2018年1回阪神5日目

開催一覧
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒6からマイナス0秒9への変動、日曜がマイナス1秒0だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で5日目以外は全てマイナス1秒0。
 月曜日と木曜日にまとまった雨が降ったが、乾くのが早くて土曜の4Rが稍重だっただけで、以降は良馬場だった。土曜は徐々に乾いて行ったために、馬場差は変動で4Rと5Rはマイナス0秒6。9Rがマイナス0秒8で、10Rがマイナス0秒9。日曜日は1日を通してマイナス1秒0で、1週目・2週目と同じ数値に戻った。雨の影響がなければずっと馬場差が安定していて、この後も急激に時計が掛かるようになるとは考えにくい速い時計が出る状態であっても特に先行有利ではないという点も1週目から変わっていない。この後2回阪神の1週目までAコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒6からマイナス1秒2への変動、日曜がマイナス1秒0からマイナス0秒7への変動だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認すると、全てマイナスの数値で特に先週土曜は終日マイナス1秒台だった。
 主に木曜日の雨が影響して、土曜は重馬場でスタートしたが午後から稍重に回復した。馬場差は変動で、1Rから3Rまではマイナス1秒6、6Rと7Rはマイナス1秒4で、11Rと12Rはマイナス1秒2。日曜は1日を通して稍重だったが、昼頃からは徐々に乾いたので、馬場差は変動。1Rから3Rまではマイナス1秒0で、5Rと7Rがマイナス0秒9。そこから徐々に水準方向に動いて、12Rはマイナス0秒7だった。


  タイム分析
 2018/03/10 (土)  芝=-0.6 → -0.9  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1400 コンパウンダー    牡3 未勝利 1:22.3 -0.6 --- -0.2 -0.4 C C
  
5R T1800 サトノシリウス    牡3 未勝利 1:46.8 -1.6 --- -1.1 -0.5 A C
9R T2400 サトノワルキューレ    牝3 ゆきやな500 2:27.0 -0.7 -0.8 -0.5 -1.0 B C
10R T1600 メイズオブオナー    牝4 うずしお1600 1:35.4 +2.0 -1.1 +1.6 -0.7 SL C
 2018/03/10 (土)  ダ=-1.6 → -1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 アルドーレ    牡3 未勝利 1:55.1 +0.5 -0.4 +1.7 -1.6 E D
2R D1400 ハウリング    牝3 未勝利・牝 1:25.0 -1.1 --- +0.1 -1.2 C D
3R D1800 マグナレガーロ    牡3 新馬 1:52.6 -2.3 --- -0.7 -1.6 B C
6R D2000 ハギノグランコート    牡5 500万下 2:06.2 -0.3 --- +1.3 -1.6 E D
7R D1200 マリエラ    牡5 500万下 1:11.6 -0.7 --- +0.2 -0.9 C D
11R D1400 サトノファンタシー    牡5 ポラリス 1:22.4 -0.6 --- +0.3 -0.9 D C
12R D1800 フォンターナリーリ    牝5 1000万下 1:52.0 -0.3 -0.3 +0.6 -1.2 D D
阪神1R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
阪神3R 3歳新馬 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。マグナレガーロが6馬身差をつけての圧勝だった。
1着 マグナレガーロ 
 マグナレガーロの逃げは速くもなく、遅くもなくというペース。ただ楽に逃げ切った訳ではなく、残り200m付近まで並んでいた2着馬をそこから6馬身も突き放したという勝ち方で、恐らく差しに回っても問題はない。胸前の筋肉が発達していて、それとの対比でトモが貧弱に見える程で、ダート向きという印象だが、全体に緩さがあるので、成長の余地があり成長すれば芝でも走れそう。主な馬はほとんどが芝馬という牝系でもある。
2着 クルスデルスール 
 2着のクルスデルスールは最後に力尽きた感じだが、追い切りが坂路だけだった大型馬。ダート1800mの遅くはないペースを先行して、息切れするのは仕方がない。使った上積みは大きいはずですし、6馬身差とは言え、完全タイム差はプラス0秒3。これはCランクに相当する。上積みも見込めば、次走は上位候補だと思う。
阪神5R 3歳未勝利 タイムA
 このレースの勝ちタイムは当開催3歳未勝利クラスの基準タイムより1秒6速く、1800m対象の馬場差がマイナス0秒5だった事を踏まえると -1.6-(-0.5)=-1.1 で基準より1秒1速い勝ちタイムとなる。10番のアルゴセイコウがハナを切って、外周りとしてはペースを緩めずに逃げて行った。しかし、直線半ばで一杯になり、外からロードザナドゥ・サトノシリウスが併せて上がって行く。そこからサトノシリウスが抜け出して1着となった。2着ロードザナドゥから3馬身半離れてブルベアトリュフ3着だった。
1着 サトノシリウス 勝ち馬注目
 サトノシリウスが初めての外周りで勝ち上がった。サトノシリウスが外からの差しを決めた。力のいる馬場だった2回京都の内周りから状態の良い阪神芝の外周りになって、大幅にパフォーマンスアップした辺りはディープインパクト産駒らしい。タイムはかなり優秀で、昇級しても今回の阪神外周りのような合う条件なら通用すると思う。
2着 ロードザナドゥ 番組注目馬
 2着のロードザナドゥはサトノシリウスに並ばれそうになってからもかなり長く抵抗していて、一緒に伸びていた。タイムもレース内容も優秀なので、次走はかなり有力。
3着 ブルベアトリュフ 
 2着から3馬身半の3着ブルベアトリュフでも完全タイム差はマイナス。切れ味勝負では分が悪いので、阪神外周りにしては速い流れになったのが今回は良かったのだと思う。今回のタイムだけ走れば次走は上位候補だが、スローペースで同じだけ走れると、そういう保証はない。
阪神6R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
阪神9R ゆきやなぎ賞 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。サトノワルキューレが前走に続いて、2400mで勝ち上がった。
1着 サトノワルキューレ 勝ち馬注目
 後ろから徐々に上がって行ったサトノワルキューレは直線入り口ではエタリオウに少し離されていたが、直線でしっかり伸びて差し切った。前走は直線で狭くなって、やめてしまったような3着だったが、スムーズに走れれば、よく伸びる。オークス路線で期待できそう。
2着 エタリオウ 
 2着エタリオウはブリンカーを外した前走で内に刺さったので、再度ブリンカーをつけてきたが、やはりそれが効き過ぎているようで、3コーナーで外からサトノワルキューレが来ると反応して一気に先頭。直線では、内に刺さらないように右から肩ムチを入れていたが、やはり内に行っていた。どうにも難しいが、スムーズなレースができなくても2着続きですから能力はある。
3着 シュナイデン 
 3着シュナイデンは直線で勝ち馬と同じかそれ以上という伸びを見せていて、直線の長いコースでは確実に差し込めるよう。半兄のサレンティーナが短距離で走っているが、ドイツダービー馬が3頭ぐらい?複数いる牝系で、この距離は合っている。そう感じさせるレース内容だった。次走も2400m辺りなら上位候補となる。
阪神10R うずしおS タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする
阪神11R ポラリスS 注目
 勝ったサトノファンタシーについて。
1着 サトノファンタシー 
 このレースの前半600mは33秒9というハイペースで、一緒に先行したコウエイエンブレムは4着に終わったが、こちらは楽勝だった。ちなみにこのコウエイエンブレムが先行して4着以下に沈んだレースで、3コーナー・4コーナーをどちらも3番手以内で通過して3着以内に好走した馬というのが、過去に3歳オープン青竜Sのグレンツェントとキョウエイギア。そして1000万条件のドンカスターカップのキタサンサジンがいるが、いずれも後に重賞を勝っている。で、サトノファンタシーにもかなり期待できると思う。ただし、この馬は他馬のステッキに驚いて急ブレーキをかけてしまったり、内枠で揉まれてやる気をなくしたりと、難しさのある馬。無条件で次も好走できるとは言わないが、今回の好走要因は大外枠から先行して、揉まれなかった事だと思われる。なので、外枠で揉まれなければ、今回のような強さを見せるという事で、重賞でも条件が揃えば、注目できる。

  馬券Summary
3月・4月の3歳未勝利戦
 恐ろしく地味なテーマだが、3月・4月の3歳未勝利戦における種牡馬成績を取り上げる。
3月・4月の3歳未勝利戦
 まず2013年から2017年の5年間、3月・4月の3歳未勝利戦で産駒が20勝以上している種牡馬の一覧表をご覧下さい。この上位の方は普通のリーディングサイアーランキングと同じだが、ところどころ普通のサイアーランキングよりも上に来ている種牡馬がいる。そこで2013年から2017年の5年間の全勝利数の中で3月・4月の3歳未勝利戦の勝利数の割合が高い種牡馬を抜き出すと、トップスリーはエンパイアメーカー・サウスヴィグラス・シンボリクリスエスとなる。この3頭の種牡馬のランキングには2つ意味があり、まず、これらの種牡馬はダートの勝ち鞍が多い。そして早熟ではない産駒が多い。ダート向きの種牡馬の産駒がこの時期に多く初勝利を挙げるのは、単純にダートの3歳未勝利戦が多いからだが、早熟ではない産駒が多い事は重要。初勝利が遅いと、軽視されがちだが、成長力があって、遅い初勝利からどんどん勝ち上がって行く馬が結構いる。エンパイアメーカーに関しては、昨年の春にも晩成種牡馬という事で取り上げたが、サウスヴィグラスやシンボリクリスエスも同じタイプなので、初勝利が遅くても出世する可能性がある。ただ、サウスヴィグラスは先日残念ながら死亡してしまいましたし、シンボリクリスエスももう高齢。直接の役には立たないかもしれないが、こういう視点で種牡馬の成績成績を追うというのも効果がある。この視点からの注目は、現3歳世代が初年度産駒となるオルフェーヴルとエイシンフラッシュで、どちらも初勝利が遅い産駒が多いという気配をプンプン漂わせている。ロードカナロア産駒がガンガン勝っているのに対して、これら2頭の産駒は勝ち上がり率が今のところ高くなくて、期待外れ感もあったが、どちらも2月辺りから勝ち上がる馬が増えてきた。この初勝利の分布がこのようになる種牡馬は遅い勝ち上がりから、一気に連勝したり、高齢まで活躍する産駒を出す事が多いので、注目しましょう。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai