2018年2回京都8日目

開催一覧
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラス0秒6だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値だった。先週は最終週ではあったが、この開催の中では時計の出やすいレベルだった。
 連続開催だった京都は1回開催3日目から全てプラスの数値だった。昨年秋、天候に恵まれない中での競馬が続いた影響が結局、この連続開催にまで影響を及ぼした。上位馬を見ると、土日8鞍で逃げ・先行馬は1頭も連対しておらず、中団・後方にいて外を回った馬が優勢だった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒5だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、6日目以外は全てプラスの数値だった。
 この開催は稍重で行われる事が多かったが、凍結防止剤の影響が残って、乾きづらかったためで、脚抜きの良いコンディションだったのは、不良馬場だった6日目だけ。先週も土曜と日曜前半は稍重だったが、やや時計は掛かっていた。そして日曜は後半良馬場となったが、馬場差は1日を通した数値。連対馬については、差し・追い込み馬が全くダメだった訳ではないが、逃げ・先行特に逃げ馬の粘り込みが目立った。


  タイム分析
 2018/02/18 (日)  芝=+0.6  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 ネプチュナイト    牡3 未勝利 2:01.5 -0.6 --- -1.2 +0.6 A B
7R T1600 エイシンスレイマン    牡4 500万下 1:34.9 +0.4 --- -0.1 +0.5 C C
9R T1800 ストンライティング    牡5 春日特別1000 1:48.5 +1.8 --- +1.3 +0.5 E D
10R T1400 ダイメイフジ    牡4 斑鳩S1600 1:22.0 +1.2 -0.4 +0.4 +0.4 D C
 2018/02/18 (日)  ダ=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 コカボムクイーン    牝3 未勝利・牝 1:55.2 +0.9 --- +0.4 +0.5 D E
2R D1200 スマートアルタイル    牡3 未勝利 1:13.3 +0.3 --- ±0 +0.3 C C
3R D1800 トーセンブレイヴ    牡3 未勝利 1:54.8 +0.5 --- ±0 +0.5 C C
6R D1400 バイラ    牡3 500万下 1:25.2 +0.1 --- -0.3 +0.4 B C
8R D1400 ヒップホップスワン    牝4 500万下 1:25.4 +0.9 --- +0.5 +0.4 D D
11R D1200 ナンチンノン    牡7 大和SH 1:10.8 +0.6 --- +0.3 +0.3 D D
12R D1800 ワンダーピルエット    牝5 1000万下・牝 1:53.8 +2.0 -0.3 +1.2 +0.5 E D

京都3R 3歳未勝利 注目
 トーセンブレイヴがハナに立ち、4コーナーからは後続を離す一方そのまま楽勝してしまった。2着にはなんと7馬身の差をつけた。
 なお、2着以下は大きく離されており、狙いは立たない。
1着 トーセンブレイヴ 
 勝ったトーセンブレイヴだが、2015年のセレクトセールで1億6740万円の価格がついた馬。祖母フェアリードールでトゥザヴィクトリーやトゥザグローリーの近親にあたる。芝では5戦して勝てなかったが、ダートに矛先を変えて前走3着。それでも今回は3番人気にすぎなかったが、他馬を全く相手にしなかった。2着に7馬身差と言ってもタイムランクCですから、相手に恵まれた可能性も否定はできない。従って、次走上のクラスでどうかは微妙だが、もし次走も勝つようならダートの大物に育つ可能性はあるだろう。また、後々芝に戻して走ってくるかもしれない。どちらにしてもこの1勝は大きいと言えるだろう。
京都5R 3歳未勝利 タイムA
 基準より1秒2速い勝ちタイムだった。ネプチュナイトが距離延長、2000mで初勝利を挙げた。
 2着以降は3馬身以上離されており、次走は積極的には狙えない。
1着 ネプチュナイト 勝ち馬注目
 ネプチュナイトはスタート遅めで最後方からのレースになった。しかし3コーナーで外から一気に上がって行って、4コーナーでは堂々先頭。直線はもう抑える余裕すら見せて圧勝してしまった。タイム2分1秒5。この日のコンディションで未勝利戦としては破格のタイム。今回4戦目だが、前走から2ヶ月間隔が開いての出走で1着。これまで1600mばかり3戦使って来たが、今回が距離を伸ばしたのが勝因と言って良いだろう。もう皐月賞は間に合わないかもしれないが、むしろダービーでこそと思えるような快勝劇だった。全兄のダンビュライトは皐月賞3着で、先月行われたAJCCを勝っている。このタイムなら、次走上のクラスでも十分勝てるだろう。その後トライアルを使ってダービーなら…となどと夢も膨らむ。
京都6R 3歳500万下 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。このレースは市丸さんの推奨馬、バイラが勝った。
1着 バイラ 
 バイラは3番人気での勝利だった。2着シヴァージとはハナ差だが、大きいハナ差になった。前走時に説明したように、はこべら賞は前に行く馬には厳しいハイペースにも関わらず、この馬がだけバテずに5着に残っている。直線ではごちゃついて他馬と接触する不利もありましたし、スンナリなら強いという事を証明してくれた。
2着 シヴァージ 番組注目馬
 2着シヴァージは前走がタイムランクEでの勝利だったが、当時番組内でラストまで追われないまま入線しており、勝ち馬だけは今回の時計を評価の対象にしない方が良いと申し上げている。実際1番人気でハナ差の2着。外めからバイラに並びかけられると、一旦はメイショウコゴミに抜かれそうになりながら、差し返している。この馬、次走注目すべきではないだろうか。
5着 マイウェイアムール 
 今回番組注目馬になっていた、マイウェイアムールは6番人気5着だった。何しろこのクラスの猛者が集まったレースで、マイウェイアムールにとってはちょっと今回ばかりは組み合わせが悪かった。しかし3歳500万下のダート戦は強敵がウヨウヨいる。未勝利戦を勝った馬を安易に番組注目馬にするべきではないと、自戒を込めて申し上げておきたい。
京都7R 4歳上500万下 注目
1着 エイシンスレイマン 
 勝ったエイシンスレイマンだが、前走中京芝で4コーナー5番手から2着。2回前の放送の馬券Summaryで取り上げた、「前走中京芝で4コーナー5番手以内、9着以内」が当てはまる。今回2人気だったが、外めが伸びる京都に変わって待機策。直線大外に出して差し切った。この日大当たり。4勝2着4回の松山騎手、芝4戦3勝だった。いかにも馬場が読めている印象だった。ただ、500万を勝つまでに6戦かかっていますし、今回のタイムランクもC。上のクラスですぐに通用するとまでは言えない。
2着 ウインシャトレーヌ 
 2着ウインシャトレーヌは3番手から勝ちに行ったが、出し抜けを食らわされた格好で2着。これで3戦連続の2着となった。流石に次走はそろそろ勝てるのではないだろうか。
京都9R 春日特別 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
京都11R 大和S 
1着 ナンチンノン 解説危険
 オープン勝った2戦はハンデ戦で、昨年3月の千葉Sの55キロ。今回は56キロ。今回は千葉S以来の勝利だが、タイムランクはD。今回の勝ちで今後は57キロ以上を背負わされるんじゃないかと思いますし、スンナリ前へ行けるレースにならないとこの馬厳しい。ですから、ちょっと人気だと、人気になるかどうかだが、人気になれば嫌いたい。
京都12R 4歳上1000万下・牝 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
1着 ワンダーピルエット 通信簿
 3番人気1着だった。今の時期の1000万下で、まして牝馬限定戦では力が上なので落ち着いて臨戦できた今回は順当勝ちと言える。レースも完璧だった。

  馬券Summary
前走・中京芝出走馬の狙いを検証する
 2回前の放送のこの馬券Summaryで、前走2017年4回中京もしくは今年1回中京の芝を使って、「4コーナー5番手以内で9着以内だった馬」が次走芝のレースを使って来た時が狙いではないかという仮説を立てた。その結果、先ほど小倉のタイム分析で挙げた、大牟田特別のように1・2着馬が該当馬で、馬連の穴馬券が出るなど、なかなか結果出ている。しかし、よくよく検証して見ると、実は10着以下の馬でも馬券に結構絡んでいる。また、前走10着以下ですから、これが穴になる。例を挙げる。2/10小倉初日7R4歳以上500万下の芝1200m。前走中京芝1400mで逃げて17着だったタケデンサンダーが今度は9番人気で逃げて2着。1番人気シエルブランとの馬連は5,390円ついた。そして代替開催の13日9R巌流島特別では、前走中京芝で前へ行って10着だったハルクが勝ち、同じく12着だったトーセンアルバータが3着と。1着・3着のワイドでも4,170円ついている。この他この2週間の小倉芝コースにおいて、前走中京芝で4コーナー5番手以内・9着以内だが、4勝2着5回3着1回。単勝回収率109%、複勝回収率68%。単勝は100%行ったがもう一つ。前走中京芝で4コーナー5番手以内・10着以下、これがなんと2勝2着2回3着3回。単勝回収率は147%、複勝回収率が205%という結果が出た。10着以下なので、みんな人気がない。それでこんなに来ますから。明らかに前走着順が悪かった馬の方が良いですから、従ってこの後2週の小倉芝コースでは、「前走中京芝で4コーナー5番手以内でも着順は限定せずに、全て狙う」事にしたい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai