2018年3回京都7日目

開催一覧
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜はマイナス0秒6でスタートし終盤は設定不能となった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、7日目の先週土曜まではマイナス1秒台で、東京芝ほどではないものの、速い時計の出る馬場だったが、日曜は雨の影響で時計が掛かって行った。
 私が担当してからずっと天候が恵まれていたが、日曜になってドンと急に来た。まず、土曜はDコースに変わって最初の開催日で、速い時計の出る馬場だった。日曜は朝から雨が降り続いて3R時点で2000m換算の馬場差がマイナス0秒6。その後プラスゾーンに入って、終盤3鞍はかなり水を含んだ馬場になって、タイム比較が意味をなさないレベルになったので、設定不能とした。土曜はコースが変わった影響か、先々週よりも前の馬が活躍していた。日曜は雨の影響で道悪になって行ったためか、前めにつけた馬が優勢だったが、特殊な馬場でしたから、これは参考外と見たい。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がマイナス0秒1でスタートし、マイナス1秒1、そしてマイナス0秒7への変動だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、7日目までは水準かそれに近いレベルで推移していたが、8日目つまり先週日曜はマイナス方向に動いた。
 日曜は雨の影響を受けて1R時点でマイナス0秒1。水準レベルとは言え、この開催で初めてマイナスゾーンになった。その後さらに雨が降り続いて5R時点でマイナス1秒1。ただ、その後は水が浮いて脚抜きの良いコンディションを通り超してしまったから水準方向に結果戻って行った。そのため、11R時点で1800m換算の数値でマイナス0秒7。ただ、いずれにしても日曜後半は速い時計の出るレベルだった。良馬場だった土曜は脚質傾向に目立った偏りはなかったが、雨が降り続いた日曜は好位からの差し馬が幅を利かせていた。


  タイム分析
 2018/05/12 (土)  芝=-1.4  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T2000 ミッドサマーコモン    牝3 未勝利・牝 2:02.0 +0.2 -0.7 +0.9 -1.4 SL C 8.22
4R T1200 シーサイドロマンス    牝3 未勝利 1:09.4 -0.4 --- +0.4 -0.8 D D 10.08
5R T2200 メイケイゴールド    牡3 未勝利 2:14.7 -0.5 -1.1 -0.1 -1.5 C D 7.33
7R T1600 ルタンデュボヌール    牡4 500万下 1:35.0 +0.5 -0.8 +0.8 -1.1 D C 8.30
9R T1200 ニシノキントウン    牡3 あやめ賞500 1:08.7 -0.5 -0.2 +0.1 -0.8 C D 7.67
11R T1800 サンマルティン    セ6 都大路S 1:44.6 -0.9 --- +0.4 -1.3 D D 7.60
 2018/05/12 (土)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 カンパニュラ    牝3 未勝利・牝 1:55.2 +1.3 -0.6 +0.6 +0.1 D D 7.29
2R D1400 エイシンネメシス    牝3 未勝利 1:26.2 +0.6 --- +0.5 +0.1 D C 6.89
6R D1200 ヤマニンレジスタ    牡3 500万下 1:11.4 -0.6 --- -0.7 +0.1 B C 7.63
10R D1900 タマモアタック    牡6 蹴上特別1000 1:59.0 +0.4 --- +0.3 +0.1 C C 7.50
12R D1400 エメラルエナジー    牡6 1000万下 1:24.7 +0.9 --- +0.8 +0.1 E D 7.27

京都3R 3歳未勝利・牝 タイムSL
 前半・中盤が遅く補正しきれずスローの扱いとする。
京都5R 3歳未勝利 
1着 メイケイゴールド 
 1番人気1着だった。こちら中1週で急遽出走して来た。メンバー的にもそんなに強力ではなかったが、最後は地力で何とか押し切った。勝ってくれて嬉しかったなと思う。
京都6R 3歳500万下 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。まずはスタートだが、内枠のスマートアルタイルが遅れた。一方ヤマニンレジスタが今回は先手を取って、2番手でバーニングペスカが続いて行った。直線に入ってもこの2頭が前にいて、ヤマニンレジスタがリードを広げ、5馬身差で1着。離されながらもバーニングペスカが2着。その後外から追い上げて来たミッキーマインドが3着争いで先着している。
1着 ヤマニンレジスタ 
 7番人気ヤマニンレジスタが積極策で逃げ切った。ヤマニンレジスタはスタートを決めると、そのままの勢いでハナに立って、その後もペースを落とすことなく逃げて、最後まで後続を寄せ付けなかった。この馬未勝利戦優勝時の時計がタイムランクBだった馬。もちろん高速決着対応の下地があったとは言え、ここまで一気に時計を短縮して来るとは思わなかった。正直、驚きだが、時計は額面通りに評価したいと思う。仮に昇級、古馬相手になったとしても1200m戦なら通用する。
2着 バーニングペスカ 
 2着バーニングペスカは2番手につけて正攻法の競馬をして、結果突き放されたが初ダートとしては上々の内容だった。今回は相手が強すぎたと見るべきで、次走も引き続き有力。
3着 ミッキーマインド 
 3着ミッキーマインドはブリンカーの効果があった可能性もあるが、今回は前を追い掛けた馬がバテた感じで、展開が向いた印象が強い。
4着 スリーヘリオス 
 そして4着スリーヘリオスはズブさを見せていた。この馬ベストは1400mかなと思う。
10着 デンコウケンジャ 
 1番人気のデンコウケンジャは10着だった。休み明けが影響したのか、行きっぷりが良くなかった。
16着 スマートアルタイル 
 2番人気のスマートアルタイルは16着に敗れた。出遅れた影響で、ホント全く流れに乗れなかった。
京都7R 4歳上500万下 注目
 タイムランクはEに近いDだったが、緩やかなペースだったためで補正が0秒8入っている。ラスト400mは10秒8-11秒2の高速ラップだった。
1着 ルタンデュボヌール 
 勝ち馬のルタンデュボヌールは前走1年3ヶ月ぶりに実戦に復帰して、今回が叩き2走目だった。たしかにスローで逃げられたが、直線に向くと一気に突き放す強い勝ちっぷりだった。フットワークが軽くて将来性を感じさせる。次走1000万下に出走して来ても通用するレベルだが、次開催のクラス編成変え後に再度500万下に出てきたら、当然勝ち負けになる。
2着 ディープスピリッツ 
 2着ディープスピリッツは2番手につけて、展開が味方したとは言え走りは堅実ですから、次走も圏内。
4着 マテラアリオン 
 あと穴っぽいところでは4着のマテラアリオンと5着のドラゴンマジックが面白いと思う。2頭とも展開が向いていないのに、伸びて来てゴールまで脚色は目立っていた。
5着 ドラゴンマジック 
 あと穴っぽいところでは4着のマテラアリオンと5着のドラゴンマジックが面白いと思う。2頭とも展開が向いていないのに、伸びて来てゴールまで脚色は目立っていた。
京都12R 4歳上1000万下 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
9着 ミカエルシチー 通信簿
 1番人気9着だった。これなかなか優秀でしょう。結構競られるとキツいなというのがわかっていたので、今回ハナには行けたが、ちょっとキツい展開になった分失速で、今後も人気が下がった時は狙えるタイプの馬だと思う。
15着 ジュエアトゥー 解説推奨
 映像を見てください。(3・4コーナー中間辺り)前の馬がバテてちょっと下がって来る。バテた馬の後ろに入ってしまって、内枠が災いした感じで、ずっと下がって行ってしまう。結局こういう形になって、開いてからも伸びなかったが、元々そういうタイプではないですから、今回はああいう形になったのが痛かった。しかも休み明け初戦で、道中の走り自体は決して悪くなかったので、まだまだ見直せると思う。距離も次走1400mでも面白いと思うが、1200mの方がより信頼度は高いと思いますし、15着に負けた事でちょっと人気も下がるでしょうから1200m戦出走ならより狙い目となる。

  馬券Summary
ここまで悪くなると…
 これは私の馬券の調子ではなく、先週の日曜の京都の芝コースの事。私が朝、京都競馬場へ向かう時は、ポツポツしか降っていなくて傘がいらなかったが、競馬場に着いた頃から雨脚が強くなって、その後はズッと降り続いて一気に馬場が悪くなった。結局9R以降の馬場差は設定不能となるぐらい降った。そしてその9Rを勝ったのがグローブシアターという馬。実はこの馬、エピファネイアの半弟で、兄は2013年不良馬場の菊花賞を制している。思わずあの時の光景を思い出した。恐らく血統的に道悪がかなり上手なんだと思う。
 そして続く10Rを制したのは先ほどのタイム分析で取り上げたワンダープチュック。これも先ほど言った通りこれで道悪は3戦3勝になった。これは蹄に水かきがついているんじゃないかなと思うぐらい道悪が上手。一方道悪が苦手な馬たちも多く見受けられた。
道悪で力を出せなかった馬
 リストにしたが、9Rではインヴィクタ。10Rでは先ほど取り上げたインビジブルレイズ・レオナルド。さらに12Rはスペードクイーン・ユアスイスイ辺りがホント全くと言って良いほど力を発揮できなかったですから、これらの馬は次走巻き返し可能だと思いますし、名前を覚えておいた方が良いと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26