2018年3回阪神6日目

開催一覧
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒9、日曜がマイナス2秒0だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒を超える数値で、高速馬場となっている。
 Bコースに変わって最初の週。阪神芝については、雨の影響はほとんどなく、前半2週よりもさらに時計は出やすくなった。連対馬については、差しが全く届かないという程ではないが、前へ行って内を立ち回った馬が優勢だった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、良馬場発表だった1週目・3週目は水準に近い数値で、良馬場ではなかった2週目、特に3日目は時計が出やすくなった。
 ダートについては、雨の影響はあまり残っておらず、速い時計の出る馬場だはなかった。連対馬についてだが、前めにつけた馬が優勢だった。


  タイム分析
 2018/06/17 (日)  芝=-2.0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1400 スリーケープマンボ    牡3 未勝利 1:21.8 -0.9 --- +0.5 -1.4 D D 5.13
5R T1600 ショウリュウイクゾ    牡2 新馬 1:35.8 -0.7 -0.3 +0.6 -1.6 D C 6.75
8R T1800 レイズアベール    牝4 500万下・牝 1:44.7 -2.4 --- -0.6 -1.8 B C 6.50
11R T1600 ベステンダンク    牡6 米子S 1:31.9 -1.1 --- +0.5 -1.6 D D 6.00
12R T1200 ガゼボ    牡3 500万下 1:08.7 -0.6 -0.1 +0.5 -1.2 D C 9.00
 2018/06/17 (日)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 チャーチタウン    牡3 未勝利 1:26.2 +0.3 --- +0.4 -0.1 D D 5.50
2R D1800 ダノンフォワード    牡3 未勝利 1:53.2 -1.1 --- -1.0 -0.1 A D 7.50
6R D1800 テイエムチューハイ    牡4 500万下 1:53.4 +0.3 --- +0.4 -0.1 D B 7.20
7R D1200 アスタースウィング    牡4 500万下 1:12.1 -0.2 --- -0.1 -0.1 C C 4.50
9R D1200 オールドベイリー    牡4 箕面特別1000 1:11.6 -0.1 --- ±0 -0.1 C C (5.00)
10R D1800 ハイランドピーク    牡4 灘S1600 1:52.9 +1.4 --- +1.5 -0.1 E C 7.75

阪神2R 3歳未勝利 タイムA
 基準より1秒0速い勝ちタイムだった。ダノンフォワードが初めてのダートで一変した。
1着 ダノンフォワード 勝ち馬注目
 ダノンフォワードは4コーナー先頭で、上がり600m最速ですから、これ後続が千切れるのも無理はない。とにかく調教は動いていましたし、今回は初ブリンカー着用で、初めてのダートだったが、ダート適性の高さを見せただけでなく、集中して走れればこれだけ強いというポテンシャルの高さを見せた。つまり、ブリンカー着用の効果がてきめんという事。芝の走りをもう一度見てみたいと思う。
2着 キラーチューン 
 2着のキラーチューンはスタートで躓いたが、早めに先団へ取り付いて、4コーナーでは勝ち馬と2頭で後続を離した。3着に5馬身差ですから、相手が1枚も2枚も上手だったという事。
3着 ガッツィーソート 
 1番人気のガッツィーソート、3着だった。この馬前走2着がタイムランクEの2着でしたから、前走芝組に先着を許しても何ら驚けない3着だったと思う。今回、自身のタイムランクはEになりますから、過大評価は禁物。
阪神5R 2歳新馬 注目
1着 ショウリュウイクゾ 
 勝ったショウリュウイクゾ、出遅れて物見をして若さ丸出しでいて、能力の高さだけで初戦は突破したという感じだろうか。この馬、サンデーサイレンス3×4というクロスがあり、この配合パターンで大物が出るのかどうか、今後に注目したい。
2着 ブールバール 
3着 テルモードーサ 
 3着のテルモードーサ。一瞬は抜け出しそうな場面を作った。幸騎手は少しフワフワしていたとコメントしていますから、この点は使いつつ改善されてくると思う。
4着 フォートワズワース 
 4着のフォートワズワース、逃げて4着だった。外国産馬で父はVerrazano。この馬、Giant's Causewayの3×2という強烈なクロスがある。今後どういう走りをするかちょっとこの馬も興味がある。
7着 キタサンルージュ 解説推奨
 2週前の放送で取り上げた新馬だが、予定していた東京5日目のダート1400mを除外されて、阪神の芝1600mへ再投票しての出走だった。6番人気で7着だった。出遅れましたし、直線も脚を使えなかったが、そんな訳ですから、参考外と言っても良いだろう。次走はもちろん、ダートを使って来る事になると思う。父はヘニーヒューズですから、ダートで狙える馬。
阪神8R 3歳上500万下・牝 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。レイズアベールが降級戦を制した。前半1000m58秒0の平均ペース。
1着 レイズアベール 
 後方待機の2頭が1着・3着。差し・追い込み馬に有利な流れになったとは言え、勝ったレイズアベールの瞬発力は際立っていた。まだ左に張ったり、ハミを噛んだりと乗り難しい面はあるが、現時点ではこの戦法がベスト。再度昇級しても展開などが上手くかみ合えば、連勝もあり得ると思う。
2着 アシュリン 
 2着のアシュリンは先行して一旦は抜け出した。ペースを考えると強い2着だが、今回は減量騎手器用で50キロ。高速決着で、この積極策が有効だったという点は考慮するべきだと思う。
3着 レッドランディーニ 
 1番人気のレッドランディーニは3着だった。勝ち馬と並んで、一緒に伸びて来そうだったが、もう一伸びがなかった。こちらはスローの追い込み馬のイメージですから、その差もあったかかもしれない。
阪神10R 灘S タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
宝塚記念のセオリー
 今年春の天皇賞はシュヴァルグランが2着。これがハーツクライ産駒は5年連続で2着で、過去10年で[0-5-3-13]という成績になった。勝ち鞍はないが、非常に高い適性を示している。このように、あるレースに特に高い適性を示すという種牡馬はいて、それは時台に応じて変わってくる。例えば、一時期のダイヤモンドS、ダンスインザダーク産駒が活躍した。さて、今週行われる宝塚記念、それもこの傾向が見られる。
宝塚記念のセオリー
 ステイゴールド産駒が5勝で、同産駒の活躍は誰しも気づくが、出走頭数は少ないものの、グラスワンダー産駒、それからスペシャルウィーク産駒が頑張っている点は見逃せない。実はグラスワンダー・スペシャルウィーク・ステイゴールドは1999年の宝塚記念の1着?3着馬で、宝塚記念で走った馬の産駒は宝塚記念でも走るのではないかという仮説を立てた。グラスワンダーは2011年の勝ち馬アーネストリーの父だが、昨年2着のゴールドアクターの祖父、つまりスクリーンヒーローの父でもある。意外と苦戦しているのがディープインパクト産駒で、ディープインパクトは宝塚記念を勝っているが、その年は京都で行われた。また、ハーツクライ産駒も振るわない。梅雨あるいは夏競馬の時期に、阪神の芝2200mに高い適性を示す種牡馬を探すという事、これは宝塚記念を検討する上で、血統面からのアプローチになると考える。という事で、結論、ステイゴールド産駒を狙いましょうでは、ちょっと陳腐になってしまうので、今後宝塚記念を席巻しそうな候補としてルーラーシップ産駒を挙げておく。ルーラーシップ自身は2012年オルフェーヴルの2着している。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26