2009年3回阪神2日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス1秒3、日曜日がプラス0秒3だった。
2回阪神の最終週は芝の馬場差はマイナス0秒4・マイナス0秒3だったが、それから2開催空いて芝の張り替えや補修作業を行って絶好の馬場状態となった。土曜日はマイナス1秒3とかなりの高速馬場になった。だからと言って単調な前残りばかりだった訳ではなく、決まり手は様々だった。土曜深夜から日曜日の朝にかけて雨が降って、朝の発表では稍重だったが、昼前に良馬場へと回復した。最初の芝のレース、つまり4Rは12時10分発走でしたので、芝は全てのレースが良馬場発表。とは言え、土曜日と比べて1秒6も掛かる馬場。同じ良馬場発表でも土日でかなり時計の出方が異なったというのが1週目の注意点。今週までがAコース、後半2週がBコース使用。
1800m対象の数値は土曜日がマイナス0秒6、日曜日がマイナス1秒5だった。
土曜日は良馬場でもマイナス0秒6、水準よりは速い時計が出る状態が2回阪神の後半から続いている。未勝利戦では前残りが目立ったが、クラスが上がると差し馬も来ている。そして土曜の深夜から日曜の朝にかけての雨が影響して、日曜日は重馬場スタート。5R以降は稍重となったが、馬場差は終日同一とした。マイナス1秒5とかなり高速馬場になった。土曜日よりも遥かに差し馬が台頭する様になった。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/06/21 (日)  芝=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
4R T1600 ダノンパッション    牡2 新馬 1:39.4 +3.0 --- +2.3 +0.7 77 S C
6R T1600 マイネルボーデン    牡3 未勝利 1:35.8 +0.3 --- +0.1 +0.2 99 C B
8R T1400 トシザコジーン    牝4 舞子特別500 1:22.6 +0.6 --- +0.4 +0.2 96 D B
9R T1800 シルポート    牡4 三木特別1000 1:46.0 -0.6 --- -0.9 +0.3 109 A A
10R T2000 コスモプラチナ    牝6 マーメイHG3 2:00.2 +1.4 --- +1.1 +0.3 89 E D

2009/06/21 (日)  ダ=-1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 サクラナスカ    牝3 未勝利・牝 1:12.2 -0.9 --- +0.1 -1.0 99 C C
2R D1800 ウイニングショット    牡3 未勝利 1:53.3 -1.2 --- +0.3 -1.5 97 C D
5R D1800 バイオレントナイト    牡3 未勝利 1:52.8 -1.7 --- -0.2 -1.5 102 C D
7R D1400 メイショウセンゴク    牡4 500万下 1:23.9 -1.0 --- +0.2 -1.2 98 C B
11R D1800 マイエンブレム    牡4 500万下 1:51.5 -1.6 --- -0.1 -1.5 101 C C
12R D1200 エーシンブイムード    牝4 500万下 1:10.7 -1.6 --- -0.6 -1.0 106 B B

         

4R2歳新馬 注目レース・馬
勝ったダノンパッションを取り上げる。
タイム差は大きいが、前半・中盤がかなり緩やかなペースで補正しきれずスローの扱いとする。
1着 ダノンパッション 出だしからいきなり13秒1、600m通過が13秒3-13秒4とペースダウンしてラスト600mは12秒0-11秒7-11秒6。ペース補正しきれずスローとした。そしてゴールへ向かってどんどん速くなる中、内の好位に居たダノンパッションは前が開かず、残り200mまでは追うに追えなかった。と言っても前が開いた瞬間に追い出して素晴らしい反応を見せた。脚が長続きするかどうかなど、わからない部分も多いが少なくとも瞬発力は見せた。評判馬らしい初戦だった。
 
9R三木特別 タイムランクAのレース
基準より0秒9速い勝ちタイムだった。序盤こそ2番手につけていたシルポートだが、向正面で先頭に立つとそのまま直線に入って押し切ろうとしている。ナリタシリカはやや一杯になり、その内からロードアリエス、外からはサザンギャラクシーが上がってくるが、シルポートはリードを保って1着。2番手争いは接戦となり、内のロードアリエスがハナ差で先着していた。
1着 シルポート 向正面では既に後続を離していたシルポートが残り600mから400mの地点で10秒8というラップを踏んで勝負を決めてしまった。そのあと11秒8-12秒6と失速したが、早めスパートの後に登り坂を迎えている訳ですから、仕方ない。前走1600万下のむらさき賞では12番人気の2着だったが、逃げればかなり強いという事を再び証明した形。と言っても逃げなければダメなタイプではないが、再昇級後も同じ競馬をすればかなり有望。
2着 ロードアリエス むらさき賞3着馬。という事は2回続けてシルポートに負けたという事だが、1600万下でも好走を続けていた様に、1000万クラスなら明らかに力上位。次走は勝機。注目馬。
3着 サザンギャラクシー 既に1000万下を勝っている馬。まだ500万下に在籍していた時から各上挑戦の1000万下でも好走していた程ですから、こちらも次走有力。注目馬。
 
10RマーメイドS タイムランクEのレース
最内枠からコスモプラチナが先手を取って軽快に逃げている。1000m通過が60秒3、後半1000mが59秒9という見事な平均ペースだった。コスモプラチナは楽な手応えだったのに対して、後ろから追い上げてくる馬たちはみんな仕掛けながらの追い上げになってしまった。そのままコスモプラチナが良い手応えのままリードを保ってゴールに向かって一目散。好位の内から出てきたニシノブルームーンが2着。リトルアマポーラ外伸びたが、3着までだった。
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
1着 コスモプラチナ 正しくマンマとしか表現しかできない逃げ切りだが、極端にスローペースに落とさなかったのが良かったなと思う。下手にペースを落として切れ味勝負になってしまうと、追ってあまり切れがないこの馬にとってはかえって分が悪くなってしまうという事。このタイプは連続で好走を望むのはちょっと難しいですから、次走は微妙とさせてもらう。
==和田竜二騎手==
前半ちょっと行き脚つかなかったが、行きだしてからは楽だったのでうまいこと走ってくれた。ペースよりもハミを噛むか噛まないかだと思っていたので、3コーナーまではうまくハミ噛まないで走ってくれたので良いリズムで行けた。僕乗ったときは良い成績ではなかったので、何とかチャンスいただいたので結果を残したいなと思っていたので良かった。
2着 ニシノブルームーン デビュー以来11戦して4着以下が1回だけだった。さらに3連勝で迎えて初の重賞でハンデが52キロ止まりだった。恐らくリトルアマポーラのハンデを少し抑えたというか軽くした分、こちらも軽くなったというところがあると思うが、恵まれていたと思っていた。レース内容も内をうまく突いたというもので、派手さはないが牝馬限定戦なら重賞レベルにある。今後もこの路線なら上位争い。
3着 リトルアマポーラ ハンデが重い実績上位の馬は苦戦というハンデ戦になってからのマーメイドSの傾向通りになってしまった。また、1着が逃げ切り、2着が3番手追走からイン突きだったのに対して、外を回って追い上げる競馬で苦しくなかった。
==福永祐一騎手==
もう一つ前のポジションが理想だった。外へ振られたし、今日は大外枠と斤量差が大きかったです。マイルも悪くないですが、中距離により適正を感じる内容だった。
4着 ベッラレイア ハンデが重い実績上位の馬は苦戦というハンデ戦になってからのマーメイドSの傾向通りになってしまった。また、1着が逃げ切り、2着が3番手追走からイン突きだったのに対して、それほどコースロスはなかったが良馬場発表とは言え、てこ入れのかかる馬場。いつものキレが見られなかった。前回重賞展望でベッラレイアは雨女ですから…と冗談半分で言ったが、ちょっとこの馬はツキがない。
==秋山騎手==
スムーズに折り合ってあの位置取り。勝てるぐらいの手応えで、直線に向いたんだけど追ってから弾けきれなかった。もっと乾いた馬場の方が良いのだろう。
9着 マイネレーツェル 前残りの決着の中、前につけていた馬の中では最も着順が悪い。普通に考えれば全く評価できないが、いつも後方待機策の馬が突然先行した点に注目したい。単なる経験則だが、このパターンは次に一転する事が多い。あくまで穴ならという狙い。
10着 ザレマ 3番人気で10着。単純に2000mは長いのだと思う。3歳春に2000mの忘れな草賞を勝ってはいるが、当時の2着・3着は最終的にやっと500万下を勝てたという程度のメンバーレベルだった。
 
11R3歳上500万下 注目レース・馬
2着だったアドマイヤアゲインについて触れておきたい。
2着 アドマイヤアゲイン 今回が初のダートだったが、出負けした上にダッシュがつかず、最後方に置かれながら逃げ切った勝ち馬にクビ差まで迫った。ダート適正はかなり高いと思う。父がワイルドラッシュで母父がジェリドロバリー。ここまでダートに出走しなかったのが不思議な血統だが、2月に芝で新馬勝ちすればとりえあえず芝路線を歩むのは仕方がない。これからダートで出世するはず。
余談だがアドマイヤアゲインが芝の新馬戦というのは2着が同じ父ワイルドラッシュのトランセンドだった。このトランセンドもその後ダートで連勝している。つまりダート適正の高い馬が1着・2着したというレースだった。この様なレースの結果だけを見て芝もこなせると判断しない様にしたい。例えばそのトランセンドが京都新聞杯で5番人気まで推されていた。これはダートで連勝したが、その前の芝の新馬戦は2着。芝もこなせるとされたんだと思うが、結果は9着だった。
注目馬。
 
12R3歳上500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。先頭はリバータウン、2番手がマイティーストーム、この2頭が前にいるが直線に入って外からエーシンブイムードが進出し、抜け出して1着。さらにその後ハードリレー・ディアアゲインが伸び、内のリバータウンを交わして行った。これら2頭の争いでは、内のハードリレーが先着をしていた。
1着 エーシンブイムード 前走で500万下に相当する交流戦を勝っていたが、この様なパターンはこう着とは言えないだろうと思っていた。しかし好位から余裕の差し切り勝ちだった。もう少しでAランクになるBランクで昇級しても注目。
2着 ハードリレー ムラな差し馬で、ちょっと信頼性に欠ける。
3着 ディアアゲイン 3キロ減の減量騎手が乗った時は500万下で5着・3着・1着・3着と堅実。1勝目は56キロだったが、斤量減が効くタイプなんだと思う。次走以降は斤量に注目して取捨を決めたい。
 
ポイント
いきなり3歳馬が3勝
土曜日に500万・1000万条件のレースが合わせて4鞍組まれていたが、いきなり3歳馬が3勝した。これはどうなるかと思っていたが、日曜は5鞍全て4歳馬が勝った。日曜7Rでは土曜日にテスタマッタが圧勝した影響もあって、前走でテスタマッタの2着だった3歳馬、エーシンビートロンが単勝1.7倍まで買われていたが、結果は4着だった。土日を合わせると3歳馬が3勝。4歳馬が6勝。その4歳馬6頭全て降級馬で、5歳以上の馬は0勝だった。クラス再編成1週目に4歳降級馬が圧倒するのは当然のことだが、1週目から3歳馬が3勝もした点には注目。だから今年の3歳馬はレベルが高いなどと言うつもりは全くないが、前回のワンポイントアドバイスでも強調した様に今のシステムならクラス再編成直後から3歳馬が通用しやすい事になっている。もう少し開催が進むと4歳降級馬が軒並み勝ち上がってしまって、ますます3歳馬が活躍するだろう。
50%OFFセール
↑50%OFFセール↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差