2018年3回京都8日目

開催一覧
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜はマイナス0秒6でスタートし終盤は設定不能となった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、7日目の先週土曜まではマイナス1秒台で、東京芝ほどではないものの、速い時計の出る馬場だったが、日曜は雨の影響で時計が掛かって行った。
 私が担当してからずっと天候が恵まれていたが、日曜になってドンと急に来た。まず、土曜はDコースに変わって最初の開催日で、速い時計の出る馬場だった。日曜は朝から雨が降り続いて3R時点で2000m換算の馬場差がマイナス0秒6。その後プラスゾーンに入って、終盤3鞍はかなり水を含んだ馬場になって、タイム比較が意味をなさないレベルになったので、設定不能とした。土曜はコースが変わった影響か、先々週よりも前の馬が活躍していた。日曜は雨の影響で道悪になって行ったためか、前めにつけた馬が優勢だったが、特殊な馬場でしたから、これは参考外と見たい。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がマイナス0秒1でスタートし、マイナス1秒1、そしてマイナス0秒7への変動だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、7日目までは水準かそれに近いレベルで推移していたが、8日目つまり先週日曜はマイナス方向に動いた。
 日曜は雨の影響を受けて1R時点でマイナス0秒1。水準レベルとは言え、この開催で初めてマイナスゾーンになった。その後さらに雨が降り続いて5R時点でマイナス1秒1。ただ、その後は水が浮いて脚抜きの良いコンディションを通り超してしまったから水準方向に結果戻って行った。そのため、11R時点で1800m換算の数値でマイナス0秒7。ただ、いずれにしても日曜後半は速い時計の出るレベルだった。良馬場だった土曜は脚質傾向に目立った偏りはなかったが、雨が降り続いた日曜は好位からの差し馬が幅を利かせていた。


  タイム分析
 2018/05/13 (日)  芝=-0.6 → 設定不可  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1400 メジェールスー    牝3 未勝利・牝 1:23.3 +0.8 -0.3 +0.9 -0.4 SL D 7.54
4R T1800 ブルービューティ    牝3 未勝利 1:50.7 +2.3 -0.4 +2.2 -0.3 SL D 7.44
6R T1600 サウンドキアラ    牝3 500万下・牝 1:37.2 +2.7 -0.4 +2.1 +0.2 SL D 8.67
9R T2400 グローブシアター    牡4 白川特別1000 2:36.9 +10.8 -1.0 --- --- - D 6.43
10R T1600 ワンダープチュック    牡4 錦SH1600 1:38.3 +5.0 --- --- --- - D 7.67
12R T1200 クラウンルシフェル    牡7 1000万下 1:12.2 +3.5 --- --- --- - D 8.45
 2018/05/13 (日)  ダ=-0.1 → -1.1 → -0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 メイショウバルコラ    牡3 未勝利 1:13.6 +0.9 --- +1.0 -0.1 E C 8.78
2R D1800 ショウナンマリブ    牡3 未勝利 1:54.6 +0.7 --- +1.0 -0.3 E D 6.18
5R D1800 ベストマイウェイ    牡3 500万下 1:51.3 -1.7 --- -0.6 -1.1 B D 8.00
7R D1400 メイショウヴォルガ    牡4 500万下 1:24.2 -0.3 --- +0.4 -0.7 D D 7.55
8R D1800 マイネルブロッケン    牡4 500万下 1:51.4 -1.2 --- -0.3 -0.9 C D 9.22
11R D1400 ウインムート    牡5 栗東SH 1:22.7 +0.1 --- +0.6 -0.5 D D 7.73

京都1R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
京都2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
2着 シンハラージャ 解説危険
 今回この馬初めてのダート戦だった。道中は良い手応えで運んで、4コーナーを回るとスッと外に持ち出せたが、追ってからはここからジリジリ。芝で見せる詰めの甘さを補うためにダートに出走して来たが、あと一伸びを欠いた点は芝の時と同じだった。この馬オークス馬シンハライトの半弟という事で、次走も人気は確実。でも少しこう危うさはあるかなという事で、ガチで危険馬として選んだ。
京都3R 3歳未勝利・牝 タイムSL
 前半・中盤が遅く補正しきれずスローの扱いとする。
京都4R 3歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く補正しきれずスローの扱いとする。
京都5R 3歳500万下 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。ベストマイウェイがダートに戻って一変した。
1着 ベストマイウェイ 
 ベストマイウェイは後方のインを追走していたが、終始反応が悪くて早々にステッキが入っていた。それでも3・4コーナーで外めに持ち出すと、加速がついて最後まで長く良い脚を使って抜け出した。鮮やかな勝ちっぷりでしたし、確かに時計も速いが道中見せたズブさは気になる。まだ信頼までは置けないと思う。
2着 サンライズセナ 
 2着サンライズセナは序盤から口を割って行きたがる仕草を見せていた。それでも何とか折り合って、4コーナー回ると上手くスペースを見つけてしっかりと脚を使った。引っかかりながらも粘った点は評価できますし、次も1にも2にも折り合い面が鍵になる。
3着 トワイライトタイム 
 3着トワイライトタイムは外枠だった事もあって、先行争いには加わらず、控える競馬を試みたが、向正面で先頭に並びかけて、なし崩しに脚を使う形になった。その分踏ん張れなかった感じがしますし、決して力負けではない。見直しが必要。
8着 クリノアスコット 
 3番人気のクリノアスコットは8着だった。こちらはハナに立ったが、向正面で他馬に絡まれて息を入れる事ができなかった。もう少し楽に運べていれば、着順は上がっていたと思う。
京都6R 3歳500万下・牝 タイムSL
 前半・中盤が遅く補正しきれずスローの扱いとする。
京都8R 4歳上500万下 注目
 上位と下位の実力差が大きく、メンバーランクはDとしたが、結果的に1・2・3着は人気通りの決着になった。強かった勝ち馬と2・3着馬もそれぞれ見所があったので、ここで取り上げておく。
1着 マイネルブロッケン 
 勝ったマイネルブロッケンは少し仕掛けて前めに取り付いて、4コーナーを回ると早々に先頭に立って、そのまま後続を突き放した。以前不良馬場のレースで6着に敗れた事があるので、その点がどうかと思ったが、特に問題はなかった。この馬番組注目馬だったが、その重責によく耐えてくれたと思う。レースぶりに幅が出て速い時計にも対応できるようになっているだけに、クラスが上がっても大きく崩れる事はなさそう。仮にクラス再編成後、同じ500万下に出てくればかなりの信頼度。
2着 キングサムソン 
 2着キングサムソンは道中泥を被って頭の高い走りになったが、直線に向くと外からしっかりと伸びて来た。勝ち馬には離されたものの、どんな形になっても崩れない点は評価できますし、次走も上位争いになる。
3着 マイアフェクション 
 そして3着マイアフェクションは勝ち馬に交わされた後も、バッタリとは止まる事なく踏ん張った。前走から距離を伸ばした事で、先行できるようになって競馬内容は良化していますから、次走も有望。
京都10R 錦S 注目
 降り続いた雨の影響によって、馬場差は設定不能だった。結果道悪で笑った馬と逆に泣いた馬がいたので、ここで取り上げておく。
1着 ワンダープチュック 
 勝ったワンダープチュックは後方待機策から徐々に進出して、直線に向くとソーグリッタリングと併せ馬の形に持ち込んで、一旦相手に前に出られる形になったが、ゴール手前で差し返した。これで実は道悪は3戦3勝。確かに良馬場でも走る馬だが、道悪は鬼の部類だと思う。こちらは道悪で笑った口になる。
2着 ソーグリッタリング 
 2着ソーグリッタリングは残り200mの地点で一瞬先頭に立つ場面を作った。結果最後は差し返されたが、見せ場十分の2着だった。ジョッキーの話ではソラを使ったという事なので、決して力負けではないと思う。
3着 モアナ 
 3着モアナは2番手で行きっぷり良く運んで、逃げたブランドベルグは捕らえた。結果上位2頭には一気に交わされたが、内容は悪くなかったですし、現級に目処の立つ内容だった。
9着 インビジブルレイズ 
 一方3番人気インビジブルレイズは9着、1番人気レオナルドは10着に終わった。これら2頭はもうホント道悪に泣いた口。インビジブルレイズは内に刺さる面を見せたとは言え、それ以上に馬場を気にしていた。こちらは参考外の一戦。
10着 レオナルド 
 一方3番人気インビジブルレイズは9着、1番人気レオナルドは10着に終わった。これら2頭はもうホント道悪に泣いた口。10着だったレオナルドも同様に3コーナー辺りで手応えが悪くなって、4コーナー手前では早々に後退した。休み明けが堪えたと言うよりは、明らかに馬場を気にしていましたし、こちらも全く能力を発揮していないですから、次走見直しが必要。

  馬券Summary
ここまで悪くなると…
 これは私の馬券の調子ではなく、先週の日曜の京都の芝コースの事。私が朝、京都競馬場へ向かう時は、ポツポツしか降っていなくて傘がいらなかったが、競馬場に着いた頃から雨脚が強くなって、その後はズッと降り続いて一気に馬場が悪くなった。結局9R以降の馬場差は設定不能となるぐらい降った。そしてその9Rを勝ったのがグローブシアターという馬。実はこの馬、エピファネイアの半弟で、兄は2013年不良馬場の菊花賞を制している。思わずあの時の光景を思い出した。恐らく血統的に道悪がかなり上手なんだと思う。
 そして続く10Rを制したのは先ほどのタイム分析で取り上げたワンダープチュック。これも先ほど言った通りこれで道悪は3戦3勝になった。これは蹄に水かきがついているんじゃないかなと思うぐらい道悪が上手。一方道悪が苦手な馬たちも多く見受けられた。
道悪で力を出せなかった馬
 リストにしたが、9Rではインヴィクタ。10Rでは先ほど取り上げたインビジブルレイズ・レオナルド。さらに12Rはスペードクイーン・ユアスイスイ辺りがホント全くと言って良いほど力を発揮できなかったですから、これらの馬は次走巻き返し可能だと思いますし、名前を覚えておいた方が良いと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26