2018年3回中京4日目

開催一覧
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒5だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開幕週がマイナス2秒0、マイナス1秒9だったのに対し先週はプラスゾーンになった。
 先週は雨の影響を強く受けて土曜時点で開幕週と比べて2秒以上時計が掛かっていた。さらに夜の雨で日曜はさらに時計が掛かった。連対馬の脚質については、好位勢が多めだったが、前に行った馬控えた馬ともに不振だった訳ではない。今週からの後半2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒9、日曜がマイナス3秒2だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で、開幕週が土日ともにマイナス1秒3、先週はマイナス3秒前後の数値となった。
 良馬場の開幕週でもマイナス1秒3だったが、先週は雨の影響でかなり脚抜きが良くなり、超のつく高速馬場となった。土曜マイナス2秒9、土曜夜の雨で日曜は一層速い時計の出る馬場になった。連対馬の位置取りについては、目立った偏りはなかった。


  タイム分析
 2018/07/08 (日)  芝=+0.5  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1600 マイネルフラップ    牡2 未勝利 1:37.8 +1.5 --- +1.1 +0.4 E D --
2R T1400 アプルーヴァル    牡3 未勝利 1:22.4 +0.2 --- -0.2 +0.4 C C --
5R T2000 カテドラル    牡2 新馬 2:06.1 +2.9 -1.3 +1.1 +0.5 SL C --
8R T2200 ヴァントシルム    牡4 500万下 2:14.4 +0.7 --- +0.1 +0.6 C B (4.00)
9R T1400 プリュス    牝3 清洲特別500 1:22.1 +0.6 --- +0.2 +0.4 C C (2.00)
10R T1600 インディチャンプ    牡3 有松特H1000 1:34.2 ±0 --- -0.4 +0.4 B C --
 2018/07/08 (日)  ダ=-3.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1800 タガノブディーノ    牝3 未勝利・牝 1:52.6 -2.2 --- +1.0 -3.2 E D --
6R D1400 キタノナシラ    セ3 未勝利 1:23.3 -2.8 --- -0.3 -2.5 B D --
7R D1400 マコトモンジョワ    牝3 500万下・牝 1:22.1 -3.0 --- -0.5 -2.5 B C --
11R D1400 マテラスカイ    牡4 プロキオG3 1:20.3 -2.7 --- -0.2 -2.5 C C --
12R D1800 クリノフウジン    牡4 500万下 1:50.6 -3.0 --- +0.2 -3.2 C C --

中京1R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
中京5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。400m通過から13秒台のラップが4回続いて、1000m通過は1分5秒5。1200m通過は1分18秒7とペース補正が1秒3入ったが、補正しきれずタイムランクSLとなった。
1着 カテドラル 
 勝ったカテドラルはこのスローペースの3番手のインで、ピッタリと折り合い、直線もアッサリ抜け出すと、上がり600m34秒3の最速上がりをマークして押し切った。血統的には半兄にエルムSを勝つなど、ダートで活躍したジェベルムーサ(父アグネスタキオン)がいる。しかし、この馬は父がハーツクライに変わって、芝で活躍するタイプではないだろうか。半兄アルカサルは父ドリームジャーニーだが、芝の長距離で活躍しており、2000mの新馬戦を勝ったカテドラル、クラシック戦線へ行く可能性もあるだろう。いずれにせよ、今後が楽しみ。
2着 トーセンカンビーナ 
 2着から4着のトーセンカンビーナ・ブラヴァス・ダノンチェイサーはいずれもかなりの良血。メンバー次第だが、次走でアッサリ勝ち上がる可能性もあるだろう。今回は道悪適性が問われた可能性もあって、次走パンパンの良馬場ならさらに注意が必要だろう。
3着 ブラヴァス 
 2着から4着のトーセンカンビーナ・ブラヴァス・ダノンチェイサーはいずれもかなりの良血。メンバー次第だが、次走でアッサリ勝ち上がる可能性もあるだろう。今回は道悪適性が問われた可能性もあって、次走パンパンの良馬場ならさらに注意が必要だろう。
4着 ダノンチェイサー 
 2着から4着のトーセンカンビーナ・ブラヴァス・ダノンチェイサーはいずれもかなりの良血。メンバー次第だが、次走でアッサリ勝ち上がる可能性もあるだろう。今回は道悪適性が問われた可能性もあって、次走パンパンの良馬場ならさらに注意が必要だろう。
中京6R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。キタノナシラが9戦目で勝ち上がった。
1着 キタノナシラ 
 キタノナシラは昨年6月函館の新馬戦で気性難から放馬して、それでも2着した程の馬。気性難を矯正するために、去勢して7ヶ月半ぶりに、4月に復帰。5戦連続して掲示板に載って、今回ようやく勝った。タイムランクBですし、強いレースを見せたが、今回は不良馬場だった。次走いきなり上のクラスで通用するかは何とも言えない。クラス慣れは必要かもしれない。
2着 シンゼンアイル 
 2着シンゼンアイルは何と8番人気だったが、牝馬限定戦とは言え前々走前に行って0秒5差3着と好走している。3Rでも逃げた6番人気馬が2着していて、この日の馬場を考えると絶好の狙い目と言えたかもしれない。減量騎手器用で、テンのスピードが活かせたのも良かった。次走注目。
5着 インノータイム 
 3着以下は離されたので狙いは立ちにくいが、5着だったインノータイムは強調しておきたい。今回が初めてのダートで、最内枠を引いて中団にしか行けなかったが、4コーナー手前では手応え十分だった。しかし、直線に入ってすぐ進路がなくなって、数秒間追えなくなる大きな不利があった。その後の脚色を見ても、普通なら3着は十分あったのではないだろうか。馬体が小さいので、力のいる良馬場ダートでどうか?という問題はあるだろうが、しばらく追い掛けてみたい馬。
中京7R 3歳上500万下・牝 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 マコトモンジョワ 
 マコトモンジョワは前走7着からの変わり身を見せた。1番人気のモンテルースが逃げたが、600m通過33秒6のハイペースで流石に残り200mでは一杯になってしまった。3番手からマコトモンジョワが早めに進出して、抜け出したというレース。昨年11月にデビューして6戦目で初勝利を挙げたが、昇級戦でいきなり2着するなどクラスの壁を感じさせない堅実さがある馬。今回牝馬限定戦だが、牡馬混合戦でも2着していますし、上のクラスでもいずれ勝ち負けできるのではないだろうか。
2着 タガノアム 
 2着タガノアムの末脚には驚いた。控えると凄い脚を使う馬だが、ここ2戦は道悪で脚抜きが良くて、差し脚を活かしやすい馬場だった事は考慮すべきだろう。良馬場で人気ならあんまり買いたくない馬かなという感じはする。
5着 モンテルース 
 5着モンテルースは展開に泣かされた。確かに時計が出る馬場ではあったが、ペースが速すぎてまた早めに競りかけられたのも影響したんではないだろうか。今のこの馬なら1200m以下の方が良いのかもしれない。
中京10R 有松特別 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 インディチャンプ 
 番組注目馬インディチャンプが降級2走目で順当に勝ち上がった。前半から緩みのないペース。クリアザトラックら前につけていた馬たちが抜け出すところを、先行集団の後ろにいたインディチャンプが外を回して、一気に差し切り。断然人気に応えた。毎日杯3着・アーリントンC4着の実績がある3歳馬で、ただ、前走負けているためハンデ54キロとハンデにも恵まれた。1000万下は古馬も結構強いが、流石にこの馬の敵ではなかったと言えるだろう。単勝1.5倍が示すように順当な勝利。この馬の場合、ここまで使った距離からも菊花賞は目指さないんじゃないですかね。準OPを勝ってマイルから2000mの重賞を目指すんだろうか。上のクラスでも十分通用する能力の持ち主で、秋が楽しみ。
2着 クリアザトラック 
 2着以下は勝ち馬から2馬身以上離された。2着クリアザトラックは、降級2戦目で結果を出した。この馬も1000万下にいる馬ではなく、勝ち上がりも近いだろう。しかし、体質に問題があるのか2戦続けて好走した経験がなく、1年以上勝ち星に見放されていて、勝ち味には遅い。このあたりを克服できるかどうかだろう。
2着 クリアザトラック 通信簿
 3番人気2着だった。番組推奨馬が勝って、次走危険馬が2着。皮肉な結末でした。レースをしづらい面があると川田騎手がコメントしているが、このレースのしづらさが危険馬の理由でもあったので、考え方は間違っていなかったと思っている。
4着 エアシーラン 
 惜しかったのは4着のエアシーランだが、この馬については後ほど触れる。
4着 エアシーラン 解説推奨
 前に行った。ハンデ戦なら大きく注目したいと思う。この馬実はハンデ戦に強くて3走前の隅田川特別で同じ51キロで3着に入っている。にも関わらず単勝251倍のブービー人気。レースでも直線一旦は完全に3着と思わせる脚色だった。非常に惜しいクビ差4着だった。ゴール寸前で交わされた。今後定量戦ではダメでもハンデ戦に出てくれば、追いかけたいと思う。
中京11R プロキオンS 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。マテラスカイが先手を取って4コーナー。1分20秒3と言うと凄いレコードだが、ダートの馬場差はなんとマイナス3.2秒の超高速馬場。見た目のタイムに誤魔化されてはいけないと言う事だと思う。タイムランクはBに近いC。もちろん、勝ったマテラスカイは褒め称えられるべきだが、4馬身離された2着以下はそれほどではないのかなという感じがする。
1着 マテラスカイ 
 圧勝だった。マテラスカイが逃げ切ってレコードで重賞初制覇を飾った。超高速馬場とは言え、600m33秒5で逃げてその後も11秒台のラップを連発して、1200m通過は何と1分7秒5ですから、後続はついて行けない。最後の200m12秒8掛かったが、もうその時にはレースは終わっていたという感じだった。1400mでこのレースができたのは収穫で、今後が本当に楽しみになった。
2着 インカンテーション 
 2着には外から追い込んだインカンテーションだった。距離短縮で、不良馬場だったがこれを問題にせずに2着した。古豪健在と、これを印象づけた。距離のバリエーションが出たのは良い傾向で、今後にいろんな良い感じが出たのではないだろうか。
3着 ウインムート 
 3着争いでは内のウインムートが先着した。ウインムートはこのハイペースを2番手追走しながら、それほどバテなかった。これはもう明らかに力をつけている印象。
5着 ブラゾンドゥリス 
 5着ブラゾンドゥリスだが、何と10番人気だったが3番手を進んでよく粘った。人気の盲点にはなっていたが、元々56キロ以下は滅法走る。次走も注目したいと思う。
7着 キングズガード 
 それから3番人気7着のキングズガードだが、前崩れの展開になるかなと期待したが、高速馬場で前が止まらず後方にいる事のメリットはあんまり無かった。改めて普通の馬場で期待したい。
中京12R 3歳上500万下 
3着 ダンサクドゥーロ 通信簿
 1番人気3着だった。テン乗りだったので、折り合い重視でこんなレースになると思っていたが、あの手応えで伸び切れなかったように、集中力に欠けた。難しい馬です。

  馬券Summary
2歳未勝利戦・芝短距離の研究
 これからクラスが多くなるのが2歳未勝利戦だが、中でも夏馬に多い芝1200m以下のレースに絞って、夏場の2歳未勝利戦で狙える条件を考えてみた。昨年のデータから導いた条件がこちら。
2歳未勝利戦・芝短距離の研究
データは昨年6月から8月の2歳未勝利戦だが、まず前走4コーナー先頭。これが9勝2着3回3着2回。単勝回収率110%。
それから2番目、3強種牡馬だが、ヨハネスブルグが実は最多の4勝だが、回収率が低い。出走回数が多くて。2勝していて回収率も高いのがキンシャサノキセキ・ダイワメジャー・ワークフォース。
それから3番目が前走5着。実は前走2着が最も成績が良いのは当然だが、回収率が低い。前走2着の次に連対率が良いのが前走5着馬で、連対率37.9%。単勝回収率164%。これは狙いたいですね。
それから4番目が中2週か3週。中2週は単勝回収率106%、中3週は複勝回収率が136%と最も高くなっている。是非狙ってみてください。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26