2009年2回中京2日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
1回開催の馬場差を振り返る。開幕週は時計が掛かっていたが、2週目は水準レベル近くまで速くなった。そして最終週の3週目は雨の影響もあり、一転してかなり時計の掛かる馬場だった。1週目・2週目そして3週目と同じ良馬場発表でも、それぞれ時計の掛かり方が大きく異なっていた。
一言で見た目だけの印象を言えば、前開催よりも芝の草丈は長くてフサフサした感じだった。実際乗っている騎手に聞いても、力のいる馬場との声が大半を占めていた。当然そんな状況は馬場差にも反映されて、雨・風の影響を多分に受けた土曜はプラス1秒8。馬場が回復して風の影響をあまり受けなかった日曜はプラス0秒9の馬場差。脚質的には先行・好位組の活躍が目立った。差しタイプの馬は内をうまく立ち回らないと辛い状況だった。
1回開催の馬場差の推移を振り返る。4日目までは全てプラス0秒3と安定していたが、最終週の3週目は一転して速い時計の出るコンディションとなった。
土曜については
8Rまで:-1秒5
12R:-1秒0
の馬場差。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/03/15 (日)  芝=+0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
4R T1200 ザバトルユージロー    牡3 未勝利 1:10.8 +0.9 --- +0.4 +0.5 96 D C
5R T2000 ドリームライナー    牡3 未勝利 2:01.6 -0.5 --- -1.4 +0.9 114 A C
9R T1200 メイショウヨリトモ    牡4 500万下 1:09.8 +0.7 --- +0.2 +0.5 98 C D
11R T1200 タムロスターディ    牡6 中京スH1000 1:09.3 +0.7 --- +0.2 +0.5 98 C C
12R T2500 スプリングバレル    牡4 寒狭川特500 2:36.4 +2.2 --- +1.1 +1.1 89 E B

2009/03/15 (日)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1700 クリノマックス    牝3 未勝利・牝 1:48.4 +0.9 --- +1.2 -0.3 88 E E
2R D1000 メイケイファルコン    牡3 未勝利 1:00.2 ±0 --- +0.2 -0.2 98 C D
3R D1700 ケイアイコンジン    牡3 未勝利 1:47.3 -0.2 --- -0.3 +0.1 103 C D
6R D1700 マルサライガー    セ5 500万下 1:46.1 +0.2 --- +0.5 -0.3 95 D D
7R D1000 ウインアンジェラス    牝5 500万下・牝 0:59.0 -0.3 --- -0.1 -0.2 101 C D
8R D1700 タガノショータイム    牡5 500万下 1:46.4 +0.5 --- +0.8 -0.3 92 D D
10R D1700 スタッドジェルラン    牡3 沈丁花賞500 1:46.3 -0.3 --- -0.3 ±0 103 C D

         

5R3歳未勝利 タイムランクAのレース
基準より1秒4も速い勝ちタイムだった。1枠からドリームライナーが先頭に立って、この日の馬場で未勝利戦としては緩みのないペースで引っ張る。外からトパンガが並ぼうとするが、直線ドリームライナーが突き放して1着。トパンガの外からマイネルメビウスが上がって2着。さらに後方から追い込んだジョウノワンダーもトパンガを交わし、マイネルメビウスと差のない3着に入った。
1着 ドリームライナー 好発を決めて、軽く仕掛けると楽な手応えでハナへ行って、道中も絡まれることなく運んだとは言え、直線はもうあっという間に4馬身引き離しましたから。力の要る馬場で持ち前のパワーが存分に発揮された感じ。
2着 マイネルメビウス 溜める競馬で2戦連続の好走。ようやく常識にかかって来た。
3着 ジョウノワンダー 新馬戦で2着した後伸び悩んでいたが、今回からブリンカーを着用した。これで復調のきっかけを掴んだ様子ですし、外差しが届かない馬場で、しかも速いタイムでの決着でジワリと差を詰めた点は評価できる。次走は勝ち負け。注目馬。
4着 トパンガ 外をマクり気味に上がって行って、流石に最後は止まったが、勝ち馬を負かしに行く競馬で踏ん張っている点は見逃せない。注目馬。
 
10R沈丁花賞 注目レース・馬
レースは割と各馬が早めに動いて行く様な展開になって、スタッドジェルランが外枠だった事もあって、結構外外を回る形になった。ただ、直線に向いてからは脚色が違った。佐藤哲三騎手に追われると、グイグイ伸びて後続を大きく突き放していく。ハギノリベラもよく追い詰めていますし、レッドボルサリーノ・シルバーフィールド辺りも結構しぶとく脚は伸ばしているが、前には遠く及ばずという感じのレースになった。
1着 スタッドジェルラン 枠順が外だった事もあって、外を回る形になったが、直線ではあっさりと抜け出しましたから時計以上に強い内容だった。次走昇級でもダート参戦なら妙味はある。
14着 メイショウシェイク この馬3コーナーで不利を受けた。ですから、少なくとも今回の走りは度外視して良いと思う。
 
12R寒狭川特別 タイムランクEのレース
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。大逃げしたプラネットビーナスが刻んだラップは平均だったが、離れた2番手以下のラップはスローだった。ですから、どうしても勝ち時計は遅くなってしまう。当然ここに出ていた全てがダメとは言い切れない。
3着 ナムラチェンジ 長めの距離で復活のきっかけを掴んだ印象。次走は要注意。
 
ポイント
藤岡康太騎手
土曜は安藤勝己騎手とか武豊騎手の参戦でちょっと影が薄かったが、日曜は存在感を存分に示した。まずは9レース、メイショウヨリトモで思いきって逃げて押し切った。続いて12レースだが、12番人気のプラネットビーナスで大逃げを打って、そのまま2着に粘る競馬だった。何しろ若手の売りは思い切りの良さだと個人的には思う。少なくとも彼にはそれが備わっていると思いますし、今後も観客を沸かせる様な競馬を期待したいなと思う。
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差