2009年2回福島7日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
梅雨の時期らしく雨の影響を受ける日が多い開催だった。良馬場発表の日であっても初日を除けば速い時計の出やすいコンディションと言える日はなかった。そして先週の芝の馬場差、2000m対象の数値は土曜日がプラス0秒2、日曜日がプラスマイナスゼロだった。
木曜日に雨が降った後に曇りが続いて晴れなかったため、乾ききらなかった。それで土曜日は雨の影響が残っている状態だった。そして日曜日は若干ではあるが、土曜日より速い時計が出る状態になった。開催最終週に土日共良馬場だと日曜の方が時計が掛かったと思ってしまうが、先週はそうではなかった事が注意点。内が完全に荒れていて外が伸びたが、ほとんどの馬が外を通っていた。内を通った馬は一か八かの作戦とか、直線を向いたところでもう手応えがなくなっていたという場合で、従って直線で意図的に内を通ってそして伸びなかった馬を見直すという戦術は成立しないと思う。
さかのぼって8日間の馬場差。雨の影響で脚抜きが良くなった日とほぼ水準レベルの馬場差だった日、大まかには2つに別れる。2日目・5日目そして変動の6日目は高速馬場だった。そして先週の馬場差、1700m対象の数値は土曜日が変動、日曜日がプラスマイナスゼロだった。
木曜の雨の影響が残って土曜日は稍重スタートだった。徐々に乾いて行ったので馬場差は変動で9Rの時点ではプラスマイナスゼロ、つまり同じ様に変動していても6日目の様な脚抜きの良いコンディションではなかった。そして日曜日も馬場差はプラスマイナスゼロ。相変わらず先行有利で、4コーナーで3番手以内に居ないと厳しかった。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/07/11 (土)  芝=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R T1200 エスカーダ    牡2 未勝利 1:11.5 +1.1 --- +1.0 +0.1 90 E E
4R T2000 リキサンキャロル    牝3 未勝利・牝 2:02.1 +0.1 --- -0.1 +0.2 101 C C
6R T1800 ザクリエイション    牡3 未勝利 1:49.4 +0.4 --- -0.1 +0.5 101 C C
10R T1200 ショウナンダンク    牡3 郡山特別500 1:09.9 +0.7 --- +0.6 +0.1 94 D C
11R T2000 ドリームノクターン    牡4 松島特別1000 1:59.4 -0.7 --- -0.9 +0.2 109 A C
12R T2600 ロードアイアン    牡3 500万下 2:43.4 +2.7 --- +1.8 +0.9 82 S D

2009/07/11 (土)  ダ=変動
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
2R D1150 ガッテンムスメ    牝3 未勝利・牝 1:09.0 -0.3 --- ±0 -0.3 100 C D
3R D1700 ゴールデンハインド    牡3 未勝利 1:47.6 +0.3 --- +0.8 -0.5 92 D D
5R D1700 アタゴオーラ    牡3 未勝利 1:46.4 -0.9 --- -0.5 -0.4 105 B D
7R D1700 ケージーハッピー    牝4 500万下・牝 1:46.0 ±0 --- +0.2 -0.2 98 C B
9R D1700 ステイドリーム    牡4 三陸特別500 1:46.2 +0.2 --- +0.2 ±0 98 C C

         

1R2歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
 
5R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。2番手を進んでいたアタゴオーラが早めにアルカディアシチーを交わして先頭に立って行く。2番手争いが接戦にになっているのを尻目に差を広げて行き、独走態勢。ラストは追われる事無く、2着トゥルーボーンに7馬身差をつけていた。
7馬身も離された2着以下はちょっと評価できない。メンバーランクDだが、仮にアタゴオーラが居なければメンバーランクEという組み合わせだった。
1着 アタゴオーラ 逃げた馬を直線を向く前に交わしてしまうと後は独走だった。手応えには余裕があり、時計短縮は可能。馬場差が変動の日ですから同じ土曜の500万下と単純な比較はできないが、昇級しても差はないというレベルにはある。
 
7R3歳上500万下・牝 注目レース・馬
牝馬限定戦と言えばメンバーランクDとかEが多いが、このレースはかなりの好メンバーだった。牝馬限定戦としては最高レベルに近い。道中2番手に居たアルダントヌイが直線を向いたところで逃げ馬を交わして楽に先頭に立った。一方ケージーハッピーは4コーナーで3番手に居たが、そこでステッキが入っていた。しかしこの2頭の叩き合いで前に出たのはケージーハッピーの方だった。そして先行勢が上位を占める中、大外を伸びてきたのが5着のキュートエンブレムだった。
1着 ケージーハッピー 昇級しても特に牝馬限定戦なら好勝負だと思う。
2着 アルダントヌイ 例えば次走が牝馬限定戦なら確勝級だろう。注目馬。
5着 キュートエンブレム 今回が初ダートで向正面では砂をかぶったのかズルズル後退していたが、コーナーで外を回って追い上げて直線ではさらにまた大外を通って伸びていた。ダートに対して慣れが見込める次走は注目。注目馬。
 
11R松嶋特別 タイムランクAのレース
基準より0秒9速い勝ちタイムだった。フラワータキシードとマルイチクエストがハイペースで競り合って失速。後続は早めに押し上げ、ドリームノクターンも外から先団に接近し、直線で抜け出し行き1着。それを追うようにマジックビクトリアも伸び、外から2番手に浮上する。この2頭よりは内を伸びたアースシンボルが離れた3着となった。
1着 ドリームノクターン 3コーナーでもうステッキを入れて先頭に立って、そのまま押し切った。レースの上がり600mのラップは12秒1-11秒8-12秒2だが、先頭に立ったのは最初の12秒1の地点。つまり自身のラップは12秒1より速い。そしてその後の11秒8-12秒2は勝ち馬自身のラップですから、強引な競馬をしながら最後までしっかり伸びている。2400m以上で好走してきたスタミナを活かしきった競馬だと言える。これまではとにかく先行という馬だったが、途中で動いて押し切る競馬ができた事で幅ができたと思う。ただ、新潟の外回りだとどちらにしても乗りにくいと思う。
2着 マジックビクトリア 勝ち馬がタイムランクAでそこから0秒2差。そして3着に5馬身差をつけているのですから、次走も有力なんだが福島コースがこの馬得意。新潟だと全面的に信頼できるとはちょっと思えない。余談だが母のマジックモーニングはすごく新潟が得意だったが当時の新潟はまだ右回りだった。
 
12R3歳上500万下 タイムランクSのレース
前半・中盤がかなり遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
ポイント
牝馬限定平場>混合特別
牝馬限定平場は混合特別よりレベルが高かった。先週の土曜の福島には500万下のダート1700m戦が2鞍組まれていた。7Rが牝馬限定の平場戦、9Rが混合の特別戦。この日は時間帯によって時計の出方が異なったが、馬場差を踏まえてこれら2鞍の完全タイム差は同じとなった。9Rの方がスローペースだったというならともかく、ペースは速くて時計が出やすいペースだったはずなのに馬場差を考慮して完全タイム差は同じだった。要するに7Rは牝馬限定戦としては質が高かった。これはレース前から何となく読めた結果で、7Rの方がメンバーが揃ってたと思う。それでも7RをメンバーランクBとまでして良いかどうかちょっと悩んだが、9Rよりもメンバーが揃っていたという事を示す為にBとした。いずれにしても牝馬限定戦としては、最高レベルに近いメンバーでしたから、ここの上位馬は今後も活躍しそう。
ブイワンVR30%OFF
↑ブイワンVR30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差