2009年1回東京5日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
雨の影響を大きく受けた1週目は極端に時計を要した。初日は昼頃と比較して、後半は乾いてきており、馬場差を同一にできない事から変動とした。2週目は良馬場でも水準よりいくらか時計が掛かったが、先週は一転して速くなっている。
先週月曜日に芝刈りが実施された。洋芝の育成が順調すぎて草丈が長くなってきたため。その影響で、時計の出方が俄然早まった。また内を突く馬の活躍が目立ち、全般に前に行った組が強かった。日曜は土曜よりも若干掛かったと判断。最終週の今週もDコースが使用される。
1週目は雨の影響を受け、速い時計の出るコンディション。水の浮いた土曜は午前と午後で時計の出方が異なるため、変動扱い。2週目は砂が乾燥して水準より大きく時計を要したが、先週は同じ良馬場でも2週目と比較すると速くなっていた。
砂圧を厚くしてる事から、良馬場では時計が掛かっている。ただ、それでも2週目よりも速くなったのは、芝が影響する程ではないにしても、土曜早朝に1時間ほどパラッと雨が降った事。適時散水している事だと思う。脚質に偏りはなく、日曜は乾燥が進んで土曜よりも0秒1掛かったと見ている。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/02/14 (土)  芝=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
4R T1400 ギンザジャスマック    牡3 未勝利 1:22.5 -0.8 --- -0.4 -0.4 104 B D
5R T1800 アポロリバティー    牡3 未勝利 1:48.8 -0.3 --- -0.9 +0.6 109 A B
7R T1600 レッドスパーダ    牡3 500万下 1:34.5 -0.8 --- -0.4 -0.4 104 B C
9R T1600 チョウカイファイト    牡6 テレビ山1000 1:34.1 -0.1 --- -0.1 ±0 101 C C
11R T1400 トウショウカレッジ    牡7 バレンタH 1:21.3 +0.6 --- +1.0 -0.4 90 S D

2009/02/14 (土)  ダ=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1400 スマートダズル    牝3 未勝利・牝 1:26.4 +0.1 --- -0.3 +0.4 103 B D
2R D1300 エフティファラオ    牡3 新馬 1:21.7 +1.8 --- +1.4 +0.4 86 E E
3R D1600 カムレーシング    牡3 未勝利 1:39.9 +0.3 --- -0.2 +0.5 102 C D
6R D1400 アドマイヤジェット    牡3 500万下 1:25.9 +0.4 --- ±0 +0.4 100 C C
8R D1600 スズカエルマンボ    牝4 500万下・牝 1:39.0 +1.0 --- +0.5 +0.5 95 D D
10R D1400 レオエンペラー    牡5 銀蹄S1600 1:23.8 +0.3 --- -0.1 +0.4 101 C C
12R D1300 トウショウブリッツ    牡5 1000万下 1:18.1 +0.2 --- -0.2 +0.4 102 C C

         

1R3歳未勝利・牝 タイムランクBのレース
1着 スマートダズル 東京ダートで着外がない様に、左回りでは行きっぷりが違う。馬自身地力も強化しているのも確かだが、中山で昇級となると過信できない。
 
4R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 ギンザジャスマック 1400mで前半34秒4、後半36秒1の前傾ラップをマークして逃げ切り勝ち。1200mは忙しいが、この距離なら行ききることができる。今なら中山マイルでも対応ができそう。
 
5R3歳未勝利 タイムランクAのレース
直線半ばぐらいまでホクトグレインが逃げ粘っていたが、ラドラーダ・アポロリバティー、そしてネオアレキサンダーが交わして行く。この内首位争いはアポロリバティーとラドラーダ。地力勝負の叩き合いを制して抜け出したのは、アポロリバティーだった。あとは内を突いて伸びてきたレイクメリットが3番手に上がってゴール。
なかなかメンバーも揃っていて質の高い一戦だった。
1着 アポロリバティー 好位追走から力強く抜け出した。2000mの前走は内にササって3着に失速したが、デビュー戦・2戦目共に2着の1800mに短縮したのも味方した。マンハッタンカフェの産駒で迫力の好馬体の持ち主。メンバーランクBでしかもこの速い時計ですから、この距離なら昇級しても楽しみ。
2着 ラドラーダ 小柄な牝馬でかなり細く映る。母がレディブロンドと良血だけあって走る気が旺盛。マイラーだと思うが、牡馬相手にこの内容は立派。すぐ勝てるだろう。
3着 レイクメリット 初戦はかなりのスローペースだったヒシポジションの勝ったレース。そこで3着だった。2走目でいきなりの速い時計の決着にしては、踏ん張っている。次走はさらに良くなってくるだろう。
4着 ネオアレキサンダー 初戦はかなりのスローペースだったヒシポジションの勝ったレース。そこで2着だった。2走目でいきなりの速い時計の決着にしては、踏ん張っている。次走はさらに良くなってくるだろう。
8着 アーリンダル 上がりが速すぎて対応できなかった様子。少し距離も忙しいと思う。
 
6R3歳500万下 注目レース・馬
1着 アドマイヤジェット 新馬勝ちの時計、勝ち方からすると今回は物足りない面も残るが、外から一端ゴールドエンデバーに被される厳しい展開を凌いで、差し返して勝った点に価値がある。この中間も爪の不安を若干抱えた調整。万全とまでは言えなかった。まだまだ良化余地を残している。
3着 フォルミダービレ 出遅れて外外を追い上げる競馬。内容は良く、距離短縮にも対応できていた。
 
7R3歳500万下 タイムランクBのレース
内枠から先頭に立ったサトノロマネに並びかけて行くのがレッドスパーダ、ドリームゼニス。そして外から追い込んで来るストロングリターン。内のクーデグレイス。叩き合いからもう一伸びして競り勝ったのが、レッドスパーダだった。とは言え、ドリームゼニスも食い下がってクビ差。外のストロングリターンが3着だった。
1着 レッドスパーダ 前走はひいらぎ賞で5着。当時2着のディアジーナ、3着のサンカルロがその後の好内容で勝っている。新馬戦を勝っている東京コースで 、好位から抜け出した。タイキシャトル産駒の渋いタイプのマイラー。長く脚を使える。
3着 ストロングリターン 前2戦を上回る上がり600m、推定33秒7。切れる脚は使っているが、スタートで出遅れた事と内有利が顕著な土曜日に外を回ったのは痛かった。決め手はこのクラス屈指。ただ、追い込み一手だけに中山は多少不安も残る。
 
11RバレンタインS タイムランクSのレース
芝1400mのオープン戦としては、かなり緩やかな流れでスローの扱いとする。
 
ポイント
春近し。高レベル続出の3歳戦に注目
先週の東京は芝でAランクが2鞍。Bランクが3鞍。合計5鞍の内4鞍が3戦だった。また、ダートはBランクが1鞍だけだったが、これも3歳未勝利でのものだった。さらに3歳ダートのオープン戦、ヒヤシンスSはタイムランクこそCだったが、メンバーランクはBでレース内容は白熱していた。サンデーサイレンスが死亡してから競走馬全体のレベルが一息と一部の地域で言われたりしているが、今年の3歳世代はここ数年と比較しても、レベルの高い競馬が多い気がする。これからがクラシック本番。本格的な春の訪れが待ち遠しい。
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差