2009年1回阪神5日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
中山と同じく、こちらも時計は掛かっている。ここまで6日間全て馬場差はプラス1秒を超えている。この内最も掛かっているのが、終日重馬場だった5日目。つまり、先週の土曜だが、それ以外の日は良馬場発表でもこれだけ掛かっているというのも、この開催の大きな特徴。
先週も金曜から降り始めた雨の影響で時計のかかるコンディションだった。特に土曜は午前中の段階で、まだ雨が降っていたのでより一層時計が掛かった。馬場差は土曜がプラス2秒9で、馬場が回復したいった日曜はプラス1秒7。脚質的には開催2週目よりも差し馬の台頭が目立った。ただ、これはタイム表を見てもらってもわかる通り、スローのレースそのものが少なかった事が要因の1つだと考えられる。先週の傾向だけで、一概に差し有利と判断するのは危険だと思いますし、むしろ2週目、2週目までは先行馬が圧倒的に有利だった。
初日は変動だが、3レースまでがマイナス0秒4で、5レース以降はプラスマイナスゼロ。週によって時計の出方が違いますし、1週目と3週目は土日でも異なる。
土日とも途中で馬場発表は変更されたが、馬場差は1日を通した数値。特に注意していただきたいのは日曜日。重から稍重だから脚抜きが良さそうに思ってしまうが、土曜日と比べて1800mの馬場差にして1秒分掛かっている。その点は注意してほしい。あと脚質的には土曜が差しタイプ、日曜は先行タイプの馬が幅を効かせていた印象。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/03/15 (日)  芝=+1.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
6R T1200 ラインブラッド    牡3 500万下 1:11.1 +1.6 --- +0.6 +1.0 94 D E
8R T1600 オセアニアボス    牡4 500万下 1:37.2 +2.6 --- +0.9 +1.7 91 S B
9R T2400 ワンダームシャ    牡4 淡路特別1000 2:29.7 +3.3 --- +0.6 +2.7 94 D C
11R T1400 ワンカラット    牝3 フィリーG2 1:22.4 +0.6 --- -0.6 +1.2 106 B D

2009/03/15 (日)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1800 ヴィーヴァレジーナ    牝3 未勝利・牝 1:55.5 +0.8 --- +0.7 +0.1 93 D D
2R D1200 ソークアップザサン    牡3 未勝利 1:13.4 +0.1 --- ±0 +0.1 100 C D
3R D1400 ハードウォン    牡3 未勝利 1:25.8 -0.1 --- -0.2 +0.1 102 C D
5R D1200 ビヨンドマックス    牡3 新馬 1:13.3 -0.2 --- -0.3 +0.1 103 B D
7R D1800 ジョーモルデュー    牡5 500万下 1:54.0 +0.9 --- +0.8 +0.1 92 D C
10R D1800 フォーティファイド    牡4 甲南S1600 1:51.9 +0.4 --- +0.3 +0.1 97 C C
12R D1200 エリモハルカ    牝5 1000万下・牝 1:12.0 +0.3 --- +0.2 +0.1 98 C D

         

5R3歳新馬 タイムランクBのレース
基準より0秒3速い勝ちタイムだった。調教で目立った時計を出している馬は少なかったために、メンバーランクはDとしたが、終わってみれば勝ち時計はまずまず優秀だった。
1着 ビヨンドマックス スタートを決めてハナに立つと、最後は抑える余裕を見せての勝利だった。今回のメンバーでは速力そのものが違っていた印象。ただ、1度も砂をかぶる場面がなかった。頭の高い走りをしているだけに、次走揉まれる形になった際にどうなるかは、気がかり。
 
8R4歳上500万下 注目レース・馬
メンバーランクをBとした様に、実力馬が揃ったレースだった。実際、上位馬の内容は良かった。半マイル通過が49秒2という事で、非常にペーストしては遅かった。ですから、あまり後ろから行った馬では来られない展開だったが、オセアニアボスはちょっと前めの位置につけて、直線半ばになるともう1頭で抜け出す。2着争いはマイネルインゼルがしぶとく粘る所にプティマカロン・タンホイザー辺り差を詰めるが、何とか粘って2着という結果になった。
時計は遅くとも低評価とはならない。
1着 オセアニアボス この馬南半球産で一般的には成長が半年遅れとされている。ですから、年齢は4歳でも実際のところは3歳馬と同じ扱いになる。昨年の秋はあと一歩勝ちきれない競馬を続けてきたが、リフレッシュされて挑んだ今回はあっさりと抜け出した。まだまだ成長が見込める素質馬だと思う。
2着 マイネルインゼル これここに来て安定感が増して来た。宮調教師に取材した言葉では、ちょっと右眼の視力が弱いという事なんだが、競馬ぶりを見ているとそんな不利を感じさせない。今回の内容なら次走も有力だと思う。
4着 タンホイザー この馬トビが大きくて、できればパンパンの良馬場で走らせたいタイプ。今回は良馬場発表とは言え、少し水分を含んだ馬場でしたから、この馬には不向きだった。それでも大きく崩れていないのですから、その点は評価して良いと思う。
 
11RフィリーズR タイムランクBのレース
外枠からラヴェリータが先頭、それにレディルージュが並びかけて直線に入っていく。割と内回りという事もあって、各騎手が早めに動くような形になった。直線向いてからは外からの馬も何とか伸びては来ているが、前との差が詰まらずにむしろ突き放される感じになって、内から抜け出したワンカラットが1着、2着がアイアムカミノマゴだった。
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。
1着 ワンカラット 藤岡佑介騎手は先週もサクラミモザでチューリップ賞2着に持ってきて、去年もエアパスカルでチューリップ賞を勝って、ことしもワンカラットでフィリーズレビュー勝ったという事で、ちょっと牝馬の藤岡佑介騎手というイメージがわりと当てはまって来ていて、実際乗り方的にもすごく柔らかい乗り方をするので、そういう意味では牝馬には合っているんじゃないかなという気がしますし、今回も内々をそつなく立ち回って、ジョッキーの好判断があったからこそ、勝てたと思いますし、馬自身の調子もここに来て大分折り合いも付きますし、成長している感じはある。
==藤岡佑介騎手==
手応えも良かったですし、自信を持って追い出した。凄く落ち着きがあって、追い切りも抜群だったので、かなり自信はあった。追い切り通り、レースに行ってもしっかり折り合ってくれましたし、本当に今回は厩舎サイドがうまく調整してくれたと思う。
2着 アイアムカミノマゴ 1400mの距離というのがこの馬には一番合っていると思うのだが、ワンカラットとはちょっと内・外の差だったと思いますし、能力的には勝ち馬と遜色はないと思う。ここに来て安定感も増してますし、次走も1頭強い馬がいるが、2着争いに十分加わってくる実力はあると思う
3着 レディルージュ 切れる馬ではないので、ジョッキーが意識的に早めに動いていった事で最後持ち味を発揮したという事で、割とペースが速かった事を考えればとよく粘っていると思いますし、これも評価して良い内容だったと思う。
4着 ミクロコスモス 伸びなかった。武豊騎手、割と首をかしげるような感じの伸びなさだった。確かに前の馬が残る展開だったのも事実だが、ペース的には結構早かったので、この馬の実力を考えれば来てもおかしくなかっただけに、やや不満の残る内容だった。
==武豊騎手==
追い出してからの反応がもう一つで、最後もあまり伸びていない。折り合いはついていたのに、4着が精一杯。この馬らしさが見られなかった。どうしたのかな?
 
ポイント
スローペースのレースが少なかった
雨の影響を受けて、各騎手が早めの競馬を心がけたせいか、スローペースのレースが少なかった。実際タイムランクをSとしたレースは1つだけだった。先々週4つあった事を思うと、これは非常に少ない。前へ前への意識が自然とペースを速めて、特に芝の競馬は前2週と比べると差しが決まっていたのが大きな特徴。最近はスローペース=前残りという競馬が多いだけに、先週の阪神はゴール前の攻防が激しくて結構見ていて面白かったなと思う。
SOD30%OFF
↑SOD30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差