2018年2回福島3日目

開催一覧
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒2、日曜はプラス0秒8からプラス0秒5への変動だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開幕週がマイナス1秒台だったのに対し、先週は土日ともにプラスゾーンだった。
 雨の影響を受けて土曜はプラス1秒台で時計の掛かるコンディションだった。土曜と比べれば、日曜は乾いてさらに後半の方が水準に近づいたが、それでも時計は掛かっていた。連対馬の位置取りには、目立った偏りはない。なお、今週からの後半2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒1からマイナス1秒5への変動、日曜がマイナス1秒3からマイナス1秒0への変動だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、先週はマイナス1秒台でマイナス方向に動いて行った。
 開幕週が良馬場だったのに対し、先週は重・稍重だった。雨の影響が強くて時計が出やすくなった。この内土曜は前半の雨で、後半の方がさらに速い時計の出る馬場。逆に日曜は後半、水準方向に動いた。ただ、土日ともに大きく動いた訳ではなく、基本的には速い時計の出る馬場だったと言えるだろう。連対馬については、前めに位置していた馬がやや優勢ではあったが、ペースが速い場合は差しも届いていた。


  タイム分析
 2018/07/07 (土)  芝=+1.2  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1200 イチゴミルフィーユ    牝2 新馬 1:11.3 +0.9 --- +0.2 +0.7 C D --
6R T1800 カーロバンビーナ    牝3 未勝利・牝 1:49.6 +0.9 --- -0.2 +1.1 C C (6.00)
7R T1200 レジェンドソウル    牡3 未勝利 1:10.1 +0.4 --- -0.3 +0.7 B C (1.00)
9R T2600 オジュウチョウサン    牡7 開成山特500 2:42.3 +1.6 --- ±0 +1.6 C C --
10R T2000 アウトライアーズ    牡4 松島特別1000 2:02.0 +2.1 --- +0.9 +1.2 E D (11.00)
11R T1800 ミッキーグローリー    牡5 阿武隈H1600 1:47.9 +1.4 --- +0.3 +1.1 C D (6.00)
 2018/07/07 (土)  ダ=-1.1 → -1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1700 コパノステラート    牝3 未勝利・牝 1:46.0 -1.1 --- ±0 -1.1 C D (8.00)
3R D1700 エヴィエイション    牡3 未勝利 1:45.7 -1.4 --- -0.1 -1.3 C D --
8R D1150 グランティエラ    牡4 500万下 1:07.3 -1.2 --- -0.2 -1.0 C D --
12R D1700 デザートスネーク    セ4 500万下 1:45.1 -0.9 -0.4 +0.2 -1.5 C C (14.00)

福島7R 3歳未勝利 タイムB
 このレースの勝ちタイムは当開催3歳未勝利クラスの基準タイムより0秒4遅く、1200m対象の馬場差がプラス0秒7になる事を踏まえると、 +0.4-(+0.7)=-0.3 で基準より0秒3速い勝ちタイムだった。レジェンドソウルは前走の5着から良化を示した。平均ペースで進んで、前4頭の競馬になった。逃げたモシモ、2番手ダウンタウンキラリが逃げ込もうとするところへ、3番手を進んでいたレジェンドソウル、それから外からファーベライトが差して1・2着。
1着 レジェンドソウル 
 勝ったレジェンドソウルだが、5戦目での初勝利。ここまで東京と新潟の直線1000mと、直線の長いコースを使って来たが、初めて使った小回り福島、脚質的に合っていたんじゃないだろうか。母系は曾祖母チヨダマサコ、天皇賞秋そして芝マイルのGIを2勝したニッポーテイオーを出した名牝系。母系にはサンデーサイレンス・クロフネ・ロードカナロアと名種牡馬をつけられていて、期待の高さがわかる。好タイムであって、直線インをこじ開けたように、器用な脚もある。他馬を気にするところもありませんでしたし、今後楽しみな馬の勝ち上がりと言えるだろう。
2着 ファーベライト 
 2着が1番人気のファーベライトだった。ファーベライトはこれで3度目の2着。東京1400mで2着・3着・2着と来たあと、今回は1200mに距離を短縮したが、全く問題なく克服した。初の福島も問題なかった。そろそろ強い馬も勝ち上がって来たので、次辺りはいよいよ順番が来るのではないだろうか。
福島8R 3歳上500万下 注目
1着 グランティエラ 
 グランティエラがスピードを活かしてハナに立つと、そのまま後続を一蹴しての逃げ切り。2走前に勝っている条件で、今回は降級戦ですから一つ上の能力を見せつけた。グランティエラは3歳9月まで未勝利で、南関東に転じたが、浦和で圧勝に次ぐ圧勝で3連勝。中央に戻ってくるとこれで4戦して2勝。明らかに一皮むけた印象。前走1000万下で惨敗しているだけに、上のクラスで通用するかは微妙だが、現状この馬は1400mよりも1200m以下の方が合いそう。短い距離なら再び狙えるのではないだろうか。
2着 ロードコメット 
 それから2着ロードコメットは藤田菜七子騎手騎乗にも関わらず、7番人気と人気がなかった。人気の盲点となっていたが、先行力があって前で裁けるのは強み。勝ち馬以外は抜けた馬がいないメンバー構成で、2番手でスンナリつけてそのまま2着を守った。藤田菜七子騎手は先週で先週年間10勝目をマークしたが、以前に比べると落ち着いて乗っているのがよくわかる。特にこの馬のように、前へ行ける場合はもう安心して見ていられる感じがする。今後もファンを楽しませて欲しい。
福島9R 開成山特別 注目
 TOPIXでも紹介されていたように、オジュウチョウサンの出走で大きな話題を呼んだ。障害では無敵で、JGIを5勝している名障害馬だが、4年8ヶ月ぶりの平地出走でどうなのかと、興味は尽きなかったが、結果的には圧勝だった。
1着 オジュウチョウサン 
 オジュウチョウサン、好スタートから好位を進んだが、平地のスピードにも全く戸惑う事なく、むしろ行きたがるような素振りさえ見せた。完全に対応していた。2週目3コーナーで武豊騎手がGOを出すと外からあっさり先頭に並びかけて、4コーナーでは後続を離しに出て、最後は手綱を抑える余裕を見せての完勝だった。タイムランクCですから、上のクラスでどうかは、このレースだけでは決めにくいが、明らかに余裕のあるレースぶりで、重賞でとうかはちょっとさて置き、少なくとも1000万下ならすぐにでも勝てそうなパフォーマンスは見せたと言える。今後は平地レースに専念という記事も見かけたが、どんなローテーションになるのかと、少頭数の長距離重賞への出走はあるんだろうか。まだ何とも言えないが、競馬界に大きな話題を提供してくれたことは事実だと思う。今から次走が楽しみ。
2着 ドリームスピリット 
 後続では2着ドリームスピリットが昇級戦でよく走った。次走は勝ち負けではないだろうか。
福島10R 松島特別 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
2着 ヤマニンリュウセイ 解説危険
 タイムランクEで2着だった。ちょっとここのメンバーではやや恵まれた感じ。展開的にもインを上手く突けたので、かなり恵まれた印象があった。これはまぁ次に人気になってくるようなら、危険かなという感じ。
福島11R 阿武隈S 注目
 プレミオテーラーが逃げて、前半から速めのラップで進んだが、向正面でミッキーグローリーがマクリの手に出て、3コーナーでは2番手に追い上げた。4コーナーで先頭に立って、そのまま押し切って勝ったというレースだった。
1着 ミッキーグローリー 
 56キロのトップハンデも関係なく、やっぱりこのクラスでは抜けているという勝ち方だった。ミッキーグローリー、これで10戦5勝。3歳春から4歳秋まで1年5ヶ月の休養があったが、休み明け2戦目から条件戦を連勝。さらに5ヶ月の休養を経て、休み明け3着のあとここで1600万下を勝ってオープン入りした。母は北九州記念を勝ったメリッサ。全弟はNZTを勝ったカツジ。優秀な血統で、オープンでも十分やれるだろう。脚元さえ問題がなければ、早々と重賞を勝つ可能性もある。
2着 エマノン 
 このレースは勝ち馬を含めて4着までを5歳馬が占めた。2着の牝馬エマノンは、52キロのハンデも活かして前につけての粘り込みだった。1000万下を2勝しているが、1600万下で初の連対。大阪杯を勝ったスワーヴリチャードの全姉に当たり、いずれオープン入りの可能性もあると言えるだろう。
4着 ハナズレジェンド 
 ミッキーグローリーと同じ56キロでトップハンデのハナズレジェンドだが、これが4着。休み明けで8キロ減の馬体減堪えたのだろうか。今回もう一つ伸びなかった。一度使った次走は期待できるのではないだろうか。
福島12R 3歳上500万下 
14着 ホウオウジャッジ 通信簿
 2番人気14着だった。今回は結果を出せなかったが、能力は十分に通用すると思う。次走以降改めて期待したいと思う。

  馬券Summary
2歳未勝利戦・芝短距離の研究
 これからクラスが多くなるのが2歳未勝利戦だが、中でも夏馬に多い芝1200m以下のレースに絞って、夏場の2歳未勝利戦で狙える条件を考えてみた。昨年のデータから導いた条件がこちら。
2歳未勝利戦・芝短距離の研究
データは昨年6月から8月の2歳未勝利戦だが、まず前走4コーナー先頭。これが9勝2着3回3着2回。単勝回収率110%。
それから2番目、3強種牡馬だが、ヨハネスブルグが実は最多の4勝だが、回収率が低い。出走回数が多くて。2勝していて回収率も高いのがキンシャサノキセキ・ダイワメジャー・ワークフォース。
それから3番目が前走5着。実は前走2着が最も成績が良いのは当然だが、回収率が低い。前走2着の次に連対率が良いのが前走5着馬で、連対率37.9%。単勝回収率164%。これは狙いたいですね。
それから4番目が中2週か3週。中2週は単勝回収率106%、中3週は複勝回収率が136%と最も高くなっている。是非狙ってみてください。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26