アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2009年1回東京1日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
変動…この日は雨の影響を受け、時間帯によって時計の出方違った。1日を通じてカバーできる数値を設定できない場合、今年からは“変動”と表示する。ただし、個々のレースの馬場差は算出し、完全タイム差やタイムランクは表示している。また、昨年までの中距離対象の婆差に慣れ親しんでいる方もいらっしゃるはずで、時間帯別に馬場差を申し上げることとする。
5R・6Rの馬場差:+5秒5
9R・11Rの馬場差:+4秒5
昨年までですと、このような場合にどちらかの数値をその日の馬場差として公表していたが、部分的な数値を1日トータルの数値としてしまうことで、後々間違って受け取られる危険がある。また、今年からは完全タイム差を表示していますので、そちらを参照していただければ、各レースのタイム評価をお伝えする事ができる。という事で、1日の中で時間帯によって馬場差が異なる場合は“変動”という扱いにすることにした。
土曜日:金曜日の未明から土曜日の昼前までに100mを超える雨が降り続いた。芝自体は育成が順調で、保護シートをかけて養成したこともあり、見た目フカフカして草丈が長く、良好な状態だったが流石にこれだけまとまって降ると悪化する。土曜日は終日不良発表。ビックリするようなタイム差が並んでいる。とりわけ中盤の5R・6Rのタイム差の大きさは目立つ。9R・11Rは大きいなりにも5R・6Rほどではない。馬場差に違いがあるとして、1日を通しての数値は発表しなかった。開催初日ながら外伸びの傾向が強かったのも、馬場悪化のためと思われる。
日曜日:重から稍重と乾いていったが、土曜ほどではないにしてもタイム差はいずれも大きかった。ただし、馬場差は1日でくくれる。土曜とは違い、内の馬も伸びてきており、逃げ切りも3鞍あった。なお、開催を通してDコースが使用される。
3Rまでの馬場差:-0秒4
7R以降の馬場差:-0秒8
雨の影響で土曜日は水の浮いた状態。水準よりは速いが、水の浮いた時の特徴で高速とまではいかなかった。ただし、雨の上がった7R以降は水分をかなり吸収して、午前中よりも速くなっており、芝同様に一定の数値に定められない。全般に追い込みの来づらい傾向があった。日曜は土曜後半よりもさらに速くなっていた。こちらは終日を対象としている。8R・12Rの様に追い込みも決まっている。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/01/31 (土)  芝=変動
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T1800 マイネルシュトルム    牡3 未勝利 1:54.9 +5.8 --- +0.8 +5 92 D D
6R T2400 ハシッテホシーノ    牝3 500万下 2:35.1 +7.4 --- +0.1 +7.3 99 C C
9R T1400 サンカルロ    牡3 クロッカ 1:25.0 +2.8 --- -0.4 +3.2 104 B B
11R T1600 アブソリュート    牡5 東京新聞G3 1:36.9 +3.9 --- +0.3 +3.6 97 C C

2009/01/31 (土)  ダ=変動
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1400 ミラクルフルーツ    牝3 未勝利・牝 1:26.7 +0.4 --- +0.7 -0.3 93 D E
2R D1400 オウロプレット    牡3 新馬 1:26.5 ±0 --- +0.3 -0.3 97 D D
3R D1600 サトノバロン    牡3 未勝利 1:39.4 -0.2 --- +0.2 -0.4 98 C E
7R D1400 ハクバドウジ    牡4 500万下 1:24.7 -0.2 --- +0.5 -0.7 95 D D
8R D2100 メイショウゲンスイ    牡5 1000万下 2:10.0 -1.3 --- -0.3 -1.0 103 C C
10R D1400 ヒシオフェンス    牡4 春望S1600 1:23.0 -0.5 --- +0.2 -0.7 98 C C
12R D1300 イチライタッチ    牡7 1000万下 1:17.5 -0.4 --- +0.2 -0.6 98 D D

         

5R3歳未勝利 注目レース・馬
3着 マツリダガッツ 外伸びの傾向が強い日とは言え、中盤中だるみの流れで後方から2番手。出遅れたのだが、置かれすぎという事。しかし上がり600m推定36秒2はメンバー中最速で、勝ち馬に0秒2差まで迫った。メンバーに関わらず次はチャンス濃厚と見ている。
次走は初勝利が期待できる。注目馬。
 
6R3歳500万下 注目レース・馬
昇級初戦の馬が過半数を占めたが、新馬・未勝利の勝ち方に注目できる馬が多く、メンバーランクはC。
直線、内からトレジャーバトルが逃げ、リコリス・ニシノルーファス。このリコリスとニシノルーファスの後ろにいるのが、ハシッテホシーノ。ちょっと前が壁になったが、そこから松岡騎手が思いきって外に出す。大外から伸びてきたのが、最後方から進んだピサノカルティエ。結局内の3頭も伸びてはいるが、中を突いたハシッテホシーノと大外を鋭く伸びたピサノカルティエ、この2頭の叩き合いになった。最後は位置取りの差が出たか、ハシッテホシーノが1着。
1着 ハシッテホシーノ 直線窮屈になりながらの差しきりで、切れるだけではなく、見た目以上にパワフル。ガッツもある。
2着 ピサノカルティエ 3Rのマツリダガッツと同様に岩田騎手の離れた最後方からの追い込み。良い脚を長く使っていた。
3着 ニシノルーファス 原級では素質上位。
4着 トレジャーバトル 原級では素質上位。
5着 リコリス キャリア1戦の牝馬で勝ちに行って5着だったが、強い競馬をしている。牝馬限定の枠内ならすぐに勝てる馬だと思う。
6着 ピサノエグゼ 直線ちょっと狭くなり、道悪が堪えた感もある。原級では素質上位。
 
8R4歳上1000万下 注目レース・馬
4着 ジャンバルジャン 2走連続して断然の1番人気を裏切った。今回もハナを切らず、押さえた競馬だったが、折り合いはついていましたし、手応えもあった。また、状態も落ち着きがあってとても良く思えた。前走の様な力を要するダートならともかく、得意の軽いダート。しかも連対10割の東京2100m。それで伸びなかったのですから、現状ハナに行ききることが絶対条件と言える。次走も同型馬の存在には注意したい1頭。
 
9RクロッカスS タイムランクBのレース
直線半ば、内目からサンカルロが抜け出していく。同じ5枠ダブルウェッジは伸びを欠き、その外から伸びてくるのがスガノメダリスト。この2頭、内と外やや離れての叩き合いとなったが、サンカルロが押し切って1着。2頭の中を突いてきたアイアンデュークが3着だった。
1着 サンカルロ 前半行きたがったが、この馬としてはマシな方だった。実績のある東京で難なく抜け出してきた。先週の3歳戦では唯一メンバーランクBのレースを勝った点も評価できる。道悪にのめる所もありませんでしたし、距離もこのぐらいが良さそう。今後は右回りでのもたれ癖解消が課題だと思う。
2着 スガノメダリスト 地味な印象があるのか、常に人気にならないタイプ。サンカルロの少し後ろで折り合って、今回も確実に末を伸ばした。1600m以下では今後も崩れそうにはない。
5着 ツクバホクトオー 若干追い不足。20キロ増の馬体は、成長分もあるがやはり余裕があった。外へ出してからはしぶとく伸びており、新潟2歳S2着の能力の一端は伺えた。次は変わってきそう。注目馬。
6着 ダブルウェッジ サンカルロと一緒に抜け出しにかかって伸びが止まった。大トビなタイプで道悪が堪えていた模様。
 
11R東京新聞杯
1着 アブソリュート 昨年の夏に新潟外回り1600mで2連勝した。直線の長い左回りのマイル戦がベストという事。ただ、前走であまり得意とは言えない中山をこなし、今回も去年の夏の福島で離された3着に終わっている道悪をこなしたという点、自分の不安材料を2つ打ち消して勝ってきた事に意義がある。それだけ充実している証拠。今ならあと1ハロン長い気がする1800mにも対応できそうな気がする。
==田中勝春騎手==
折り合いがつきさえすれば、終いは切れる脚が使える。これがこの馬の持ち味です。レースではリズム良く走らせたいと思っていた。手応えが良すぎて直線では抜け出すのがちょっと早かったが、それでも最後まで頑張ってくれましたからねぇ。デビュー以来ずっと乗っていて、この馬だけは他の騎手に渡したくないという思いがあったし、勝ててうれしい
2着 キャプテンベガ 近走スムーズさを欠く競馬が続いていたが、マイル戦ならこのぐらい動いても驚けないものがある。ちょっと時計の掛かる馬場が良かったのではないだろうか。
3着 スマイルジャック 直線で前にショウワモダンが居て、進路をふさがれる様なところがあった。そこから外に立て直して伸びて来ただけに、ちょっと惜しい競馬。折り合いが難しい馬だが、リズムが肝心という事から考えたらこの1戦がきっかけになる可能性がある。
6着 タマモサポート 道悪大丈夫だと思ったが、ここ2戦はマイル戦の速い競馬で勝ってきている。ラジオたんぱ賞を道悪で勝ったときはかなり昔の話で、最近はやはり良馬場の方が良いんじゃないかなと思う。ここまで悪くなるとマイナスに作用したという風に考える。
==津村騎手==
手応え良く見えたかもしれないが、直線に向いたときいつもの様な感じはなかった。道中も掛かる場面がなかったですからね。走りづらい馬場が堪えた様です。今日の結果は力負けじゃないですよ。
 
ポイント
芝もダートも乾いてみなければ
先週の東京は大幅に雨の影響を受けた。当然の様に芝は大きく時計を要し、ダートは速くなったが、今週以降良馬場に回復したとして、芝が東京本来の軽い芝かというとわからない気がする。芝刈りでもすれば別の話だが、むしろ草丈が長くて少し時計が掛かる気もする。これは冬場で砂圧を厚くしているダートにも言える事。今後とも馬場の推移には注目していきたい。
実質無料
↑実質無料↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差