ヒメカノ ダウンロード販売

2009年3回東京8日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
この開催に入って雨の影響を受ける日が多く、2週目以降は時計の掛かる馬場。特にダービーの行われた4日目、7R以降は馬場差を設定できないほどヒドい馬場となった。そして先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス0秒6。日曜日がマイナス0秒4。先週については雨の影響はなく、マイナスゾーンだったが連続開催の最終週とあって、高速馬場というレベルではなかった。
先週は今開催の初日以来の雨の影響を全く受けない週となった。土曜日は2回東京の後半や今開催の初日とほぼ同じ馬場差だったが、さらに使い込まれた日曜は土曜よりも若干ですが、時計を要する馬場となった。連続開催の8週目でしかも重馬場・不良馬場で2週開催した後ですから、内の方は芝が飛んで茶色く見えるが、そこを通ると全くダメという事ではない。外も伸びるが、内も粘るという公平な状態で、横一線に広がっての追い比べからゴール前では接戦となる見応えのあるレースが多かった。
この開催全てマイナスの馬場差。特に2週目・3週目は雨の影響で脚抜きが良くなったが、1日の中でも時間帯によって時計の出方が異なり、変動とする日が3回あった。そして先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともマイナス0秒7。こうして連続開催後半を振り返ると、1週目と4週目はほぼ同レベルの時計の出方だった事になる。
ダートも久々に雨の影響を全く受けない馬場コンディションで、今年春の東京開催における良馬場の際の標準的な馬場差となった。直線一気に近い追い込みも届いているが、だいたいペースや馬の力量によるもの。馬場状態が先行か差しどちらに有利だというものではない。1着・2着の先行と追い込みというケースもいくつかあった。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/06/14 (日)  芝=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
4R T1600 マイネルエデン    牡3 未勝利 1:34.2 -1.6 --- -1.3 -0.3 113 A B
5R T1800 ハウオリ    牝3 500万下 1:48.5 +0.4 --- -0.1 +0.5 101 C B
7R T1800 イケドラゴン    牡4 500万下 1:48.4 +0.7 --- +0.1 +0.6 99 C C
9R T1600 ストロングガルーダ    牡3 エーデル1000 1:34.9 +0.1 --- +0.4 -0.3 96 D C
10R T2400 シルバーブレイズ    牡5 ジューH1600 2:26.1 +0.6 --- +0.4 +0.2 96 D D
11R T1800 シンゲン    牡6 エプソムG3 1:45.5 -0.1 --- +0.3 -0.4 97 C C

2009/06/14 (日)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R D1600 ジーガートップ    牡3 未勝利 1:39.7 +0.2 --- +0.9 -0.7 91 E D
2R D1400 リトルドア    牡3 未勝利 1:25.8 -0.4 --- +0.2 -0.6 98 C D
3R D1600 エイダイハリケーン    牡3 未勝利 1:38.9 -0.6 --- +0.1 -0.7 99 C C
6R D1400 ゴールドアカデミー    牡3 500万下 1:24.7 -0.7 --- -0.1 -0.6 101 C C
8R D1300 メイショウドレイク    牡4 500万下 1:18.4 -0.1 --- +0.5 -0.6 95 D C
12R D1600 スズノマグマ    牡6 1000万下 1:38.3 +1.1 --- +1.5 -0.4 85 S D

         

1R3歳未勝利 タイムランクEのレース
基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
 
4R3歳未勝利 タイムランクAのレース
基準より1秒3速い勝ちタイムだった。マイネルエデンが外枠から先頭に立って、後続を離し軽快に逃げていた。直線一旦は2番手のグリッドマトリクスが並んで来るモノの、マイネルエデンが突き放して差を広げていく。2・3番手もそのままグリッドマトリクスが2番手で粘り込み、その内ザクリエイションが3着。前を行き、内を通った3頭で決着した。
前半が35秒1・47秒2、後半が47秒0・34秒8というラップで5馬身差をつけて逃げ切った。東京芝1600mで前半と後半をほぼ同じペースで走ると、速い時計を記録しやすい。例えばNHKマイルCのジョーカプチーノがそうだった。それを踏まえても非常に優秀なタイム。
3着から5着までは勝ち馬に離されたが、水準の時計。次走も組み合わせ次第では中心。メンバーランクBとした様にレベルの高い一戦だった。
1着 マイネルエデン 今回が芝1600m3回目だった。1回目は2着で当時の3着サニーサンデーがその後連勝。しかも500万勝ちがAランクだったという粒ぞろいのメンバーだった。そして2回目の2着は1着がサニーサンデー、しかも中山1600mの外枠から先行という苦しいレース内容だった。古馬相手の500万下でも注目したい。
2着 グリッドマトリクス これで3回連続の2着。走破タイム1分35秒0はこれが仮に勝ちタイムだとするとBランクに相当するモノで、今回は相手が悪かったとしか言いようがない。ただし、この馬の2着はいずれも東京と新潟の芝1600m。新馬戦4着も新潟の外回り芝1800mだった。中山芝では8着・12着に終わっているので、ちょっと小回りコースに不安がある。という事は1開催空けて次に新潟に出走して来れば本命だが、次開催の福島に出走してきた場合はちょっと割引が必要かなと思う。注目馬。ただし、次走が福島なら△。新潟外回りなら◎。
 
5R3歳500万下 注目レース・馬
タイムランクCだが、メンバーランクはBとした。出走馬の平均レベルが高かったというよりこの先オープンまで行けそうな素質馬が居たという意味でのB。
1000m通過61秒6というゆったりした流れで、先行した馬は止まらない。抜きの先頭ネオレボルーションが内で粘っている。さらに内を突いて伸びて来るのはコハクジョー。外を通って伸びてきたのはハウオリだけ。残り200m辺りからかなり勢いよく伸びてくる。内の2頭も全く止まってませんから粘るが、最終的には内の各馬をまとめて差しきってしまう。これは文句なしに強いと思う。オープンまで行けそうな素質馬という事でハウオリを強調したい。
1着 ハウオリ 調教でそう目立っていた訳ではない、デビュー戦でかなり強烈な勝ちっぷりで、続くカーネーションCでも1番人気に推された。ただ当時はキャリア1戦で初の遠征競馬が美浦経由という厳しい条件だった。それが堪えたのか7着に終わってしまったが、今回は本領発揮となった。今回も美浦経由の輸送だったが、学習能力が高いという事。その点も含めて素質馬、オープン級だと思う。従って次走も注目。
2着 ネオレボルーション 強い相手と当たってしまったり、出遅れたりで2着・3着が続いているが自身の上がりタイムにちょっと限界のあるタイプなので、東京だと切れ負けしている感じ。こちらは逆に福島は合うタイプだと思う。次走福島に出走しても上位候補。注目馬。
6着 モンテトウルヌソル 素質はオープン級と考えていたが、伸びそうで伸びず6着止まりだった。叩いた次走は改めて注目したいが、あまりにも不器用なレースぶりですので、コレはちょっと福島だと不安。
 
11RエプソムC 直線半ば内から外に広がっての争いとなり、ヒカルオオゾラが抜け出そうとしている。ショウナンラノビアが少し離して逃げていたが、ペースは平均ペースというところだった。外を回って4コーナーでヒカルオオゾラが並びかけて行った。先頭に立った時点で手応えは楽だった、シンゲンが来るのを待って追い出したが、追い比べで負けて負けてしまった。3・4コーナーで4番手に上がったキャプテンベガが3着に流れ込んだ。
1着 シンゲン 6歳だがこれがまで14戦目。それでもう7勝目。左回りでの2000mで負けたのはレース中に骨折した時とか、中京でスローにハマった時だけで、この条件で力を出せた時は負けていない。レースぶりに派手さはないが、今回もヒカルオオゾラを目標にしてキッチリ差しきった。勝負強い。相手がさらに強くなっても対応できるタイプだと思う。
==藤田伸二騎手==
秋の天皇賞が目標の馬だから、ここでは負けられない気持ちだった。入れ込みはいつもに比べたらマシで、大人しかった。向正面で少し窮屈になる場面はあったけど、スタートが良く思っていた通りに運べた。直線までにスムーズなレースができれば弾けてくれますからね。最後は前を捕まえる自信があったし、捕らえてくれましたね。
2着 ヒカルオオゾラ 昨年も先行策から差されて2着だったが、1800mは微妙に長いんだと思う。ベストは1600mだと思うので、今年こそはマイルCSへ出走してもらいたいと思う。
==武豊騎手==
昨年もそうだったが、いつもはそんな事がないのに何故かこのレースでは掛かってしまう。状態は今までで一番良かったし、道中はなだめながら馬場の良いところを選んで、走らせたんですけどね。やはり少し力んだ分なのかな。重賞を勝つくらいの素質は持っているんですけどね。
3着 キャプテンベガ いつもより前めの位置取りだったが、前に行くとちょっとあまり切れないみたい。流れ込んだ様な3着だった。っと言っても後方で溜めれば突き抜けるというほどではないですから、この戦法の方が安定はするだろう。いずれにしてももうだいたいオープン特別からG3までの馬というのはだいたいわかっているので、キャリアの浅くてまだ上が望めそうな1・2着馬とはちょっと立場が異なる。
5着 トウショウウェイヴ 得意の東京コースで注目されていたが、大外を伸びたものの逃げたショウナンラノビアも交わせず5着止まりだった。これまでの4勝は全て東京の2000m以上、1800mでもちょっと距離不足という印象で、東京の2000m以上で再注目したいところ。っと言っても秋の天皇賞でという程ではないと思うが…。
 
12R4歳上1000万下 タイムランクSのレース
1600m戦としては前半・中盤が緩やかで、スローの扱いとする。
3着 シンワラヴ 上がり600m推定34秒9だが、良馬場の東京ダート1600mでは1986年以降で第2位。これだけ速い上がりを記録しておきながら3着ですから、ちょっと位置取りに問題があったという事。2歳秋から3歳春にかけては強敵相手に好走していた馬。その後は芝に出走したり、順調に使えなかったりで、成績不振だったが復調気配と見たい。来週からは500万に出走できるので注目。
 
ポイント
第1レースの伊藤工真
昨年1勝に終わってしまって、同期の三浦騎手に大きく溝を空けられてしまったが、今年既に11勝。一方三浦騎手が32勝と昨年よりペースダウンしているが、それとは対照的に勝ち鞍を大きく伸ばしている。そして今年の11勝中4勝が第1レース。先週は土曜日が2着、日曜日が1着で、今年の第1レースの成績が32戦4勝2着6回となって連対率が3割を超えている。デビュー以来1度も1番人気に騎乗したことがなくてこの成績ですから、お買い得の騎手。特に第1レースでは注目。
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差