2018年3回阪神7日目

開催一覧
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9からプラス2秒0への変動、日曜がプラス0秒4からプラス0秒1への変動だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、6日目までは全てマイナス1秒を超える数値だったが、先週は雨の影響で特に土曜の後半は時計が掛かった。
 土曜朝の時点でマイナスの数値ではあるものの、雨の影響が残ってマイナス1秒を切っていた。さらに雨が降り続いて、後半はかなり時計の掛かるコンディションになって行った。日曜は、土曜後半と比べて乾いて、水準方向に戻したが、未明に再び雨が降った事もあって、マイナスの数値にはならなかった。連対馬の脚質を見ると、12鞍の内9鞍で、逃げ・先行馬が絡んでいた。また、絡まなかったレースでも宝塚記念は内を立ち回ったミッキーロケットが1着となった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3からマイナス2秒0への変動、日曜がマイナス1秒8からマイナス1秒0への変動だった。8日間の馬場差を確認すると、良馬場で行われた開催日は水準に近い数値。良馬場以外の開催日は全て馬場差が変動で、特に先週土曜後半からは時計が出やすくなった。
 土曜は雨が降り続いて、後半はかなり時計が出やすくなって行った。特に9R時点が最も脚抜きの良い馬場。日曜は乾いて行って、水準方向に戻したが、それでも1日を通して速い時計の出るコンディションだった。次に連対馬を見ると、土曜は逃げ・先行馬が1頭に対し、日曜は逃げ・先行馬が5頭。土日ともに道悪だが、傾向は異なった。
2018/7/2放送 訂正 先週の放送で土曜阪神のダート1800m対象の馬場差を-0.3からマイナス2秒0への変動と発表したが、正しくはマイナス0秒3から9R時点でマイナス2秒2になり、最終レース時点ではマイナス2秒0への変動だった。お詫びして訂正いたします。


  タイム分析
 2018/06/23 (土)  芝=-0.9 → +2.0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1600 タガノジェロディ    牡2 未勝利 1:36.7 +0.5 -1.1 +0.1 -0.7 C C 4.50
5R T1200 ジャカランダシティ    牡2 新馬 1:10.0 -0.6 -0.1 -0.5 -0.2 B C 5.80
6R T1800 リンフォルツァンド    牝3 未勝利 1:48.5 +0.5 --- +0.5 ±0 D C 4.67
8R T1400 グランドロワ    牡4 500万下 1:23.0 +1.0 --- +0.3 +0.7 D D 9.86
10R T2000 アテンフェスタ    牡5 京橋特別1000 2:04.3 +4.1 -0.8 +1.4 +1.9 SL D 8.80
11R T1800 キョウヘイ    牡4 垂水S1600 1:49.9 +4.2 -0.6 +1.8 +1.8 SL C (6.50)
 2018/06/23 (土)  ダ=-0.3 → -2.2 → -2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1800 メイショウイザナミ    牝3 未勝利・牝 1:55.8 +1.5 --- +1.8 -0.3 E C 7.00
3R D1400 ミトノアミーゴ    牡3 未勝利 1:26.2 +0.3 --- +0.6 -0.3 D D 8.67
4R D2000 タガノボンバー    セ3 未勝利 2:08.1 +0.2 --- +0.8 -0.6 D D 4.60
7R D1200 メイショウコゴミ    牝3 500万下・牝 1:11.3 -1.0 --- ±0 -1.0 C D 3.50
9R D1800 ストーミーバローズ    牡3 豊中特別500 1:50.6 -2.5 --- -0.3 -2.2 C C 6.00
12R D1400 ヨドノビクトリー    牡4 500万下 1:23.9 -1.0 --- +0.6 -1.6 D C 5.67

阪神2R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。
阪神5R 2歳新馬 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。ジャカランダシティが先手を取って直線に入った。2番手のアロゴは勢いが鈍り、変わってピエナアイリス、その外からセプタリアンも上がって行く。そしてセプタリアンが単独2番手に立ち、差を詰めて行くが、ジャカランダシティは並ばせずに逃げ切った。
1着 ジャカランダシティ 
 ジャカランダシティが逃げ切った。ジャカランダシティはハナを切ってマイペースに持ち込んで、そのまま押し切った。父はヨハネスブルグ。前向きでいかにも短距離向きのスピードタイプ。今後は短距離路線で注目したいと思う。
2着 セプタリアン 番組注目馬
 2着のセプタリアンは今年のクイーンCを勝ったテトラドラクマの半弟。速い脚を繰り出せましたし、今後につながる良い内容で2着。自身の完全タイム差はマイナスですから、次走はかなり有力。
3着 ピエナアイリス 
 3着のピエナアイリス、2着から2馬身差で自身のタイムランクはCになるが、直線で内へもたれていなければ、ここまで離されなかったと思う。
4着 エイティーンガール 
 4着のエイティーンガールは3着から2馬身差だが、2戦目の上積みがあればCランク以下の決着であれば、上位圏内を狙えると思う。
阪神9R 豊中特別 注目
1着 ストーミーバローズ 
 ストーミーバローズは前へ行った4頭が直線でしのぎを削る中、外から楽に抜け出した。先行有利の流れを差し切った内容、また降級馬5頭を負かした事から、昇級しても即通用と思う。
2着 タガノアンピール 
 2着のタガノアンピールは降級戦の前走は休み明けで11着だったが、一叩きで一変した。好位の内で上手く脚が溜まった。
3着 カフジナイサー 
 3着のカフジナイサーは休み明けの分、少し反応が鈍かったが、本来は叩き良化型ですから、次走は行きっぷりも良くなるでしょうし、全ての面で違ってくると思う。
4着 ダンサクドゥーロ 
 4着のダンサクドゥーロ、降級馬。早め先頭から押し切れると思ったのかもしれないが、ラスト100mがちょっといばらの道だった。以前からあった事だが、これは少し力んで走った分だろうか。叩いた次走は有力だろう。
4着 ダンサクドゥーロ 解説推奨
 休み明けのせいだろうか、序盤からちょっと気負った走りが目に付く。4コーナー先頭から一旦は突き放しにかかったが、流石にゴール前は甘くなってしまった。今回はちょっと馬が張り切りすぎていたのかなという感じがした。叩いた次走はおおむね落ち着いた良い走りが出来るモノ。もとより、現級を勝っている馬ですし、力は上位ですから次走変わってくれると思う。
5着 ワンダーウマス 
 あと1番人気のワンダーウマスは5着だった。落ち着いた良い逃げが打てたとは言えない。この馬、ゲートを含めて戦法が安定しませんから、降級馬とは言え過信は禁物。
阪神10R 京橋特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く補正しきれずスローの扱いとする。
 このレースは興味深い点が2つあった。まず1・2着馬の父が宝塚記念の優勝馬だったという事。もう一つは逃げ馬と2コーナー最後方の追い込み馬と正反対の脚質で決着した事。
1着 アテンフェスタ 
 1着のアテンフェスタ、これまでダート1200mとダート1400m勝っていましたから、芝2000mの勝利には正直言って驚かされた。けれども父はナカヤマフェスタで、2010年の宝塚記念の勝ち馬。その父はステイゴールド。交わされると止めてしまうので、この距離で逃げた事が勝因の大半だと思うが、血統的には重馬場の芝2000mへの適性があったのではないだろうか。
2着 サラス 
 2着のサラスの父はオルフェーヴルで、2012年の宝塚記念の勝ち馬で、こちらもその父はステイゴールドだった。かなり遅い流れでしたから、4コーナー大外の9番手から2着に追い込んだ決め手は強烈だった。この秋には大きな舞台へ駒を進めているかもしれない。そんな可能性を感じさせた。
4着 インヘリットデール 
 一方1番人気のインヘリットデールは4着だった。この馬については、後で触れる。
4着 インヘリットデール 解説危険
 デビュー以来全て4着以内の堅実派。今回は重馬場をこなせると言うか、むしろプラスに思えたが、そもそもペース自体は遅かったので、今回の4着はちょっとジリっぽい面も露呈した気もしないでもない。過去にこの馬上がり600m33秒台前半を記録した事が2回あるが、1つは新潟で、もう一つは高速馬場の阪神。数字ほど切れるというイメージを私は持っていない。1600万下で3着歴のある実績馬だが、この夏、3歳馬と対戦すれば取りこぼす危険性は高まると判断した。
阪神11R 垂水S タイムSL
 前半・中盤が遅く補正しきれずスローの扱いとする。
阪神12R 3歳上500万下 
6着 ゲキリン 通信簿
 2番人気6着だった。出遅れて早めに追い上げた事が伸びを欠いた原因とすれば、危険馬とした理由が乗り難しさでしたから、的外れとは言えないだろう。今回はまぁまぁ上手く行ったかなという感じ。

  馬券Summary
函館開幕週芝1200mの渋滞
 まず最初に先々週行われた函館スプリントSの直線の攻防をご覧下さい。インコースの馬によく注意して見ていてください。9着のダイアナヘイロー、12着のノボバカラ、14着のジューヌエコールの進路、これが塞がってしまった。こうした光景は今の競馬では日常茶飯事で、この手の不利を受けた馬、もちろん自業自得というケースも多いが、そうした馬を次走以降に狙うという手法は、極めて有効。今の時代ではこれはオーソドックスな狙いだが、復習という意味を兼ねて、注目してください。函館も2週目に入ると、案外芝の1200mもバラけて、外差しも決まり始めたが、やはりこの開幕週、インの渋滞は多かったように思う。そこでちょっとリストを作成してみた。
函館開幕週芝1200mの渋滞
 1日目8R10着バーミーブリーズ・12着ウインヒストリオン・14着ニシノアスカ
 1日目12R10着ロイヤルメジャー・13着ウィズ・15着ショウナンアヴィド
 2日目11R9着ダイアナヘイロー・12着ノボバカラ・14着ジューヌエコール
この辺が直線でちょっと前が塞がっている。この中で初日11Rで10着だったロイヤルメジャーは先週連闘で使って3着に巻き返している。こうしたケースは、他の馬でも十分あり得る訳で、リストに載っている馬はチェックして欲しいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26