2009年1回札幌4日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
2000m対象の数値は先週の2日間を含め、マイナス1秒1で全く変化がない。
速い時計が出るレベルで安定している。
開催初日はマイナス0秒8、2日目はマイナス0秒7とほとんど同じレベル。そして先週の馬場差1700m対象の数値は土日共にマイナス0秒8だった。
補足事項は特にないが、昨年よりダートの砂が厚くなったのに昨年よりむしろ時計が速いという点に注目。これは先週も言ったが重要な事なので、繰り返しておく。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/06/28 (日)  芝=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
4R T1200 ソムニア    牝2 新馬 1:10.9 -0.4 --- +0.3 -0.7 97 D C
6R T1800 テイエムハリアー    牡3 未勝利 1:48.9 -1.4 --- -0.4 -1.0 104 B B
8R T1500 レンディル    牡3 美幌特別500 1:29.0 -0.6 --- +0.2 -0.8 98 C C
9R T1200 ボーダレスワールド    牡4 STV賞1000 1:08.0 -1.4 --- -0.7 -0.7 107 A C
11R T2000 レッドシャガーラ    牡3 知床特別500 2:02.2 +0.1 --- +0.3 -0.2 97 C C

2009/06/28 (日)  ダ=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1700 アキノラブ    牝3 未勝利・牝 1:47.4 +0.2 --- +1.0 -0.8 90 E E
2R D1000 ノボニョ    牝3 未勝利 0:59.0 -1.0 --- -0.5 -0.5 105 B D
3R D1700 コアレスミューズ    牡3 未勝利 1:48.1 +0.9 --- +1.7 -0.8 83 E D
5R D1700 ショーファイトダダ    牡3 未勝利 1:47.5 +0.3 --- +1.1 -0.8 89 E D
7R D1000 ヴァイスハイト    牝5 500万下 0:58.9 -0.4 --- +0.1 -0.5 99 C D
10R D1700 ロッソトウショウ    牝4 500万下・牝 1:45.3 -0.6 --- +0.2 -0.8 98 C C
12R D1700 ジャンバティスト    牡4 500万下 1:45.9 ±0 --- +0.2 -0.2 98 C C

         

1R3歳未勝利・牝 タイムランクEのレース
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
 
2R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。ノボニョがダッシュして先頭に立ち、2番手にヴィトンクイーン、これら6枠の2頭が前に居て、その後プロウスト・スリーコンビナートが続くが、先行2頭が後続を離して叩き合っている。そしてノボニョがもう一押しして逃げ切った。
1着ノボニョ・2着ヴィトンクイーン共に結果的にダート1000mが合っていた。
1着 ノボニョ 次もダート1000mでしょうから次もダート1000mでしょうから、引き続き上位可能だが特に強調はしない。
2着 ヴィトンクイーン 次もダート1000mでしょうから次もダート1000mでしょうから、引き続き上位可能だが特に強調はしない。
7着 タイガースラム 1番人気で7着。とにかく何度凡走しても人気が落ちない。父がゴールドアリュール・母の父がGrand Slamという究極の初戦駆け血統ですから、使い込んで良くなることは期待できない。そろそろ見切った方が良いと思う。
 
3R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
 
5R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
 
6R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。好位に居たテイエムハリアーが4コーナーで逃げるエーシンゴーシュアに並んで行き、直線で抜け出していく。その後ホッコービックワンが伸び、テイエムハリアーに接近しようとするものの、テイエムハリアーが並ばせずに1着。そして外からブレイクヒストリーが追い込んで来て、ゴール寸前に3番手に上がった。
1着 テイエムハリアー 札幌初日の6R、エアペイシェンスの勝ったタイムランクBの2000mで外をマクり気味に進出して直線で伸びを欠いていたが、連闘で望んで1800mで先行策から快勝した。前走のレースぶりを見て注目馬に挙げられなかった点は非常に恥じ入る限りだが、追い上げて下がるの後に距離短縮というのは効く。ただ伏線があって、連闘での勝利。これが10戦目でもあり、昇級してすぐに通用するとは思えない。
6着 エルプレジデンテ テイエムハリアーと同じレースで1週目に2着だった。こちらは注目馬だったのですから、再びお恥ずかしい限りだが、言い訳すると今回はエルプレジデンテの方が外を回ってちょっとチグハグだった。
 
9RSTV賞 タイムランクAのレース
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。逃げていたのがパッションローズ、4コーナーで2番手グループに居た中から内を立ち回ったランチボックス・ボーダレスワールドが接近し、2頭が併せつつパッションローズを交わしていく。この2頭はゴールまで叩き合っていたが、ボーダレスワールドがクビ差で競り勝った。
パッションローズが後続を離して逃げて前半600mは33秒1、札幌芝1200mはスタートから3コーナーまでは短いが、その後のコーナーが緩いので3コーナーに入ってもスピードが落ちにくく、前半が速くなっても不思議はない構造をしている。とは言っても前半33秒1は速いが、コースにアップダウンがほとんどないので、ハイペースになるとそのまま流れ込んで速い時計が出やすいという面がある。従って時計を鵜呑みに出来ない部分も少しあるが。
1着 ボーダレスワールド 1400m以下では実に堅実。既に1600万下でも好走実績がある様に、昇級しても短距離なら上位争い。札幌の1600万下芝1200mというのは8月15日まで組まれていないが、間隔を空けても走れる馬。
2着 ランチボックス ちょっとムラな馬。今回に関しては少頭数のハイペースでバラける展開になったのが良かったはずですから、次走多頭数だとあまり信用できないと思う。
3着 パッションローズ 飛ばして逃げて3着だった。スピード抜群。1000万下でこの馬について来れるスピードのある馬はほとんど居ないはずですから、少しでも相手が弱化すれば勝機十分と見る。注目馬。
 
ポイント
ダート1000mの扱い
昨年1年間だが、タイムランクA・Bのダート1000mを勝って次走1000m以外のレースに出走した馬はのべ21頭居て、0勝2着2回だった。同じくタイムランクA・Bのダート1000mで2着した直後に同じクラスのダート1000mに出走した馬は39頭居て、13勝2着9回。勝率が30%以上で、連対率は55%以上だった。つまり同じ条件に出走すれば信頼度は高いが、昇級して距離が伸びると厳しいという事。1000万条件のダート1000mは年に1回か2回しか組まれませんから、ダート1000mの500万下を勝った馬は行き場を失ってしまうということ。
ブイワンVR30%OFF
↑ブイワンVR30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差