2009年3回中山1日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
前開催2週目・3週目は雨の影響で時計が掛かっていたが、4週目そして開催替わりの先週と馬場差はマイナスゾーン。特に先週は同じAコース使用の5週目にも関わらず、前4週よりも速い時計の出るコンディションだった。なお、今週から3週はBコースが使用される。
3コーナーから4コーナーの勝負所ではインが痛んで来たが、先週は馬場が掘れる事以上に著しく砂煙が舞い上がっていたのが印象的だった。これまでの開催に比べれば、外に出した馬の上位進出も目に付いた。
雨の影響を強く受け、1日の中でも時間帯によって時計の出方が変わったケースが多い。速い時計の出やすかった開催日としては、1800mで前開催の3日目・5日目・6日目。1200m戦で3日目・5日目だった。
時計が掛かったという程ではなかったが、1800m・1200m戦土日ともプラスの馬場差だったのは今年の中山開催で初めて。だいたい専門紙の新聞とか見ていただければ、前走で大半の馬が稍重とか不良というダートを経験している訳で、今回パサパサの乾燥したダートに変わる事によって、息を吹き返して来た差し馬の台頭というのも目に付いた。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/03/28 (土)  芝=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T1600 メイウインド    牝3 未勝利 1:36.1 ±0 --- +0.4 -0.4 96 D C
6R T1800 サトノエンペラー    牡3 500万下 1:48.4 -0.7 --- -0.2 -0.5 102 C D
9R T2000 ラークキャロル    牝3 ミモザ賞500 2:01.0 -1.2 --- -0.7 -0.5 107 B D
11R T2500 アルナスライン    牡5 日経賞G2 2:31.2 -1.9 --- -1.7 -0.2 117 A C

2009/03/28 (土)  ダ=+0.3 1200m=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 ベルイシス    牝3 未勝利・牝 1:13.5 +0.6 --- +0.5 +0.1 95 D E
2R D1800 フレイムプリースト    牡3 未勝利 1:56.1 +0.5 --- +0.2 +0.3 98 C D
3R D1200 セイウンアスラン    牡3 未勝利 1:13.3 +0.4 --- +0.3 +0.1 97 D D
4R D1800 キッズアプローズ    牡3 未勝利 1:56.7 +1.1 --- +0.8 +0.3 92 D D
7R D1800 トランスワープ    牡4 500万下 1:54.9 +0.9 --- +0.6 +0.3 94 D C
10R D1800 ニードルポイント    牡5 富里特H1000 1:52.7 -0.5 --- -0.8 +0.3 108 B D
12R D1200 チャームキャップ    牝4 500万下 1:12.2 +0.3 --- +0.2 +0.1 98 C D

         

5R3歳未勝利 注目レース・馬
トップキングダムが好位から上手くレースを進めて、力通り抜け出して来るかというところあったが、今回は思いの外伸び悩んで、マイネルアリオンにも捕まる様な形。ただ、その外から一気に伸びてきたのが勝ったメイウインドだった。
ちなみに、メイウインドとトップキングダムの2頭の存在がメンバーランクを引き上げているレースですから、他の出走馬の次走については、やや慎重に検討したいところ。
1着 メイウインド 坂路で好タイムを連発して注目度は高かったが、経験馬相手の直線一気というのはなかなかお目にかからない芸当。1位失格の経歴を持ち、現未勝利では最上位の実力馬、トップキングダムが本調子を欠いていたとは言え、内と大外のコース取りの差を考えれば評価できる勝ちっぷり。今後が楽しみ。
3着 トップキングダム 地力を再認識させる内容だった。注目馬。
 
9Rミモザ賞 タイムランクBのレース
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。このレース、前半1000m通過が59秒7と緩みなく進んで行った。好位からピースエンブレムが抜け出そうとしたところ、後方追走からラークキャロルが直線でも大外を伸びて抜け出し行く。ニシノルーファスも追い込んできたが、ピースエンブレムが踏ん張って抜かせず2着を確保した。
1着 ラークキャロル 前走の東京戦に続いて末脚勝負に徹したことがハイペースで図に当たったというところだが、ゴール前の脚色は素晴らしかった。トニービンの肌にステイゴールドですから、オークス路線に間に合ったのは大きい。トライアルの穴候補と見ている。
2着 ピースエンブレム 正攻法に近いレース運びから、直線で一端先頭。放牧効果が結果に結びついた。秋華賞馬ブラックエンブレムの全妹。2勝目は近いだろう。
4着 レイクメリット 厳しい流れの2番手を進み余力を無くしてしまったが、悲観するほど下がってはいない。2勝目は近いだろう。
 
10R富里特別 注目レース・馬
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。4コーナーから直線入り口、逃げていたマルブツフラッシュに同じ4枠ウイッシュビーワンが並びかけて行くが、その外からニードルポイントが手応え良く先頭に立って行く。さらに差は2馬身・3馬身と広がって行き圧勝。離れた2着争いでは後方追走のニシノテンカがウエスタンシーザーを交わして先着した。
Aランク一歩手前のBランクで、先週のダートではベストのタイム差。
1着 ニードルポイント そもそもが実績上位。叩き2戦目のプラス10キロで、明らかに馬体の張りが良くなっており存分に脚力を見せつけた。硬くなりやすいタイプなので、順調に使って行ければだが、上のクラスでも結果がついてくるはず。
2着 ニシノテンカ 1月に同じ舞台でAランクの時計で500万を勝った。願ってもないハイペースが味方した訳だが、東京向きのイメージは既に無くなっている。このクラスで戦って行くには距離をやや長めにシフトして、自分のスタイルを貫くことが正解なのかもしれない。
3着 ウエスタンシーザー 多少切れ味で見劣ったが、昇級初戦としては上々の立ち回りだった。注目馬。
 
11R日経賞 タイムランクAのレース
やはりホクトスルタンが逃げたが、直線でリードがなくなった。終始前向きな走りを見せていた、アルナスラインが手応え通りに抜け出して、最後までしっかりした脚を持続させた。モンテクリスエスが大外一気というシーンもあったが、坂上で苦しくなって、変わって内から併せてきたマイネルキッツがしぶとく差し返して2着を奪い取った。
基準より1秒7も速い勝ちタイムだった。道中1度も13秒台のラップがない上に、レースのラスト600mが11秒8-11秒6-11秒9と3着と4着馬の間が5馬身差と大きく開いたが、上位と下位との差は推定上がり34秒台の脚を使えたか否かという点にも、如実に表れていた。マラソンランナーとして資質を総合的に問われ、ふるいにかけられたといった印象。
1着 アルナスライン 休み明けでやや気配が地味に映った。初めて装着したチークピーシーズの効果がてきめんだったと思う。着差以上の強さ。ちょっと脱線気味の振り返りだが、過去の大きなレースを見ても中山芝2500mというのは新しい試みを仕掛けやすいと言うか、何かそういう舞台なのかなという感じがする。アルナスライン、天皇賞に向けてという意味では、個人的にはもう少し見たいという所があったので、もっと際どい勝負になって欲しかったが、3000m超級というのは菊花賞2着を含めて実績は十分ですし、脚質も向いているかと思う。当然印が必要。
 
ポイント
坂路は嘘をつかない?初出走馬が続々好発進
あらかたはご想像通りの話だが、先週の中山の未勝利戦で、連対した初出走馬は全9鞍で4頭。率はともかく、なかなかの精鋭達という印象が強く、分析内でも1頭取り上げた。しっかり人気に推されている根拠の1つが、坂路調教での好タイムだと思う。予想する立場から言えば、最近の美浦の坂路というのは、あまりにも時計が出過ぎて眉唾ものというところもあるが、しっかり活用すべきケースもある事を再認識しておきた。特にラスト1ハロンの数字は、並の未出走馬では出ない・出せないタイムがあると見ている。
30%OFF セール
↑30%OFF セール↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差