2009年3回中京5日目

2009/12/27(日)
中山 阪神 中京
2009/12/26(土)
中山 阪神 中京
2009/12/20(日)
中山 阪神 中京
2009/12/19(土)
中山 阪神 中京
2009/12/13(日)
中山 阪神 中京
2009/12/12(土)
中山 阪神 中京
2009/12/06(日)
中山 阪神
2009/12/05(土)
中山 阪神
2009/11/29(日)
東京 京都
2009/11/28(土)
東京 京都
2009/11/22(日)
東京 京都 福島
2009/11/21(土)
東京 京都 福島
2009/11/15(日)
東京 京都 福島
2009/11/14(土)
東京 京都 福島
2009/11/08(日)
東京 京都 福島
2009/11/07(土)
東京 京都 福島
2009/11/01(日)
東京 京都 福島
2009/10/31(土)
東京 京都 福島
2009/10/25(日)
東京 京都 福島
2009/10/24(土)
東京 京都 福島
2009/10/18(日)
東京 京都
2009/10/17(土)
東京 京都
2009/10/11(日)
東京 京都
2009/10/10(土)
東京 京都
2009/10/04(日)
中山 阪神
2009/10/03(土)
中山 阪神
2009/09/27(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/26(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/21(月)
阪神 新潟
2009/09/20(日)
中山 阪神
2009/09/19(土)
中山 新潟
2009/09/13(日)
中山 阪神 新潟
2009/09/12(土)
中山 阪神 新潟
2009/09/06(日)
新潟 小倉 札幌
2009/09/05(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/30(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/29(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/23(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/22(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/16(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/15(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/09(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/08(土)
新潟 小倉 札幌
2009/08/02(日)
新潟 小倉 札幌
2009/08/01(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/26(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/25(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/19(日)
新潟 小倉 札幌
2009/07/18(土)
新潟 小倉 札幌
2009/07/12(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/11(土)
福島 阪神 札幌
2009/07/05(日)
福島 阪神 札幌
2009/07/04(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/28(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/27(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/21(日)
福島 阪神 札幌
2009/06/20(土)
福島 阪神 札幌
2009/06/14(日)
東京 中京
2009/06/13(土)
東京 中京
2009/06/07(日)
東京 中京
2009/06/06(土)
東京 中京
2009/05/31(日)
東京 中京
2009/05/30(土)
東京 中京
2009/05/24(日)
東京 中京 新潟
2009/05/23(土)
東京 中京 新潟
2009/05/17(日)
東京 京都 新潟
2009/05/16(土)
東京 京都 新潟
2009/05/10(日)
東京 京都 新潟
2009/05/09(土)
東京 京都 新潟
2009/05/03(日)
東京 京都 新潟
2009/05/02(土)
東京 京都 新潟
2009/04/26(日)
東京 京都 福島
2009/04/25(土)
東京 京都 福島
2009/04/19(日)
中山 阪神 福島
2009/04/18(土)
中山 阪神 福島
2009/04/12(日)
中山 阪神 福島
2009/04/11(土)
中山 阪神 福島
2009/04/05(日)
中山 阪神
2009/04/04(土)
中山 阪神
2009/03/29(日)
中山 阪神 中京
2009/03/28(土)
中山 阪神 中京
2009/03/22(日)
中山 阪神 中京
2009/03/21(土)
中山 阪神 中京
2009/03/15(日)
中山 阪神 中京
2009/03/14(土)
中山 阪神 中京
2009/03/08(日)
中山 阪神
2009/03/07(土)
中山 阪神
2009/03/01(日)
中山 阪神 小倉
2009/02/28(土)
中山 阪神 小倉
2009/02/22(日)
東京 京都 小倉
2009/02/21(土)
東京 京都 小倉
2009/02/15(日)
東京 京都 小倉
2009/02/14(土)
東京 京都 小倉
2009/02/08(日)
東京 京都 小倉
2009/02/07(土)
東京 京都 小倉
2009/02/01(日)
東京 京都
2009/01/31(土)
東京 京都
2009/01/25(日)
中山 京都 中京
2009/01/24(土)
中山 京都 中京
2009/01/18(日)
中山 京都 中京
2009/01/17(土)
中山 京都 中京
2009/01/11(日)
中山 京都 中京
2009/01/10(土)
中山 京都 中京
2009/01/05(月)
中山 京都
2009/01/04(日)
中山 京都
馬場コメント
2週目そして先週は雨の影響を受けたが、それでも開催を通じて速い時計の出るコンディションとなっている。そして先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス1秒3、日曜日がマイナス1秒1だった。
先週からBコースを使用した事もあって、稍重スタートではあったが馬場差は土曜がマイナス1秒3で、若干馬場が痛んだ日曜はマイナス1秒1。脚質的には土曜前半は前残りの競馬が続いていたが、土曜後半から日曜にかけては外差しが決まる競馬も目立ち始めた。
全てマイナスの数値となっている様に総じて速い時計が出ている。そして先週の馬場差1700m対象の数値は土曜日がマイナス1秒9、日曜日がマイナス1秒0だった。
土曜がマイナス1秒9、ここまで6日間共マイナスの馬場差の中にあっても土曜日は最も時計の出やすい馬場コンディションだった。ただし日曜日もマイナス1秒0ですから、雨の影響が残って時計の出やすい馬場だった。脚質は基本的には先行有利だが、それを意識して各騎手が早めに仕掛けるせいか、展開によっては差しも届いていた。
馬場差一覧

レース順表示

タイム分析 2009/06/06 (土)  芝=-1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
1R T1800 マヤノカピオラニ    牝3 未勝利・牝 1:47.4 -1.7 --- -0.5 -1.2 105 B C
2R T1200 ゼットオーラ    牡3 未勝利 1:09.0 -0.8 --- ±0 -0.8 100 C C
6R T1800 ナリタシリカ    牝3 500万下・牝 1:49.3 +1.0 --- +1.4 -0.4 86 S D
7R T1200 トシザコジーン    牝4 500万下 1:08.5 -0.6 --- +0.2 -0.8 98 C C
9R T2500 ナリタキングパワー    牡4 木曽川特1000 2:32.2 -1.3 --- +0.3 -1.6 97 C D
10R T1200 メジロシリング    牡6 飛騨SH1600 1:07.8 -0.3 --- +0.5 -0.8 95 D D
12R T2000 グッドバニヤン    牡4 500万下 1:59.5 -1.1 --- +0.2 -1.3 98 C C

2009/06/06 (土)  ダ=-1.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 補正 WL TL ML
3R D1000 シゲルクラマヤマ    牡3 未勝利 0:58.4 -1.7 --- -0.6 -1.1 106 B D
5R D1700 フサイチセブン    牡3 未勝利 1:43.8 -3.6 --- -2.0 -1.6 120 A C
8R D1700 シゲルダイセン    牡3 なでしこ500 1:44.7 -1.8 --- +0.1 -1.9 99 C D
11R D1700 メイショウタメトモ    牡4 1000万下 1:44.5 -0.6 --- +1.3 -1.9 87 E E

         

1R3歳未勝利・牝 タイムランクBのレース
基準より0秒5速い勝ちタイムだった。序盤マヤノカピオラニが緩みのないペースで逃げながらも、直線でリードを保って1着。危なげのない逃げ切りだった。2番手で先行していたヤマニンライラも粘って2着。さらにイタリアンレッドも3番手のまま入線。道中の位置取りで3着までを占め、スピードの差がそのまま結果に反映されたレースだった。
Bコース使用となって最初の芝のレースでしたから、この段階では馬場の内側は非常に走りやすかったと推測できる。実際、レースは行った行ったの決着だった。
1着 マヤノカピオラニ 芝に使うようになってレースぶりが安定してきた馬。特に逃げたここ2走は最後までしぶとかったですし、この時計も優秀。ただ、揉まれた際にどうなるかはまだ不安がありますし、昇級して人気になる様なら疑ってかかりたいと思う。
2着 ヤマニンライラ 前残りの展開に乗じた印象だが、レースぶりは堅実ですから、次走も牝馬限定戦出走なら有力馬の1頭。
3着 イタリアンレッド 今回初出走だったが、センスの良いレース運びでよく踏ん張った。1番人気のハギノウタヒメの追撃を凌いだ点は評価に値すると思う。慣れが見込める次走は有力。注目馬。
4着 ハギノウタヒメ 出遅れて外を回る競馬だった。今回の様な前残りの展開では厳しかった。この1走だけでは見限れない馬。
 
3R3歳未勝利 タイムランクBのレース
基準より0秒6速い勝ちタイムだった。序盤から内のウインルナ、外のシゲルクラマヤマが競り合って直線に入っても叩き合っているが、シゲルクラマヤマが抜け出し、やや差を広げて行く。ただ、ウインルナもばったりと止まった訳ではなく、3番手に居たタピルージュに並ばせる事なく2番手で入線した。
1着 シゲルクラマヤマ 今回が初めてのダートだったが、今までの甘さが嘘の様にあっさりと押し切った。元々芝では1200mに使われて来た馬ですから、次走も引き続きダート参戦なら多少距離が伸びても対応できそう。
 
5R3歳未勝利 タイムランクAのレース
基準より2秒0も速い勝ちタイムだった。序盤から先頭に立ったのがフサイチセブン。4コーナーでハジメレンジャーが追い上げ、直線ではその内からメイショウシンドウ、外からトーホウアレスも上がっては来るが、フサイチセブンはリードを保っている。鞍上も追うことはなく、さらに差を広げて独走体制に入った。余裕を持って1着。しかも速い時計をマークしていた。
1着 フサイチセブン 前回2着時に次走注目馬に選んだが、思えば当時の1着馬はエーシンビートロンでその後500万下で3着・2着、前回次走注目馬にも選ばれている馬。やはりレベルの高い1戦で2着の脚は本物だった。今回は楽に逃げたとは言え、出色のタイムですし、昇級古馬相手でも勝ち負けになる。今後の課題は折り合い面。見た感じかなり行きっぷりが良い馬なので、さらに距離が伸びてどうかな?だが、多少掛かってもそのまま押し切ってしまいそうな力は秘めていると思う。楽しみな馬が出てきた。注目馬。
2着 メイショウシンドウ 勝ち馬が強すぎただけで、水準以上の時計では走ってますから次走も圏内だと思う。
3着 トーホウアレス 勝ち馬が強すぎただけで、水準以上の時計では走ってますから次走も圏内だと思う。
4着 ハジメレンジャー 勝ち馬が強すぎただけで、水準以上の時計では走ってますから次走も圏内だと思う。
 
6R3歳500万下・牝 タイムランクSのレース
ペース補正しきれず、スローの扱いとする。
 
11R4歳上1000万下 タイムランクEのレース
基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
先週は4歳以上1000万下のダート1700m戦が実は2鞍あった。1つは先ほど取り上げた日曜9Rの御嶽特別、その影響か平場の土曜11Rのメンバーが弱くなって、メンバーランクはEとなった。結果時計も遅かった。
5着 ネヴァシャトル 完全前崩れの展開の中、よく粘っている。次走ダート1400mぐらいに使ってくれば穴で狙ってみても面白いかもしれない。
 
ポイント
去年の傾向も踏まえて
今週で中京も最終週。となると芝のレース、中でもペースが速くなりやすい1200m戦は外差しを狙いたくなるが、昨年の同時期の中京開催の最終週の結果を見てみると、思いの外前残りの競馬が多かった。ですから3週目まで終えた時点の段階で馬場傾向とか脚質傾向は昨年同時期の中京開催と似た感じの傾向をたどっているが、それだけに今週も最終週だから、とにかく外差しを狙えば良いみたいな予想は危険すぎると思う。ペースが遅ければちゃんと前の馬も残っているだけに、枠順・展開を意識しすぎないオーソドックスな予想を勧めたいと思う。
プレステージ 30%OFF
↑プレステージ 30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧 ダOP一覧
札幌 馬場差
函館 馬場差
福島 馬場差
新潟 馬場差
東京 馬場差
中山 馬場差
中京 馬場差
京都 馬場差
阪神 馬場差
小倉 馬場差