2018年2回中京3日目

開催一覧
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒1だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値だが先週日曜は水準に近いレベルだった。
 金曜日に雨が降って、土曜は稍重でスタートして午後は良馬場だった。ただ、それほど馬場状態が変化していないので馬場差は変動ではない。日曜はさらに乾いたが、馬場差はプラスのまま中京芝は雨の影響が大きいので、完全な良馬場ならマイナスの馬場差かもしれませんし、今週はBコースに移る。例年この開催の最終週、つまり高松宮記念の週にはだいたい高速化するので、今年もその可能性があると頭に入れておきたい。具体的には先週までの馬場を見て、時計の掛かる馬場だという前提で予想をしない方が良い。これは自分用のメモでもある。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒6だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で初日の終盤からは時計の出方に大きな動きはない。
 金曜日に雨が降って、土曜は稍重。日曜は乾いて良馬場だが、土曜は良に近い稍重。日曜は稍重に近い良。そのため馬場差は土日で大きくは違わなかった。土曜の時点で表面はそこそこ乾いているけれども、中の方に水分があるという状態だったので、表面が乾いた日曜でも中の方の含水率はあまり変わっていなかったのだと思われる。


  タイム分析
 2018/03/17 (土)  芝=+0.4  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 フェールデュビアン    牝3 未勝利 1:10.1 +0.3 --- +0.1 +0.2 C C 7.00
2R T2200 ダブルフラット    牡3 未勝利 2:17.1 +1.9 -1.0 +0.5 +0.4 D C 8.33
9R T1600 アッフィラート    牝5 500万下・牝 1:35.7 +0.9 --- +0.6 +0.3 D D 7.75
11R T1400 ミスターメロディ    牡3 ファルコG3 1:22.1 +1.0 --- +0.7 +0.3 D C 6.83
 2018/03/17 (土)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1200 ロイズブルー    牝3 未勝利 1:12.8 -0.6 --- -0.1 -0.5 C D 7.50
6R D1800 サンティーニ    牡3 未勝利 1:54.2 -0.8 --- -0.1 -0.7 C D 7.10
7R D1400 ゲキリン    牡4 500万下 1:24.4 -0.7 --- -0.2 -0.5 C D 8.00
8R D1900 マテラリードル    牡5 500万下 1:59.4 -1.1 --- -0.4 -0.7 B C 6.40
10R D1900 スペリオルシチー    牡4 伊勢特H1000 1:59.0 -0.7 --- ±0 -0.7 C C 5.91
12R D1200 メイショウテンセイ    牡4 恵那特別1000 1:11.4 -0.5 --- ±0 -0.5 C C 8.38

中京8R 4歳上500万下 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。マテラリードルが今回は逃げ切った。
1着 マテラリードル 
 マテラリードルは好スタートを切ってサマーサプライズが引いてくれた事もあって、マイペースの逃げになった。3コーナー辺りから、突かれる感じでペースが上がり、ラスト200mは13秒掛かったが逃げ切った。小倉1700mの前走は最初から速いペースの逃げになって3着だったが、マイペースに持ち込みやすいという点で中京1900mは良かったのだろう。ただし、ギリギリのBランクなので、昇級してすぐに通用するという感触はない。
2着 グランセノーテ 
 2着のグランセノーテは最後は止まり気味だったが、これまで500万で好走したのはEランクのレースだけだった。このタイムで走れたのは収穫で、次走もレベルが高すぎるレースでなければ上位候補となる。
3着 サマーサプライズ 
 そして3着のサマーサプライズは1コーナー手前で引いて2番手で納得したのが結果的には失敗かなと思う。これまでで2着以内に入ったのは全て逃げた時なので、スンナリハナを切れる組み合わせなら巻き返してくると思う。
中京11R ファルコンS 重賞
 タイムランクがD・メンバーランクはCだった。スタートで1番人気ダノンスマッシュらが遅れた。モズスーパーフレアが離して逃げていたが、600m通過は34秒9。これはファルコンSとしては特に速いペースではなかった。どちらかと言えば前が楽なので、残り200mでもモズスーパーフレアが先頭だったが、徐々に差を詰めてきたミスターメロディが交わして1着。ミスターメロディとほぼ同じ位置から若干仕掛けを遅らせたアサクサゲンキが最後に伸びて2着。その外から伸びて来たフロンティアが3着に入った。
1着 ミスターメロディ 
 初めての芝だったミスターメロディが抜け出して快勝。ミスターメロディは芝スタートのダートでも前半の芝の部分でダッシュがつかなかった馬だが、初芝の今回は抑えるのに苦労するぐらいの行きっぷりだった。そのぐらい流れが緩かったという事だが、行きたがっても我慢させたのが好結果に結びついた。ダート向きの馬が短距離の3歳戦なら芝をこなすというのはよくある事で、そのパターンだとは思うが、次走も1400m以下なら芝でも注意は必要だと思う。
2着 アサクサゲンキ 
 3ヶ月ぶりだったアサクサゲンキが2着。クビ差でフロンティア3着だった。2着のアサクサゲンキは、超スローペースの2番手だった京王杯2歳Sで直線失速した。その時1400mでも長いのかと思っていたが、今回は好位で流れに乗って、仕掛けを遅らせる事で距離をこなした。この乗り方をしても1600mは厳しいと思いますし、ベストは1200mだと思うが、乗り方次第で距離をこなせるという事を示したと言える。
3着 フロンティア 
 3ヶ月ぶりだったアサクサゲンキが2着。クビ差でフロンティア3着だった。3着のフロンティアはずーっと1600mに使っていたが、超スローペースの先行策だった2戦を除いてはイマイチの成績。それが1400mで差しに回って好走したのですから、これは新境地を見せた。兄や姉は種牡馬が変わっても大体長めの距離向きだったので、この結果だけで1400m向きだとも言いづらいが、父がダイワメジャーなら1400m向きでも納得はできる。
7着 ダノンスマッシュ 
 1番人気ダノンスマッシュは7着だった。ダノンスマッシュは上がりの600mが推定2位で7着。そして2番人気のテンクウはその上がり推定1位で8着ですから、どちらも位置取りが失敗だった。ダノンスマッシュは出遅れてもいる。いずれにしてもどちらも今回は力負けでは無いと思う。
8着 テンクウ 
 ダノンスマッシュは上がりの600mが推定2位で7着。そして2番人気のテンクウはその上がり推定1位で8着ですから、どちらも位置取りが失敗だった。特にテンクウはジュニアカップの勝ち方からすると、こんな最後方近くまで下げる必要はないと思うが、何か意図があるのだろう。いずれにしてもどちらも今回は力負けでは無いと思う。

  馬券Summary
ダートAランクの信頼度
 今開催の「まりなるトリオトライフェクタ」のコーナーで何度かダート1800mはタイムランクの信頼度が高いという話が出ていると言うか、私がしているが、それが本当だという事を示すデータを出す。
ダートAランクの信頼度について
まず、Aランクのタイムでダートを勝った馬が次走で上のクラスのダートに出走した場合(上の表)。これは勝率・連対率・複勝率のどれを取っても1800mが1位。この表に出していないが、参考までに単勝回収率が惜しくも99%、そして複勝回収率が108%ある。続いてAランクのダート戦で2着・3着だった馬が、次走で同じクラスのダートに出走した場合。こちらも1800mが全ての項目で1位になっている。前走がAランクの2着・3着と言っても1秒とかそれ以上離されていた馬とか、次走が長期休養開けになってしまった馬も全て含まれている成績。これでこの成績ですから、信頼度は高いと言えるんじゃないかと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai