2009年3回中京8日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
3週目まで雨の影響を受けた日もありながら、マイナス1秒台の馬場差が続いている様に、速い時計の出る馬場。そして先週の芝の馬場差、2000m対象の数値は土曜日がマイナス1秒1、日曜日がマイナス1秒0。最終週とは言え、雨の影響はなく、速い時計の出るコンディションが維持されていた。
時計の出方自体は2週目3週目とはあまり変わっていないが、先週は3コーナーから4コーナーにかけて内側ではもうもうと土煙が上がっているという状態だった。完全な外差し馬場で、内を通った馬は全滅という訳ではないが、最後に伸びるのは外だった。特に日曜の後半は外めの傾向が強かった。
開催を通じて総じて速い時計の出るコンディションだったが、特に5日目は脚抜きの良い馬場だった。そして先週の馬場差1700m対象の数値は、土日共にマイナス0秒7だった。
雨の影響が全くなかった先週は、1週目および3日目とほぼ同じ馬場差だった。今開催は雨の影響が無ければこのぐらいの馬場差になる状態だったと言える。もちろん先行有利という傾向だが、単純な逃げ切りは思われるほど多くないというのが、中京ダート1700mのコース特性。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/06/14 (日)  芝=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R T2000 ラタンバスケット    牝3 未勝利・牝 2:00.2 -1.8 --- -0.8 -1.0 108 B D
2R T1200 ワンダーフウラン    牝3 未勝利 1:09.0 -0.8 --- -0.2 -0.6 102 C C
6R T1200 レッドハイヒール    牝3 500万下 1:08.1 -1.1 --- -0.5 -0.6 105 B C
7R T2000 アドマイヤメジャー    牡3 500万下 2:00.6 -0.5 --- -0.1 -0.4 101 C C
9R T1800 テイエムアンコール    牡5 長久手特1000 1:46.6 -0.6 --- +0.3 -0.9 97 C C
10R T1200 プレミアムボックス    牡6 CBC賞HG3 1:08.0 +0.4 --- +1.0 -0.6 90 E D
12R T2500 ウォーターセレネ    牝4 500万下 2:35.5 +1.3 --- +1.8 -0.5 82 S D

2009/06/14 (日)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
3R D1700 ヤマイチリブ    牡3 未勝利 1:47.9 +0.5 --- +1.2 -0.7 88 E D
5R D1700 ダノンエクスプレス    牡3 未勝利 1:45.2 -2.2 --- -1.5 -0.7 115 A C
8R D1700 ワンダーアキュート    牡3 あおぎり1000 1:45.1 -1.0 --- -0.7 -0.3 107 B B
11R D1700 ブライアンズエッセ    牡6 1000万下 1:45.0 -0.1 --- +0.6 -0.7 94 D C

         

1R3歳未勝利・牝 タイムランクBのレース
基準より0秒8速い勝ちタイムだった。勝負所で外めを手応え良く押し上げて来たラタンバスケットが直線でも勢いを維持し、抜け出して行き1着。ゴッドダンシングが一旦は2番手に上がったが、その外からサマーパレンケ・ニホンピロキャットが併せる様に進出。サマーパレンケがハナ差で先着していた。
勝ち馬の時計から考えると、勝ち馬から0秒4・0秒5差ぐらいだった2着から5着馬までも時計は優秀と言えるが、それ以前の成績が成績なので、ちょっと半信半疑。これを次走注目馬とする度胸はない。
1着 ラタンバスケット 初めての芝だったが、見て分かるとおり弾むようなフットワークでこの馬完全に芝向き。タイム差0秒8は限りなくAに近いBランク。ごく普通に考えて昇級しても通用する。
 
3R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
 
5R3歳未勝利 タイムランクAのレース
基準より1秒5速い勝ちタイムだった。内枠から逃げたダノンエクスプレスが直線に入っても先頭をキープ。2番手のキーネプチューンが差を詰めて行こうとするものの、ダノンエクスプレスは並ばせる事なく、むしろ突き放して1着。キーネプチューンも失速はしておらず、後続との差を大きく広げ3着シゲルアサヒダケに大きな差をつけていた。
1着 ダノンエクスプレス ダノンエクスプレスとキーネプチューンが2人の世界という感じで3コーナーからどんどん後続を引き離して行った。それで直線マッチレースとなったが、これを制したダノンエクスプレスが3馬身差で快勝。2着キーネプチューンと3着シゲルアサヒダケは1秒7も離れていた。勝ちタイム1分45秒2は同じ日の8R、3歳1000万下あおぎりSと0秒1差。あおぎりSがタイムランクBですから、昇級しても同じだけ走れば好勝負。ただ、少し気になるのはこれほど速いタイムで走れる馬が、何故初勝利までダート3戦も要したのかという点。過去2走と違う点は今回逃げたという事だが、となるとひょっとすると逃げないと力を発揮できないタイプかもしれない。
2着 キーネプチューン 1分45秒7は普通の未勝利戦なら圧勝の時計。次走も中距離なら勝機濃厚。注目馬。
3着 シゲルアサヒダケ 1分47秒4は同じ日の3Rなら楽勝の時計。その3RはタイムランクEだが、シゲルアサヒダケは牝馬ですから、例えば牝馬限定戦に出走すれば勝機十分だろう。
 
6R3歳500万下 タイムランクBのレース
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。ワンダーキラメキとレッドハイヒールの2頭が前に居たが、外のレッドハイヒールが先頭。直線でもリードを保っている。同じく外めをエーシンシークルーが伸びてくるものの、レッドハイヒールが逃げ切り。そしてエーシンシークルーが2着。大外を追い込んだメイショウローツェがゴール前で3番手に上がっていた。
1着 レッドハイヒール デビューから3戦は芝の1600m以上に出走してその後5戦はダートだった。9戦目にして初めて芝の1200mに出走してタイムランクAで勝ち上がった。続く今回は500万下の芝1200mでライムランクBの連勝となった。母トロピカルフラワーはサクラバクシンオー産駒の短距離馬だった。姉にパカパカグランプリという馬が居るが、こちらも初めて芝1200mに出走した時に勝っている。荒れた内めを避けて外を回りつつ逃げ切るという余裕の勝利だった。スピードは抜群。夏場は52キロで出走できますから、さらにダッシュ力が強化されるはず。となると古馬相手でも通用可能。
2着 エーシンシークルー 芝1200mと他の条件では全く成績が違う。勝ち馬から0秒4差では時計面で強調できる程ではないが、芝1200mに出走する限り500万下なら次走も上位候補。
 
8RあおぎりS タイムランクBのレース
基準より0秒7速い勝ちタイムだった。ティアップワイルドが緩やかなペースで逃げ、直線でも先頭。それにワールドワイド・ワンダーアキュート、そしてスタッドジェルランが並んで行って4頭の争いとなる。そこからワンダーアキュートが抜け出して1着。ゴール前外のスタッドジェルランが迫って来てクビ差の2着だった。
ユニコーンSに出走できていれば好勝負になったのではないかと思える馬が何頭か出走していたが、中盤がかなり緩やかなペースで上がりが12秒2-11秒9-11秒8だった。この流れでは中団以降の馬には出番がなかった。だからと言って先行策で好走した馬を軽視する必要は別にないが、あえてそれ以外の馬を取り上げる。
6着 アドマイヤシャトル 番組注目馬として出走していた。ダートに路線変更してから4戦全て上がりはメンバー中最速だった。今回は上がり3位だが、後方から外を回ってますから、実質的には上がり最速ではないかと思う。阪神1800mなら能力全開と見て、再度注目馬とする。注目馬。
8着 アークビスティー 東京1600mのハイペースを先行策で押し切れる程の馬だが、今回行けなかったと言うより行かなかったという中団待機策。今回のペースで先行していれば、好勝負になったと思うが、それはさておき本来の先行策で巻き返しを期待。
 
10RCBC賞 タイムランクEのレース
4コーナーを回って行く辺り、内を空けて直線に入っていく騎手が多かった。日曜の午後は特にこういう形のレースが多かった。そして600m通過が33秒7、重賞の1200mとしてはかなり遅い方だった。なら前残りなのかというとそうではなくて、先行勢で粘ったのはエイシンタイガーだけだった。
基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
1着 プレミアムボックス 同じ日の3歳500万下より0秒1、そして3歳未勝利より丁度1秒速いだけという平凡な決着でして、オーシャンSを勝った時も恵まれたなぁという印象だったが、今回も全体に平凡なレースで恵まれて勝てたなぁという印象しか残らなかった。
==鮫島良太騎手==
1400mの前走でも好走していましたから、実績のあるこの距離ならと期待はしていた。道中は位置取りにはこだわらず、気分良く走らせるのに優先して追走して行った。結果的には展開も向いてくれた。年齢と共に落ち着くも出ていますから、短距離路線ならこれからも活躍できそうです。
2着 エイシンタイガー 夏の短距離重賞では斤量差を活かして3歳馬が好走する事が多いが、いきなり通用してしまった。遅い流れを先行して、尚かつ全体の時計も遅いレースだったが、相手なりに崩れないという所を初の古馬相手にも見せた。
3着 スピニングノアール とにかく中京が得意。テレビ愛知OPより時計が掛かって斤量が軽くなってというパターンで昨年は4着から2着へと着順を上げたが、今年は両レースとも3着だった。もう8歳ですから、これから馬券を買える機会があるかどうかわからないが、とにかく中京では連下には押さえたいという馬。
4着 ソルジャーズソング 高松宮記念で3着に好走しているが、良くも悪くも相手なりという馬で、相手が弱くなったからキッチリ勝てるというタイプではない。逆に言うと相手強化でこそ妙味があるというタイプ。今回は低レベル戦で4着だが、見限る必要はないと思う。
5着 アーバンストリート 勝負が決まってから伸びてきたという感じで、脚を余しているのは確か。ただ、流れや展開に左右されるので、1番人気で買うにはちょっと割に合わないというタイプ。
==四位騎手==
道中で変に仕掛けるとハミを取る所があると聞いていたし、位置取りは想定内だった。手応え通りに伸びているんですけどね。脚質的にももっと伸び伸びと走れる様な広いコースの方が良いんだと思いますよ。
 
12R4歳上500万下 タイムランクSのレース
中盤でペースが落ち、補正しきれずスローの扱いとする。
 
ポイント
クラス再編成を控えて
先週のタイムランクAからBのレースは全て3歳戦だった。実は先々週、つまり3週目もそうだったがクラス再編成を控えて古馬のレースは各クラスともレベルが下がりきっているという事がよくわかると思う。事情は同じ時期の東京も同じだが、関西馬の精鋭メンバーが遠征してくるという事もあり、ここまで極端な事にはなっていない。また、古馬の1000万下は全て5歳馬・6歳馬が勝った。つまり今週から降級する4歳馬は勝っていない。一方古馬の500万下は4レース中3レースを4歳馬が勝った。現在500万下に在籍している4歳馬はクラス再編成前に勝っておかないとまるまる1勝損をするというシステムになっている。そこは1000万下と違う点。
VR30%OFF
↑VR30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差