アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2009年3回中山4日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
前開催3週目、特に5日目は雨の影響でかなり時計が掛かっていたが、4週目以降は高速馬場とまでは行かないがマイナスの馬場差になっている。
土曜日はBコースに変わって最初の開催日。さらに雨の影響を受けなかった事で、春の中山開催では最も速い時計の出る馬場コンディションだった。ただ、土曜夜に雨が降り、日曜日は土曜よりも時計は掛かっていた。
コース替わりに伴い、芝の痛みが目立つのは内から3・4頭分ぐらいだろうか。連対馬のコース取りをチェックすると、内でも外でもなく真ん中を通ってきた馬の占有率が高かった。好位で流れに乗り、痛みが少ない地帯における経済コース。ここを捌いて来れれば、好走パターンと言えた週だった。
特に前開催は雨の影響の有無により、週によってもまた同じ週でも土日で時計の出方が異なっていた。この開催に入って、1週目は春の開催で初めて1800m戦も1200m戦もプラスの馬場差。しかし先週は雨の影響で、1800m戦はまたもや土日で差があった。その一方、1200m戦はこの開催に入ってほぼ同じレベルで推移している。
週中の水曜・木曜日に雨が降り、JRAのHPによると金曜正午で稍重発表だった。土曜の夜にも多少の雨が降ったが、前者の雨の方が馬場コンディションを大きく左右した結果、こうした推移となったと推察している。1800m戦でやや時計が出やすかった土曜日では、中団・後方からの連対馬は3頭に止まった。1200m戦は2鞍だけだったが、内ピッタリを回って来た先行馬が有利だった。水準の馬場差だった日曜日は、どの距離においても外差しが決まっていた。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/04/05 (日)  芝=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T2200 プリマティスタ    牡3 未勝利 2:17.0 +0.6 --- +0.1 +0.5 99 C D
6R T1600 サニーサンデー    牡3 500万下 1:34.5 -0.9 --- -0.8 -0.1 108 A D
8R T2000 ギムレットアイ    牡4 500万下 2:02.1 +0.5 --- +0.6 -0.1 94 D D
11R T1600 タケミカヅチ    牡4 ダービーHG3 1:33.7 +0.5 --- +0.6 -0.1 94 D D
12R T1200 オールタイムベスト    牝4 1000万下 1:09.0 +0.2 --- +0.3 -0.1 97 D D

2009/04/05 (日)  ダ=±0 1200m=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 クリノビリオネア    牝3 未勝利・牝 1:12.9 ±0 --- ±0 ±0 100 C D
2R D1800 サンライズフェア    牡3 未勝利 1:55.8 +0.2 --- +0.2 ±0 98 C C
3R D1200 アウトオブオーダー    牡3 未勝利 1:12.6 -0.3 --- -0.3 ±0 103 B D
4R D1800 フットライト    牡3 未勝利・若 1:57.0 +1.4 --- +1.4 ±0 86 E E
7R D1800 ゴールデンジュビリ    牡5 500万下 1:54.5 +0.5 --- +0.5 ±0 95 D C
9R D1800 スーニ    牡3 伏竜S 1:53.8 -0.1 --- -0.1 ±0 101 C C
10R D1200 ファイナルスコアー    牡4 春風S1600 1:10.7 ±0 --- ±0 ±0 100 C C

         

3R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。道中競り合う様に進んでいたスワニー・コロナループだが、直線ではコロナループが単独先頭に立って行く。しかし、その内を突いてアウトオブオーダーが伸び、コロナループを交わして1着。一方外からマルターズブレーヴが伸び、コロナループを交わして2番手に上がっていた。
1着 アウトオブオーダー キャリア1戦、しかも約5ヶ月半ぶりの実戦で初めてのダート。盲点となっていたが、近親にサウスヴィグラスが居る血統。やや忙しそうな追走だったが、直線で追われると馬の間をスルッと抜けてくる好センスで快勝。フットワークからはもろもろの融通性が効きそう。
2着 マルターズブレーヴ 1番人気コロナループをマークした結果足下をすくわれた印象。気が小さいとこの事だが、再度注文通りに運べればチャンスがあるはず。
3着 コロナループ 前回の番組注目馬だった。2頭雁行の展開となり、目標にされてもいた分追い出しを我慢して決め手にやられた感じがする。結果論だが、もっと軽いダートの速いペースで懸念なく逃げた方が良いのかもしれない。いずれにしても、距離的には限定されるタイプ。
 
4R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
 
6R3歳500万下 タイムランクAのレース
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。メンバーランクはDだが、速いペースで逃げ切った勝ち馬を含め、上位3頭は期待以上のパフォーマンスだった。サニーサンデーが坂下で後続を置き去りにして、ラストを12秒1-12秒0でまとめた。前後半で2秒近い差があるハイペースながら、道中で息が入っていた証拠だろう。2着馬・3着馬も最後まで脚色は鈍っておらず、つまりラップ上加速していたという事になると思う。
1着 サニーサンデー 同型馬を完全に沈めて独走で押し切った。未勝利勝ちも3馬身半差だったのだが、中山の芝1600mはよほど相性が良いのだろう。ただし、相変わらずラチを頼る面があり、ある程度ハナを主張するような自分の形で進められた事が最大の勝因だろう。昇級して舞台が変わると楽観視できない。
2着 ギンザジャスマック 前走芝1400mの未勝利戦をBランクの時計で勝った馬。しかも逃げ切りだった。それ以前のレースぶりも含めると改めて自在性を証明したという事になる。もっと軽い馬場なら際どかったのではないかなと思わせる軽快さを持っている。
3着 レンディル 1戦1勝で人気に推されたが、外枠で出て遅れて追走に脚を使わされる形だった。心身共に子供っぽいところも残っており、むしろしぶとく差を詰めてきた内容は高く評価できる。注目馬。
 
9R伏竜S 注目レース・馬
59キロを背負ったスーニが主役を勤め上げて世代最強のダート馬である事をアピールした。スタートはちょっと出負けしたが、主戦の内田騎手としては折り込み済みというところではないだろうか。二の足をつけてサッと取り付いて行った。4コーナーでファインビスティーが故障して息を飲むシーンもあった。直線は道中2番手を進んで来たメイショウダグザが抜け出し、これを同じく3番手からナサニエルがジワジワ捕まえに行く。白熱の追い比べとなるが、さらにはトップギアに入ったスーニ。実況に応えて一完歩毎にグイグイと迫ってハナ・ハナの大接戦とは言え、最後は勢いが違っていた。
1着 スーニ 残り200mの時点でまだ先頭とは4馬身はあったと思うが、モノが違うと言った趣の怒濤の追い込み。朝青龍ばりのトドメを刺せるほど着差はなかったが、良いモノを見せてもらった。ゲートの中で潜ろうとしてバランスを崩したスタートにヒヤッとしたが、酷量を背負ってのこの脚ですから、まだしばらくは発馬不安もご愛嬌ではないだろうか。当然次走も首位候補。
2着 ナサニエル (メイショウダグザと比べて)こちらの方が競馬の形としては正攻法だったと思う。パドックではテンションが高かったが、味のある内容だった。ただ、決め手の面ではなかなか腕っぷしを必要とする様なタイプ。平均ペース向きの印象。
3着 メイショウダグザ スンナリした先行策ならかなりしぶとい様。3戦連続の関東遠征だったが、相変わらず調教もバリバリこなされている。叩き上げのイメージで長い活躍を期待したい。
4着 メトロノース ジリジリとだが、最後はよく差を詰めてきた。混戦向きの魅力はありそう。
6着 ハイローラー ファインビスティーの故障のあおりを受けて参考外の敗戦だった。
10着 アドマイヤジェット ファインビスティーの故障のあおりを受けて参考外の敗戦だった。
 
11Rダービー卿CT 先団から好位、中団と内めの馬はかなり密集して4コーナーを回った。マヤノツルギの逃げにマイネル軍団3頭が続く、淡々としたスローに近い流れだった。密集した競馬ですと、枠順や捌きの有利・不利はどうしても結果に左右される。今回は7枠・8枠の馬は出番がない。かぶされずに進めたマイネルファルケが早め先頭からしぶとく頑張る。そこへ中を割って来たタケミカヅチが迫って交わして1着と。リザーブカードなどスペースがなく、存分に脚を使えない馬も複数いた。
1着 タケミカヅチ 毛づやが冴えて充実期を迎えたという印象。勝負所からキャプテンベガのプレッシャーを受けるような形で、4コーナーは激しいスペースの取り合いだったが、そこで前に出てこれた。距離やダートなど試行錯誤を重ねて来たが、この条件はベストではないだろうか。今回は条件が揃っての勝利と見る。
==柴田善臣騎手==
以前よりズブくなっているので、前走からテンに仕掛けていく競馬をしているが、その経験が活きて、これまでより前で流れに乗れた。道中力みもなく、うまく力を溜められたし、少し窮屈な場面はあったけど、抜けてからは良い脚を使ってくれた。
2着 マイネルファルケ 馬体が引き締まり、好気配だった。いつものフットワークで伸び伸びと走れた事が大きいと思う。最後にふらつく面を残すが、確実に成長している。
3着 マヤノライジン 昨年のニューイヤーS2着がマルカシェンクとコンマ1秒の差だった。前走の東風Sは不利が致命的だった訳で、コース適正が高かったという事になる。外を回って大健闘。
4着 キャプテンベガ 直線で寄られて躓く様なシーンがあった。小回りに泣いて脚を余した。
5着 リザーブカード 直線で捌ききれず、不完全燃焼だった。
==内田博幸騎手==
直線で前がふさがってしまった。落ち着きがあって、すごく良い状態だったし、道悪だった前走とは走りが全然違っていたから前さえ開けば何とかなりそうだったんですけどね…残念です
6着 マイネルスケルツィ 同じくと言うか、進路をふさがれてブレーキを踏んだ。今回追い切り強化で臨んだだけに残念だった。
==松岡騎手==
出来が良かったし、道中も前を見ながら良い手応えだった。でも直線に向いて、前でフラフラする馬がいて、3回くらい詰まってしまった。勝てそうな勢いがあっただけに残念です。
 
ポイント
大逃げ目立つ
先週の中山ではレースの条件を問わず、単騎であるいは競り合いで後続を大きく引き離す逃げが目立った。土曜8R・9R、あるいはそれに近かったタイムランクAの土曜10R、日曜日では5R・8Rが挙げられる。オーバーペースで勝ちきったのは土曜8Rのアンヴェイルのみで、それ故の値打ちを付けるのは当然として、馬柱に記載しきれない先頭と後続との距離感やレースの動き方など、馬券上の記憶力の勝負という側面も重要。これらの出走馬が次走馬場の良い東京戦に出走となれば、単純な前残りや瞬発力優先の競馬で人気をくつがえす可能性が十分あると見る。
SOD30%OFF
↑SOD30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差