
 2009/05/24 (日)  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 メジロマリアン    牝3 未勝利・牝 1:26.7 +0.5 --- +0.9 --- E D
2R D1600 メテオストリーム    牡3 未勝利 1:39.0 -0.5 --- ±0 --- C D
3R D1400 ヤマタケディガー    牡3 未勝利 1:26.3 +0.1 --- +0.5 --- D C
6R D1300 モアザンストーム    牡3 500万下 1:17.9 -1.0 --- -0.6 --- B C
7R D1600 チャリティショウ    牡5 500万下 1:38.4 +0.4 --- +0.9 --- E D
10R D1600 フライデイフライト    牡5 薫風S1600 1:36.5 +0.1 --- +0.6 --- D D

東京1R 3歳未勝利・牝 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
東京5R 3歳未勝利 注目
勝ったキングスビレッジを取り上げる。素質馬が2戦目で圧勝した。
1着 キングスビレッジ 
デビュー戦は外に持ち出す時に他馬に迷惑をかけたが、今回は大人びたレース運びだった。元々潜在能力は高い馬。時計は水準レベルでもまだ手応えには余裕があっただけに、さらなる時計短縮は可能だと思う。今回の内容が示す通り、距離もどちらかと言うと短いよりは長い方が良いようなイメージはある。
東京6R 3歳500万下 タイムB
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。直線半ば、逃げていたラヴリードリームが失速。メイショウオーラが一旦は先頭に立つが、その外からモアザンストームが一気に伸びて抜け出し1着。そしてケイアイダイコクとタマニューホープが合わせる様に伸び、メイショウオーラが並びかけ、2番手争いは接戦となる。この中からケイアイダイコクが競り勝ち2着となった。
1着 モアザンストーム 
以前はスピードに任せて逃げて最後に一杯になってしまうレースをしていたが、控えるレースができる様になってからは着実にレースぶりが安定してきた。スピードのある馬が溜めが効くようになると良くなる典型的な例と言える。今回は内枠各馬が引っ張ってくれて、展開も向きましたし、中団待機から力強く抜け出した。昇級してもそこそこやれそう。
2着 ケイアイダイコク 
落鉄していたらしい。それを考えるとよく伸びていると思う。
3着 メイショウオーラ 
今回は内枠の先行馬をマークする形で、早め早めのレースをしたため、最後は甘くなってしまった。勝ち馬の様なレースをすれば、このクラスなら十分卒業できる馬だと思う。
東京7R 4歳上500万下 タイムE
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
1着 チャリティショウ 
後続を大きく引き離しての勝利だった。ただ、勝ち時計は平凡で5馬身という着差は鵜呑みにはできないと思う。1000万に上がるとちょっと厳しいかなという感じ。
東京8R ガーベラ賞 タイムB
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 ワールドコンパス 
馬体重がプラス6キロで、初戦に比べると徐々に減ってきていただけに、今回は馬体を維持できた事が好走の要因だろう。レースでは序盤は3番手追走だったが、途中から先頭に立ってそのまま押し切った。以前引っかかる面はあるが、500万下なら力が上位だった。もう少し折り合いが付く様になれば、距離もこなせると思うが、現状はどちらかと言うと短い距離の方がより合っているんじゃないかなぁというイメージはある。
14着 スプラッシュエンド 
スタートで後手を踏んで勝負所から一気に脚を使うような形になった。4コーナー付近でスーッと手応え良く上がっていく。結果大敗はしたが、今回は割と強引な競馬になりましたし、この走りだけで芝がダメとは言い切れない。
東京9R 秩父特別 タイムSL
前半・中盤がかなり遅く、補正しきれずスローの扱いとした。
東京11R オークス タイムA
残り400mくらいの辺りではブエナビスタちょっと危ういんじゃないかなという声が記者室で見ててもみんなそういう声が上がったが、レッドディザイアがその間に内からスルスル上がって行く。レッドディザイアが一旦抜け出して、それにジェルミナルが食い下がってその内にブロードストリートという形だが、坂を上がってから一気にブエナビスタが外から伸びて来てゴール前ではレッドディザイアと馬体を合わせてゴールで、かなり強い競馬だった。
基準より1秒1速い勝ちタイムだった。勝ったブエナビスタの強さは下記の通り。時計面でも評価の高いレースだった。
1着 ブエナビスタ 
多くを語る必要はないと思う。鋭い決め脚だけが割とクローズアップされがちだが、この馬の最大の長所というのは、やはりレース前の落ち着きだと思う。やはりこの時期の牝馬ですし、環境の変化に戸惑って割とイライラする馬が多い中にあって、この馬本当パドックから馬場入りにかけてゆったりと悠然と歩いてましたから、そこが最後の末脚に結びついてギリギリ届いたという形ですから、秋に海外挑戦するのであればかなり楽しみで注目したいなと思う。
==安藤勝己騎手==
今は五分に出るようになったので、ゲート出て馬が行くようならある程度行っても良いかなと思ったが、やっぱりすぐ今まで行かした事がないもので、すぐ馬がフッと息を入れてしまったので、まぁこの位置で良いかという感じで、終いに賭ける競馬にしようと思った。たぶんゴーサインを出せばスッと動いたんでしょうけど、自分がやっぱり内へ行こうか外へ行こうかまだあの時点では迷っていたので、その分ちょっと仕掛けが遅れたという感じ。追う度に1完歩ずつ前と差が詰まったので、何とかほんと間に合ってくれと祈るような気持ちだった。本当に精神的にも全くおっとりしているので、とにかく1頭になるのは嫌みたいで早く先頭に立つと遊ぶところがあるので、前に馬が居れば交わすまで追い駆けるという根性は凄くある。まだ何も注文するところがない馬なので、とにかく怪我の無い様に無事にこのまま育っていってほしいなと思う。
2着 レッドディザイア 
レースぶり的には位置取りから直線でもスッとうまく前が空きましたし、抜け出すタイミングも四位騎手の話では少し早いという声もあったが、バッチリのタイミングだったと思いますし、ほんとコレで差されたのなら仕方がないという様な競馬だった。距離が伸びてこの馬も真価を発揮するタイプでしょうし、今後まだキャリアも浅いですから、伸びしろは十分ですから秋になればさらにもう一皮むけるタイプじゃないかなと思う。
==四位洋文騎手==
相手はブエナビスタ1頭だと思っていたし、負かすにはどうしたらと考えてこの競馬をした。何とか押し切れたと思ったのですが、何故差されたか考えてみると直線でうまく前が空いてしまった分が悔やまれる。本当はもう少し我慢する形の方が良かったですね。今日も馬自身はテンションが上がることなく馬場を堂々と歩いていたし、良い雰囲気で臨めたんですけどね…2着では…。
3着 ジェルミナル 
去年のメンバーであれば恐らく勝ち負けなってたんじゃないかなと思わせるぐらい桜花賞もオークスも良い競馬をしている。一瞬の決め脚はやはり上位2頭の方が上だったなという感じ。
4着 ブロードストリート 
ジェルミナルのすぐ後ろで長く良い脚を使っているが一歩届かずだった。ただ落ち着きがあったのは好感持てましたし、この馬も秋に向けて明るい材料だったなと思う。
5着 ディアジーナ 
一瞬来るかなという手応えだったが追ってからちょっと伸びなかった。やはり今までとは戦ってきたメンバーが違いますし、その辺りが多少影響したのかなという感じはある。

  馬券Summary
やっぱりブエナビスタ
何だかんだ言っても先週の東京競馬の中で最もインパクトがあったのはこれに限る。パトロールビデオ見てもブエナビスタが直線で内々へともたれて行っているのがわかる。それでも力強く伸びて、安藤勝己騎手もかなり冷や冷やしたと思うが最後ようやく差しきった。個人的には昨年の天皇賞秋も名勝負に上げられてウオッカ・ダイワスカーレット上げられるが、その接戦よりも迫力があった様に思う。通算1万回騎乗を完璧な競馬で締めた四位騎手も負けたとは言え、立派だったと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai