2018年2回東京5日目

開催一覧
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒7だった。まずはさかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、3日目までがマイナス1秒6、4日目以降がマイナス1秒7でほとんど変わりがない。
 先週は木曜日に雨が降ったが、その影響はなくて速い時計の出るコンディションが続いていた。あと、上位馬の脚質を見ると土日で12鞍あったが、逃げ馬の連対は3頭・先行馬も2頭のみで前回の馬券Summaryでお話した通り差し馬の活躍が目立った。差し有利だというのを理解しつつNHKマイルCでテトラドラクマに本命を打った自分が非常に情けないなと思う。ただ、このコース設定が替わって、今週から2週はBコース、最終週Cコースで使用される。同じ脚質傾向が続くかとなると何とも言えない部分がある。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラスマイナスゼロだった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、4日目を除けば水準レベルでの数値となっている。
 時計の出方は水準レベルだった。あと、連対馬については好位・中団からの差しタイプの活躍が目立った。先々週までは未勝利クラスは前残りが多かったが、先週は差しも届いていた点が前半2週との大きな違い。


  タイム分析
 2018/05/05 (土)  芝=-1.7  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1600 オルトルート    牝3 未勝利 1:34.3 -1.4 --- ±0 -1.4 C D 8.47
5R T1800 レーヴドリーブ    牝3 500万下・牝 1:45.6 -2.3 --- -0.8 -1.5 B D 4.75
6R T2400 ヴァンクールシルク    牡4 500万下 2:29.3 +2.4 -1.4 +3.0 -2.0 SL D 6.80
8R T1400 グランドボヌール    牡4 1000万下 1:20.0 -1.7 --- -0.5 -1.2 B D 8.38
10R T2400 ベストアプローチ    牡4 メトロポ 2:24.8 -0.2 -0.7 +1.1 -2.0 SL D 9.29
11R T2000 コズミックフォース    牡3 プリンシ 1:58.2 -1.7 --- ±0 -1.7 C D 4.20
 2018/05/05 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1600 グリズリダンス    牝3 未勝利・牝 1:39.5 +0.3 --- +0.4 -0.1 D D 8.20
2R D1400 クラウンクラシック    牡3 未勝利 1:26.6 +0.6 --- +0.7 -0.1 D D 7.08
3R D1600 ゲームチェンジャー    牡3 未勝利 1:39.5 +0.3 --- +0.4 -0.1 D D 8.36
7R D1400 メイショウアテン    牝4 500万下・牝 1:25.8 +0.9 --- +1.0 -0.1 E D 7.91
9R D1600 マジカルスペル    牡4 立夏S1600 1:35.4 -1.0 --- -0.9 -0.1 A C 8.70
12R D1600 タガノカトレア    牝4 1000万下・牝 1:37.4 +0.2 --- +0.3 -0.1 C C 5.13

東京5R 3歳500万下・牝 タイムB
 このレースの勝ちタイムは当開催3歳500万下の基準タイムより、2秒3も速く1800m対象の馬場差がマイナス1秒5になる事を踏まえても、 -2.3-(-1.5)=-0.8 で基準より0秒8速い勝ちタイムだった。レーヴドリーブが芝1800mで未勝利クラス・500万下を連勝した。
1着 レーヴドリーブ 勝ち馬注目
 レーヴドリーブは体重が12キロ減っていたが、極端に細くなった感じはなかった。レースではスタートは早くなかったが、二の脚で4番手に取り付いて、残り300m辺りで先頭に立って、最後は戸崎騎手がターフビジョンで着差を確認する程余裕があった。前走の未勝利戦をBランクのタイムで勝って、今回も好時計での勝利ですからアプレザンレーヴ・レーヴディソール・レーヴミストラルの下という良血馬が、ようやく素質開花して来た感じ。今回の内容ならクラスが上がっても楽しみ。
2着 クイーングラス 
 2着以下は勝ち馬から2馬身半以上離れている。2着クイーングラスは最後方から上がり600mを推定タイムで最速で追い込んで来た。よく差を詰めていますし、能力は高くて次走も引き続き有力。
3着 ダイワメモリー 
 3着ダイワメモリーは半年ぶりの実戦だった。太め感はなかったが、パドックではテンションが高かった。レースではスタートが悪くて後方からの競馬になって、勝負所での反応も悪かったが、最後までしぶとく脚を使った。能力があるのは確かだが、今後も入れ込む面とスタートが鍵になる。
4着 ダノングレース 
 4着ダノングレースは時計の速い決着に対応できなかった。この馬412キロしかない小柄な馬なので、また馬体そのものに力が付ききっていない印象がある。
東京6R 4歳上500万下 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京7R 4歳上500万下・牝 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
東京8R 4歳上1000万下 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。グランドボヌールは芝1400mで2戦2勝という事になった。
1着 グランドボヌール 
 グランドボヌールは二の脚が早くて、もう馬なりのままハナに立った。その後もマイペースを落とすこと無く逃げて、後続を寄せ付けなかった。見た目には確かに強い勝ち方だったが、ここら辺りちょっと内に刺さる面も見せていた。その点は気がかり。加えて控える競馬をすると持ち味発揮できないタイプでもありますから、強さとモロさが同居しているタイプだけに、次走信頼まではどうかと思う。楽にハナに行けそうなメンバー構成の時のみの狙いとなる。
2着 ウィンドライジズ 
 2着ウィンドライジズはおよそ3ヶ月ぶりの実戦だったが、メンバー最速の上がりでよく追い上げて3着馬には3馬身半もの差をつけた。このクラスでも常に堅実に駆けていますし、次走も引き続き上位争い。
3着 ファミーユボヌール 
 3着ファミーユボヌールについては、後ほど詳しく触れたいと思う。
3着 ファミーユボヌール 解説危険
 こちらは逆に前めにつけて、ホントソツのない立ち回りをした。ただ、ここから勝ち馬にはちょっと並ぶところまで行かずに、アッサリと突き放されて同じようなポジショニングだった2着馬にも、ここから3馬身半もの差をつけられてしまう。今回確かに時計の速い決着だったが、ラストの粘りは案外で、物足りなさの残る内容だった。堅実な走りで次走も引き続きルメール騎手が騎乗するようであれば、人気になるのは確実ですし、少し疑ってかかりたいと思う。
東京9R 立夏S タイムA
 基準より0秒9速い勝ちタイムだった。道中2番手にいたマジカルスペルが早めに先頭に立って行く。マークしていたアナザートゥルースがそれを追って上がって行くが、マジカルスペルが突き放し、差を広げる。そしてゴールでは7馬身差の圧勝。2着・3着争いは接戦となるが、アナザートゥルースが粘って2着。ハナ差で外のエニグマ3着だった。
1着 マジカルスペル 勝ち馬注目
 マジカルスペルが1000万下・1600万下を連勝した。マジカルスペルはスッと前につけて4コーナーでは早々に先頭に立った。そのまま結果、後続を7馬身も離した。以前は長めの距離に使われて来た馬だが、アッサリと1600mにも対応した。と言うか、むしろ今回の走りを見ていると、短めの距離の方が合っている印象すらある。前走はタイムランクBの時計で勝って、今回も好時計での勝利ですから、力を付けているのは確かですし、オープンに上がっても十分勝ち負けになる。
2着 アナザートゥルース 
 2着以下は7馬身以上離された。2着アナザートゥルースは中山で3勝している馬で、東京コースへの対応が課題だったが、勝ち馬をマークする形で最後までしぶとく粘った。この馬サウンドトゥルーの下という血筋。まだキャリアも浅いですし、今後の成長が期待できる。
3着 エニグマ 
 そして3着エニグマはここ2戦は追い込む競馬で2着・3着で、差す形が板について来た。次走も引き続き東京の1400mからマイル戦出走なら有力。
13着 シュナウザー 
 2番人気のシュナウザーは13着だった。好位にスッとつけたが、アッサリと失速した。今回は10ヶ月半ぶりの実戦でしたし、能力はある馬なので、次走以降の変わり身に期待したい。
東京10R メトロポリタンS タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
東京11R プリンシパルS 注目
 勝ち馬にダービーの優先出走権が与えられるダービートライアル。
1着 コズミックフォース 
 勝ち馬のコズミックフォースだが、好位追走から早めに先頭に立つ形になった。直線半ばで周りに馬がいなくなった分、少しフワフワした感じの走りになったが、他馬が迫って来るともう一伸びして押し切った。スッと切れる脚はないが、長く良い脚が使える点は大きな強み。今回の内容なら2400mになっても問題ないと思う。ただ、馬体は少し細く見えた。ダービーまで中2週のローテですし、体重の維持がポイントになって来る。
2着 ブレステイキング 
 2着ブレステイキングは大外から一気に伸びたが、わずかに届かなかった。展開面を考えれば、ホント負けて強しと言える内容ですし、勝ち馬とは位置取りの差が大きかった。決して力負けではない。次走自己条件に出走してくれば、当然勝ち負けになる。
3着 イェッツト 
 3着イェッツトは内から一旦2番手に上がる場面を作った。最後は確かに競り負けたが、見せ場は十分だった。前走は2400mで失速した点を考えれば、距離は2000mまでが良さそう。こちらも次走自己条件出走なら勝ち負けになる。
5着 サトノシリウス 
 2番人気サトノシリウスは5着に敗れた。勝負所での反応が悪くて、そこで勝ち馬に突き放されてしまった。最後までバテてはいないが、まだ器用さに欠ける印象が強い。

  馬券Summary
好調厩舎、勢い持続
 これは藤原英昭厩舎の事。何と5月6日終了時点で33勝をマークしている。これは現時点で昨年1年間の全国リーディングの18位に該当する成績。ホント驚異的な数値だと思う。ちなみに、昨年の同じ週、5月7日終了時点での勝ち星は15勝だった。出走回数は昨年が106戦で、今年が109戦なので、ほとんど同じでそんな中今年は昨年の倍以上のペースで勝っている訳なのですから、ホント凄いの一語。
好調厩舎、勢い持続
ちなみに、今年の33勝中、関西圏の本場に当たる阪神・京都での勝ち星より、それ以外の開催場での勝ち星が多いのが大きな特徴。関東圏の東京・中山、そしてローカルの中京・小倉を合わせると何と20勝もマークしている。実際先週も東京で3勝を挙げていた。昨年の同時期も実は全15勝中10勝が京都・阪神以外だったので、傾向としてはほぼ同じ。そして特徴としては左回りの底力勝負になりやすい、広いコースで強い。ですから、東京で8勝、中京で7勝勝ち星の半数近くをマークしている。今年の藤原厩舎を見ていると、ホント勝てる番組があるとピンポイントで使いに行って、きっちり結果を残しているというパターンなので、中でも東京とか中京では滅法強いですから、厩舎自体の管理馬のレベルが高いので、人気になりますから、馬券的な妙味はあまりないとは思うが、東京開催はしばらく続きますから、東京で使って来るようならより信頼度は高まると見て良いと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26