2009年1回京都8日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
 開催を通じてプラスの馬場差だが、1週目は水準レベルで2週目以降は時計が掛かった。先週も同じBコース使用4週目で、雨の影響もあり最も時計の掛かる馬場となった。開催が変わる今週から4週間はCコース使用となる。
 水曜から金曜まで雨が降ったが、金曜正午の時点重馬場。土曜朝の時点で稍重。そして土曜の10R以降良馬場に回復したが、土日を通じてほとんど馬場差が変わっていない点に注意。相変わらず内を通った馬、また内枠の馬が活躍してる。
 3週目までプラスの馬場差が続いていた。特に4日目はこの開催の中でも最も時計のかかるコンディション。しかし先週土曜日は雨の影響で脚抜きが良くなり、初めてマイナスゾーンの馬場差となった。
 水曜から金曜にかけての雨で土曜はこの開催で初めての馬場差となったのは先ほど言った通り。ただし、高速馬場という程ではない。土曜日は重馬場から稍重へ変更されたが、馬場差は1日を通した数値とした。日曜日は終日稍重だが、同じ稍重でも土曜午後と日曜では乾き方が違う。日曜日には1週目や3週目までに近いレベルに戻った。特に1800mで前残りが目立ったが、前半が遅く、最後の400mが11秒-11秒とか12秒前半-12秒前半とか非常に速い上がりが多かった。京都ダート1800mというのは中央競馬では屈指の前残りコースだと思うが、それに加えて先週は流れのレースが多かったという事。重馬場だったから・稍重だったから前残りだったという訳ではない。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/01/25 (日)  芝=+1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
5R T2000 サトノエンブレム    牡3 未勝利 2:05.5 +3.3 --- +1.1 +2.2 89 S C
6R T1600 スイリンカ    牝3 新馬 1:38.2 +2.4 --- +0.7 +1.7 93 D C
8R T1600 テキーラ    牡4 500万下 1:35.3 +0.8 --- -0.2 +1.0 102 C C
9R T2400 ウォーゲーム    牡5 睦月賞1000 2:28.5 +2.4 --- -0.5 +2.9 105 B B
10R T1400 トレノジュビリー    牡6 伏見S1600 1:22.8 +2.0 --- +1.1 +0.9 89 E C

2009/01/25 (日)  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1200 エーシンリードオー    牝3 未勝利 1:13.1 +0.1 --- ±0 +0.1 100 C C
2R D1800 アースワンハート    牡3 未勝利 1:54.2 -0.1 --- -0.3 +0.2 103 C C
3R D1400 サクラミモザ    牝3 500万下・牝 1:26.3 +1.2 --- +1.0 +0.2 90 E D
7R D1800 サラバンド    牝5 500万下・牝 1:55.1 +2.5 --- +2.3 +0.2 77 E E
11R D1800 ワンダースピード    牡7 平安SG3 1:50.4 +0.2 --- ±0 +0.2 100 C C
12R D1200 サザンビューティー    牝6 1000万下 1:11.6 +0.3 --- +0.2 +0.1 98 C D

         

1R3歳未勝利 注目レース・馬
3着 ワンモアマイウエイ 今年1回目の放送で番組注目馬としたが、痛恨の出遅れ。それでもよく伸びて3着だった。逃げて好時計で2着した初戦と合わせて能力を示しているので、スタート正常なら次は勝ち上がれると見た。
 
5R3歳未勝利 タイムランクSのレース
中盤13秒台のラップが4回続いた様に、かなりゆっくりした流れ。補正しきれないペースでスロー扱いとした。
 
8R4歳上500万下 注目レース・馬
1着 テキーラ 格上挑戦で3着・2着と好走してきたサザンギャラクシーが単勝1.6倍。複勝は1.1倍まで買われていたが、5着に終わった。その敗因は今の京都芝では定番の後方から進んで外を通ったからだと思うが、実はテキーラがサザンギャラクシーとほぼ同じ所を通っている。これはちょっと注目。時計は水準レベル程度なので半信半疑だが、実は今回が初の芝1600mだった。この距離なら昇級しても穴で狙えるんじゃないかなと思ってしまった。
 
9R睦月賞 タイムランクBのレース
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 ウォーゲーム ウォーゲームが昨年6月以来6走ぶりに逃げてスローペース。ラスト800mのラップが全て11秒台という上がりの競馬に持ち込んで逃げ切った。ペース補正が入ってのBランク。同じ様なコース形態・同じ様な流れにならなければ信頼できないという内容で、ウォーゲームも昇級するとどうかと思うが、京都外周りでは非常に安定している馬。
2着 シグナリオ 中団から直線で最内を突いての2着。今の京都では定石という戦法で、自身推定上がり600m33秒台を記録しているが、それだけ見て評価するのはどうかと思う。
 
11R平安S エスポワールシチーが迷わず行ったという感じで気持ちよかった。競りかけてくる馬も特に居らず、先頭のまま直線。内の3番手に居たワンダースピードが中を割る様に伸びてきて、すぐに交わされるかなと思ったら、エスポワールシチー自身が伸びる。という事でどんどん後ろが離れていき、最後は2頭マッチレースという感じになってくるが、ワンダースピードがクイッと伸びたところがゴールだった。
 京都のダート1800mらしく、内枠の先行馬が上位を独占した訳だが、差して5着のタガノエクリプスにしても、最内枠からずっと内をぐるっと回って伸びてきたというだけですから、その他の外を回って届かなかった差し馬はコース替わりなどで注意したい。
1着 ワンダースピード 逃げたエスポワールシチーとの差がなかなか詰まらなかったが、最後の最後で差しきった。58キロを背負っての勝利は価値がある。ダートのG2・G3では実に安定している。G1では公営のレースを含め、過去9着・5着・9着。もう一段上に行けるかどうかは今年が正念場。

==小牧騎手==
スタートが決まって作戦通りに進めたことが勝ちに繋がったと思う。
2着 エスポワールシチー 直線向いてちょっと行ったところでは、すぐにワンダースピードに差されてしまうのかなぁ…という風に見えたが、そこからしぶというより、また伸びていた。最後に差されはしたが、内容は素晴らしいと思う。勝ち馬より斤量が3キロ軽かったというのもあるが…。

==佐藤哲三騎手==
正攻法の競馬をして負けたんだから、今日の所は仕方がない。レースが開いていて、少し重い感じもあったし、使っていると抜けやすいがハミを噛んでいるところもあった。でも溜めて逃げる事ができましたし、最後も追いあいになって踏ん張っていたから、この経験が次に繋がると思う。
3着 マコトスパルビエロ 内枠を利しての先行策で、同じ様な競馬をした1・2着馬に突き放されてしまった。上位2頭より力は劣るという事。
8着 サンライズバッカス 過去平安S・アンタレスSと京都ダート1800mの重賞で2着・3着だが、このコースでは基本的によほど展開が向くとか、あるいは先行馬が強くないという組み合わせでなければ、末脚勝負では厳しい。とは言っても伸びてはいるので、恐らく体調は良い。東京1600m、要するにフェブラリーSでは巻き返しが可能ではないかと思う。
 
ポイント
スズカコーズウェイの戦法
土曜9Rの乙訓特別でスズカコーズウェイが予想外に前へ行き、2着に粘ったレース。昨年春は追い込む競馬で1600万下で3回続けて3着。今の京都で同じ競馬をしたら間に合わないと考えていたが、流石武豊。前へ行けば直線で内を通れるという事。同じ日の6Rでも大外枠から先行して内を通って1着。馬場を読んで最も良いところを通れるという組み立て。これはもう武豊騎手の特に素晴らしいところ。
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差