2018年2回京都1日目

開催一覧
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒9、日曜がプラス0秒8だった。京都は連続開催ですので、さかのぼって9日間の馬場差を確認しておくと、1回開催の初日・2日目はマイナス0秒6だが、その後は全てプラスの数値。
 先週から2回開催に入ったが、Bコースに替わったが、プラス1秒に近いレベル。そもそも昨年秋の開催で雨の影響を強く受けたコンディションで、年明けの開催がスタートした上、先週は良馬場発表とは言え、雪や雨の影響が残っていた。なお、連対馬について脚質には目立った偏りはなかったが、内を立ち回った馬が優勢だった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒9、日曜がプラス1秒0だった。さかのぼって9日間の馬場差を確認しておくと、1回開催3日目後半を除くと全てプラスの数値。
 土日ともに稍重だったが時計の掛かる馬場だった。これはちょっと凍結防止剤の影響だろう。先週を含め、1回開催4日目以降は稍重か重馬場だったが、脚抜きの良い馬場ではない点を改めて強調しておきたい。このように特殊とも言えるコンディションではあるが、連対馬の脚質に偏りは見られなかった。


  タイム分析
 2018/01/27 (土)  芝=+0.9  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 カンタービレ    牝3 未勝利・牝 1:50.1 +1.4 -0.6 ±0 +0.8 C C
6R T1600 レインボーナンバー    牡3 未勝利 1:36.5 +1.0 --- +0.3 +0.7 C D
9R T2400 メイショウテッコン    牡3 梅花賞500 2:28.9 +1.4 --- +0.3 +1.1 C C
10R T1600 ドゥーカ    牡5 木津川特1000 1:34.9 +1.0 --- +0.3 +0.7 C D
 2018/01/27 (土)  ダ=+0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 メイショウカギロイ    牡3 未勝利 1:13.9 +0.9 --- +0.3 +0.6 D D
2R D1800 ダイシンカローリ    牡3 未勝利 1:54.8 +0.5 --- -0.4 +0.9 B D
3R D1200 シヴァージ    牡3 新馬 1:14.7 +1.5 --- +0.9 +0.6 E D
4R D1800 アスクハードスパン    牡3 500万下 1:55.0 +1.6 --- +0.7 +0.9 D C
7R D1800 アンナペレンナ    牝5 500万下 1:54.1 +1.5 --- +0.6 +0.9 D D
11R D1800 ロイヤルパンプ    牡6 北山S1600 1:52.1 +1.1 --- +0.2 +0.9 C D
12R D1400 トウケイワラウカド    牡5 1000万下 1:25.1 +1.3 --- +0.6 +0.7 D C
京都2R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。ダイシンカローリがデビュー2走目で一変した。出遅れ気味のスタートで後方を進んだ6番人気ダイシンカローリだったが、3コーナー手前から進出を開始するとあれよあれよと前に取り付く。4コーナーでは大外から一気に先頭へ。1番人気のキンショーヘニーが内で粘るが、これを競り落として完勝してしまった。3着はそこから5馬身、4着はさらに10馬身と大差がついてしまった。
1着 ダイシンカローリ 
 これが2戦目で新馬戦は後方のまま回ってきただけですから、人気がなかったのも仕方は無い。この時計なら上のクラスでも通用しそうだが、ちょっと同じだけ走るかは未知数。次走は少し様子を見た方が良いかもしれない。
2着 キンショーヘニー 番組注目馬
 次走の狙いは2着キンショーヘニーの方だろう。勝ち馬には2馬身半差をつけられてしまったが、3着以降を5馬身離している。レースぶりも勝負所で動けるところなど、申し分ない。兄弟もみんな走っていますから、血統的にも文句なしだと思う。
京都3R 3歳新馬 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
1着 シヴァージ 
 シヴァージについて補足しておきたい。余力十分に抜け出して、ラストまで追われないまま入線している。それで完全タイム差プラス0秒9のEランクとなったが、追われていたとして、どこまで時計が詰まっていたかは定かではないものの、流石にEランクにはならなかったんじゃないかと思う。シヴァージについては、今回の時計は評価の対象にしない方が良いだろう。
京都5R 3歳未勝利・牝 注目
 2着以降は離されており、次走の狙いは立たない。
1着 カンタービレ 勝ち馬注目
 番組注目馬カンタービレが圧倒的な人気に応えて完勝した。直線に入って今3番手ぐらいだが、この後すぐ先頭に立つともう後は離す一方。ゴール前は抑える余裕も見せている。まぁちょっとここでは力が違った印象。ペース補正が0秒6入るスローだったが、上がりはまとめており、完全タイム差プラスマイナスゼロのタイムランクCとまずまずの結果だったと言えるだろう。この勝ち方なら次走以降楽しみが広がる。上のクラスでも牝馬限定戦ならすぐに勝ち上がるでしょうし、牡馬混合でもある程度はやれるんじゃないだろうか。母の父Galileoで重厚なヨーロッパの血が入ってますし、距離は伸びる程良いんじゃないだろうか。順当に行けば今からオークスが楽しみな馬と言えるかもしれない。
京都11R 北山S 注目
 降りしきる雪の中行われたが2番手を追走したロイヤルパンプが余裕十分のレースだった。直線先頭に立つと1番人気ジュンスパーヒカル、3番人気ザイディックメアの追い上げを封じて、押し切った。友道厩舎のワンツーフィニッシュという結果になった。
1着 ロイヤルパンプ 
 勝ったロイヤルパンプ、これでオープン入り。タイム面で特に強調するレベルではないが、前に行ってしぶといレースぶりは評価できる。流石にオープンでは厳しいかもしれないが、前に行く馬が少ない組み合わせなら、買ってみる手はあるだろう。
2着 ジュンスパーヒカル 
 今後狙うなら2着したジュンスパーヒカルの方。ダートではまだ底を見せておらず、57キロも克服して準OPで2着。メンバー次第ではあるが、次走いよいよオープン入りの可能性もあると思う。

  馬券Summary
現3歳世代ダート種牡馬ベスト5
 ダート戦線たけなわですので、今年の3歳ダート戦線、新種牡馬が活躍して従来とは大分様相が違っている印象がある。ここで1度まとめておきたいと思う。先週までのJRAダート競走の種牡馬成績ベスト5の表をご覧下さい。
現3歳世代ダート種牡馬ベスト5
 なんと言ってもヘニーヒューズの活躍がダート戦線を変えたと言えるだろう。勝ち鞍は他を圧倒して2位以下の倍近くある。しかも連対率・複勝率ともに2位と。さらに複勝回収率4位に入っていて、これだけ活躍しているのに、回収率も高いという事なのですから、まだ完全にはバレてはいない。今だからこそヘニーヒューズ買いたいなという結論が出る。連対率・複勝率はキングカメハメハが1位だが、キングカメハメハ産駒はどうしてもダートでも人気になってしまう傾向にある。これなら、連対率・複勝率ともに高いハードスパン。それから勝ち鞍は少ないものの、単複の回収率で1位のスマートファルコンが狙い目じゃないだろうか。2月はダートが馬券成績分けるので、この辺りを踏まえつつダート戦線を効率的に狙ってみてはいかがでしょうか。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai