2009年3回東京6日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
前開催7日目、この開催初日はまずまず速い時計の出る馬場コンディションだったが、それ以外の日は雨の影響を受けた。特に日本ダービー当日の今開催4日目は7R以降は馬場差を設定できない程ヒドい馬場となった。
そして先週も時計は掛かった。芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がプラス2秒5、日曜日がプラス0秒5だった。
先週の土曜日はホント雨の影響を受けた。ですから、土曜はプラス2秒5としたが、その後天気は回復して晴天の中行われた日曜日は土曜日よりも時計の出方は随分と速くなった。よって馬場差はプラス0秒5。とは言ってもプラスゾーンには変わりなしですから、良馬場とは言え全体的に力の要る馬場だった。当然そんな馬場は脚質的にも反映された。外一気の差しを決める馬の姿も目に付いた。
前の開催最終週・この開催1週目と大きな変化はなく、やや速い時計の出るレベルだったが、2週目は雨の影響で脚抜きの良い馬場。先週も同様だった。1600m対象の馬場差は土曜日がマイナス1秒9。日曜日は変動だった。
日曜日は午前中がマイナス1秒8
その後は徐々に乾き、午前に比べれば時計は掛かってきた。
脚質的には前に居た馬が有利だった。ただ、そのことは各騎手も把握している様で、逆にペースが速くなるレースもあった。その際は差し馬が届くシーンも見受けられた。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/06/07 (日)  芝=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
3R T1400 テクニカルラン    牝3 未勝利 1:23.3 +0.2 --- -0.2 +0.4 102 C B
4R T2500 キングスチャペル    牡3 未勝利 2:36.6 +1.5 --- +0.3 +1.2 97 C C
6R T1800 スズカスパーク    牡4 500万下 1:47.8 +0.1 --- -0.4 +0.5 104 B C
8R T1800 ケイアイドウソジン    牡3 ロベリア500 1:48.3 +0.2 --- -0.3 +0.5 103 C D
9R T1600 リーベストラウム    牝4 ホンコン1000 1:34.7 +0.5 --- +0.1 +0.4 99 C C
11R T1600 ウオッカ    牝5 安田記念G1 1:33.5 +0.8 --- +0.4 +0.4 96 D B

2009/06/07 (日)  ダ=変動
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1400 ダンサーズブロンド    牝3 未勝利・牝 1:24.7 -1.5 --- +0.1 -1.6 99 C D
2R D1600 シーダーラック    牡3 未勝利・若 1:38.0 -1.5 --- +0.3 -1.8 97 D D
5R D1600 クレヨンロケット    牡3 500万下 1:37.2 -1.4 --- +0.2 -1.6 98 C C
7R D1400 スコルピオンキッス    牝5 500万下 1:24.0 -0.9 --- +0.5 -1.4 95 D B
10R D1600 タカオセンチュリー    牡6 麦秋SH1600 1:35.2 -1.2 --- +0.2 -1.4 98 C C
12R D1600 オーロマイスター    牡4 1000万下 1:35.5 -1.7 --- -0.3 -1.4 103 B D

         

3R3歳未勝利 注目レース・馬
勝ったテクニカルランを取り上げる。
1着 テクニカルラン スタートで後手を踏んで、実質直線だけの競馬になった。ゴール前でも内にササって行くなどまだ馬は若いが、瞬発力は相当。しかもこのレースはメンバーランクBで粒揃いのメンバー構成だった。まだ荒削りな分、次走即狙い目とは言わないが、素質はあるのは確かなので名前は覚えておきたい馬。
 
6R4歳上500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒4速い勝ちタイムだった。直線半ば逃げているダノンマスターズにスズカスパークが接近。内ラチ沿いから抜け出して行く。一方1番人気エナージバイオはスタートで遅れながらも直線追い込んで来た。さらにその外からはサプライズユー。ゴール前内のスズカスパークとの差を詰めて行くが、スズカスパークが押し切って1着。その後エナージバイオ・サプライズユーと続いた。
1着 スズカスパーク この馬長く良い脚が使えるタイプ。ですから今回の東京の様にタフさを要求される馬場は合っている。とは言え、着差以上に勝ちっぷりには余力があった。昇級しても相手なりに走れそう。
2着 エナージバイオ スタートで遅れたが、その後は上手く捌いて直線は馬群を割るように伸びてきた。以前から緩急の効いた流れになると勝負所でスッと反応できない面があった馬ですから、2000m以上の距離よりはラップの変動が比較的少ない1800mぐらいの方が合っていそうな感じ。次走も引き続きこの距離なら圏内だと思う。
3着 サプライズユー 脚捌きの硬い馬。ですから今回の様な力の要る馬場は合っているが、次走パンパンの良馬場とかになると厳しいと思う。
 
8Rロベリア賞 注目レース・馬
2着だったブレーブビスティーを取り上げる。
2着 ブレーブビスティー 道中の流れが遅くて前に行った馬が残る展開だった。そんな中直線で長く良い脚を使って2着に入った。流れを踏まえれば、勝ったケイアイドウソジンより高く評価できると思う。さらに脚質を考えれば距離が伸びても十分対応できそうですし、次走も勝ち負けになる。
 
10R麦秋S 注目レース・馬
勝ったタカオセンチュリーを取り上げる。
1着 タカオセンチュリー 第2のクワイエットデイになる可能性があると前走勝った時そうやって言っていたが、その前走が2100m戦でそれに対して今回1600mの忙しい流れで、対応できるかがポイントだったが、スッと先手を取ってそのまま押し切った。流石にオープンまで上がると1600mのペースで対応できないと思うが、沈む込むようなフォームで走り方自体が良くなっている印象。次走はオープン昇級なので、流石に即勝ち負けとは言わないが、レベルアップしているのは間違いないと思う。
 
11R安田記念 コンゴウリキシオー先頭、2番手にローレルゲレイロだが、直線内・外から後続も接近してくる。内が結構密集してウオッカが行き場を失う様な、その前をディープスカイが抜け出して来る。外からファリダットさらに外からカンパニーが伸びてくる訳だが、結構馬場一杯に広がって激しい追い比べでようやく最後の方になって、ウオッカ前が開いてゴール寸前でディープスカイを交わしてゴールイン。なかなか直線は激しい攻防だった。
1着 ウオッカ まずウオッカに関して言えば、出来が良かったなというのが正直なところ。前回も良かったが、もう何か牝馬と思えないぐらいドッシリとした風格みたいなモノがこの馬には出てきたなと。こんな事を言うと勝ったから言っているみたいだが、勝って無くても風格は出てましたし、何より前から再三言っている通りウオッカはタイプ的には中距離がベストだと思うが、気性も含めるとやはり現状マイルがベスト。実際今回もかなり厳しい競馬にはなったが、強い競馬をしてくれて、直線もずっと前が詰まって一瞬前が開きかけて入ろうとしたところが閉じられてしまう。また開きかけるが、また閉じられて結局仕方なくもう外に持ち出すしかないなという感じになって、かなり体制無理しながら外に出して入って行ったところ今度スーパーホーネットに弾かれる。ですから単に詰まったと言うよりか、開きかけたところが2回詰まってさらにぶつけられても差しったという事ですから、並の馬なら無理でしょうしウオッカ自体がトビの大きい走りをする馬なので、一旦ブレーキかけてそこから立て直して走るというのが難しいタイプだと思う。それを考えるとあそこからよく立て直して伸びたなと思いますし、一言で言えば脱帽といった感じ。牡馬並みの勝負根性を兼ね備えているなと率直に思った。
==武豊騎手==
ホッとした。本当に皆さんをドキドキさせる乗り方をしてすいませんでした。他の馬の出方を見てマイペースで進もうと思っていたので、自然なポジションについていた。なかなか前にスペースがなくて、でも少しでも開けば入れる手応えだったので、ずっと待っていた。いよいよ完成されたというか今が本当に良い状態。今終わったばかりなので、次はハッキリ聞いていないが、とにかく勝つことが義務だと思ってこの馬には乗っていますので、また次も良いレースをしたい。
2着 ディープスカイ プラス14キロという馬体重だが、映像を通してもらっても分かる通り全く太め感はなかった。本当ビシバシ鍛えられて良い仕上がりでここに出走して来たなという感じ。そのことが当然レースにも現れていつもちょっと反応の悪さが目立つ馬。追って追ってようやく伸びてくるタイプの馬が、今回はウオッカより先に抜け出すという様な非常に反応の良い競馬を見せた。ですから本質的にはこの馬も中距離の方が合っているとは思うが、やっぱり鍛え方によってはこうやって反応の良い馬にも変われるんだなというのが、この馬の奥深さだと思う。今回負けはしたが、もう少し距離が伸びれば逆転の目も考えられるなという感じ。2000mとか2400mぐらいならという所はあるので、まだ1歳年齢も若いですし、非常に今後の成長が楽しみだと思う。
==四位騎手==
勝った馬が一瞬窮屈になりそうだったから、空いている所に先に入ったんですけどねぇ。一旦は抜け出してあと一踏ん張りと思ったけど、あっという間に交わされてしまった。向こうは実質100mくらいの競馬で勝ったんだから仕方ないですね。
3着 ファリダット 後方から脚を溜めて直線勝負に賭けたが、手応え通りによく伸びてきた。と言うよりこの馬折り合いがつく様になったというのは非常に大きな事だと思いますし、このマイルの距離で後方でピタリと折り合えたという事で、今後何か選択肢が広がってきた感じがある。ですから、ずっと勝ち損じている競馬が続いているが、勝ち損じている間に教え込んだ事がようやく実を結びつつあるので、まだ一皮むける可能性十分にあると思う。
4着 カンパニー ちょっと道中口悪い様な感じで追走していた。伸びかけて一瞬3着か2着はあるかなと思わせるところから同じ脚色になった。キャリアの豊富な馬で能力はあるが、どうもあと一歩勝ちきれないなという面がある。
7着 スーパーホーネット パドックの段階ではいつもちょこまか歩く様な感じで、良く見せないが、この後返し馬に移った後は非常に軽いフットワークで出来は良く映った。ただ、やっぱり競馬に行ったら力の要る馬場が不向きとい言うか、どうしても展開に左右される面もあるという事で、ちょっと馬場も嫌われて消化不良の競馬だったなという感じ。
 
12R4歳上1000万下 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。初めてのダート戦だったオーロマイスターだが、追走に戸惑う様子もなく、好位から直線で先頭に立って後続との差を広げていく。中団からケイアイコンセプト・デスバラードが伸びて来たが、オーロマイスターは2着ケイアイコンセプトに4馬身差をつけていた。
1着 オーロマイスター 近走は芝で人気を裏切り続けていたが、初ダートで一変した。前2頭が引っ張る展開が味方したとは言え、4コーナーでは早くも前に並びかけて、楽に抜け出したんですから内容的には強い。ゴール前の余力を見るとダートならさらに上を目指せそうな感じ。ちなみにこの馬、ゴールドアリュール産駒で日曜東京のダート戦6鞍の内ゴールドアリュール産駒は実は3勝もした。非常に珍しいケースだった。
7着 トーセンモナーク 今回は3番手からの競馬だったが、前2頭が離して競り合っていたので、逃げているのと同じ形で絶好の展開だと思われたが、期待外れの結果に終わった。マイナス10キロが影響したのかなという感じがある。能力的に次走巻き返しても不思議のない馬。
 
ポイント
荒れてきた芝
東京の芝は基本的に前に行った馬かあるいは内を通った馬が有利なコース。よって外差しが届く時期というのは年にそれほどない。それが今がちょうどその時期かなという感じ。土曜5Rは外から差し2頭で決まって、日曜3Rもかなり最後はかなり内に切れ込んだが、外一気の差しが届いた。かと言って何が何でも差しが有利かと言うと必ずしもそうではなくて、馬力のある馬は内を通ってもキッチリと粘っていましたから、今週も逃げ・差し混在のレースが続くものと思われる。
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差