2009年2回札幌1日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
雨の影響を受けた前開催10日目・11日目を除けば開催が進む毎に徐々に掛かってはいるものの、まずまず速い時計の出るレベルが維持されている。そして先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス0秒9、日曜日がマイナス0秒6だった。
開催が替わり、先週からBコース使用となった。そのため土曜日はマイナス方向に戻した格好。ただ、日曜は土曜よりも0秒3掛かっている。この辺りが1回開催序盤とは異なり、コースを替えても1日使えば掛かってくるという事だろう。そして土曜は逃げ馬が3連対。これ以外となる土曜8Rでも4コーナーで最内を回ってきた差し馬が連対していた。日曜日の5鞍でも最内か内めを通ってきた馬が必ず連対、逆にと言うべきか外から差し切り勝ちを治めた馬は土曜6Rのバイタルシチー、土曜11Rのミクロコスモス、日曜1Rのセイウンジャガーズの3頭だった。土日の馬場差の開き具合を考えても、今後は一層傾向の変化に気をつけたい。この後今週・来週とBコースを使用。この開催後半の3週はCコースを使用となる。
ここまでの馬場差を見ると、全てマイナスの馬場差で中でも雨の影響で脚抜きが良くなったのは前開催7日目・10日目・12日目。その他はマイナス1秒には至らないレベル。そして先週の馬場差1700m対象の数値は、土曜日がマイナス0秒9、日曜日がマイナス0秒7だった。
土日で数値は異なるものの、大きな開きではなく言わば今年の札幌ダートの標準的なレベルだった。そして土日を通して前有利の結果が多かった。ただし、これは馬場より展開面の影響が大きい可能性が高いと見ているので、おおむね前開催と同じイメージで良いだろう。


  タイム分析
 2009/08/01 (土)  芝=-0.9  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1200 バトルレッド    牡2 新馬 1:10.0 -1.3 --- -0.8 --- A B
6R T2000 バイタルシチー    牡3 未勝利 2:02.1 -1.2 --- -0.3 --- C C
8R T1500 ギンゲイ    牡4 手稲山特500 1:28.7 -0.9 --- -0.2 --- C B
11R T1800 ミクロコスモス    牝3 大倉山特1000 1:47.4 -1.1 --- -0.3 --- C B
 2009/08/01 (土)  ダ=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 ロトディパーチャー    牡2 未勝利 1:48.9 +1.0 --- +1.6 --- E D
2R D1000 デステニーアロー    牝3 未勝利 0:59.8 -0.2 --- +0.3 --- D E
3R D1700 マスターコーク    牝3 未勝利・牝 1:46.1 -1.1 --- -0.7 --- B C
5R D1700 ツルマルエース    牡3 未勝利 1:47.0 -0.2 --- +0.7 --- D C
7R D1000 ヒシソロモン    牡3 500万下 0:59.0 -0.3 --- +0.2 --- C C
9R D1700 クリールパッション    牡4 報知杯H1600 1:43.5 -0.8 --- +0.1 --- C C
10R D1700 スラマティンガル    牡3 500万下 1:45.4 -0.5 --- +0.4 --- D C
12R D1700 ロラパルーザ    牡3 500万下 1:44.7 -1.2 --- -0.3 --- C D

  馬券Summary
ついに出た!…気がする ハイレベル新馬
繰り返しになるが、メイショウホンマルが勝った日曜4Rのメイクデビュー札幌は古き良き強い札幌デビュー組を彷彿とさせる見応えのあるレースだった。昨年は4回京都6日目、アンライバルドの勝った新馬戦から3頭のクラシック連対馬が出て燦然と輝きを放ったが、やはり重賞より価値が高い新馬戦というのは時として出現するものであり、それを期待しつつ先行投資していく事も立派な馬券戦術だなと思う。再度強調しておくが特にあのゴール前の映像を頭に焼き付けてこれからの新馬戦を目踏みしていただきたいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai