2009年3回中京4日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
(ここまでの4日間の数値)マイナス1秒台の数値が続いて、速い時計の出るコンディションが維持されている。そして先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス1秒2、日曜日がマイナス1秒0だった。
こちらも土日とも雨の影響を受けて開幕週と比べれば時計の出方は鈍ったが、それでも時計の出やすい馬場だった。そして開幕週の段階から行った行ったの競馬が少なかったのがこの開催の大きな特徴。先週は土曜が好位差しタイプの活躍が目立った。そして馬場の痛みが進んだ日曜は展開によっては外差しも届いていた。
1週目は土日ともマイナス0秒6と安定。そして先週の馬場差1700m対象の数値は土曜日がマイナス0秒8、日曜日が変動だった。
雨の影響で時計の出方は1週目よりやや速かった。よって土曜はマイナス0秒8。レースによって時計の出方に変化があった日曜は変動とした。ただし朝の1R・3Rについては馬場差はマイナス1秒2。午後はやや掛かっていて10R・12Rは土曜と同じレベルだったと見ている。脚質的には圧倒的に先行有利だった。ただ、素人の私がわかっているぐらいですから、当然各騎手も把握している訳で、ペースが遅くなると向正面あるいは3コーナーぐらいから早めに進出して行く人馬の姿が目立った。よって単なる先行ではなく、途中からのマクり的な競馬が多かったのも特徴。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/05/31 (日)  芝=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
2R T1200 スプリングアウェク    牝3 未勝利 1:09.7 -0.1 --- +0.5 -0.6 95 D D
5R T2000 アドマイヤメジャー    牡3 未勝利 2:00.2 -1.8 --- -0.8 -1.0 108 B C
7R T1800 エーシンコンファー    牝4 500万下 1:48.2 +0.3 --- +1.2 -0.9 88 E C
8R T1200 リーチコンセンサス    牝3 こでまり500 1:08.8 -0.4 --- +0.2 -0.6 98 C D
9R T2000 ヴィクトリアアイ    牝5 有松特別1000 2:02.4 +2.5 --- +2.6 -0.1 74 S D
11R T1800 ルールプロスパー    牡4 1000万下 1:45.9 -1.3 --- -0.4 -0.9 104 B C

2009/05/31 (日)  ダ=変動
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1700 メイショウスクラム    牡3 未勝利 1:46.6 -0.8 --- +0.4 -1.2 96 D C
3R D1700 インバルコ    牡3 未勝利 1:45.6 -1.8 --- -0.6 -1.2 106 B C
6R D1000 イセノスバル    牡3 500万下 0:58.6 -0.9 --- -0.3 -0.6 103 B C
10R D1700 アンダーカウンター    牡4 名古屋H1600 1:44.0 -0.3 --- +0.5 -0.8 95 D C
12R D1700 メイショウオニカゲ    牡4 500万下 1:45.9 ±0 --- +0.7 -0.7 93 D D

         

3R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。逃げるニホンピロララバイにキーネプチューンが早めに動いて接近していく。さらに中団からマクって追い上げて来るのがインバルコ。この3頭が直線入り口では並んだが、キーネプチューン・インバルコが叩き合いつつ、ニホンピロララバイを競り落とし、中でもインバルコが抜け出し差を広げて1着。キーネプチューンも後続には差をつけて2着を確保した。
1着 インバルコ ちょっとパドックでは気配は気合い乗りが平凡で地味だが、実戦に行けばレース内容は堅実。今回は後方から向正面からポジションを上げると、直線は後続を一気に突き放しましたから、現段階ではまだ潜在能力の高さだけで走っている印象ですし、伸びしろを考えれば昇級しても通用のレベルだと思う。
 
5R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。タガノブリガデイロが先頭、2番手にエーシンモアオバーで緩みのないペースで進んで行く。それでもタガノブリガデイロは逃げ粘っているが、外めを目立つ勢いでアドマイヤメジャーが追い上げて来た。直線でも勢いをそのままに抜け出し、さらに差を広げて1着。好位の内めに居たシュンリキがゴール前でタガノブリガデイロを捕らえて2着。とは言え、アドマイヤメジャーは6馬身差をつけていた。
1着 アドマイヤメジャー 中団追走から楽に抜け出した。2・3着に先行タイプの馬が粘っている事を考えると決して展開が向いた訳ではなくて、単純に実力差が着差に反映された感じ。上がりタイムも優秀で昇級しても通用のレベル。
勝ち馬の内昇級戦で上位候補とできる馬…3歳馬で3歳限定のレースというのはこの開催の間しかない。ですから、3歳限定の間に出走してくる様なら次走は有力だと見たい。
 
6R3歳500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。ストレートインがダッシュして逃げ、それをキングスウィープがマークする展開。さらにその外にイセノスバルが並んで行く。直線内ラチ沿いのストレートインが一旦突き放したかに見えたが、外のイセノスバルがもう一伸びし、並んで行き、交わして1着。ストレートインも粘って2着。キングスウィープは脱落し、変わってオーミレイライン・メイショウタカチホが上がって3着・4着だった。
1着 イセノスバル 今回が初めてのダート戦だったが、元々調教の動きは良かった馬ですし、プリサイスエンド産駒で母父タバスコキャットという血統背景もあって、ダート適正は高かった。しかも単にスピード任せではなくて、ハナに行かずに勝った点は時計以上の価値があると思う。次走揉まれた際の不安はあるが、単にダート適正だけなら古馬相手昇級でも通用すると思う。
 
7R4歳上500万下 タイムランクEのレース
基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
1着 エーシンコンファー 時計は平凡だったが、まだ4歳馬で次走は再度500万に出走してくる可能性は大。となると有力候補の1頭。
2着 サクラオールイン 外外を回る競馬で2着だった。ここ2戦はブリンカー着用の効果かレース内容が安定している。次走人気になる様なら脚質的に嫌って妙味ありだと思うが、逆に人気がほどほどなら狙いは成立すると思う。
5着 マイネルインゼル この馬ちょっと左目の視力が弱い面がある。ですから、次走も左回り参戦なら見送りかなと思う。
 
9R有松特別 タイムランクSのレース
前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
10R名古屋城S 注目レース・馬
勝ったアンダーカウンターを取り上げる。
1着 アンダーカウンター 時計はDランクでも勝ったアンダーカウンターは一気に外めを進出すると、直線楽な手応えで先頭に立った。抜け出してからは、逆にフワフワした感じの走りになった分、時計的には詰められなかったが、今回は休み明けの1戦でしたから、まだまだ短縮は可能だと思う。思えば東京1000万下を勝った時はAランクの時計で勝った馬ですから、4歳馬ですから次走も1600万下で走る可能性が高い。となりと当然勝ち負けになる。
 
ポイント
千七ダートと言えば赤木
冒頭でもマクりの競馬が数レースあった事は触れたが、その中でも赤木騎手が早め進出で結果を残しているのが目立った。まずは1週目だが、2日目の2R15番人気の単勝277倍リバートップガン、馬券絡まなかったが4着。同じく2日目4Rのスナークツバサは先行して8番人気で2着だった。そして先週は土曜7R7番人気のフレアキャスケード、向正面から一気に上がって行って、結局このまま押し切って勝つ。日曜3R9番人気のキーネプチューンがあれよあれよと言う間に前に取り付いて、結局抜け出して最後負けたが2着にしぶとく粘った。そして先ほど取り上げた日曜10Rアンダーカウンターだが、もう満を持した騎乗で4角先頭という様な形でそのまま押し切った。赤木騎手の頭脳プレイがこの中京開催光ってますし、今週も見逃せないと思う。
イメージビデオ30%OFF
↑イメージビデオ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差