2009年3回新潟6日目

開催一覧
2009/12/27 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/26 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/20 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/19 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/13 (日)
中山 阪神 中京
2009/12/12 (土)
中山 阪神 中京
2009/12/06 (日)
中山 阪神
2009/12/05 (土)
中山 阪神
2009/11/29 (日)
東京 京都
2009/11/28 (土)
東京 京都
2009/11/22 (日)
東京 京都 福島
2009/11/21 (土)
東京 京都 福島
2009/11/15 (日)
東京 京都 福島
2009/11/14 (土)
東京 京都 福島
2009/11/08 (日)
東京 京都 福島
2009/11/07 (土)
東京 京都 福島
2009/11/01 (日)
東京 京都 福島
2009/10/31 (土)
東京 京都 福島
2009/10/25 (日)
東京 京都 福島
2009/10/24 (土)
東京 京都 福島
2009/10/18 (日)
東京 京都
2009/10/17 (土)
東京 京都
2009/10/11 (日)
東京 京都
2009/10/10 (土)
東京 京都
2009/10/04 (日)
中山 阪神
2009/10/03 (土)
中山 阪神
2009/09/27 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21 (月)
阪神 新潟
2009/09/20 (日)
中山 阪神
2009/09/19 (土)
中山 新潟
2009/09/13 (日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12 (土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11 (土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05 (日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21 (日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20 (土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14 (日)
東京 中京
2009/06/13 (土)
東京 中京
2009/06/07 (日)
東京 中京
2009/06/06 (土)
東京 中京
2009/05/31 (日)
東京 中京
2009/05/30 (土)
東京 中京
2009/05/24 (日)
東京 中京 新潟
2009/05/23 (土)
東京 中京 新潟
2009/05/17 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/16 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/10 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/09 (土)
東京 京都 新潟
2009/05/03 (日)
東京 京都 新潟
2009/05/02 (土)
東京 京都 新潟
2009/04/26 (日)
東京 京都 福島
2009/04/25 (土)
東京 京都 福島
2009/04/19 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/18 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/12 (日)
中山 阪神 福島
2009/04/11 (土)
中山 阪神 福島
2009/04/05 (日)
中山 阪神
2009/04/04 (土)
中山 阪神
2009/03/29 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/28 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/22 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/21 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/15 (日)
中山 阪神 中京
2009/03/14 (土)
中山 阪神 中京
2009/03/08 (日)
中山 阪神
2009/03/07 (土)
中山 阪神
2009/03/01 (日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28 (土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/21 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/15 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/14 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/08 (日)
東京 京都 小倉
2009/02/07 (土)
東京 京都 小倉
2009/02/01 (日)
東京 京都
2009/01/31 (土)
東京 京都
2009/01/25 (日)
中山 京都 中京
2009/01/24 (土)
中山 京都 中京
2009/01/18 (日)
中山 京都 中京
2009/01/17 (土)
中山 京都 中京
2009/01/11 (日)
中山 京都 中京
2009/01/10 (土)
中山 京都 中京
2009/01/05 (月)
中山 京都
2009/01/04 (日)
中山 京都
  馬場コメント
さかのぼって8日間の馬場差。雨の影響を受けた前開催の8日目を除けば、馬場差はマイナス0秒6からマイナス0秒3の間に収まっており、大きな変動はない。そして先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土曜日がマイナス0秒6、日曜日がマイナス0秒4。直線1000mは土日共にマイナス0秒4だった。
金曜の夜から土曜の明け方にかけて雨が降っていたが、土曜の1Rの時点で既に良馬場になっていた。また、その先週の月曜日に芝を刈って火曜日にはローラーをかけた。その効果もあって土曜日は前の週の土曜日と同じ馬場差となった。ただ、土曜の1Rの時点では各馬がウチを避けて走っていた。土曜の午後と日曜の午前中は内を通る馬が多かったので、土曜の1Rの時点では雨の影響が少しは残っていたという事だと思う。それでも土曜の馬場差は1日を通じて一定としたが、これは気にとめておきたい事。日曜の午後はローラーの効果も薄れて来たのか、外差し馬場となっていた。それに連れて日曜は土曜より時計の掛かる馬場だった。
さかのぼって8日間の馬場差。前開催4週目は雨の影響で脚抜きが良く、速い時計の出る馬場となっていた。その後この開催に入ってからは大きな変動はない。ただ先週の馬場差、1800m対象の数値は土曜日がマイナス0秒2、日曜日がマイナス0秒3だったので、1・2週目に比べて水準レベルに近くなった事になる。
金曜夜から土曜明け方にかけての雨の影響で、土曜3Rの時点では稍重だったがそれでも1週前より時計の掛かるコンディションだった。今年夏の新潟ダートでは、最も時計が掛かっていた。それと因果感駅があるのかどうかはわからないが、新潟ダートにしては、差しが決まっていた。


  タイム分析
 2009/08/30 (日)  芝=-0.4 / 直線=-0.4  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1400 ソルプリマベラ    牝2 未勝利・牝 1:22.7 -0.3 --- ±0 --- C C
3R T2000 シャドウライン    牡3 未勝利 2:01.9 ±0 --- +0.1 --- C C
5R T1800 トーセンパーシモン    牡2 新馬 1:50.5 +2.1 --- +1.1 --- SL C
6R T1000 アームズトウショウ    牝3 未勝利 0:55.4 -0.6 --- -0.2 --- C D
8R T1600 サトノエクスプレス    牡3 古町特別500 1:34.4 +0.5 --- ±0 --- C B
10R T1200 ルミナスハーバー    牝5 飯豊特H1000 1:08.9 +0.3 --- +0.5 --- D C
11R T2000 ホッコーパドゥシャ    牡7 新潟記念HG3 1:59.6 +1.7 --- +1.2 --- SL C
 2009/08/30 (日)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1800 ガートモンテス    牡3 未勝利 1:53.6 -0.5 --- -0.2 --- C C
4R D1800 フェーズシックス    牡3 未勝利 1:53.9 -0.2 --- +0.1 --- C D
7R D1200 テイエムヨカドー    牝5 500万下・牝 1:12.1 +0.2 --- +0.4 --- D C
9R D1200 ケイアイスイジン    牡4 妙高特別1000 1:11.5 +0.2 --- +0.4 --- D B
12R D1800 ニシノウェーブ    牡6 500万下 1:53.9 +1.1 --- +0.9 --- E E

  馬券Summary
ネオユニヴァース産駒初勝利
ほとんど先週からの続きという感じ。先週のこのコーナーでネオユニヴァース産駒は新潟芝で勝っていないという事を紹介したが、それをあざ笑うかの如く、先週土曜日の1R新潟の芝でネオユニヴァース産駒アースガルドが4馬身差で圧勝した。っと言ってもネオユニヴァース産駒が新潟芝を苦手としているという傾向が役に立たなくなった訳ではない。実際に人気馬が消える事が非常に多いですし、新潟芝で勝てるのなら他のコースではもっと走ると推測できるから。ちなみにネオユニヴァース産駒が苦手としている、芝1200mでは現在2勝だが、1勝目は馬場差がマイナス0秒1という馬場でタイムランクがC。2勝目は馬場差がマイナス1秒0という馬場で、タイムランクEだった。速い時計の決着が苦手というのは確かでして、先週土曜の馬場差はマイナス0秒6の、しかも新潟の芝でタイムランクCで勝ったアースガルドは、ちょっとネオユニヴァース産駒としては異質。という事は、もっと合う条件ならさらに期待できるのではないかという事。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai