ヒメカノ ダウンロード販売

2009年2回阪神7日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
8週続いた春の阪神。1回開催は雨の影響でかなり時計が掛かっていたが、2回開催に入ると良馬場で行われた日が多く、3週目までは水準よりも若干掛かる程度という日がほとんどだった。そして先週は最終週にも関わらず、8週間で最も速い時計の出やすいコンディション。土日とも馬場差はマイナスゾーンだった。雨の影響を受けなかった事、芝を刈った事、そしてローラーによる整備が行われた事が時計の速くなった要因だろう。ただし、タイム表を見ると中団・後方に位置した差し馬が多く連対していた。時計の出方としては、速くなったとは言え、流石に8週目で馬場の内目が荒れて外を回る差し馬が優勢だった。
1回開催は雨の影響を受け、週によってあるいは同じ週でも土日で時計の出方が違ったり、同じ日でも時間帯によって時計の出方が違ったりでしたが、2回開催に入ると2週目を除けば安定していた。1週目は水準レベル、3・4週目は乾いた馬場ながら速い時計の出るレベルだった。
タイム表を見ても先週はマイナスのタイム差のレースが多くなっている。土曜日は連対馬の脚質に目立った偏りは見られなかった。日曜日は前目に位置した馬の連対が多くなっていますが、そもそも有力馬が先行脚質だった事もその要因。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/04/18 (土)  芝=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
4R T1800 トーセンロマネ    牡3 未勝利 1:48.4 -0.2 --- -0.2 ±0 102 C D
6R T1400 アルーリングムーン    牡3 500万下 1:21.8 -0.5 --- -0.2 -0.3 102 C C
8R T2200 ニシノコンドコソ    牡5 白鷺特H1000 2:12.2 -1.3 --- -0.9 -0.4 109 A C
10R T1600 スーパーホーネット    牡6 マイラーG2 1:33.9 +1.1 --- +0.7 +0.4 93 D B

2009/04/18 (土)  ダ=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1400 ティックルピンク    牝3 未勝利・牝 1:25.6 -0.3 --- +0.5 -0.8 95 D D
2R D1800 タガノブレード    牡3 未勝利 1:54.1 -0.6 --- +0.4 -1.0 96 D D
3R D1200 アスカノヨアケ    牡3 未勝利 1:13.1 -0.2 --- +0.5 -0.7 95 D C
5R D1800 スマートタイタン    牡3 500万下 1:52.7 -1.1 --- -0.9 -0.2 109 A C
7R D1200 ワーキングウーマン    牝5 500万下・牝 1:12.1 -0.2 --- +0.5 -0.7 95 D D
9R D1200 トーホウドルチェ    牝4 鳴門S1600 1:10.7 -0.4 --- +0.3 -0.7 97 D D
11R D1400 ルティラーレ    牡4 1000万下 1:24.5 +0.3 --- +1.1 -0.8 89 E D
12R D1800 ニューイチトク    牡4 500万下 1:51.2 -1.9 --- -0.9 -1.0 109 A D

         

4R3歳未勝利 注目レース・馬
出走馬全体のメンバーランクはDとしたが、上位馬の質は高かった。直線半ば、内から外へと横一線になっての叩き合い。真ん中辺りでツルマルノホシが粘っているものの、抜け出す程ではなく、その外からナイトフッド・トーセンロマネ。一方内からはトーセンマドローナが追い込んで来るが、外の2頭の勢いが上。トーセンロマネがナイトフッドに競り勝っていた。
1着 トーセンロマネ 初戦が13着、2走目の前走が6着。そして今回が1着と使われる毎に確実にステップアップしてきた。まだスタートは速い方ではないものの、ロスが解消され今回は1番人気ナイトフッドをマークしてきっちり差しきった。
2着 ナイトフッド 前走で注目馬に指名していた。外から切れる脚は使っていますし、未勝利クラスでは上位。
3着 トーセンマドローナ 内目を追い込んできた。初出走でやや余裕がありましたし、スタートも遅かった。それでも直線は追い込んでいる。2走目の上積みは大きいはず。次走はさらに注目。注目馬。
 
5R3歳500万下 タイムランクAのレース
基準より0秒9速い勝ちタイムだった。ナリタカービンが前走と同じく先頭に立って行き、2番手に居たスマートタイタンが直線で並んでの叩き合いとなる。この2頭が後続との差を広げつつ首位争い。共に一歩も引かずスマートタイタンが抜け出しかかってもナリタカービンが抜かせず、ゴールが近付いたがラストはスマートタイタンがクビ差で先着していた。
1着 スマートタイタン スローペースを外枠からうまく先行できた。それでも上がり600mは推定35秒8とかなり優秀。
2着 ナリタカービン 注目馬となっていた。うまくスローに落とし、力を十分に出しきったが今回は勝ち馬を褒めるべきだろう。取り口安定で引き続き上位候補。
 
6R3歳500万下 注目レース・馬
上位2頭を強調したい。競り合いのない淡々とした流れで内を回った先行馬もそれなりの見せ場を作っているが、坂の上りで外からシュッと交わして来たのがアルーリングムーンだった。さらにはナンヨーアイドル・ダブルレインボーなども勢いはある。外からであれば、切れ味が活きるという馬場コンディションも改めて見て取れた。
1着 アルーリングムーン 休養から復帰して2走とも2着。小柄な馬ですから、使い減りしないかと気になっていたが、430キロ台をキープした事も差し切れた要因ではないだろうか。
2着 ナンヨーアイドル 外差しが効きやすい馬場コンディションだったとは言え、よく追い込んでいる。上がり600mの推定タイムはアルーリングムーンを上回っていた。4コーナーの位置取りの差がそのまま1・2着の差となり、そういった力量差というのを感じなかった。
 
8R白鷺特別 タイムランクAのレース
基準より0秒9速い勝ちタイムだった。このレース先行馬が飛ばし、前半がかなり速いペース。直線、内では好位に居たヴェルトマイスターが粘っていたが、差し馬の争いとなる。外めをメインストリーム・テンシノゴールド・ニシノコンドコソ、そしてマイネルクルーガーが上がって来るが、中でもテンシノゴールド・ニシノコンドコソの争いでゴールではハナ差でニシノコンドコソが先着していた。
1着 ニシノコンドコソ 12キロ減だったが、細くはなかった。と言うのは休養前の3走がジワジワ増えていましたから、戻った分だと思う。前半600mが33秒6、1000mが57秒8と流れが速く後方でじっくり構えていた馬に向く展開だったとは言え、立ち直ってきた。
2着 テンシノゴールド 前走中京で9着だった。過去中京でも好走例があるが、今のこの馬にはじっくり溜めて直線勝負の方が良いので、小回りコースよりも広いコースが良いという事になる。とは言え、今回内周りで追い込んで来たのはペースが速かった事も要因
5着 ヴェルトマイスター 見ての通り外差しが決まる展開の中、内目で比較的前に行った中では唯一と言って良いほど踏ん張っていた。昇級戦としては上々の内容。注目馬。
 
10RマイラーズC 水準よりも約2秒遅い超スローペースとなり、体列全体がインコースをガラッと開けて進むという新潟競馬の様な展開だった。後ろに位置した馬から早めにギアを上げて行く形に追い比べ。3番手からスマイルジャックが抜け出しを図るが、スーパーホーネットが並ぶ間もなく交わして、残り150mで単独先頭に立つ。新潟でも実績のあるカンパニー・オースミグラスワンらも末脚を伸ばす。最後はカンパニーが意地を見せて2着に上がった。
1着 スーパーホーネット 元々休み明けや関西圏の競馬であれば470キロ台に乗ることはあったが、特に今回は本番を意識しつつ逞しい仕上がりだった。スッキリと安田記念に向かうことができる好内容。次走は当然首位候補だと思う。
==藤岡佑介騎手==
無事に居てくれてほっとしている。前哨戦なので少し位置取りだけ意識して、後は良い内容だと思う。この路線かなり今年盛り上がりそうなので、頑張りたい。
2着 カンパニー 直線で他馬と交錯する様な捌きとなり、若干のロスがあった。衰えなしの切れ味と言えますし、今まで自在性も培って来ましたから、本番でも楽しみ。
3着 スマイルジャック 折り合いに苦労するが、この超スローペースなら上出来と言えるだろう。過去の実績や流れを考えても前哨戦より本番向きと言えるかもしれない。
6着 ヒカルオオゾラ 勝ち馬をマークした競馬だったが、切れ味で劣った。やや頭が高い走法でもあり、折り合い次第とは言えある程度は積極策の方が合うのかもしれない。
==武豊騎手==
人気馬を見る形で運べたけど、直線は伸びなかった。自信を持って乗ったんですけどねぇ。今日は通用しなかったけれど、十分やれて良い馬という思いに変わりはない。
 
11R4歳上1000万下 タイムランクEのレース
基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
 
12R4歳上500万下 タイムランクAのレース
2着以下に9馬身以上の差をつけた勝ち馬、ニューイチトクがAランクの対象。基準より0秒9速い勝ちタイムだった。ニューイチトクが内枠から先頭に立って主導権を握る。中団でややペースを落としながら軽快な逃げ。後続に脚を使わせつつ、直線でさらにリードを広げて行く。余裕を持って独走態勢に入り、明らかにスピード上位の走り。2番手に上がったパレスミサイルに9馬身差をつけての圧勝だった。
1着 ニューイチトク メンバーに恵まれマイペースで行けたとは言え、今回は強かった。昇級後はメンバー次第。スンナリと先行できる組み合わせなら要注意だろう。この圧勝劇を見ると前走時この馬にクビ差で先着し、強調していた1着サンデーヒストリーもやはり次走注目という事になる。
2着 パレスミサイル 去勢されての休み明けだったが、2歳時の実績を思い起こせばこれぐらい走って当然。次走も好走できる様なら復調と見て良いだろう。
 
ポイント
雨のち晴れ
特に解説の必要はなく、このままという感じ。中山もそうだったが、阪神も春の連続開催は前半の開催で雨の影響を受け、芝は後半どれだけ時計が掛かるのだろうと思っていたが、後半の開催はまずまず天候に恵まれ特に先週はマイナスの馬場差だった。通常とは逆に終盤の方が時計が速かった訳で、特殊とも言える推移。しかし思えば、春の開催は過去にもこの様に推移していた事が少なからずあった。とは言うものの、終盤で外差しが顕著になって来たのは、やはり使い込まれてきた影響で、昨今の馬場は荒れても時計は掛からないという特徴がこの開催でも見て取れた。内めを回って力を出せなかった馬の巻き返しに注目したいですし、内目を通りながら好走した馬はいっそう評価したい。
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差