2018年2回中山4日目

開催一覧
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、比較的水準に近いレベル。
 水曜から木曜にかけて雨が降ったが、土曜の時点で既に馬場は乾いていた。1週目より少し水準寄りの馬場となったのは、雨の影響ではなくて開催進行に伴う自然な変化。内側がかなり傷んでいるように見えるが、緑色の洋芝がなくて野芝が茶色いというためであって、内を通ると不利という程では無かった。この先、次の3回中山1週目までAコースのままだが、気温が上がって芝が育つ時期なので、今週以降馬場差がマイナス方向に動いても不思議では無い。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒6。1200m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒3だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、1800m・1200mともにマイナスの数値はないが、3日目つまり先週土曜だけは他の開催日と比べると時計が出やすくなっていた。
 水曜から木曜にかけて降った雨の影響で、土曜は稍重だった。1800m・1200mともに1週目より速いタイムが出るコンディションだった。日曜は乾いて良馬場になって、さらに風の影響もあって、土曜より時計が掛かるようになったが、1週目とほぼ同じだった。ちなみに日曜日の風と言うのは南風で、これは最後の直線が追い風となる。1200mが1週目と同じ馬場差なのに、1800mは少しだけ速くなっているというのは、その追い風の直線を2回通るため。ただし、大幅に時計の出方に影響するほどの強風ではなかった。


  タイム分析
 2018/03/04 (日)  芝=-0.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 ラブラブラブ    牝3 未勝利・牝 1:51.8 +2.1 -1.1 +1.3 -0.3 SL C
6R T1600 ラムセスバローズ    牡3 500万下 1:35.3 +0.1 --- +0.3 -0.2 C D
9R T1800 エアアンセム    牡7 スピカS1600 1:48.7 +1.5 -0.7 +1.1 -0.3 SL C
11R T2000 ダノンプレミアム    牡3 弥生賞G2 2:01.0 -0.2 -0.9 -0.8 -0.3 B B
12R T1600 カルヴァリオ    セ5 1000万下 1:33.7 -0.6 --- -0.4 -0.2 B D
 2018/03/04 (日)  ダ=+0.6 / 1200m=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ハービンマオ    牝3 未勝利 1:57.2 +1.5 --- +0.9 +0.6 E D
2R D1200 ブラウローゼット    牡3 未勝利 1:13.4 +0.5 --- +0.2 +0.3 C D
3R D1800 レオアルティメット    牡3 新馬 1:59.3 +3.2 -0.8 +1.8 +0.6 E C
7R D1200 スズカゴーディー    牡4 500万下 1:13.0 +1.1 --- +0.8 +0.3 E C
8R D1800 パレスハングリー    牝4 1000万下・牝 1:54.2 +1.0 --- +0.4 +0.6 D C
10R D1800 センチュリオン    牡6 総武S 1:52.8 +1.0 --- +0.4 +0.6 D D

中山1R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
中山3R 3歳新馬 タイムE
 基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。
中山5R 3歳未勝利・牝 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中山6R 3歳500万下 
1着 ラムセスバローズ 通信簿
 1番人気1着だった。ダートで好走して注目馬になって、芝で出てきたが、幸い他にあまり切れ味のある馬がいなかったので、芝で勝ったが基本的にダート向きだと思う。
中山7R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。
中山9R スピカS タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中山10R 総武S 注目
 3着だったクインズサターンについて。
3着 クインズサターン 
 馬群が縦長になっていて、4コーナーで外をマクっての距離損が大きくなかったとは言え、コーナーで追い上げて行けた事がまず収穫。また、4コーナーで脚を使っていても直線、特にラスト200mで鋭く伸びている。直線勝負型で、これまで東京専用という感じに近い成績だったが、中山のコーナーで動いて最後まで伸びた事でレースの幅が広がりそうですし、成長も感じる。今の感じでベストの東京コースならさらに上位を狙えそう。
7着 コスモカナディアン 通信簿
 2番人気7着だった。大外枠で理想より後ろの位置になったとは言え、1着・2着・4着を先行馬が占めるレースで7着になってしまった。前走の東海Sはタイムが遅く、先行馬有利の展開だったので、東海Sを逃げ切ったテイエムジンソクがフェブラリーSで12着に沈んだ事からも、残念ながら妥当な結果だと思う。ちなみに東海Sで5着だったクインズサターンが今回3着だったが、東海Sでは後方から追い込んでいた。
中山11R 弥生賞 タイムB
 このレースの勝ちタイムは当開催3歳オープンクラスの基準タイムより0秒2速く、2000m対象の馬場差がマイナス0秒3だった事を踏まえると -0.2-(-0.3)=+0.1 で基準より0秒1遅い勝ちタイムとなる。ただし、ペース補正が0秒9入るため、 +0.1-0.9=-0.8 で基準より0秒8速い勝ちタイムとなる。なお、メンバーランクもBだった。
 サンリヴァルが後続を離して逃げていたが、2番手のダノンプレミアムが外から上がって行く。そして直線では、ダノンプレミアムが抜け出し、そのまま力強く押し切って1着。外から伸びて来て、前に迫って行ったワグネリアンだが、こちらは2着まで。3着争いは接戦となり、外のジャンダルムが内のサンリヴァルにハナ差で先着だった。
1着 ダノンプレミアム 勝ち馬注目
 昨年の最優秀2歳牡馬ダノンプレミアムが勝って4戦4勝。ダノンプレミアムは2番手からいつでも抜け出せるという手応え。4コーナーではあまり良い状態ではない、内を避けるだけの余裕もあり、悠々と抜け出した。恐らく皐月賞で断然の1番人気になるのであえて難癖をつけると、1600mのサウジアラビアロイヤルCや朝日杯FSよりは圧倒的な強さではなかった。2000mで。とは言え、その2つのレースと今回では相手が違うので、たぶんこれは難癖にすぎない。前に行けるので、中山の多頭数でも問題ないはず。
2着 ワグネリアン 
 2着はこちらも2歳時に3戦3勝だったワグネリアン。ワグネリアンは最後の最後に伸びて2着に入った。今回何が何でも勝つというのがテーマではなかったはずなので、上々の始動戦だが、多頭数の経験がない差し馬というのは、ちょっと皐月賞では不安がある。
3着 ジャンダルム 
 3着ジャンダルムはトライアル仕様ではないと言うか、ビッチリ仕上げていて、それで負けた訳ですから上位2頭との比較では本番でも分が悪いと思う。
4着 サンリヴァル 
 4着のサンリヴァルはホープフルSよりも1000m通過が2秒近い遅いペースでの逃げだったが、2番手にダノンプレミアムがいてあっさり交わされてしまって、抜けられてしまうと厳しかった。この先行力は魅力だが、ダノンプレミアムと一緒のレースだと今後も厳しいと思う。
7着 オブセッション 
 3番人気のオブセッションは7着だった。中山内周りが合わない可能性があるし、気性が幼いので自滅するかもしれないなと思いつつも、実績上位馬を負かすとすればコレだろうと思って本命にしたが、4コーナーで派手に外へ膨れていって、直線半ばからもう流してしまっていた。いろいろ課題はあるようだが、東京コースで改めて期待したいと思う。
中山12R 4歳上1000万下 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。カルヴァリオが内から抜け出した。
1着 カルヴァリオ 
 内枠の2頭が気合いを付けて先行して縦長の馬群。カルヴァリオはスンナリ内の好位につけて、なおかつ包まれる危険があまりないという絶好のポジションだった。しかも4コーナー出口付近で先行2頭の間を抜けて来れるという最高の展開。2着馬・3着馬と比べると大分得をしているが、函館で2勝しているように、コーナーリングや裁きが上手い。その長所を活かした勝利だと言える。ただ、これだけ最高のレースをしてギリギリのBランクですから、昇級してすぐに通用する確率はあまり高くないと思う。
2着 ショウナンアンセム 
 2着のショウナンアンセムは4コーナーで外を回っていて、それを考慮すると勝ち馬との差はほとんどない。1600mでは勝っていないが、コースを問わず安定しており、次走も上位候補となる。
3着 アオイシンゴ 
 3着のアオイシンゴも外を回っていて、なおかつ4コーナーではショウナンアンセムより後ろにいた。位置取りとコース取りの差がそのまま着順の違いになったという3着で、こちらも次走上位候補となる。

  馬券Summary
中京ダート1400mは差しが決まりやすい
 今週から中京が始まるので、中京関連をという事で中京のダートについて。今の中京コースは直線が長くて差しが決まりやすいというイメージがあると思う。実際、それは間違いではなくて例えばダート1800mの各コースで4コーナー3番手以内の馬の成績というのを比べると、連対率が最も高いのは京都で、最も低いのが中京。ただし、そんなに大きな差はない。
中京ダート1400mは差しが決まりやすい
 しかし中京のダートでも1400mは明らかに差しが決まりやすい。中京ダートの他の距離は4コーナー3番手以内の馬の連対率が30%を超えているが、1400mは26%。また、他の競馬場のダート1400mと比べても連対率は低い。この表では東京と同じになっているが、小数点以下2桁まで行くと中京の方が低い。中京ダート1400mは差しが決まりやすいコースだという事を知っていても、実は中京ダート1400mの馬券を買う上でそれほど役には立たず、中京ダート1400mで先行して失速した馬の次走の方が狙い目としやすいが、阪神や京都のダート1400mで先行して好走した馬が、中京ダート1400mに出てきたら少しは疑う必要があるという感じ。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai