2018年1回函館5日目

開催一覧
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がプラス1秒0からプラス1秒7への変動だった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、4日目まではマイナス1秒6かマイナス1秒5でほとんど変わらなかった。先週土曜はマイナス1秒台ではあったが、2週目までと比べると水準に近づき、日曜はプラスの数値になった。
 そもそも土曜時点で雨の影響を受けて、4日目までと比べ時計は掛かっていた。それでも速い時計の出る馬場ではあったが、日曜は雨が降って一気に時計が掛かった。開催当日に雨が降るとこのように急に時計が掛かるのは、函館芝らしい傾向だと言えると思う。後半はさらに時計が掛かって行って、9R以降2000m換算の数値はプラス1秒7だった。時計が掛かってきた影響もあり、特に日曜は中団にいた馬の上位進出が目に付いた。なお、今週から2回開催に入るが、今週は引き続きAコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス1秒9からマイナス2秒4への変動だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、4日目までが水準レベルだったのに対し、先週特に日曜はかなり速い時計の出る馬場になった。
 土曜時点で重馬場だったように、雨の影響が残って速めの時計が出るコンディションだった。日曜は昼過ぎまで雨が降って、さらに脚抜きが良く、速い時計の出る馬場になって行った。連対馬を見ると土曜は目立った偏りはなかったが、日曜は前へ行って内を立ち回った馬が優勢だった。


  タイム分析
 2018/06/30 (土)  芝=-1.0  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 カルリーノ    牡2 未勝利 1:09.7 -0.8 --- -0.2 -0.6 C C 2.00
5R T1000 ラブリロンリロンス    牡2 新馬 0:58.4 -0.1 -0.2 +0.2 -0.5 C D 7.25
6R T2000 バイオスパーク    牡3 未勝利 2:01.5 -0.7 --- +0.3 -1.0 C C 6.67
8R T1200 スワーヴアーサー    牡5 500万下 1:09.1 -0.3 --- +0.3 -0.6 D C 8.00
10R T1800 ホリデーモード    牡3 恵山特別500 1:47.8 -0.7 -0.4 -0.2 -0.9 C D 6.00
11R T1200 デアレガーロ    牝4 TVhH1600 1:08.6 ±0 --- +0.6 -0.6 D D --
12R T2000 マイスタイル    牡4 洞爺湖特1000 1:59.6 -0.9 -0.4 -0.3 -1.0 C C 4.33
 2018/06/30 (土)  ダ=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1700 ラドルクス    牝3 未勝利・牝 1:47.2 -0.4 --- +0.5 -0.9 D D 7.11
3R D1000 レノカズマ    牡3 未勝利 0:59.4 -0.5 --- ±0 -0.5 C D 7.25
4R D1700 ヴィーヴァバッカス    牡3 未勝利 1:46.6 -1.0 --- -0.1 -0.9 C D 8.00
7R D1700 メイショウエイコウ    牡4 500万下 1:45.4 -1.0 --- -0.1 -0.9 C D 3.00
9R D1700 メイショウタチマチ    牝5 500万下・牝 1:45.8 -0.6 --- +0.3 -0.9 C C 3.67

函館1R 2歳未勝利 
3着 ロードワンダー 通信簿
 1番人気3着だった。この馬はちょっと見立て違いという事がありましたかね。ここまでパフォーマンスが低下するとはちょっと思えなかったという事だろうか。
函館7R 3歳上500万下 注目
 断然人気のメイショウエイコウが3コーナーマクリを打って完勝。2・3着も降級馬で、降級の3頭が1・2・3着を独占してしまった。
1着 メイショウエイコウ 
 メイショウエイコウは過去16戦で2勝ながら2着が8回3着が3回と非常に堅実なタイプ。上のクラスでも2着と3着の実績があって、これが降級2戦目。相手関係から言っても負けようがなかった。再昇級してもいきなりから馬券になるはず。
2着 クルークハイト 
 2着クルークハイトも降級2戦目。函館は滞在2戦目で変わる馬が結構いるが、この馬もそうだった模様。未勝利勝ちが重馬場だったように、こういう馬場を苦にしなかったのも良かったと思う。次走は勝ち上がれるのかもしれない。
3着 デイズ 
 3着デイズは人気がなかったが、この馬も滞在2戦目で変わった。4着以下は8馬身以上千切っており、次走人気がそれほどなければもう是非狙ってみたい。
函館12R 洞爺湖特別 注目
 オープンからの降級馬マイスタイルが単勝1倍台の断然人気に応えた。
1着 マイスタイル 勝ち馬注目
 タイムランクCだが、完全タイム差はマイナス0秒3で、あと0秒1速ければBランクだった。マイスタイル、弥生賞2着でダービー4着馬。菊花賞は極悪馬場で最下位と大敗したが、福島民報杯2着もあって、流石に1000万下クラスの馬たちでは、ちょっと相手にならなかった。この馬が逃げたんですから後続では何もできなかったのは仕方が無いかもしれない。
2着 カリビアンゴールド 
 2着は紫苑S2着で降級のカリビアンゴールド。3着も降級のレッドジェノヴァ。配当は安かったが、これで3連単3,810円だったらよくついた方ではないだろうか。これら2・3着馬は牝馬だが、このクラスでは実力上位で、遅かれ早かれ勝ち上がるだろう。
3着 レッドジェノヴァ 
 2着は紫苑S2着で降級のカリビアンゴールド。3着も降級のレッドジェノヴァ。配当は安かったが、これで3連単3,810円だったらよくついた方ではないだろうか。これら2・3着馬は牝馬だが、このクラスでは実力上位で、遅かれ早かれ勝ち上がるだろう。

  馬券Summary
中京ダートの3歳未勝利戦で前走京都の馬を狙う
 この開催の中京ダートの3歳未勝利戦では、出走権が得られず阪神をパスしてきた馬、あと1回・2回の京都以来で立て直してきた馬が穴を出す傾向に実はある。昨年の実績では1着6回2着2回3着3回4着以下43回。勝った馬は全て4番人気以下で、3番人気以内は4頭出て2着1回のみ。3着までに入った11頭のうち、10頭までが4番人気以下で、回収率は結構大変な事になっていまして、単勝が620%・複勝が276%だった。なので、今回はちょっと以下のような条件を考えてみた。
中京ダートの3歳未勝利戦で前走京都の馬を狙う
まず1、4番人気以下である事。ちょっとコレが少しオカルトだが…。
2、以下のどれかに該当する事。前走または前々走で好走、初めてのダート、ダート2戦目か3戦目、前々走から前走で1着との着差を徐々に詰めている、以上4つ。
3番目前走からの間隔は次の順に有望。まず1回または2回京都以来、結構間隔を開けた馬。それから2番目が3回京都の前半、1から6日目以来。3番目が3回京都7から12日目以来。
まぁ、これ人気薄狙いなので、4週以内に1回当たれば十分プラスにできると思う。是非狙ってみてはいかがでしょうか。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26