2018年1回中京4日目

開催一覧
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラス0秒5だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、開幕週は水準レベルとは言えマイナスの数値だったが、先週はプラスの数値となった。
 水曜日にまとまった雨が降ったが、土曜の時点で良馬場。ただし、1週目よりは湿っていたようで、なおかつ開催が進んだ事で馬場差はプラスになった。こうなって見ると、1週目は週前半の雨の影響は残っていなかったのだと言える。内を通っても不利では無いが、外を通る差し馬も伸びるという点は1週目と同じだった。今週は開催最終週だが、このままBコース使用。馬場差がマイナスになる事はないと思うが、極端な外差し馬場にもならないと思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒4だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、2週ともに土曜は稍重・日曜は良馬場だったが数値としては大きな動きはない。
 水曜日にまとまった雨が降って凍結防止剤の影響もあって、乾くのが遅く、土曜は稍重。日曜は良馬場だが、含水率そのものが土曜と大きな違いがない上に、凍結防止剤の影響が残っている馬場なので、時計の出方はあまり変わらなかった。結果的に4日目まで馬場差は大きく動いていないが、今週末が重や不良ではなかった場合でも、先週までと同じような時計の出方になるとは限らない。


  タイム分析
 2018/01/21 (日)  芝=+0.5  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 サラキア    牝3 新馬 1:37.2 +1.0 -0.3 +0.3 +0.4 C C
7R T1400 ササノユキオルフェ    牡3 未勝利 1:24.0 +1.5 --- +1.1 +0.4 E D
10R T2000 メイショウフェイク    牡6 恋路ケ浜1000 2:02.1 +1.8 -0.5 +0.8 +0.5 D C
12R T1200 シャインサンデー    牝4 蒲郡特別500 1:09.7 +0.6 --- +0.3 +0.3 D D
 2018/01/21 (日)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ツーエムアリエス    牡3 未勝利 1:56.2 +1.0 --- +1.4 -0.4 E D
2R D1400 ジャスパーウィン    牡3 未勝利 1:26.0 -0.4 --- -0.1 -0.3 C D
3R D1800 ヒダロマン    牝5 500万下・牝 1:55.0 +1.4 --- +1.8 -0.4 E D
6R D1200 メイショウテンセイ    牡4 500万下 1:12.7 +0.2 --- +0.5 -0.3 D E
8R D1900 リョウランヒーロー    牡4 500万下 2:01.6 +1.1 --- +1.5 -0.4 E E
9R D1400 ウィズエモーション    牝5 500万下・牝 1:25.6 +0.5 --- +0.8 -0.3 E D
11R D1800 テイエムジンソク    牡6 東海SG2 1:51.8 +0.6 --- +1.0 -0.4 E C
中京1R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
中京3R 4歳上500万下・牝 タイムE
 基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。
中京5R 3歳新馬 注目
1着 サラキア 勝ち馬注目
 勝ったサラキアについて。まずスタートで出遅れる。そこから一気に追い上げて行っても先行集団に追いついたところで行きたがったりせず、馬群の中でも我慢できていた。直線で上手く前が空いたにしても、坂を登ってからシフトアップしたような走りで、一気に突き放し、ゴールではかなり余裕があった。2度の除外でデビューは遅くなって、調整は難しかったはずですし、レースも楽ではなかったが、それらを克服できるだけの精神面の強さはありますし、最後に突き放してはいてもまだトップギアには入っていないようなフットワーク。かなり素質は高く先が楽しみ。ただ、レース前からゲートに不安があったようなので、次走も出遅れる可能性は結構ある。
中京7R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
中京8R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
中京9R 4歳上500万下・牝 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
中京11R 東海S タイムE
  基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
 タイムランクはE・メンバーランクはCだった。テイエムジンソクが今回はハナに立って直線に入って行く。先行馬が何頭かいて、テイエムジンソクが逃げない展開もあるかと思ったが、テイエムジンソクが逃げて1000m通過は1分1秒5。このペースで単騎逃げではこの時点でほとんど勝負がついていた。直線で後ろから突かれていれば、ずーっと伸びる馬なので、直線で単独先頭に立ってコスモカナディアンがすぐ後ろから迫って来るという展開はテイエムジンソクにとっては最高の形。ゴールまで差せそうで差せないという感じで差が詰まらなかった。離れた3着争いはサンマルデューク・クインズサターンを抑えてモルトベーネが先着した。
1着 テイエムジンソク 
 テイエムジンソクが逃げ切って重賞2勝目となった。テイエムジンソクが2着だったエルムSとチャンピオンズカップは、直線で前の馬をなかなか抜かず、後ろから攻められたところで伸びて、前の馬を交わすものの、勢いのついていた差し馬には交わされたというモノだった。直線で前の馬をなかなか抜かないんだけれども、後ろから突かれている分には伸び続けるので、4コーナー先頭で回ってしまえば負けにくい馬。また、突かれていれば伸びるけれども、突き放しはしないので今回のような勝ち方になる。で、今回はタイムランクEだが、こういうタイプはタイムが遅いことを気にする必要はない。ただ、芝からのスタートになる事を含めて東京1600m向きという感じではない。まぁ東京でも逃げてしまえば、押し切る可能性はある。

 ダートだが、東海Sを勝ったテイエムジンソク、もちろん次走有力だが、次走がフェブラリーSだと強くは推せないという風に思う。
2着 コスモカナディアン 解説危険
 このコスモカナディアンはテイエムジンソクに食い下がった事、そして3着に6馬身差をつけている事で高く評価されそうだが、今回の好走要因の1つはタイムが遅かった事。また、テイエムジンソクは相手なりに走る馬なので、これと接戦した事自体を過剰に評価すると危ないと思う。

 勝ったテイエムジンソクが相手なりに走る馬なので、タイムランクがEでも気にしなくて良いが、テイエムジンソクと接戦したという理由でコスモカナディアンを高く評価するのは危ないと思う。テイエムジンソクと接戦だから危ないという事ではなくて、テイエムジンソクと接戦していてもタイムが平凡なら危ないという事。今回13番人気だったので、次走で人気になるかどうかだが、川崎記念で0秒8差とは言え3着という重賞好走歴があり、昨年マーチSでは1番人気になっていますから、テイエムジンソクと接戦して復活という事になって、人気になるんじゃないかと思う。
3着 モルトベーネ 
 コスモカナディアンから6馬身差の3着モルトベーネはたまたま2着馬との間に何もいなかったという3着だと思う。それは4着のサンマルデュークや5着のクインズサターンも同じ。
4着 サンマルデューク 
 コスモカナディアンから6馬身差の3着モルトベーネはたまたま2着馬との間に何もいなかったという3着だと思う。それは4着のサンマルデュークや5着のクインズサターンも同じ。
5着 クインズサターン 
 コスモカナディアンから6馬身差の3着モルトベーネはたまたま2着馬との間に何もいなかったという3着だと思う。それは4着のサンマルデュークや5着のクインズサターンも同じ。
9着 ディアデルレイ 
 ディアデルレイは1コーナーから2コーナーにかけて3頭並んだ2番手の外で行きたがり、向正面で落ち着きかけたところで外から迫られて抑えきれなくなり、単独2番手まで上がったものの直線に入るところではもう余力がなかった。最初からテイエムジンソクに行ってもらって2番手に控える予定だったのでしょうけども、こんな事になるなら逃げてしまった方が良かったような気がする。
13着 ドラゴンバローズ 
 13着のドラゴンバローズはスタート直後からガンガン押していたが、ダッシュが鈍く先行できなかった。その前にゲート内でもキョロキョロとしていて、集中を欠いているという印象。

  馬券Summary
なぜ京都ダート1800mは内枠有利なのか
 前回中山ダート1200mが外枠有利である理由として、スタートから最初のコーナーまでが長いほど外枠有利になりやすいと言う一般論を述べたが、逆にスタートから最初のコーナーまでが短いため、内枠有利・外枠不利になっている代表的なコースが京都ダート1800m。
なぜ京都ダート1800mは内枠有利なのか
スタートから1コーナーまでおよそ285mしかないので、外枠から先行しようとすると前半で無理する事になりやすい。しかも京都は3コーナーと4コーナーが大きいので、向正面で体列やペースが落ち着いてしまうと、後半で外を回って追い上げる場合のロスが内を通っている馬との相対的な比較で大きくなる。
 まず8枠の連対率は悪くないが、いかなるコースでも8枠には揉まれる事がないという利点があるので、特にダートの場合トータルの数値で8枠の数字が成績が著しく悪い、そういうコースはあまり無い。対照的に同じコーナー4回の中山ダート1800mは内枠の成績が良くない。スタートから1コーナーまでが、およそ375mある上にそこで坂を登るので、無茶な先行争いが発生しにくく、外枠からでもゆったりと先行しやすい。とは言っても、外枠有利という程ではないが、内枠は有利では無いというのは明確に数字に表れている。で、京都ダート1800mの多頭数の外枠から先行しようとして先行できなかった馬、あるいは先行したものの、併走になってずっと外を回った馬。中山ダート1800mの内枠で先行できず、揉まれる展開になった馬、こういった馬はチェックしておきたい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai