アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2009年2回京都2日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
1回開催の2週目以降は良馬場発表の日でもかなり時計を要していた。そして先週はもっと時計の掛かる馬場となった。この開催は最終週までCコースが使用される。
Cコース替わりとなったが、金曜の雨の影響があり、土曜は重馬場発表。各レースのタイム差は大きかった。前開催は時計を要してもイン有利の傾向が続いたが、流石にこれだけ悪化すると内も荒れてきた様で、土曜は外の馬の伸びが目立っていた。
日曜は回復したが、それでも時計はかなり掛かっている。ただ、土曜と比べると内を突く馬も健闘していた。土日共に馬場差は終日対象。
前開催はほとんどプラスの馬場差で時計の掛かるコンディション。しかし先週は雨の影響で、時計は出やすくなった。
土曜は雨の影響を受け、速い時計の出る馬場。全般に前に行った組が強かった。昼過ぎに小雨が降ったが、馬場差は1日でくくれる。日曜は乾いては来たが、それでも含水率は高い様で、水準よりも速かった。ただ、土曜とは違って、ペース如何では追い込みも決まっていた。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/02/01 (日)  芝=+1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T2000 モルガナイト    牝3 新馬 2:06.7 +4.2 --- +1.1 +3.1 89 S C
9R T1200 リキアイダンディ    牡8 水路閣特1000 1:10.4 +1.7 --- +0.6 +1.1 94 D C
10R T2400 ハギノジョイフル    セ5 松籟SH1600 2:28.2 +2.8 --- +0.6 +2.2 94 D C
11R T1600 チェレブリタ    牝4 京都牝馬G3 1:35.1 +2.4 --- +1.0 +1.4 90 E E

2009/02/01 (日)  ダ=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1800 ドリームアライブ    セ3 未勝利 1:55.7 +1.4 --- +1.5 -0.1 85 S C
2R D1200 ニシノミーチャン    牝3 未勝利 1:13.4 +0.4 --- +0.9 -0.5 91 E D
3R D1400 ナムララピス    牝3 未勝利 1:26.2 +0.3 --- +0.9 -0.6 91 E D
6R D1800 シルバーキング    牡3 500万下 1:51.3 -2.1 --- -1.3 -0.8 113 A C
7R D1400 ホットフレイバー    牝5 500万下・牝 1:24.9 +0.4 --- +1.0 -0.6 90 E D
8R D1900 リアルヴィクトリー    牡4 500万下 1:58.8 -0.4 --- +0.4 -0.8 94 D C
12R D1800 トップジャイアンツ    牡4 1000万下 1:51.5 -0.3 --- +0.5 -0.8 95 D D

         

1R3歳未勝利 注目レース・馬
中盤でかなりペースが緩んでおり、スロー扱いとした。
3着 レッドサーパス インコースで脚を溜めていたが、直線入り口から終始窮屈な競馬。脚を余していた。高レベルで取り上げたシルバーキングに前走ではハナ差の2着。スムーズな競馬さえできればすぐに勝てる1頭。
 
3R3歳未勝利 タイムランクEのレース
1着 ナムララピス 時計・着差以上の余裕のある勝ち方だった。ダート1400mではこれで5戦4連対。稽古駆けするタイプでもあり、まだまだ時計を短縮できそうな感触がある。この条件なら昇級しても注意が必要。
2着 ディアトゥドリーム 外目を押し上げていく勢いは目に付いた。今回の時計だけでは評価を落とせない。
 
5R3歳新馬 注目レース・馬
タイム差は大きかったが、スロー扱いとした。
逃げているのがサクラエスペランサ。外からミッキースポットが伸びてくる。その間を割って伸びてくる1番の馬がモルガナイト。2頭の間を割って勢いよく抜けてくる。最後は内の馬(サクラエスペランサ)がバテて、ミッキースポットがモルガナイトに迫り、3着ルージュバンブーが外から伸びてくるが、前2頭の争い。最後はモルガナイトが押さえつけた。
1着 モルガナイト インで折り合って脚を溜め、直線で抜け出したが、その際の抜け出しが速かった。調教でも動いていたが、なかなかのセンスで瞬発力がある。アグネスデジタル産駒の牝馬で、アロンダイトの近親に当たる。
2着 ミッキースポット よく食い下がった。ミンティエアーの半弟、すぐ勝てるだろう。
5着 タクティクス リンカーン・ヴィクトリーの半弟で注目を集めたが、離された5着に終わった。パドックで馬っけを出していましたし、外枠で壁を作れずに掛かっていた。これが実力ではないが、まだ馬が若い印象。
 
6R3歳500万下 タイムランクAのレース
基準より1秒3速い勝ちタイム。先週のダート戦では、このレースのタイム差が際だって優秀だった。
4コーナーにさしかかって行くところ、先頭がカネトシコウショウ、2番手シルクメビウス。その後ろ、内めスタッドジェルランは手が動いて、外からシルバーキングが追い上げて直線。逃げ込もうとするカネトシコウショウ、食らいついているシルクメビウスだが、外からシルバーキングが接近。内の2頭も粘ってはいたが、シルバーキングがゴール近くで並んで行き、カネトシコウショウにアタマ差で先着。1着でゴール入線。
1着 シルバーキング 展開が向いたとは言え、持ち時計を大幅に更新した。昨年から産駒をデビューさせたアメリカ2冠馬のシルバーチャームが父。叩き良化型の傾向があり、レースを使いながら力をつけてきた様。
2着 カネトシコウショウ 前走の未勝利勝ちよりも実に5秒も速いペースで逃げ、終始突かれる展開をよく粘っている。時計が平凡な前走も5馬身差の楽勝で、ダートでは底も割れていない。次は確勝級。注目馬。
3着 シルクメビウス 前走時、この番組で取り上げていた馬。しかし2コーナー過ぎでかかり、スムーズさを欠く競馬。それながらラストまで伸びていた。1400m使われてきたが、1800mに目処が立ったのは大きい。
4着 スタッドジェルラン 前走の轍を踏まない様に、今回は武幸四郎騎手が行かせたが、まだ全体にフワフワした走り。素質はあるが、若さが抜けてない様。
 
10R松籟S 注目レース・馬
3着 アーネストリー 余裕の手応えで4コーナーを回ったが、ハギノジョイフルに内をすくわれ、タニノディキディキにハナ差交わされた3着。ただ、佐藤哲三騎手が馬場を気にして1週目から外にこだわっていた節がありましたし、中間骨膜が出て仕上げも完璧とは言えなかった。クラス上位の評価は変わりないものがある。順調な過程で使われれば、次はまた巻き返し必至だろう。注目馬。
 
11R京都牝馬S
1着 チェレブリタ 鞍上がロスなくインを捌いたという事が功を奏したと思う。それにしても2着以下を突き放したので、これは強い勝ち方。愛知杯2着が50キロ、今回が53キロ。重量が増えて勝っている訳ですから、これはもうフロックとは言えないと思う。最近は1800m以上で好走してきたが、ブラックホークの産駒なので、今回の様なマイル戦がベストではないだろうか。
==武豊騎手==
初めて乗せてもらったが、直線凄く良い脚だった。乗りやすい馬だとは聞いていたが、本当に理想通り乗れた。今状態が良さそうなので、これで初めて重賞に勝ったのでこれからも期待できると思う。
2着 レインダンス 愛知杯では敗れたが、やはりダンスインザダーク産駒だけあって、京都は走る。過去にも秋華賞2着がある。メンバーランクEの2着だけにまだ威張れないところはあるが、内の馬が上位を占める中1頭だけ外を回って追い込んできたので、その点の価値は認めなければいけないだろう。実力馬が復活しつつあるという事だと思う。
3着 ザレマ ターコイズSをスローで逃げ切ってはいるが、前に行くと案外ワンペースになる。元々があと一歩詰めの甘い馬、こんなものではないだろうか。
==安藤勝巳騎手==
馬場が悪いし、これだけトビが大きいのでもっと伸び伸びと走らせてあげたかったが、少し行きたがっていた。本当なら4コーナーでももっと離しておきたかったが、思ったほどの反応がなかった。
6着 スペルバインド スタートで出遅れてしまって、スローペースを最後方から行って、直線4コーナー大外という流れに全然乗れないような乗り方をした。結構詰めてはいるが、そこまでが精一杯だったと思う。また、本来切れ味勝負の馬だけに馬場が悪化したというのもマイナスに作用したと思う。シックスセンスの妹で前走の勝ちっぷりなど本当に強かったので、改めて良馬場で見直したい1頭だと思う。
 
ポイント
全開 武豊騎手
右手の怪我以来、騎乗数を調整。今ひとつ波に乗りきれない印象のあった武豊騎手だったが、先週は京都牝馬Sで重賞を制覇。土曜と比べて内が伸びると判断したかの様な見事な差しきり勝ちだった。ちなみにこのレース、前走で武豊騎手が騎乗し、インからの追い込み勝ちしたスペルバインドはデムーロ騎手が大外に出したものの、差を詰め切れずに敗れている。馬場の読み・コース取りは追随を許さない第一人者。G3勝ちをきっかけに今後も爆発しそうな予感がある。
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差