2009年2回東京6日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
この開催1週目、中でも初日は雨の影響を強く受け、かなり時計の掛かる馬場コンディションだった。2週目は一転して速い時計の出る馬場で、先週は雨の影響が残っていたものの、2週目と比べ、大きく掛かっている訳ではなかった。
先週火曜日から金曜日まで雨が降り、土曜日芝で最初に行われた3Rは稍重だった。ただ、5R以降は良馬場で行われた様に3R時点でももう良馬場に近い稍重だったと見る。馬場差は1日を通じて一定とした。2週目よりほんの少し時計が掛かる状態になった。日曜日は完全な良馬場だったが、馬場差は土曜と同じ。使い込まれた分で相殺されたという感じ。やはり2週目より少し時計が掛かっているが、以前として速い時計が出る状態。馬場の内・外に極端な差はなく、内を通っても粘れるし、外からの差しも効いている。先週まではAコース、今週からはBコースが使用されるが、この状況だと仮柵が移動したことによって、傾向が大きく変わる事はないだろうと予測される。
1週目は雨の影響を強く受け、2日目前半までは脚抜きが良く、速い時計の出る馬場。2週目は土日とも同じ数値で水準レベルに近付いた。しかし先週は土日で時計の出方が違った。
中間の雨のよって土曜日は重馬場で始まった。10R以降は稍重だが、馬場差は一定とした。脚抜きが良く、速い時計が出る状態。極端な前傾ラップこれは6R、先行した馬があまり強くないこれは12Rといったケースを除けば前残りが目立った。日曜日は朝から良馬場で行われた。1600mにして土曜日より1秒掛かる馬場。ほぼ2週目と同じレベル。逃げた馬の成績はあまり良くないが、好位にはつけていないと勝てなかった。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/05/10 (日)  芝=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
4R T1400 シンボリカージナル    牡3 未勝利 1:22.7 -0.4 --- +0.1 -0.5 99 C D
5R T1800 ダイアナバローズ    牝3 500万下・牝 1:47.9 -0.2 --- ±0 -0.2 100 C C
7R T2400 ナリタキングパワー    牡4 500万下 2:29.7 +2.8 --- +2.4 +0.4 76 S C
8R T1800 ダブルヒーロー    牡5 八ヶ岳特1000 1:46.3 -0.7 --- -0.1 -0.6 101 C B
9R T1400 スピードタッチ    牡6 アハルテ1600 1:20.8 -0.4 --- +0.1 -0.5 99 C C
11R T1600 ジョーカプチーノ    牡3 NHKマG1 1:32.4 -1.8 --- -1.2 -0.6 112 A B

2009/05/10 (日)  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1300 トウカイアリュール    牡3 未勝利 1:20.8 +1.2 --- +1.6 -0.4 85 E D
2R D2100 メイショウブンブク    牡3 未勝利 2:13.2 -0.8 --- -0.1 -0.7 101 C D
3R D1600 ポールアックス    牡3 未勝利 1:39.5 ±0 --- +0.5 -0.5 95 D D
6R D1600 カヴァリーノ    牡4 500万下 1:37.2 -0.8 --- -0.3 -0.5 103 B C
10R D1600 アドマイヤスバル    牡6 オアシスH 1:35.2 -0.4 --- +0.1 -0.5 99 C D
12R D1400 シルクイーグル    牡4 1000万下 1:24.4 +0.2 --- +0.6 -0.4 94 D D

         

1R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
2着以下はトウカイアリュールに遊ばれてしまったという負けですので、例えばトウカイアリュールが昇級して好走した時にトウカイアリュールと僅差だったという理由で人気になるなら、消して妙味があると思う。
1着 トウカイアリュール タイムランクEだが、トウカイアリュールは相手に合わせて最小限の力で勝ったという内容だった。もう一頭人気になるはずだったマッドマックスが出走取り消しになって、相手がかなり楽になってしまってそのため時計が遅くなっちゃったという結果。時計が遅いからと言って軽視する必要はないし、昇級しても相手次第では上位争いが可能だと思う。
 
6R4歳上500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
1着 カヴァリーノ 今回が初めてのダート戦だった。東京ダート1600mは追っての味が要求されるという点で芝馬が走りやすい条件だが、ダート適正が高いという走り。坂を上がってからの伸びは強烈。ゴール前は抑える余裕もあった。元々新馬勝ちの直後に500万下で2着・2着と素質を示していた馬。昇級しても注目。
2着 クラッカージャック 2度続けて離された2着になってしまったが、いずれも勝ち馬が強すぎたというモノ。東京ダート1600mでは安定していて次も有力な連軸候補。注目馬。
 
7R4歳上500万下 タイムランクSのレース
前半に13秒台のラップが続いてかなりゆったりしたペースになり、補正しきれずスローの扱いとする。
 
8R八ヶ岳特別 注目レース・馬
逃げたフェラーリセブンをバブルウイズアランが追って来て、交わして一旦先頭に立つ。その時点では既にダブルヒーローとファビラスボーイが2頭併せ馬で伸びてきて、手応えはこの2頭の方が上という状態。ダブルヒーローが交わして先頭に立ち、最後方から外を追い込んで来たワイルドコンコルドが2番手に上がって来る。ゴール前でちょっと3着ロードエキスパートが追いづらそうだが、結局この2頭で決まった。
1着 ダブルヒーロー 前走レッドシューター・エックスダンスに継ぐ3着だった。当時エックスダンスを次走確勝級としたが、ダブルヒーローの勝利によってますます信頼度が増した。
2着 ワイルドコンコルド これで4回連続の2着。非常に安定勢力だが、ワンパターンの追い込みですのでどうしてもこういう取りこぼしの様な2着が多くなる。
4着 ファビラスボーイ デビューから2連勝の後にちょっと調子を崩していたが、当時かなり体が未完成だった。それなのにちょっと良い競馬をしすぎちゃったという影響があって、体調を崩しちゃったんだと思うが、1年休んで復調したというか成長したという印象。プラス28キロという体重だったが、太いという感じではなかった。それにしても1年ぶりでこれだけ走れるなら次は楽しみ。
 
11RNHKマイルC タイムランクAのレース
最内枠からゲットフルマークスが先頭に立って軽快に逃げていた。2番手ジョーカプチーノが離れていて、3番手以下がさらに離れてポツンポツンという体列だった。早かったのは前の2頭だけ。後ろは伸びてくるのかなと思っていたら全然伸びない。結局逃げたゲットフルマークスが馬群に飲み込まれて行く以外はほとんど前に居た馬だけが上位を占めたという結果になった。
基準より1秒2速い勝ちタイムだった。
1着 ジョーカプチーノ 1000m57秒2というのがこのレースの記録だが、NHKマイルC過去13回の1000m通過平均が58秒0。そして13回中8回が56秒から57秒台。ジョーカプチーノは離れた2番手ですので、恐らく57秒台後半ですから、普通のNHKマイルCの逃げ馬のペース。なのに後ろが離れていた。と言ってもこの馬恐らく、前半800mと後半800m同じ時計で走っている。46秒ぐらいずつで走っている。それで東京1600mを勝てるのは強いのだが、人気の差し馬がみんなあんまりハイペースの経験が無かったが、この馬ダートのハイペースとか1200mのハイペースなどいろいろ経験があったので、ハイペースに対する経験の差がここで出たのかなという印象。
==藤岡康太騎手==
折り合いに専念して、ポジションはゲート出たなりで良いかなと思っていた。最後の直線はもうとにかく必至だった。早めに抜け出してしまったので、後ろから何も来ないでくれという感じだった。1戦1戦気性面でも成長していますし、このまま成長していってくれれば良いなぁと思っている。
2着 レッドスパーダ 先週の重賞展望でNHKマイルC血統だなんて事を言ったが、タイキシャトル産駒というのはこういう平均的に速いペースの一本調子のスピード勝負には強い。今回もそれが遺憾なく発揮された。ただ、あまりに向いているレースだったので、今後他のレースで同じように好走できるかと言われると、ちょっと首をひねってしまう。
3着 グランプリエンゼル 1400mで大凡走した他は勝ったのは全部1200mという馬で、とてもNHKマイルCで上位に来るタイプには見えないが、NHKマイルCの3着というのはメイショウボーラーとかアイルラヴァゲインとかキンシャサノキセキとか後に1200mの重賞で活躍する馬が結構居る。この馬のそのタイプの様な感じなので、今後1200mの重賞路線で注目したい。
8着 アイアンルック 直線入り口で不利を受けたが、あれがなくても5着まで来れたかなぁというぐらいだと思う。この馬1200mの経験もあるので、ハイペースに対応できるのかなと思ったが、ハイペースをちゃんと前で追走した事がない差し馬というのはいざとなるとモロい。一般的にハイペースは差し馬有利とされているが、ハイペースになると道中追走で脚を使ってしまって結局伸びないという事はよくある。ブレイクランアウトにも同じ事が言える。
==小牧太騎手==
今日は経験の差が出ましたね。強いメンバー相手に厳しい競馬をした事がなかったですからね。力があれば4コーナーでも反応できたんですけど、まだ馬が若い。これからですね。
9着 ブレイクランアウト こちらはもっと極端で、スローペースを上がり33秒台で差すという競馬でしか今まで好走していない。ですので、ハイペース追っかけてく内に脚を使ってしまって伸びを欠いたのではないだろうか。
==武豊騎手==
残念な結果ですね。久々だったけど、狙っていたレースで状態は良かったですからね。自分としては自信があった。確かに外を回らされたけど、弾けなかった。力を出し切っていませんね。
18着 サンカルロ こちらはハイペースの経験はあったが、この馬が直線入り口でヨレヨレっとして直線半ばでもまた寄れて。何だかわからないが、よく伸びなかったという事だが差し一手の馬はこういう2番が効かない様な不発がよくあるなぁという印象。
 
ポイント
矢作厩舎の関東遠征
先週矢作厩舎は東京に8頭、新潟に3頭出走させて、地元の京都は0頭だった。先週に関してはグランプリエンゼルがNHKマイルCに出走したので、それに合わせて東京に集めたという事情もあるはずだが、普段から関東への遠征が非常に多い厩舎。調教師が東京出身というのはさておき、馬の適正や相手関係を見てうまく狙ってくるという厩舎。余計な話だが、非常に想定がハッキリしない厩舎で、新聞屋は非常に困ることが多い。水曜の想定では新潟、木曜の朝の変更で東京になりました、そして夕方の確定メンバーを見たら京都に出ていたという事がよくある厩舎。そのぐらいギリギリまでレースを選んでいるので、特に下級条件の遠征馬には注目。先週の3歳未勝利戦は6頭遠征させて、1勝2着2回だった。
SOD30%OFF
↑SOD30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差