2018年2回中京1日目

開催一覧
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒9からプラス0秒5への変動、日曜がプラス0秒3だった。
 木曜から金曜朝にかけての雨が残って、土曜の朝は重馬場だったが、芝のレースが始まる昼からは稍重。そこからも徐々に乾いたので、馬場差は変動で、5Rがプラス0秒9そこから徐々に水準方向に動いて、11Rがプラス0秒5だった。日曜も終日稍重で、これはどんどん乾いたという馬場ではなかったので、馬場差は一定。土曜の最後よりもさらに水準方向に動いてプラス0秒3だった。1月の開催がBコースで、今開催は2週目までがAコース。そして最終週の3週目だけがBコースとなる。先週は仮柵外しの馬場だったが、特に内有利でもなかった。中京は内に馬が固まって窮屈になりやすいので、仮柵外しの馬場でも極端に内有利にはなりにくい。また、先週雨の影響を受けたので、Aコースに変わってどの程度時計が出やすくなったのかも、わからなかった。今週以降の馬場を読むのは難しい。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒4からマイナス0秒8への変動、日曜がマイナス0秒6だった。
 木曜から金曜にかけての雨が残って、土曜は重馬場でスタートし、8R以降は稍重だった。徐々に乾いているので、馬場差は変動で1Rと2Rがマイナス1秒4、水準方向に動いて12Rはマイナス0秒8。日曜は終日稍重で、馬場差も一定。土曜の最後よりさらに水準方向に動いてマイナス0秒6だった。土曜の前半と日曜では1秒近く違うが、土日とも速い時計が出るコンディションだった。


  タイム分析
 2018/03/10 (土)  芝=+0.9 → +0.5  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 カーサデルシエロ    牝3 未勝利 1:36.7 +0.9 --- +0.2 +0.7 C D
7R T2000 ブラックジェイド    牡4 500万下 2:00.9 -0.1 --- -0.9 +0.8 A C
9R T1200 ロックオン    牡5 500万下 1:10.0 +0.9 --- +0.5 +0.4 D D
10R T1600 ミュージアムヒル    牝3 フローラ500 1:35.6 +0.5 -0.3 -0.3 +0.5 C C
11R T1400 スターオブペルシャ    セ5 トリトH1600 1:21.7 +1.2 --- +0.8 +0.4 E C
 2018/03/10 (土)  ダ=-1.4 → -0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 メイショウキタグニ    牡3 未勝利 1:12.1 -1.3 --- -0.4 -0.9 B D
2R D1800 スターリングブルス    牝3 未勝利・牝 1:55.6 +0.6 --- +2.0 -1.4 E D
3R D1400 タラニス    牡3 未勝利・若 1:26.1 -0.2 --- +0.8 -1.0 E D
4R D1900 サトノエメラルド    牡3 未勝利 2:01.1 -1.0 --- +0.3 -1.3 C D
6R D1900 ヒルノアトラーニ    牡4 500万下 2:00.9 +0.4 --- +1.6 -1.2 E C
8R D1400 レイダー    牡4 500万下 1:24.3 -0.8 --- ±0 -0.8 C D
  
12R D1800 マジカルスペル    牡4 瀬戸特別1000 1:51.4 -1.4 --- -0.6 -0.8 B C

中京1R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。メイショウキタグニが1秒5差をつけて逃げ切った。
1着 メイショウキタグニ 
 メイショウキタグニが相手に恵まれたという事もあって圧勝した。ただ、同じだけ走れば500万でも通用するという程のタイムではありませんし、大幅なタイム短縮を見込めるような余裕もなかった。圧勝してなおかつ優秀なタイムであるという事は確かだが、圧勝したというだけで500万で人気になるようだと危なっかしいかなと思う。
2着 ペイシャオブライフ 
 9馬身差の2着ペイシャオブライフはもうEランク相当のタイムで、よほど相手に恵まれないと次走は厳しい。ただし3秒4も差があった前走よりは前進していて、3キロ減の効果があったのだと思われる。
中京2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。
中京3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
中京6R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
中京7R 4歳上500万下 タイムA
 基準より0秒9速い勝ちタイムだった。ブラックジェイドが内枠から先手を取って直線に入って行った。2番手にいたピースマインドは離されて行き、替わって外からクリデュクール・キャリアベストが併せて上がって行く。しかし、ブラックジェイドは8馬身差をつけて楽々と逃げ切り勝ち。2着争い、内のクリデュクールがハナ差先着。
1着 ブラックジェイド 
 ブラックジェイドが6走ぶりの芝で圧勝。この逃げ切ったブラックジェイドのラップは前半1000mが60秒4で、後半1000mが60秒5。中京芝2000mは前半がズーッと上り坂なので、前後半がほぼ同じラップという事はハイペースに近い。つまり、ブラックジェイドは遅くないペースで行って逃げ切り、なおかつ8馬身差もつけた訳で、このレース単体で言えば強い内容。そしてタイムも優秀。ただし、この馬はかつては芝では切れ負けしていた馬。稍重の時計の掛かる馬場で、ハイペースの逃げというのはその弱点を出さない戦法であり、それがハマった圧勝でもある。とは言え、タイムは優秀なので、1000万でもこういう強気の逃げを打てば好走する可能性はある。変な言い方かもしれないが、この馬は競馬をせずにタイムトライアルをやってしまえば、強い。そういう競馬ができるかどうか。
中京11R トリトンS タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
中京12R 瀬戸特別 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。マジカルスペルが昇級3走目で勝ち上がった。
1着 マジカルスペル 勝ち馬注目
 2・3番手の外で砂を被らずに進めたマジカルスペルが直線で力強く伸びた。キクノルアを差した後に突き放せなかったが、これは相手を褒めるべきだと思う。これでダートでは7戦3勝2着1回となったが、3着以下の3回は初めて砂を被る展開になった時が1回。その他2100mが2回。2100mは明らかに長いが、昇級しても1800mなら上位可能だろう。まだ砂を被った時の不安はあるが、持っている能力は相当のモノだと思いますし、砂を被らない展開に持ち込めるだけの先行力がある。
2着 キクノルア 番組注目馬
 キクノルアが後続に7馬身以上の差をつけての2着だった。キクノルアもBランク相当のタイムで、マジカルスペルに交わされてからも離されず食い下がっていた内容も良い。これで3連続2着ですから、次走1番人気でしょうけども、信頼度はかなり高いと思う。

  馬券Summary
3月・4月の3歳未勝利戦
 恐ろしく地味なテーマだが、3月・4月の3歳未勝利戦における種牡馬成績を取り上げる。
3月・4月の3歳未勝利戦
 まず2013年から2017年の5年間、3月・4月の3歳未勝利戦で産駒が20勝以上している種牡馬の一覧表をご覧下さい。この上位の方は普通のリーディングサイアーランキングと同じだが、ところどころ普通のサイアーランキングよりも上に来ている種牡馬がいる。そこで2013年から2017年の5年間の全勝利数の中で3月・4月の3歳未勝利戦の勝利数の割合が高い種牡馬を抜き出すと、トップスリーはエンパイアメーカー・サウスヴィグラス・シンボリクリスエスとなる。この3頭の種牡馬のランキングには2つ意味があり、まず、これらの種牡馬はダートの勝ち鞍が多い。そして早熟ではない産駒が多い。ダート向きの種牡馬の産駒がこの時期に多く初勝利を挙げるのは、単純にダートの3歳未勝利戦が多いからだが、早熟ではない産駒が多い事は重要。初勝利が遅いと、軽視されがちだが、成長力があって、遅い初勝利からどんどん勝ち上がって行く馬が結構いる。エンパイアメーカーに関しては、昨年の春にも晩成種牡馬という事で取り上げたが、サウスヴィグラスやシンボリクリスエスも同じタイプなので、初勝利が遅くても出世する可能性がある。ただ、サウスヴィグラスは先日残念ながら死亡してしまいましたし、シンボリクリスエスももう高齢。直接の役には立たないかもしれないが、こういう視点で種牡馬の成績成績を追うというのも効果がある。この視点からの注目は、現3歳世代が初年度産駒となるオルフェーヴルとエイシンフラッシュで、どちらも初勝利が遅い産駒が多いという気配をプンプン漂わせている。ロードカナロア産駒がガンガン勝っているのに対して、これら2頭の産駒は勝ち上がり率が今のところ高くなくて、期待外れ感もあったが、どちらも2月辺りから勝ち上がる馬が増えてきた。この初勝利の分布がこのようになる種牡馬は遅い勝ち上がりから、一気に連勝したり、高齢まで活躍する産駒を出す事が多いので、注目しましょう。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai