ヒメカノ ダウンロード販売

2009年2回中山2日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
開幕週ながら、金曜のみぞれや雨の影響が残って、時計の掛かる馬場コンディションだった。土曜日は重でスタートし、途中稍重に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。また、日曜日は終日稍重で、時計の出方としては土曜日とほとんど変わらなかった。この様な馬場コンディションであったことも影響していたのだろう、開幕週とは言え、芝コースは内めを通った馬が有利とは言えなかった。例えば土曜9Rの水仙賞は中盤でペースが緩みながらも外を回った差し馬2頭で決着を見た。12Rも外を回った2頭が1・2着だった。なお、今開催は全てAコースが使用される。
クッション砂の厚さが1回開催の8cmから8.5cmへと変更された。その分時計が掛かるところだが、ミゾレや雨の影響が大きく、脚抜きの良いコンディションで行われた。土日を比較すれば日曜日の方が掛かっているが、速い時計の出る馬場であった事には違いない。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/03/01 (日)  芝=+0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T1600 サニーサンデー    牡3 未勝利 1:36.9 +0.8 --- +0.1 +0.7 99 C C
6R T2000 デリキットピース    牝3 新馬 2:06.0 +2.6 --- +0.8 +1.8 92 D C
8R T2200 ニシノブルームーン    牝5 500万下 2:18.5 +3.8 --- +2.0 +1.8 80 S C
9R T2500 ムーンレスナイト    セ5 潮来特別1000 2:35.7 +1.2 --- +0.1 +1.1 99 C C
11R T1800 カンパニー    牡8 中山記念G2 1:49.2 +2.7 --- +1.2 +1.5 88 S B

2009/03/01 (日)  ダ=-1.6 1200m=-1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 ハニーインチーフ    牝3 未勝利・牝 1:12.2 -0.7 --- +0.6 -1.3 94 D D
2R D1800 スギノブレイド    牡3 未勝利 1:55.1 -0.5 --- +0.3 -0.8 97 C D
3R D1200 ピークヴェロシティ    牡3 未勝利 1:11.2 -1.7 --- -0.4 -1.3 104 B D
4R D1800 クレヨンロケット    牡3 新馬 1:55.0 -0.9 --- ±0 -0.9 100 C C
7R D1800 ポルカマズルカ    牝3 500万下 1:53.7 -1.0 --- +0.6 -1.6 94 D D
10R D1800 ナムラハンター    牡4 内外タイ1600 1:51.0 -1.4 --- +0.2 -1.6 98 C D
12R D1800 キモンホワイト    牡4 1000万下 1:51.4 -1.8 --- -0.2 -1.6 102 C D

         

3R3歳未勝利 タイムランクBのレース
上位馬はそれぞれ見所があった。前半が芝だが、3ハロンが34秒0で上がりが37秒2。前後半ラップが3秒2違うという事で、どちらかと言うと差し馬に展開味方しているが、ピークヴェロシティは2番手から後続を千切った。マルターズデライト・サクラスティンガー辺りも頑張ってはいるが、ちょっと遠く及ばず…という形の競馬になった。
1着 ピークヴェロシティ 逃げ馬マークから4コーナーで絶好の手応えで並びかけて楽に抜け出した。逃げるよりもこの形の方が良さそう。昇級してもメンバー次第で注意が必要。
2着 ヴェリーハード スタートのロスがなくて中団に位置して伸びてきた。序盤がスムーズなら末脚を活かせるタイプ。引き続き中山ダート1200m戦出走なら上位候補。
3着 マルターズデライト さらに良化が見込める。新馬戦が取り消しとなって、実質今回がデビュー戦だったが、直線脚色が悪くなりかけたところから、外から馬が来るともう一伸びした。使った上積みは大きそうで、2走目の変わり身に注目。注目馬。
 
8R4歳上500万下 タイムランクSのレース
中盤がかなり遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
 
11R中山記念 タイムランクSのレース
キングストレイルが予想通り逃げ、直線。引きつけるだけ引きつける感じで、その横にカンパニーが横に並びかけて行って外からアドマイヤフジ。さらに外からエアシェイディも伸びてくるが、レースが全体的に比較的揺るやかだった事もあって、後ろからの馬ではちょっと厳しい競馬になった。
前半がかなり遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 カンパニー やはりこの馬、意外性がある。昔はどちらかと言うと後方で脚を溜めて、スパッと瞬発力勝負する馬だったので、その時に取りこぼしも多かったが、結果道悪で勝ったりとかして、最初道悪はどちらかと言うと下手なイメージがあった。でも道悪で勝ったと。この横山典弘騎手が乗るようになって、こんど先行策で勝ったりとか、本当G1ではあと一歩足りないが、既に8歳にはなるが意外性という意味ではなかなか根強いファンがいる馬。今後年齢的に上積みという事はなかなか難しいとは思うが、先週の競馬を見ていると、年齢的な衰えというのは全く感じさせないですし、そういう意味ではこの1600m・1800m辺りの距離では、今後も舞台を賑わしていくんじゃないかな…という馬の1頭。
==横山典弘騎手==
8歳になって58キロを背負って、さらにこの渋い馬場でよく頑張ってくれた。秋は行きたくても行けないスタートが続いていたので、今日は次に繋がる様に、逃げても良いくらいの気持ちで思いっきり出して行った。具合も良くて反応も良かった。去年は目の外傷などいろいろあって、歯車が狂ってしまったが、ここでさい先の良いレースができて良かった。
2着 ドリームジャーニー ペースとかを考えると、差し馬には辛い競馬でしたし、ドリームジャーニー自体が決して道悪が上手なタイプではない。ですから、稍重の馬場でどうかと思ったが、最後ジョッキーの好判断で内を突いて伸びてきた。結果外を回ったエアシェイディが伸び悩んだところを考えると、この馬が内突いたという作戦は正解だったと思いますし、この道悪を克服してしかもペース不向きで追い込んだ2着というのは、価値が高いと思う。この馬も重賞戦線で今後活躍していく馬であることには違いないだろう。
3着 アドマイヤフジ 個人的には2000mより短い距離の方が良いなと思っていたので、今回ただ最初の1コーナーの先行争いのところで、カンパニーが結構行く色気を出して2番手をキープした。アドマイヤフジが結果控える形になって、その差が最後まで詰まらなかったという形ですから、決して力負けではないと思う。前半そんなに行きっぷりの悪い馬ではないので、もう少し距離を詰めても対応できると思いますし、実際結果を出している中距離以上でも十分太刀打ちできるので、勝ちきるというのはこの馬なかなか難しいタイプの馬だとは思うが、もう一押し展開の味方があれば十分勝負になる馬だと思う。
4着 キングストレイル 4コーナーで引きつけるか離すかというところで、引きつける方を選んだ訳だが、着差が着差だけにソコで一気に突き放していれば、また違った結果も出たかなと思うが、やはり決め手のある馬相手になると若干分の悪さがあるのかなという感じがする。
5着 エアシェイディ やっぱりコース取りの差が結構大きい。結局上位馬の差というのは実力的にはさほどないと思う。結局上位馬の差というのは実力的にはさほどないと思う。展開のアヤで立ち回った馬が勝って、そうじゃない馬が負けたという形。エアシェイディ自体はすごく落ち着いていましたし、出来自体は良く感じたので、そういう意味では、負けはしたがここ2走落ち着き見られるので、収穫ある内容だったと思う。
 
ポイント
BはBでも・・
関東エリアでは2週前、つまり1回東京最終週はG1が行われた関係で、全体的に出走馬の質が高かった。その反動なのか、先週はそれに比べるとちょっとレベルダウンという事で、時計面でもAランクのレースはなかった。また、Bランクにしても、ダートの方で注釈した様に、条件付きとかタイム面では評価するけれども、次走は疑った方が良いという馬も居た。Aランク・Bランクを今年から高評価するレースとして挙げてはいるが、特にかろうじてBランクに入ったレースや馬というのは、水準レベルに近い訳で、無条件で次走は買いという馬はAランクに比べれば大分少ない。その辺りは今後もフォローしたい。
ディープス30%OFF
↑ディープス30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差