2009年4回中山2日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
先週の芝の馬場差は2000m対象の数値、土曜日がマイナス1秒5、日曜日がマイナス1秒1だった。
土曜は午前中の1R・2R時に雨がパラついたが、時計の出方に影響を及ぼすほどではなかった。野芝のみの開催で春開催後の貼り替え部分は昨年と比べて、8000平方メートルほど多かった。根付きは良く冷夏による生育部分の面もあるが、全体に良好な状態。開幕週らしく速い時計の出やすい馬場で、日曜は前夜の雨の影響から土曜と比較して時計の出方は鈍ったものの、それでもマイナス1秒1と速かった。高速馬場で前が止まらない傾向が随所に見られ、内寄りの馬が威力を発揮した。外の差し・追い込み馬には辛い状況だった。今週は引き続いてBコースが使用され、後半2週はCコースが使用される。
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日がプラスマイナスゼロ、日曜日がマイナス2秒4。1200mは土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス1秒4だった。
この開催から砂圧が0.5cm厚くなり、9cm。砂が乾いた状態の土曜については1800m戦の方が水準のレベルながら、1200m戦はやや速めのコンディションだった。しかし日曜は前日の雨の影響で俄然高速化した。ただし1200mは高速には違いないものの、中距離ほどではなく土曜とは違い、1800m戦の方が速い時計の出るコンディションになった点は注意が必要。土曜は連対脚質に偏りがなく、日曜は逃げ・先行・好位の活躍が多かった。


  タイム分析
 2009/09/13 (日)  芝=-1.1  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1600 エアソードー    牡2 未勝利 1:35.6 -0.7 --- +0.2 --- C D --
5R T1800 モンテエン    牡2 新馬 1:52.2 +1.8 --- +1.7 --- SL C --
7R T2000 ホクトグレイン    牝3 500万下 2:01.0 -0.6 --- -0.2 --- C D --
9R T1200 メイビリーヴ    牝4 初風特H1000 1:07.4 -1.4 --- -0.7 --- A C --
10R T2000 レッツゴーキリシマ    牡4 レインボ1600 1:59.7 -0.5 --- ±0 --- C B --
11R T1600 ザレマ    牝5 オータムHG3 1:32.1 -1.1 --- -0.2 --- C C --
 2009/09/13 (日)  ダ=-2.4 / 1200m=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ベストバウト    牡2 未勝利 1:11.8 -1.3 --- +0.1 --- C D --
3R D1800 シーオブザスターズ    牝3 未勝利 1:54.1 -1.1 --- +1.3 --- E E --
4R D1200 トーセンモーション    牡2 新馬 1:11.8 -1.5 --- -0.1 --- C D --
6R D1800 ワスレナグサ    牝4 500万下・牝 1:51.6 -2.4 --- ±0 --- C E --
8R D1800 ナムラビスマルク    牡5 500万下 1:51.8 -2.2 --- +0.2 --- C D --
12R D1200 ドスライス    牡3 500万下 1:10.8 -1.1 --- +0.3 --- D D --

中山3R 3歳未勝利 タイムE
基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
中山5R 2歳新馬 タイムSL
前半・中盤がかなり遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中山9R 初風特別 タイムA
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。外枠からレッドハイヒールが先頭に立って、メイビリーブ・ショウナンダンクが併走する様に2番手だが、直線半ばでメイビリーヴが伸びてレッドハイヒールを交わし1着。さらにベストロケーションが接近してレッドハイヒールとほぼ並んで入線。内のレッドハイヒールがハナ差で粘って2着だった。
1分7秒4はトロットスターのレコードに0秒4差。高速馬場を考慮に入れても1000万下ではAランク。
1着 メイビリーヴ 
1600万下から降級後、14着・10着とスランプだったが、前走のサロマ湖特別で3着に入り復調を伺わせていた。1600万下でも4着・5着に健闘した実績があり、展開一つで通用するが今回は内枠が功を奏した面がありますし、元々が気分屋。あてにはならないと思う。
2着 レッドハイヒール 
逃げ馬がことごとく潰れた2回福島3週目の白河特別で逃げて惨敗したが、開幕週の馬場でフルにスピードを活かせた。中京2連勝の内容が出色で次走も良馬場の芝1200mでハナを切れれば首位候補。
3着 ベストロケーション 番組注目馬
直線で前が壁になり、メイビリーヴが抜け出すまで追えずに脚を余した。福島の500万勝ちが同じ日の1000万下よりも速く、しかも楽勝だった事から次走は巻き返しが必至と思う。注目馬。
4着 ロックオブサリサ 
輸送で馬体が減っていた。それでも以前中山で2着した時と比べると2キロしか変わらないが、速い決着に対応するには無理があったという事だと思う。
中山10R レインボーS 注目
勝ったレッツゴーキリシマに触れておきたい。
1着 レッツゴーキリシマ 
今回が関東への転厩初戦だったが、馬体が絞れてスカッと見せて、その中でも力強さがあり間違いなく好状態だった。オープンからの降級戦だけに勝って当然という背景はあったが、先週の中で唯一メンバーランクBと粒が揃っていたメンバーですし、影を踏ませない逃げ切りで余裕十分だった。昨年皐月賞で5着、京成杯AHで2着、また今年になって小倉大賞典では4着で、先着されたサンライズマックス・ヤマニンキングリー・ミヤビランベリと差のない競馬をしていましたし、次の中京記念でも0秒2差3着の実績があった。今の出来を維持できればオープンでも狙っていける。
中山11R 京成杯AH 
シンボリウエスト・サイレントプライドが前に行ったがその後ろに居たマイネルスケルツィ・ザレマが上がってきた。直線半ばでマイネルスケルツィがサイレントプライドを捕らえにかかる。外に持ち出したザレマがゴール前力強く伸びて先頭に立つ。内をすくって来たのがアップドラフト。2番手に上がる。外から急追のケイアイライジン、良い脚を見せたが4着止まりだった。
1着 ザレマ 
元々中山1600mには実績があったが、今回は太かった体が12キロ絞れたという事が最後のキレに繋がったと思う。内田博幸騎手の騎乗も完璧でしたし、上手く内枠を活かせたと思う。これからも重賞では常に善戦するタイプですから目が離せないと思う。
==内田博幸騎手==
開幕週のマイルで内枠が引けたし、スタートも決まって先手が取れた。マイル戦なので、じっくりかまえるときついと思っていたし、内枠だったので、前に並びたかったがポケットに入ってしまっていたので、仕方なく我慢するだけ我慢した。最後はこの馬の力が爆発してくれた。上手く行った。
2着 アップドラフト 
ちょっと人気薄だったが、53キロが効いてしかも内を巧みに突いてきた吉田豊騎手の好騎乗だった。
3着 マイネルスケルツィ 
3年前のこのレースで3着に来ているが、それからずーっと何か活躍はしているが、関屋記念3着に続いての好走で当時の活力を取り戻しているという事だと思う。
4着 ケイアイライジン 
まずスタートだが、ガクんと躓く。このために後方からという事で、開幕週ではちょっと厳しい位置取りになってしまった。それでも直線は窮屈なところからよく伸びて来た。3歳馬のレベルが高いという事と、プリンシパルSを勝っているが血統的・気性的にマイラーだという事を証明したと思う。収穫のある4着だと思う。
9着 ヒカルオオゾラ 
入れ込んでいて馬体も14キロ減っていた。掛かったというのはこのテンションの高さからだと思う。それとやはりこの馬はマンハッタンカフェの子供ですけど、母の父がトニービンという事で中山よりも東京、あるいは新潟・京都の外回りこうしたコースの方が合っているんじゃないかなという感じがする。
==武豊騎手==
このコースと開幕週の馬場を考えると、ある程度のポジションを取らないと勝負になりませんからね。でも良いポジションを取りに行くと、行きたがってしまって…。前半の800mくらいは力んでいましたからね。その分伸びきれなかった。そういうところが難しい馬ですね。前よりも掛かるようになっている気がする。

  馬券Summary
簡単には取れない3連単
馬の入れ替えに当たる時期という事もあるのだろう、先週の中山は少頭数の競馬が多かった。3歳のスーパー未勝利や3歳以上500万下など、メンバーも一見して実力差がハッキリしている様で、配当的妙味の少ない馬連・馬単を買うよりも人気どころの3連単に目が行きがちだが、これが意外と難しくてトピックスで取り上げた様な高配当も飛び出していた。そもそも下級条件の人気馬というのは、絶対的な能力が信頼性が乏しいからこそ、その条件に甘んじている訳で最初から疑ってかかる方が良いと思う。馬券も3連単となると余計に難しいですから、こういうケースこそ競馬の原点に戻って単勝を買ってみるのも手ではないかなと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai