2018年2回中京2日目

開催一覧
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒9からプラス0秒5への変動、日曜がプラス0秒3だった。
 木曜から金曜朝にかけての雨が残って、土曜の朝は重馬場だったが、芝のレースが始まる昼からは稍重。そこからも徐々に乾いたので、馬場差は変動で、5Rがプラス0秒9そこから徐々に水準方向に動いて、11Rがプラス0秒5だった。日曜も終日稍重で、これはどんどん乾いたという馬場ではなかったので、馬場差は一定。土曜の最後よりもさらに水準方向に動いてプラス0秒3だった。1月の開催がBコースで、今開催は2週目までがAコース。そして最終週の3週目だけがBコースとなる。先週は仮柵外しの馬場だったが、特に内有利でもなかった。中京は内に馬が固まって窮屈になりやすいので、仮柵外しの馬場でも極端に内有利にはなりにくい。また、先週雨の影響を受けたので、Aコースに変わってどの程度時計が出やすくなったのかも、わからなかった。今週以降の馬場を読むのは難しい。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒4からマイナス0秒8への変動、日曜がマイナス0秒6だった。
 木曜から金曜にかけての雨が残って、土曜は重馬場でスタートし、8R以降は稍重だった。徐々に乾いているので、馬場差は変動で1Rと2Rがマイナス1秒4、水準方向に動いて12Rはマイナス0秒8。日曜は終日稍重で、馬場差も一定。土曜の最後よりさらに水準方向に動いてマイナス0秒6だった。土曜の前半と日曜では1秒近く違うが、土日とも速い時計が出るコンディションだった。


  タイム分析
 2018/03/11 (日)  芝=+0.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T2000 トーセンアイトーン    牡3 未勝利 2:04.2 +2.0 -0.5 +1.2 +0.3 SL D
8R T1400 ファミーユボヌール    牝4 500万下 1:23.3 +1.8 -0.2 +1.4 +0.2 E D
11R T2000 スワーヴリチャード    牡4 金鯱賞G2 2:01.6 +2.7 -1.0 +1.4 +0.3 SL C
12R T1600 レッドオルガ    牝4 賢島特別1000 1:35.2 +1.0 --- +0.8 +0.2 D C
 2018/03/11 (日)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 キクノウェスター    牡3 未勝利 1:26.0 -0.3 --- +0.2 -0.5 C C
3R D1800 パキュートハート    牡3 未勝利 1:54.8 -0.2 --- +0.4 -0.6 D D
6R D1200 クライシス    牡5 500万下 1:11.9 -0.6 --- -0.2 -0.4 C D
7R D1400 プエルトプリンセサ    牝5 500万下・牝 1:25.9 +0.8 --- +1.3 -0.5 E D
9R D1800 ダンツエンペラー    牡5 500万下 1:53.5 -0.1 --- +0.5 -0.6 D D
10R D1400 メイショウヒサカタ    牝3 昇竜S 1:24.3 -0.4 --- +0.1 -0.5 C C
中京2R 3歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中京3R 3歳未勝利 注目
 勝ったパキュートハート。
1着 パキュートハート 
 デビュー戦の前走はかなりの太めで体重が6キロ減った今回もまだ腹周りに余裕があった。しかし、それでも楽勝していて、追ったのはラスト200nとちょっとだけ。完全タイム差はプラス0秒4だが、かなり絞れる余地がある馬体と、余裕のある勝ちっぷりを考慮するとかなりのタイム短縮が可能だろう。また、パワータイプで時計勝負は得意ではないように見えるのに、馬場差マイナス0秒6の稍重で圧勝した事も強調材料。絞れてくれば、500万で通用すると思う。
中京7R 4歳上500万下・牝 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
中京8R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
中京11R 金鯱賞 タイムSL
 タイムランクはスローのSL、メンバーランクはCだった。サトノノブレスが先手を取った。前半1000mが63秒0で後半1000mが58秒6。いくら前半が登り坂の中京芝2000mとは言え、これは超スローで絡まれずに逃げたサトノノブレスは後ろのスワーヴリチャードが折り合いに専念していた事もあって、スローなのに4コーナーでもかなりリードがあり、当然のように粘ったが、2番手で追い出しを待つ余裕のあったスワーヴリチャードが残り200mから追い出すと差し切った。外からサトノダイヤモンドが上がり最速で伸びたが、流石に間に合わず3着までだった。
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 スワーヴリチャード 
 単勝1.6倍と断然の人気だったスワーヴリチャードが勝って重賞3勝目となった。スワーヴリチャードが3コーナーで2番手まで上がるという、この馬のイメージとは違うレースで勝ったが、ペースが遅すぎて行きたがり、位置が前になったというだけ。自身のペースは普通のペースならいつも通り中団ぐらいになるので、いつも通りのレースをしたとも言える。変に下げたりしなかった鞍上の好判断だと思う。春の中・長距離のGIは全て右回り。右回りへの不安が残っているので、馬券を買う側としては、それをどう判断するか。個人的には右回りではまだ信用ならないと思いますし、意外に安田記念に出てきたら好走するんじゃないかと思っている。
2着 サトノノブレス 解説危険
 サトノノブレスが粘って2着。追い上げたサトノダイヤモンドが3着だった。2着サトノノブレスの好走要因は超スローペースで、単騎逃げに持ち込めた事。サトノノブレスは次走買いにくいですし、サトノダイヤモンドは少なくとも、完全に衰えた訳ではないという事が確認できた。

 今回の2着は誰がどう見ても展開に恵まれたモノなので、次走も人気にならない可能性が結構あるが、なんだかんだ言ってもGI以外では好走確率の高い馬なので、次走がGIでなければ人気になりそう。しかし、この馬は以前から2回続けての好走がほとんどない。GIIやGIIIで好走して次にGIに出走した事が多いという理由もあるが、GII・GIIIを勝って次にGIIで人気になって着外に沈んだ事が複数回ある。次走のクラスを問わずに買いにくいと思う。
3着 サトノダイヤモンド 
 サトノノブレスが粘って2着。追い上げたサトノダイヤモンドが3着だった。3着サトノダイヤモンドの敗因は超スローで間に合わなかった事。サトノノブレスは次走買いにくいですし、サトノダイヤモンドは少なくとも、完全に衰えた訳ではないという事が確認できた。
4着 ヤマカツエース 
 4着のヤマカツエースは太め残りでレースでも無理をしない感じ。いかにも前哨戦という内容だったので、上積みは見込めそう。
中京12R 賢島特別 注目
 勝ったレッドオルガと2着のエイシンスレイマンについて。
1着 レッドオルガ 勝ち馬注目
 まず、レッドオルガだがダッシュがつかず後方からになる。そしてなおかつ前半は行きたがっていた。さらに直線ではしばらく進路が無かったり、進路が狭くなったりでなかなか目一杯には追えなかったが、本格的に追い出された時の反応が良く、瞬発力がある。このレースはペース補正なしでDランクとタイムは遅いが、勝ち馬も2着馬もロスのあるレースをして、全力は出せていない。この2頭に関してはタイムが遅い事を気にする必要はありませんし、どちらも次走上位候補だと思う。
2着 エイシンスレイマン 解説推奨
 エイシンスレイマンだが、こちらは内でじっとしている間に、いつの間にか最後方まで下がってしまった。そこから一気に一番外まで出して、そして一気に伸びて来たが、これは脚を余してのゴールになってしまった。このレースはペース補正なしでDランクとタイムは遅いが、勝ち馬も2着馬もロスのあるレースをして、全力は出せていない。この2頭に関してはタイムが遅い事を気にする必要はありませんし、どちらも次走上位候補だと思う。

 位置取りが悪くなって脚を余したような2着だったが、1600mに限ればこれまでも展開が向かなくても最悪3着には来ている。この展開が向かなくても3着には来るというのは、強い馬だなぁと思わせる基準の1つであって、次走もベストの1600mなら少しぐらい展開が向かなくても好走するでしょうし、こういう成績の馬を次走であえて、1600mではない2000mとかに出してくる事はまぁ考えにくいので、次走も好走できるだろうと考えた。

  馬券Summary
3月・4月の3歳未勝利戦
 恐ろしく地味なテーマだが、3月・4月の3歳未勝利戦における種牡馬成績を取り上げる。
3月・4月の3歳未勝利戦
 まず2013年から2017年の5年間、3月・4月の3歳未勝利戦で産駒が20勝以上している種牡馬の一覧表をご覧下さい。この上位の方は普通のリーディングサイアーランキングと同じだが、ところどころ普通のサイアーランキングよりも上に来ている種牡馬がいる。そこで2013年から2017年の5年間の全勝利数の中で3月・4月の3歳未勝利戦の勝利数の割合が高い種牡馬を抜き出すと、トップスリーはエンパイアメーカー・サウスヴィグラス・シンボリクリスエスとなる。この3頭の種牡馬のランキングには2つ意味があり、まず、これらの種牡馬はダートの勝ち鞍が多い。そして早熟ではない産駒が多い。ダート向きの種牡馬の産駒がこの時期に多く初勝利を挙げるのは、単純にダートの3歳未勝利戦が多いからだが、早熟ではない産駒が多い事は重要。初勝利が遅いと、軽視されがちだが、成長力があって、遅い初勝利からどんどん勝ち上がって行く馬が結構いる。エンパイアメーカーに関しては、昨年の春にも晩成種牡馬という事で取り上げたが、サウスヴィグラスやシンボリクリスエスも同じタイプなので、初勝利が遅くても出世する可能性がある。ただ、サウスヴィグラスは先日残念ながら死亡してしまいましたし、シンボリクリスエスももう高齢。直接の役には立たないかもしれないが、こういう視点で種牡馬の成績成績を追うというのも効果がある。この視点からの注目は、現3歳世代が初年度産駒となるオルフェーヴルとエイシンフラッシュで、どちらも初勝利が遅い産駒が多いという気配をプンプン漂わせている。ロードカナロア産駒がガンガン勝っているのに対して、これら2頭の産駒は勝ち上がり率が今のところ高くなくて、期待外れ感もあったが、どちらも2月辺りから勝ち上がる馬が増えてきた。この初勝利の分布がこのようになる種牡馬は遅い勝ち上がりから、一気に連勝したり、高齢まで活躍する産駒を出す事が多いので、注目しましょう。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai