2018年2回中京4日目

開催一覧
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒1だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値だが先週日曜は水準に近いレベルだった。
 金曜日に雨が降って、土曜は稍重でスタートして午後は良馬場だった。ただ、それほど馬場状態が変化していないので馬場差は変動ではない。日曜はさらに乾いたが、馬場差はプラスのまま中京芝は雨の影響が大きいので、完全な良馬場ならマイナスの馬場差かもしれませんし、今週はBコースに移る。例年この開催の最終週、つまり高松宮記念の週にはだいたい高速化するので、今年もその可能性があると頭に入れておきたい。具体的には先週までの馬場を見て、時計の掛かる馬場だという前提で予想をしない方が良い。これは自分用のメモでもある。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒6だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で初日の終盤からは時計の出方に大きな動きはない。
 金曜日に雨が降って、土曜は稍重。日曜は乾いて良馬場だが、土曜は良に近い稍重。日曜は稍重に近い良。そのため馬場差は土日で大きくは違わなかった。土曜の時点で表面はそこそこ乾いているけれども、中の方に水分があるという状態だったので、表面が乾いた日曜でも中の方の含水率はあまり変わっていなかったのだと思われる。


  タイム分析
 2018/03/18 (日)  芝=+0.1  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
6R T1400 トウカイオルデン    牡3 未勝利 1:21.5 -0.9 --- -1.0 +0.1 A C
9R T2000 プレシャスブルー    牡4 500万下 2:02.4 +1.4 -0.4 +0.9 +0.1 SL C
11R T2000 ウインテンダネス    牡5 小牧特別1000 2:01.3 +1.0 -0.2 +0.7 +0.1 D C
12R T1400 グランドボヌール    牡4 豊橋特別500 1:21.4 -0.1 --- -0.2 +0.1 C C
 2018/03/18 (日)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 サニーレイ    牝3 未勝利・牝 1:54.6 -0.4 --- +0.2 -0.6 C D
2R D1400 ルクスムンディー    牡3 未勝利 1:25.8 -0.5 --- ±0 -0.5 C D
3R D1900 カイトチャン    牡3 未勝利 2:03.2 +1.1 --- +1.7 -0.6 E C
5R D1400 トーホウトリニティ    牝3 未勝利・牝 1:26.9 +0.6 --- +1.1 -0.5 E D
7R D1200 ストロベリームーン    牝4 500万下・牝 1:11.7 -0.8 --- -0.4 -0.4 B D
8R D1800 アリスカン    牡4 500万下・若 1:53.0 -0.6 --- ±0 -0.6 C D
10R D1400 セイウンクールガイ    牡3 沈丁花賞500 1:25.4 -0.1 -0.1 +0.3 -0.5 D C
中京3R 3歳未勝利 タイムE
 4着だった番組中注目馬キンショーヘニーについて。
 基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
4着 キンショーヘニー 
 2番手から直線で一旦先頭に立ちながら、逃げた馬に差し返され、さらに後ろから2頭に差されるという非常に見た目の良くない4着だったが、まずヘニーヒューズ産駒なので1900mは少し長いんだと思う。そして左回りが苦手あるいは、初の左回りに戸惑ったのではないかと思う。1コーナーでは外に膨れ気味で、4コーナーでは膨れてはいないが、外へ行きそうになっていて、内の手綱を強く引いていて。左回りと距離、敗因が2つあるのだとすれば、右回りの1800mや1700mで見直せると思う。
中京5R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
中京6R 3歳未勝利 タイムA
 基準より1秒0速い勝ちタイムだった。4コーナーにさしかかって、3番手にいたトウカイオルデンが直線に入って抜け出して行った。その内を突いてアンリミットが並びかけて来たが、トウカイオルデンが抜かせずクビ差で1着。アンリミットはここがデビュー戦だったが、2着に入りそこから5馬身離れてアイアムヒメ3着だった。
1着 トウカイオルデン 勝ち馬注目
 3ヶ月ぶりだったトウカイオルデンが初勝利を挙げた。トウカイオルデンは鋭さは感じないが、力強い走りでハイペースの1400mを先行して押し切る形では力を発揮できる。これまで上がり35秒を切った事がないので、瞬発力勝負になると不安だが、今回のような展開なら500万でも好勝負になる。
2着 アンリミット 番組注目馬
 2着のアンリミットは内からスルスルと伸びて来た。今回がデビュー戦だっただけに、このタイムで走れたのは素晴らしい事で、次走は有力。血統のイメージからこちらも瞬発力勝負には不安を感じるが、未勝利戦の短距離では、そう瞬発力勝負にはなりにくい。
6着 マートルリース 
 1番人気のマートルリースは6着だった。トウカイオルデンの直後にいたが、直線で伸びなかった。これまで速いペースを追い掛けた事がないので、今回は辛くなったんだと推測するが、遅い流れなら巻き返しそう。
中京7R 4歳上500万下・牝 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。ストロベリームーンが前走9着から変わり身を示した。
1着 ストロベリームーン 
 外のスプリングゲイルを行かせて2番手に控えたストロベリームーンが、直線半ばまで持ったままで先頭に立ち、追い出すと突き放して5馬身差で圧勝した。1400mで出遅れた前走は9着だったが、スタートを普通に出て前につければ強い。追い出しを待つ余裕があったぐらいですから、タイム短縮は可能なはずで、ダート1200mでスタートが正常なら1000万でも上位可能だと思う。
2着 グランドガール 
 5馬身差の2着グランドガールはもう完全タイム差がプラスになるが、普通のレベルの500万なら好勝負になる。3着のスズカモナミも含め、今回の着差にあまり捕らわれないようにしたい。どちらもこのクラスでは安定した上位勢力。
3着 スズカモナミ 
 5馬身差の2着グランドガールはもう完全タイム差がプラスになるが、普通のレベルの500万なら好勝負になる。3着のスズカモナミも含め、今回の着差にあまり捕らわれないようにしたい。どちらもこのクラスでは安定した上位勢力。
中京9R 4歳上500万下 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中京10R 沈丁花賞 
3着 シヴァージ 通信簿
 1番人気3着だった。先週の展望で多頭数どう捌くかみたいな話をしたが、揉まれる競馬になってしまって、4コーナー手前ではちょっと前が壁にもなっていた。スムーズなら巻き返してくると思う。
中京12R 豊橋特別 注目
 11着のピュアコンチェルトについて。
11着 ピュアコンチェルト 
 審議にもなったが、残り200m付近で内から進路をふさがれ、その後も前が塞がったままで追えないままだった。そもそも不利を受ける前から進路を探して、左右に動いていましたし、全く力を出せなかった。11着で次走の優先出走権がないので、また出走間隔が開いてしまうかもしれないが、新潟開催の頃には出走可能になるんじゃないかと思う。新潟外周りは合うので、そこで狙いたい。

  馬券Summary
ダートAランクの信頼度
 今開催の「まりなるトリオトライフェクタ」のコーナーで何度かダート1800mはタイムランクの信頼度が高いという話が出ていると言うか、私がしているが、それが本当だという事を示すデータを出す。
ダートAランクの信頼度について
まず、Aランクのタイムでダートを勝った馬が次走で上のクラスのダートに出走した場合(上の表)。これは勝率・連対率・複勝率のどれを取っても1800mが1位。この表に出していないが、参考までに単勝回収率が惜しくも99%、そして複勝回収率が108%ある。続いてAランクのダート戦で2着・3着だった馬が、次走で同じクラスのダートに出走した場合。こちらも1800mが全ての項目で1位になっている。前走がAランクの2着・3着と言っても1秒とかそれ以上離されていた馬とか、次走が長期休養開けになってしまった馬も全て含まれている成績。これでこの成績ですから、信頼度は高いと言えるんじゃないかと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai