2018年3回中山3日目

開催一覧
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒0だった。まずはさかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、水準レベルの数値の開催日が多くあったが、先週は一転して速い時計の出るコンディションとなった。
 先週の芝は今年の関東の開催では初めてマイナス1秒台の馬場差となった。快晴が続いて、気温が穏やか。芝の生育が進んで、内の傷んだ部分がカバーされるBコース替わり。時計は予想通り速くなり、前開催から6週目にしてマイナス1秒台に乗った。馬場差は土日同じ数値。内を通る馬が巻き返した来たのも当然の事だが、それでも外の差し・追い込みが決まっていて、その意味では公平に近くなったとも言える。残り2週もBコース使用。良馬場ならさらに時計の出方が速くなる可能性も考えられるが、脚質やコース取りの傾向は変わらないと思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒5、日曜がプラス0秒6。1200m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒1からプラス0秒5への変動だった。さかのぼって、8日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響の有無によって時計の出方は異なり、前の開催最終週や先週は良馬場で1800mはプラス0秒5・プラス0秒6と言った数値になっている。
 中間、雨が降らなかった事から砂が乾燥していた。土曜・日曜とも水準より時計の掛かる馬場コンディション。1800mの数値は同じく完全良馬場の前開催の最終週と同じだった。1200mは土曜が水準、日曜もほぼ水準寄りだったが、午後は向正面が向かい風の影響があって、前半のペースが上がらなかった12Rは前半の2レースよりも時計を要していた。1800mで3頭、1200mで2頭、後方にいた馬が連対している。砂が乾燥気味なのが影響していると思う。


  タイム分析
 2018/03/31 (土)  芝=-1.0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 ユウセイフラッシュ    牡3 未勝利 2:02.7 -0.2 -0.5 +0.3 -1.0 C D
9R T2200 レイエスプランドル    牡3 山吹賞500 2:13.8 -1.3 -0.6 -0.8 -1.1 B C
10R T1200 イノバティブ    牡4 千葉日報1000 1:08.6 -0.2 --- +0.4 -0.6 D C
11R T1600 ヒーズインラブ    牡5 ダービーHG3 1:32.2 -0.9 --- -0.1 -0.8 C C
 2018/03/31 (土)  ダ=+0.5 / 1200m=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 マローネメタリコ    牝3 未勝利・牝 1:12.8 -0.1 --- -0.1 ±0 C D
2R D1800 トップホライゾン    牡3 未勝利 1:56.0 +0.3 --- -0.2 +0.5 C D
3R D1200 カタナ    牡3 未勝利 1:12.7 -0.2 --- -0.2 ±0 C D
4R D1800 ネオダラス    牡3 未勝利 1:57.0 +1.3 --- +0.8 +0.5 D E
6R D1200 クレヴァーパッチ    牡3 500万下 1:12.0 -0.2 --- -0.2 ±0 C C
7R D1800 ベラポーサ    牝5 500万下 1:55.0 +1.0 -0.6 -0.1 +0.5 C E
8R D1200 グランティエラ    牡4 500万下 1:12.6 +0.7 --- +0.7 ±0 D D
12R D2400 デジタルフラッシュ    牡7 1000万下 2:36.2 +1.2 --- +0.5 +0.7 D C
中山9R 山吹賞 タイムB
 このレースの勝ちタイムは当開催3歳500万下の基準タイムより、1秒3速く、2200m対象の馬場差がマイナス1秒1となる事を踏まえると -1.3-(-1.1)=-0.2 となる。しかし、ペース補正が0秒6入るため、 -0.2-0.6=-0.8 で基準より0秒8速い勝ちタイムとなる。ダブルフラットが先手を取って、緩やかなペースで進んで行ったが、レイエスプランドルが2番手から先頭に並んで行って、直線に入って行った。2頭の争いはゴールまで続き、外のレイエスプランドルがハナ差で競り勝っている。2着にはダブルフラットから0秒3差でジェシーが3着入線。
1着 レイエスプランドル 
 レイエスプランドルは未勝利戦、500万下を連勝。その1着レイエスプランドル、4戦目の未勝利勝ちだったが2走前の2着がドレークとクビ差。そのドレークが、ゆりかもめ賞でブラストワンピースの2着でしたから、通用の下地はあった。経験を積んで器用さを身につけましたし、直線で競り勝った辺り、勝負強さも出てきた。ハービンジャー産駒、次走が京都新聞杯辺りでも印の周る範囲には考えたいと思う。
2着 ダブルフラット 番組注目馬
 1番人気ダブルフラットは2着だったが、勝ち馬とは同タイムハナ差だった。惜しい2着だった。2着のダブルフラット、逃げてしぶとかったと思う。姉のプロレタリアトはハーツクライ産駒で、長距離で活躍したが、こちらはマンハッタンカフェの牡馬でスケールが大きいと思う。2000m以上の500万下では首位候補。
3着 ジェシー 
 3着のジェシー、0秒3差でこの馬までがBランク。昇級戦の前走、梅花賞は5着だったが2400mが若干長いようだった。200m短縮して着順を上げた事になる。距離は2000mでも良いと思う。
4着 マイネルキラメキ 
 4着以下は差し馬が台頭したが、4着のマイネルキラメキ・5着アイスバブルでも上がり推定が上位3頭に劣るんですから、離されるのも当然でした。
5着 アイスバブル 
 4着以下は差し馬が台頭したが、4着のマイネルキラメキ・5着アイスバブルでも上がり推定が上位3頭に劣るんですから、離されるのも当然でした。
中山11R ダービー郷CT 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。予想通りマルターズアポジーが先手を取って4コーナーに入って行った。そのマルターズアポジーのペースは1000m通過57秒4のハイペースだった。好発から一旦3番手に下げて、折り合ったキャンベルジュニアが直線インから抜け出したが、中団の内で機をうかがっていたヒーズインラブが狭いところを割って前キャンベルジュニアを交わしていく。中団から外を追い込んで来たのはストーミーシー。この馬が前2頭に次ぐ3着に上がった所がゴールだった。
1着 ヒーズインラブ 
 ヒーズインラブが重賞挑戦初めてで重賞初制覇。1着ヒーズインラブ、前走の1600万下勝ちも内からの差し切りだった。馬群にひるまないのが強み。これで中山芝1600mは3勝。これまでにも1分32秒5の持ち時計があって、55キロのハンデも手頃だったと思う。
2着 キャンベルジュニア 
 キャンベルジュニアだが、昨年に続いてこのレース2着となった。2着キャンベルジュニア、2年連続の2着。内枠を活かした鞍上の好騎乗も大きかったが、ハイペースを好位から抜け出したんですから、中身は濃いと思う。昨年と同じローテーションなら、次は京王杯SCになるが、良馬場ならかなりやれる気がする。
3着 ストーミーシー 
 3着ストーミーシー、外枠から外外を回って長く脚を使えていた。これまではスローの追い込み馬といった印象があったが、今回ハイペースでも差して来られたのは収穫だと思う。
5着 グレーターロンドン 
 5着グレーターロンドン、東京新聞杯が前に行って失速したので今回は本来の待機策だった。ただ、流れが速い割に馬群が密集して、その最内を狙ったが狭くて満足に追えなかった。中間、調教量を増やして状態を持ち直している印象がある。少しずつ復調気配にあると思う。
7着 レッドアンシェル 
 7着がレッドアンシェル。内枠から好位、前は開いていましたし、不利もなかったがこのぐらい時計が速くなると脚が溜まらない。そんな気がする。

  馬券Summary
JRA再転入馬の狙い方
 前開催の2回中山ではJRAで未勝利のまま、地方に移籍して特定の勝ち鞍、規定では2歳馬と3歳馬は2勝、4歳以上は3勝というのがあるが、これを挙げてJRAに復帰する所謂再転入馬が500万下で4勝挙げていた。今回はこれらを検証するとともに、こういった馬を狙えるコツを探ってみたいと考える。
 6日目8Rのダート1800m戦を快勝した、エンパイアステートは転入2戦目だった。調教の動きが良くて、初戦の東京戦は2番人気だったが、不良馬場の高速決着という事で、タイムランクBの一戦。これに戸惑って11着だった。これまでと勝手が違ったという事。しかし、中山での次走はパワーを要する条件に替わって一変した。地方に転出する前は、2着3回3着1回。500万下なら通用する存在だった。
 次に7日目7Rのダート2400mを差し切ったワンダーラジャ。転入初戦の小倉戦で2着。当時が自身Cランクだった。今回はEランクという事だったので、相手に恵まれての順当勝ちだが、それでも3番人気。馬券の旨みはあった。この馬も地方転出前はデビュー7戦目以降2着4回3着4回と8走続けて馬券の対象になっていた馬。十分500万で通用する能力を秘めていた。
 同じ7日目12Rのダート1200m戦は転入初戦と2戦目の馬が2頭ずついた。中でも転入初戦のケンユキノオーは、4番人気で単勝オッズが9.8倍。そこそこ売れていたが、結果は6着に終わった。一方転入2戦目で逃げ切ったのはマッジョネラ。地方転出前に中山ダート1200mのスーパー未勝利を自身Cランク相当で2着していた。この時ケンユキノオーは4着と、ケンユキノオーにはマッジョネラは先着していた。しかし今回は、マッジョネラは13番人気。単勝79.9倍とケンユキノオーと比較すれば妙味大だったと思う。転入初戦の東京1400m戦は14着だったが、実績のある条件、中山ダート1200mに替わって激変は可能だったと思う。
 4頭目は芝のレースから、8日目8Rの芝2000mを完勝したのは転入初戦のスパイラルダイブ。ルメール騎手とあって、2番人気だったが、以前JRAに在籍した期間を見ると、新馬戦のハナ差2着を含めて5戦中2着が3回。これも現状の500万下なら能力上位の存在だった。

 転入馬を狙うには、まず中央未勝利時代の成績を調べる事。通用する裏付けがあったら、転入初戦で負けても1・2回は追ってみるという事が良いと思う。調教で動いているなど、買われる要素が加わればさらに良いと思う。この時期まで来ると500万下は全体的に層が薄くなって、ローカル開催もあって、有力馬が分散しやすい。転入馬の活躍する余地は拡大していると思う。ちなみに3/25の中京6R、ダート1400mの4歳上500万下では転入初戦のシャープシューターが1着。この馬についても、当てはまる。以前のJRA在籍時は、4走全て馬券圏内に入っていた。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai