2009年3回東京4日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
前開催5日目から7日目、この開催の初日はマイナス0秒7の馬場差だったが、それ以外の日は雨の影響を受けた。そして先週は土日とも雨により時計が掛かっていた。芝の馬場差2000m対象の数値は、土曜日がプラス1秒0。日曜日が変動だった。日曜日については
4R・5R時の馬場差はプラス0秒2
でその後時計が掛かって行った。
土日とも雨の影響で時計が掛かっていた。日曜日は一旦水準レベルにまで近付いたが、7R以降雨が激しく降った時間帯があって、相当時計の掛かる馬場になった。馬場差を出して時計を比較するという事が意味をなさないレベルなので、完全タイム差そしてタイムランクは今回表示していない。もちろん10Rつまりダービーも含まれる。見かけの時計は遅いが、言うまでもなくそれで評価を下げる事は出来ない。脚質的には土曜は先行・好位組が有利で、日曜は外を通る差し馬が台頭する一方で内の先行馬が粘る競馬もあった。脚質による有利・不利以上に道悪に対する巧拙が問われた印象。
前開催5日目は雨の影響で脚抜きが良く、速い時計が出るコンディションだったが、その後この開催2日目までは大きな変化はなく、安定していた。そして先週の馬場差1600m対象の数値は土日とも変動だった。
先週は基本的に脚抜きの良い馬場コンディションだった。ただ時間帯によって時計の出方大きく異なった。まず
土曜日6Rまではかなり脚抜きが良くてマイナス2秒2
10R以降は掛かっていたがそれでもマイナス1秒2
ですから、速い時計の出るレベルだった。日曜日は
午前中マイナス2秒0
で6R時は一層高速化の馬場となったが、逆に11Rになると逆に水が浮いてしまって6Rまでと比べれば、逆に時計は掛かっていた。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/05/31 (日)  芝=変動
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
4R T1400 アイティムサシ    牡3 未勝利 1:23.5 +0.4 --- +0.3 +0.1 97 D C
5R T2000 シングンレジェンド    牡3 500万下 2:02.0 +0.7 --- ±0 +0.7 100 C D
7R T1600 モンテフェニックス    牡4 500万下 1:38.0 +3.2 --- --- --- - C
8R T2400 メインストリーム    牡4 青嵐賞1000 2:35.7 +9.5 --- --- --- - C
9R T1800 デストラメンテ    牡5 むらさH1600 1:52.4 +6.1 --- --- --- - C
10R T2400 ロジユニヴァース    牡3 東京優駿G1 2:33.7 +7.4 --- --- --- - B
12R T2500 ミヤビランベリ    牡6 目黒記念HG2 2:39.0 +7.8 --- --- --- - C

2009/05/31 (日)  ダ=変動
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1600 セイカドルチェ    牝3 未勝利・牝 1:38.3 -1.2 --- +0.8 -2.0 92 E D
2R D1400 エリモシード    牡3 未勝利 1:24.5 -1.7 --- +0.1 -1.8 99 C C
3R D2100 クラブトゥギャザー    牡3 未勝利 2:12.5 -1.5 --- +0.4 -1.9 96 D C
6R D1400 テスタマッタ    牡3 500万下 1:22.8 -2.6 --- -0.4 -2.2 104 B C
11R D1400 コンティネント    牡5 富嶽賞1000 1:23.6 -0.6 --- +0.2 -0.8 98 C C

         

1R3歳未勝利・牝 タイムランクEのレース
基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
 
6R3歳500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。逃げたサクセスオネスティが直線に入っても粘っているところに、エーシンビートロンが接近して来る。その内からはグリフィンゲート・サクセスオネスティ・エーシンビートロン・グリフィンゲートの争いかと思えたところ、後方追走から外を回ってテスタマッタが追い込んで来る。内の3頭を交わして1着。そしてエーシンビートロンが2着。グリフィンゲートがゴール前でサクセスオネスティを交わして3着だった。
1着 テスタマッタ 今回が初めてのダートだった。芝1600mの新馬戦を勝った後は伸び悩んでいたが、ダート変わりで一変を遂げた。ガッチリとした体型をしていて、いかにもダート馬っぽい。ラップが速かったとは言え、先行有利の馬場の中後方から差し込んだ点は評価して良いと思いますし、古馬相手の1000万下でも通用のレベルにはあると思う。
2着 エーシンビートロン これまでダート3戦は逃げる競馬をしていたが、今回はサクセスオネスティが行く気を見せたの2番手から前を見る形になった。しかも坂上で一旦は先頭に抜け出した。結果敗れはしたが、収穫は大きかったですし加えて1走毎にラストの踏ん張りが増してきている点も評価に値する。次走は阪神の1200mか1400m辺りが有力と思われるので、素直に信頼したいと思う。注目馬。
3着 グリフィンゲート スタートで少しヨレる場面はあったが、その後は好位からよく追い上げた。シャドーロールの効果も感じられる。
 
10R日本ダービー スタートはそれほど大きなロスは見られなかった。逆に横一線に出た分外枠の馬は結構内に入れるのに時間がかかった。アンライバルド辺りもジワッと内に入れて行くが、ちょっと序盤から引っかかり気味と言うか、良いポジショニングが外枠だった事もあって取れなかったなというのが印象的だった。
(4コーナーのカーブ)4コーナーの映像でこんなにもスピード感の無いダービーは初めて見た。ジョーカプチーノの脚が上がったところで変わりに好位着けしていた馬たちがどんどん抜け出して来て、リーチザクラウンも一杯になりつつもそこからしぶとく粘る。真ん中からアントニオバローズが伸びてきて、外からナカヤマフェスタ、その内でアプレザンレーヴも頑張っているがどちらかと言うと直線はバテ比べで、外に目をやっている間に内からスルスルとロジユニヴァースが抜け出して最後まで脚色乱れる事無くゴールイン。リーチザクラウンが2着に粘って、外からナカヤマフェスタも伸びてきたが4着という事になった。
このダービー、ラップが特徴的でレースの序盤2ハロン目が11秒0で行っているが、ラストから4ハロン目は14秒7という事で、1つのレースの中で3秒7ラップが違う場所があるというのはなかなかない。それぐらい緩急の効いた流れで底力が問われるレースでロジユニヴァースが勝ったという事ですから、底力は認めざるを得ないが、それでもやはり道悪競馬であった事は確かですから、秋に向けてこれで力関係がハッキリしたかと言うとそうではなくて、当然昇り馬も夏出てきますから、となるとむしろ菊花賞の時にはもっと混戦になっていると個人的には思っている。
1着 ロジユニヴァース やはり皐月賞時から個人的にはまだ出来が一息に映っていましたし、陣営からもそういうコメントが聞かれていたが、今回の気配を見ていると1番出来を下げていた皐月賞時よりかは気合い乗りという点でかなり上向いていたと思う。その点日曜日の中継でも触れたが、それでも攻め馬を結構ビシバシやったという感じではなくて、比較的馬なりでジワジワ仕上げた感のある中にあって、調子が上向いてレースに行ってどうかと思ったが、結果内々をうまく捌いて抜け出して来た。もちろん道悪が得意という事はあるが、非常に横山典弘騎手らしい大胆な騎乗で内から抜け出した。出来が万全じゃなくてこの着差で勝った訳ですから、馬の能力はやはり絶対的に高いと言わざるを得ないですし、今後折り合い面に多少課題のある馬なので、距離が伸びてどうかという部分はあるが、素質的にはやはり今回の18頭の中でも上位のモノがあったなというのが、正直な印象。
==横山典弘騎手==
本当に終わった後から言う訳でもないが、本当に調子が今ひとつだったので、どこまで皐月賞から立ち直ってくれるかなと思っていたが、見事に走ってくれた。(ダービー勝利まで)20年かかろうが30年かかろうが、ジョッキーやっててダービーを勝てれば良いなと思っていたので、まさかこんなに早く勝てると思ってなかったので、本当に良い馬に乗せてもらった関係者のおかげだと思う。道悪は苦にするタイプではないので、本当にロス無く今日は馬場状態ひどかったので、外も回らないでなるべくロス無く馬とリズム良く行こうとそればっかりを頭の中に考えながら乗った。(勝利を確信するのは)ゴール板を過ぎるまでは、こんな馬場ですし馬も最後ヘロヘロだったので、よく最後まで頑張ってくれた。
勝ち馬の内昇級戦で上位候補とできる馬には選ばれず。この馬は調整のちょっと難しいタイプですから、次走は恐らく休み明けの1戦になると思われるので、あえて上位候補とはしなかった。
2着 リーチザクラウン パドックの気配を見て出来が良いなと、まず一言で思った。入れ込むわけでなく、じんわりとした気合いをにじませて、しかも元々細手に見える馬がプラス10キロという事で、ちょっとふっくらして見えた。その出来の良さがレースに結びついたのか、非常に序盤からうまく折り合いついた。2番手につけていたが、もう逃げているのとほぼ同じ形の競馬になりましたから、欲を言えばもう少し馬場が良ければ、この馬らしい粘り腰見られたと思うが、それでも最後までよく粘っていますし、全体のレース内容としては良かったですから、今回の内容だけ見ていると今後またさらに距離が伸びても対応できそうな雰囲気は出てきた。秋が楽しみになって来た。
==武豊騎手==
皐月賞とは違って、折り合いがついて良い感じで運べた。先頭の馬は意識せず、後ろとの距離だけを考えていた。ただ、4コーナーで後ろから交わされた時に難しい面を見せてしまいましたからね。それに今日の馬場は悪すぎましたね。最後まで頑張ってくれましたけどね。
3着 アントニオバローズ 具合が良かった。プリンシパルSの時はちょっと入れ込んでいたが、今回間隔が詰まっているにも関わらずすごくリラックスした周回を見せてましたし、レースでも以前は折り合いに不安のある馬だったが、今回ピタリと折り合いつきましたから、その分元々血統的には長いところもこなせる馬なので、そういう血統面の良さプラス出来の良さで結びついての3着。この馬も距離プラス実力差という部分でも目処が立ったなという印象がある。
4着 ナカヤマフェスタ 凄くラストの伸びは目について、負けたとは言え強い競馬してると思う。ちょっとテンションが高かったが、力はある意味出し切ったかなという感じはありますし、まだキャリアの浅い馬なので、今後の成長が楽しみ。
5着 アプレザンレーヴ 一瞬突き抜けるかという所まで来たが、そこから案外伸びなかったという事で、月並みな表現になるが、ちょっと道悪を多少最後に来て堪えたのかなというところはある。
12着 アンライバルド 外枠だった事もあって序盤良い位置を取れなかったというのが最大のポイントで、その後折り合いも欠きましたし、尚かつ道悪だったということで、具合自体はパドックを見た感じ間違いなく良かったと思う。ですから今回は外枠プラス馬場が堪えたという解釈で良いと思う。
==岩田騎手==
本当はもう少し良いポジションにつけたかったのですが、前が横一線になって下げなくてはならない形に。そこで少し行きたがっていたが、向正面でハミが抜けたと思ったら、そこから馬場を気にして走っていた。今日は出来が良くて期待していたし、もっと良い馬場でやればまた違っていたはずですけどね。だた、これがこの馬の実力ではない事は確かですからね。
13着 セイウンワンダー 脚捌きが若干硬い馬。ですから道悪が良いかと思われたが、やはり新潟2歳Sで34秒4で上がった時の道悪とは大分同じ道悪でも質が違うかったという事で、伸びを欠いたのはやはりその辺りが原因かなと思う。
==福永騎手==
調子が良くて期待していたし、多少の道悪ならこなしてくれると思っていたけど、これだけ馬場が悪くなるとねぇ。スタートが良かった割に道中は進んで行かない感じだった。
 
11R富嶽賞 注目レース・馬
4着だったトロイオンスを取り上げる。前半3ハロンが35秒0で後半が36秒6。序盤から結構先行争いが激しかった事もあって、結局外から回ったコンティネントが抜け出して、さらにその外からフィールドジュエルが伸びてくるという結果になった。最終的には関西馬のワンツーという決着になった。
4着 トロイオンス 先週のダート戦の中では珍しく差し馬同士で決まったレース。そんな先行馬総崩れの展開の中、逃げ争いをしながらも4着に粘ったトロイオンスの競馬ぶりは優秀。次走は長期休養明け3走目になりますから、さらに信頼度はアップ。しかも降級して500万に出走する可能性もありますから、となるとさらに信頼度はさらにアップという形になる。注目馬。
 
12R目黒記念 ワンダームシャが逃げていたが、2番手ホクトスルタンが早めに並んだ。全部2枠に見えるぐらい真っ黒になって、かなり激しい追い比べになったが、ミヤビランベリが直線半ばから1頭だけ抜け出す。ジャガーメイルも良い位置につけて、最後止まりそうになるが、そこから他も伸びて来なくて結果2着。ハギノジョイフル・レインボーペガサス辺りもしぶとく差を詰めてトウカイトリックもスタミナを活かして5着という事で、かなり道悪の影響が大きかったレースだなという感じ。
1着 ミヤビランベリ この馬ちょっと前捌きの出が硬めで回転の早いフォームで走る馬。ですから他の馬が明らかに道悪を苦にしている中、この馬だけ地面を踏みしめる様な感じで非常に力強く走れていた。自分のリズムで走らせた方が強いタイプですし、今日は本当鞍上の好判断もあって、しかも道悪にも助けられて勝ったが、この馬人気薄で結構走る。ですから、今後も人気がなくなった時に狙い目として成立する馬なのかなという感じがする。
==北村友一騎手==
ゲートの後ろでも大人しかったし、前走と違い今日は落ち着きがあった。返し馬ではのめっていたが、実戦では逆に力が抜けて落ち着いて走れた。4コーナーでは手応えも良かったし、追い出してからの反応も早かった。最後までしっかり伸びていたし、強い競馬で勝てたと思う。
2着 ジャガーメイル ここまで馬場が悪くなるともちろん道悪の適正もあるが、それ以上に底力も問われた部分があると思う。そういう意味ではこのジャガーメイルの2着は底力以外何者でもないと思いますし、脚捌きの硬さも前回よりマシだった様に思うので、今後徐々に出来は上向いて来ると思う。
==石橋脩騎手==
パンパンの馬場だったら凄い脚を使える馬ですが、こういう馬場なのでいつもより前の位置で競馬をした。最後までよく伸びて頑張ってくれたが、勝ち馬とは道悪の巧拙の差が出たとしか言いようがない。
3着 ハギノジョイフル キャリア的な事を考えればこのメンバーでよく走っているなと思いますし、この馬こそ結構トビがキレイな馬なので、良馬場で走らせたらさらにやれると思う。
4着 レインボーペガサス 折り合い面に不安のある馬だが、今回折り合いが割とついて良い感じでリズムに乗って走れましたから、これなら距離に対して目処は立ったかなという感じ。
9着 ホクトスルタン かなり入れ込んでいましたし、しかもこの馬場という事で余計気遣った感じがあるので、本来もう少しリズム良く走ればしぶとい馬なので、まだ出来が戻りきっていないな…というのが正直なところ。
 
ポイント
参考外
先週の東京の特に日曜後半は極端な道悪競馬で、芝ではランクを設定しなかった程。道悪のせいか脚質傾向に偏りがあって、芝なら最内を通るかあるいは一か八か外に出すかの競馬が良かった様。特に日曜後半は馬場の2から4分どころを通った馬はもう軒並み失速していましたから、そしてダートは明らかに先行有利だったという事で、という訳で先週の脚質傾向は今週の競馬に向けてはなんら参考にはならないという事で、逆に先週馬場を味方につけて好走した馬は疑った方が良いんじゃないかなと思う。
SOD30%OFF
↑SOD30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差