ヒメカノ ダウンロード販売

2009年1回阪神3日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
開幕週も雨の影響が残って時計の掛かる馬場だったが、先週は一層時計の掛かるコンディションだった。この辺りの推移は中山の芝とよく似ている。
芝コースは先々週、すなわち開幕週と同様、草丈が長くてパワーを要する馬場だった。加えて金曜に降った雨の影響で、土日を比べると土曜の方が時計が掛かって、馬場差はプラス2秒2。若干水分が抜けた日曜はプラス1秒8だった。脚質的には比較的スローペースの競馬が多かったとは言え、先行・好位組の活躍が顕著だった。所謂追い込みが届いたのは、土曜11Rチューリップ賞のブエナビスタだけだった。
土日とも馬場状態が変わっているが、馬場差は1日を通してのもの。初日は変動だった。というのも雨の影響で時間帯により、時計の出方が異なったからで、3Rまではマイナス0秒4。5R以降はプラスマイナス0だった。2日目は一転して時計が掛かって、先週はほぼ水準レベルでの時計の出方だった。
前回の放送でも言った通り、ダートは砂質がパサパサというよりは重たいという感じ。その印象は先週も変わりなかった。いずれにせよ、本質的には時計の掛かる馬場。馬場差がマイナス0秒1だから掛かっていないと思われるかもしれないが、水を含んだコンディションになったのに時計の出方は速くならずに、水準レベルだったという事。脚質的には開幕週と同じく、差しが届いていたのが印象的。というよりはどちらかと言うと差し馬の方が、むしろ幅を効かせていた。最近のダートにおいて、そういう傾向あまり見られなかっただけに、これはかなりの特徴になると思う。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/03/07 (土)  芝=+2.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
7R T1800 フミノイマージン    牝3 500万下 1:50.0 +2.2 --- -0.1 +2.3 101 C C
9R T2000 デンコウミサイル    牡6 千里山H1000 2:06.0 +5.8 --- +2.7 +3.1 73 S D
10R T1600 ヒカルオオゾラ    牡5 武庫川H1600 1:34.9 +1.5 --- -0.3 +1.8 103 B C
11R T1600 ブエナビスタ    牝3 チューリG3 1:36.5 +2.1 --- +0.3 +1.8 97 D C

2009/03/07 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 タガノバッチグー    牡3 未勝利 1:14.0 +0.7 --- +0.8 -0.1 92 E D
2R D1400 ホウショウアビル    牝3 未勝利 1:26.4 +0.5 --- +0.6 -0.1 94 D D
3R D1800 サクラヒストリー    牡3 未勝利 1:55.5 +0.8 --- +0.9 -0.1 91 E E
5R D1800 マジックアロー    牡3 新馬 1:55.9 +0.9 --- +1.0 -0.1 90 E D
6R D1200 スペシャルクイン    牝3 500万下・牝 1:12.0 -0.6 --- -0.5 -0.1 105 B D
8R D2000 ベストロング    牡4 500万下 2:09.2 +2.7 --- +1.6 +1.1 84 S C
12R D1800 ダイシンオレンジ    牡4 1000万下 1:52.3 ±0 --- +0.1 -0.1 99 C D

         

1R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。2着以下の馬も次走人気になる様なら軽視したい。
1着 タガノバッチグー 相手関係・時計面で恵まれた印象。
 
3R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。タイムランク・メンバーランク共に低レベルに該当する。
1着 サクラヒストリー 使う毎に行きっぷりが良くなっている。流石に勝ち時計が遅いだけに、昇級即通用は難しいと思うが、力をつけているのは確か。血統・体型・走法から後々は芝でもやれそうな雰囲気。
 
5R3歳新馬 タイムランクEのレース
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。中盤スローペースになったとは言え、上がりをまとめていないので、低レベルに該当する。
1着 マジックアロー 勝負所からずっと外を回っての勝利。ですから、時計は平凡でも印象的には横綱相撲だった。昇級即通用は疑問だが、まだ良化の余地はある。
4着 トレノペトリュス 1番人気。逃げて失速。調教の動きは良いだけに、今回の敗戦だけでは見限れない。
8着 エリモアラルマ 砂をかぶってレースにならなかった。調教の動きは良いだけに、今回の敗戦だけでは見限れない。
 
6R3歳500万下・牝 タイムランクBのレース
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 スペシャルクイン 前走の未勝利戦を同じ日の古馬500万下のレースより0秒5も速い高レベル、すなわちタイムランクAの時計で制した馬。今回も二の足でスッと4番手につけると、難なく抜け出した。ただ、2戦連続で砂をかぶらない展開に助けられたのも確か。頭の高い走りをしているだけに、揉まれた際の不安は残る。この後3歳限定のオープンダートの短距離戦は組まれてない。ですから、今回と同じダート短距離戦に出走してきた際にも、内枠に入る様なら少し疑ってかかった方が良いと思う。
 
9R千里山特別 タイムランクSのレース
中盤がかなり遅い流れだったため、補正しきれずスローペースの扱いとする。
 
10R武庫川S タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。コスモスペシャリーが先頭に立って、2番手にタガノグラマラス。タガノグラマラスが直線に入って先頭を伺うものの、抜け出す勢いはなく、その後に居たヒカルオオゾラが手応え十分に接近し、抜け出して行く。抜け出してから追われて後続との差を広げて1着。その外からスズカコーズウェイ・ダンツホウテイが伸びて2・3着に入った。
800mの通過タイムが47秒6で、芝外回りの1600m戦としてはあまり緩みのないペースで流れた事がタイムを押し上げた感があるが、それでもレースの上がりを11秒9-11秒4-12秒0でまとめている点は優秀。
1着 ヒカルオオゾラ 今回が約9ヶ月ぶりの実戦だったが、太め感はなくてスッキリと仕上がっていた。気合い乗りも十分だった。レースでも行きっぷり良く、3番手に取り付くと直線では追い出しを我慢する余裕を見せて、最後は力通りに抜け出した。今回の勝利で通算成績は9戦5勝2着2回。まだ底を見せておらず、1600m前後の距離ならエプソムC2着の実績が示すとおり、重賞戦線でも十分勝負になると思う。思えば池江泰寿厩舎だが、1回小倉6日目でもおよそ1年7ヶ月ぶりの出走だったレースドールを勝利に導いている。ですから、長期休養開けでも狙える厩舎というイメージが定着してきた感がある。
5着 スピリタス 2番人気で5着だった。こちらは休み明けがモロに影響した感じ。さらに今回は外を回る展開でしたし、度外視して良いと思う。順調に行けば次走は有力。
 
11Rチューリップ賞 (4コーナー)注目のブエナビスタは後方追走から外を上がっていく。同じ後方だが、前回よりちょっと早めの競馬を心がけた。その辺りジョッキーの判断もあると思うが、結果その分最後追ってからしっかりした脚を使って前を捕らえる結果になりましたし、乗り方としては正解だったと思う。サクラミモザが逃げてしぶとく粘って、ルージュバンブーも結構キャリアは浅いが最後しぶとく脚を伸ばして3着で権利を獲得した。なかなかゴール前の攻防は迫力があった。
1着 ブエナビスタ 強さは見ての通りですし、このまま無事に本番を迎えれば恐らく好結果を出せるんじゃないかと思う。
==安藤勝巳騎手==
今日はまだ違った競馬で良い競馬だったと思う。体自体はちょっと逞しくなった様な感じがしたが、精神的にももともと落ち着いていた馬なのですごく扱いやすい馬。今日ずっと見て、あまり後ろからの一気の脚はなかなか使ってないので、ちょっと動けるところで動こうと思って早めに動いた。
2着 サクラミモザ 去年藤岡佑介騎手、エアパスカルで逃げてこのレースを勝った。という事でやはりこの時期の阪神のマイル戦のトライアルの乗り方を彼自体が会得している感じはありますし、馬もスッと前に行ける馬ですし、結構軽い走りをするのでダートで結果を残してきた馬だが、今回の様にむしろ芝の方が合っている印象はある。
3着 ルージュバンブー まだキャリアは浅いが、最後力強く差を詰めて3着。この馬今回マイナス10キロでも488キロある。ですから、馬力型で非常にタフな馬場ですから、こういう馬場もこの馬には合ってるんだと思う。
4着 ブロードストリート そつなく運んでる様に見えたが、追ってから一息だった。この血統というのはフィニステールの下ですから、どちらかと言うと奥手なので将来性は十分あるとは思うのですが、現時点では完成度の差がレースに出たかなという印象。
5着 ジェルミナル 後ろからレースしていたが、ちょっとブエナビスタが動いた時に一緒に動けなかったですから、その分着順にも表れていると思うが、もう少し前で立ち回った方が、結果が残せるタイプかなという印象。
 
12R4歳上1000万下 注目レース・馬
クリストフォルスの鞍上福永騎手が落馬して、空馬のまま先頭に立ってゴールインしたレース。各馬その空馬をちょっと気遣いながら走っていただけに、タイムランクはCでもイコール平凡なレースではないとの解釈をしている。
(スタート)クリストフォルス・福永騎手、ちょっと落ちて、横の馬に転がっていく様な感じになった。ペース自体も結構淡々と流れて、直線向いてから空馬が先頭に立って、ちょっと外にふくれ加減に走る。残り200m辺りから比較的真っ直ぐ走って邪魔する様なところはなかったが、道中も結構先頭に立ってて、危なっかしい場面もありましたから、これはこれで勝った馬を評価すべきかなという内容だった。
1着 ダイシンオレンジ 直線で空馬に寄られる場面があったが、それでも鞍上の好判断で外に思いきって持ち出すと伸びが緩む事はなかった。着差以上に強い内容だった。
2着 グランプリサクセス こちらも外外を回って、長く良い脚を使った。距離ロスを考えれば勝ち馬に及ばなかったとは言え、強い競馬をしている。注目馬。
3着 トーセンスターン 落馬した馬の隣の枠だった。スタート時の映像にもあった様に、ジョッキーがゴロンと転がって来た時に多少なりとも影響を受けた感じがある。まともなら勝ち負けになっていた可能性が高い。
4着 ショウケイ 久々で好走だった。次走は上向いてくると思う。
 
ポイント
有力馬分散
基本的にローカル開催なしの単独開催の場合、メンバーが揃うケースが多いが、先週はメンバーランクがB以上のものは1鞍もなかった。それどころか、逆に番組数の多い3歳未勝利ダート1800m戦は印を打つのにちょっと迷うくらいメンバーが手薄だった。これは昨年暮れから続く関西圏のダブル開催が多分に影響している。今週から中京開催がスタートするが、有力馬の分散傾向は変わりないと思う。イコール、着順を鵜呑みにするのではなく、個々のレースのレベル比較が重要になってくると思う。当然この番組を参考にすべきだろう。
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差